北海道ドライブ旅行



北海道へドライブ旅行にいってきました(1998年8月7日〜16日)


北海道霧多布

北海道帯広


 今年も異常気象で、東北は梅雨明けがなく、連日豪雨だった。去年の方がましだった。 その北にある北海道も、そのせいでほとんど曇で、天候はそれほど良くなかった。 今回はお盆シーズンのドライブだったが、渋滞の影響はまったくなかった。(帰りの長万部から函館の反対車線は大渋滞だった。かわいそうに・・・・・・。)  車はフェリーで北海道に運んだ。 レンタカーよりも自分の車でドライブするほうが感動がある。 それが男のロマンというものだ。 海上を走破したり、車体を泥だらけにしながら悪路をドライブするなど、北海道を激走した・・・・・・。 道は広く真っ直ぐで、気をつけないとスピードがいつのまにか出てしまう。 スピード違反の取り締まりは厳しく、捕まっている車をいっぱい見た。 気をつけたい・・・・・・。 今回の走行距離は5,200キロを超えた。 ルートは下の通りだが、これは、ツアー3、4回分にあたる。 時間配分をうまくやると、これだけ回ることが可能だ。 もちろんハードスケジュールだ。 今回のイ ベントは、「朝の知床自然観察会」「夜の動物ウォッチング」「流星群ウォッチング」だ。 今回のクライマックスは、知床の間欠泉だ。 ずーっと待っていたら、いきなり噴出したので、思いっ切り度肝を抜かれた・・・・・・。 サロマ湖で食べたホタテ、富良野で食べたチーズは、超新鮮(できたて)で、激うまだった。 やめられなくなるほどうまい。 キタキツネなどの野生動物に、いろんなところで遭遇した。 こんなに頻繁に出くわすとは思わなかった・・・・・・。 他にもいろいろ珍しいものを見たり食べたりした。 詳しくは、ドライブアルバムを見てほしい。 宿泊は網走(友人宅)を除いて車泊(目が覚めればすぐ走れるので時間に無駄がないのだ。)




 ドライブアルバム    
輝く太陽
 日付クリックするとドライブアルバムを見ることができます。

(1日目) 8月7日8日 東京都調布市→青森県八戸市)
(→北海道室蘭→松前→函館→ニセコ)
 東京から東北道で八戸、フェリーで一気に室蘭へ。なぜか松前を通って、わざわざ夜の函館へ・・・。そう、ここで、世界三大夜景の一つといわれる見事な函館山の夜景を満喫しに来たのだ。

(2日目) 8月9日 (ニセコ→小樽→札幌→襟裳岬→釧路→摩周湖)
 小樽札幌を観光した後、襟裳へ向かう。途中、馬が牧場で草を食んでいた。その中をドライブ!最高!最高!

(3日目) 8月10日 (摩周湖→屈斜路湖→阿寒湖→釧路湿原→霧多布→納沙布岬→根室→羅臼)
 摩周湖はやっぱり、「霧の摩周」だった。阿寒湖マリモを見て、釧路湿原へ。ここで、初めてキタキツネに出会った。霧多布湿原なかなかの景観だった。根室日本最東端に、たどり着いた後、「花咲がに」を食べて、満足、満足。

(4日目) 8月11日 (羅臼→知床→羅臼→知床→網走)
 自然観察などを通して、知床の大自然を満喫。1時間も待って、やっと間欠泉の噴出を目撃!その後エゾシカにも出会い、知床峠では珍しい「ブロッケン現象」も見られた。知床さいこー。

(5日目) 8月12日 (網走→能取湖→サロマ湖→宗谷岬→ノシャップ岬→稚内→豊富温泉→留萌→北竜)
 網走観光した後、日本最北端宗谷岬へ。その途中で食べたほたては激うまだった。ノシャップ岬で夕陽を見た後、豊富温泉でドライブの疲れをいやした。

(6日目) 8月13日 (北竜→旭川→アイスパビリオン→旭川→美瑛→富良野→白金温泉→美瑛→旭岳)
 北竜日本一のひまわり畑をサイクリング。アイスパビリオンでは氷点下−41度の世界を体験!その後、美瑛富良野のドライブを楽しむ。最後に、吹上温泉でドライブの疲れをいやした。

(7日目) 8月14日 (旭岳→層雲峡→糠平湖→帯広→日高→千歳→支笏湖)
 天人峡層雲峡の奇景を満喫。特に羽衣の滝は見事だった。糠平湖では、何回も道を間違えつつも幻のアーチ橋を発見。その晩、日高でペルセウス座流星群ウォッチングをした。

(8日目) 8月15日16日 (支笏湖→登別→洞爺湖→大沼→函館)
(→青森県青森市→東京都調布市)
 早朝、ヒグマにおびえつつ、苔の洞門を観光。地獄谷の地獄ぶりは圧巻だった。昭和新山を間近に見た後、函館から、フェリーで青森へ。そこから、東北自動車道で東京に帰還。



 ドライブマップ

 地図クリックするとドライブアルバムを見ることができます。

見たいところをクリックしてね!


バナー使ってね!


1日目