井持浦教会堂
Imochiura Catholic Kyokaido



 ここの教会堂は、1895(明治28)年竣工の、五島の煉瓦造教会堂では最も古い教会堂でしたが、数年前に台風の被害にあったため取り壊され、すっかり新築されていました。外観は5連続アーチの正面や低い鐘塔など、旧教会のイメージを採り入れたデザインになっています。

旧状内部は三廊式平面で、4分リブ・ヴォールトの天井をもつゴシック的なものでしたが、これは全く改変され、広く明るい現代的な空間になっています。

ここのルルドは1897(明治30)年にフランス人宣教師ペルー神父によって建てられた日本最古のもので、全国からカトリック信者さんが巡礼に訪れるそうです。

「信じる者には説明は無用である。信じない者には説明は無駄である。」


井持浦教会堂の建築データ

建築名称

井持浦教会堂

所在地

南松浦郡玉ノ浦町井持浦

建築年

平成年間(明治28年の旧教会堂は取り壊し)

建築概要(構造)

鉄筋コンクリート平家建

設計者

不詳

施工者

不詳

文化財指定など

そのほか建築的特色

・外観は旧教会堂のイメージを保っている。
・内部空間は近代的な教会堂である。


明星院 | 井持浦教会堂 | 楠原教会堂 | 水の浦教会堂 | 石田城跡