楠原教会堂
Kusuhara Catholic Kyokaido


楠原教会堂は、福江島の中央北部にあります。五島列島の中でも「なぜこんなところに、こんな立派な教会堂が・・・」と思わせるところです。建築年は1912(明治45)年頃とされています。重層屋根形式ですが、両側面の屋根が切妻状になっているため、3連切妻のような印象があります。プロポーションは他の教会堂よりも若干横長のようで、その分重厚感があります。正面そばの椰子の木がなかなかよい雰囲気です。

 内部は三廊式平面で、4分リブ・ヴォールト天井を採用しています。内陣部分(祭壇周辺)は鉄筋コンクリートで改築されています。身廊が少し狭いせいなのか、非常に強い垂直性が感じられますが、窓が遠く内部は暗い印象を受けます。(灯をつけなかったためでもありますが)

 

楠原教会堂の建築データ

建築名称

楠原教会堂

所在地

南松浦郡岐宿町東楠原

建築年

明治45年(1912)頃

建築概要(構造)

煉瓦造平家(増築部分はRC造)

設計者

不詳

施工者

不詳

文化財指定など

そのほか建築的特色

・内陣部は鉄筋コンクリートで増築
・天井は漆喰仕上げ4分割リブ・ヴォールト
・正面ナルテクスは網代天井


明星院 | 井持浦教会堂 | 楠原教会堂 | 水の浦教会堂 | 石田城跡