大曽教会堂
Oso Catholic Kyokaido


 大曽教会堂は上五島の交通の中心である青方から歩いて20分くらいバスで5分ほどのところにあります。(青方の隣の集落の教会といった感じです)

 やはり鉄川与助の設計施工で、1916(大正5)年に竣工しています。その際に古い木造の教会堂は若松島の土井ノ浦教会堂として移築したそうです。

 特徴は鐘塔の八角形の屋根で、全体的に縦長で、スマートな外観を持つ教会堂です。

内部の写真はこちら


大曽教会堂の建築データ

建築名称

大曽教会堂

所在地

南松浦郡上五島町青方郷2151-2

建築年

大正5(1916)年

建築概要(構造)

煉瓦造平家・251平方メートル

設計者

鉄川与助

施工者

鉄川与助

文化財指定など

そのほか建築的特色

・鐘塔分屋根の八角形ドーム
・漆喰仕上げ4分リブ・ヴォールト天井


仲知教会堂江袋教会堂曽根教会堂青砂ケ浦教会堂
冷水教会堂|大曽教会堂|中野教会堂