四国ドライブ旅行(Part1)




四国へドライブ旅行にいってきました(1998年5月1日〜5月4日)

 ゴールデンウィーク中のドライブだったが、最終日だけ渋滞に巻き込まれた以外は順調だった。 明石海峡大橋が開通したので、さっそく行ってきた。 明石海峡大橋を使うと、あっという間に四国についてしまって、ほんとに四国に気軽に行けるようになったもんだと実感・・・・・・。 今回のテーマは「四万十川の源流を求めて」。 四万十川の河口からスタート。 途中で数多くの沈下橋を目撃。 沈下橋は欄干がないので、車で渡ると、まるで川の上を走っているかのようで、感動! たまたま、こいのぼりの渡しを目撃。 ラッキーだった。 そこからさらに上流へ行き、深い谷間にちょろちょろ流れている源流を双眼鏡で発見! それにしても石鎚山の美しい雲海はすばらしかったなあ・・・・・・。 本当にきらきら輝く海のように見えた。 なぜ、雲海というのかよーく分かった。 大歩危の景観もすばらしい。 写真も良く撮れているので、ドライブアルバムを見てほしい。 あと、祖谷渓の恐ろしく深い谷は圧巻 だった。 今回食べた土佐料理はなかなか食べられない珍しいものばかりで、珍味ながらもおいしかった。 ほかにもいろいろあるが、詳しくはドライブアルバムを見てほしい。 なお、宿泊はすべて車泊(目が覚めればすぐ走れるので時間に無駄がないのだ。)




 ドライブアルバム
輝く太陽
 日付クリックするとドライブアルバムを見ることができます。

(1日目)5月1日 (神戸→淡路島→徳島→室戸岬→高知→)
 できたばかりの明石海峡大橋を走行。室戸岬を回って、いざ高知へ!昼は、土佐料理でリッチに・・・。その後、龍河洞で「神のつぼ」を見て、いたく感動!夜は高知の街で飲んで過ごした。

(2日目)5月2日 (→足摺岬→四万十川→四国カルスト→道後温泉→面河渓)
 足摺岬を見た後、四万十川の河口へ!そこからスタートして、途中で、道に迷いながらも四万十源流を発見!達成感の中、四国カルストの夕方の景色を見て、道後温泉で、ドライブの疲れをいやした。

(3日目)5月3日 (面河渓→石鎚山→大歩危→かずら橋→池田市→鳴門市→神戸)
 翌朝、見事な石鎚山の雲海に感動!そこから、四国の山中を通って、奥吉野渓谷、大歩危祖谷渓など、四国の深い谷間を目の当たりにし、驚きつつ、徳島へ。



 ドライブマップ

 地図クリックするとドライブアルバムを見ることができます。

見たいところをクリックしてね!


バナー使ってね!