SIX DAYS OF SHAME
恥の6日間

2003年3月26日
John Pilger|ジョン・ピルジャー
公式サイト(英語)
 
原文@Zmag(英語)

今日この日は英国軍にとって恥の日である。英国軍は,60万もの人口を抱えるイラクの都市バスラを,「軍事標的」としたのである。

英国の代弁者と自負している大手メディアでは,これらの(「恥の日」などという)ことばは見ることも聞くこともできない。

しかし,これは真実なのだ。バスラに関しては恥というのが私たち(英国民)の署名である。ブレアとブッシュによって偽造された署名である。 水と電力の供給を断ち,食料の補給ルートを断ち,そして都市を守ろうとする人々を前に苦戦し,彼らはイラク第2の都市(バスラ)を包囲攻撃しようとしている。バスラの人口の40パーセント以上は子供であるのに。

英国の歴史において,非常に恥ずべき瞬間である。想像を絶するほどの富があり,世界で最も破壊力のある兵器を有する米国という超大国,そして世界で最も「プロフェッショナル」な軍隊を有すると豪語する「連合国」である英国の攻撃にさらされるのは,貧しい国なのである。

軍は自分たちのプロパガンダを信じていたが,軍隊はイラクの抵抗に遭い,呆然としている。

米英軍は,市民軍は内輪で殺し合うなどと言い,バスラを守る市民軍は大したものではないと考えようとしてきた。

真実はこうである。イラク人は,暴君を守るためではなく祖国を守るために,ライオンのように勇敢に戦っているのだ。この真実を聞けば,英国民の大多数がびっくりするだろう。

トニー・ブレア(英国首相)と彼のプロパガンダを広げている人々が恐れている,歴史上の出来事との比較がある。英国人は侵略に際し,自国を防衛した。60年前の出来事だ。そして今は私たちこそが強欲な侵略者なのである。

昨日,ブレアはこの5年間で40万人のイラクの子供たちが,栄養失調やそれに関連する原因で死亡していると発言した。彼はイラク政府が安全な輸送路を確保してくれさえすれば,「大量の人道援助物資」ときれいな水がクウェートに準備されていると語った。

しかし事実は,これらの子供たちが死亡した最も大きな原因は,いつ果てるとも知れぬ攻撃,つまり米英によって12年間課せられてきた経済制裁なのである。国連児童基金によって出されたものを含めて大量の証拠が明らかに示している通りだ。

2002年7月,国連に承認され,イラク政府によって代金を支払われた54億ドルの人道支援物資が,ブレア内閣の認可を受け,ワシントンで差し止められた。デニス・ハリデイ前国連事務総長補佐は,「人道物資購入のためのイラク石油の限定的輸出許可プログラム(oil for food programme)」を設立するためにイラクへ送られた人物だが,経済制裁の影響を「大量虐殺も同じ」と説明している。ハリデイ氏の後任,ハンス・フォン・スポネック氏も同様のことを述べている。

ハリデイ,スポネックの両氏は,制裁はサダム・フセインの権力を強めただけだと言い,抗議で職を辞した。

両氏ともブレアを嘘吐きと呼んでいる。

そして今,ブレアの軍隊は,バスラを「弱める」ために,無線誘導ミサイルを打ちこんでいる。

私は米国のミサイルで粉々に吹き飛ばされた道をたどり,バスラの市街を歩いてきた。犠牲者はもちろん子供たちだった。子供はどこにでもいるからだ。1人の教諭と数百人の栄養状態の悪い子供たちと一緒に学校の校庭に立った時,私はハンカチで顔を覆っていた。

南にある1991年の湾岸戦争の戦場から砂埃が飛んでくる。米英政府がイラク政府に特別の機材を持たせることに反対したため,その戦場は汚染されたままになっている。

ジャワド・アル=アリ博士は,その砂埃は「死の種」を運んでくると言う。バスラの大きな病院の小児病棟では,それまで見られなかったさまざまなガンで死亡する例が非常に増えており,専門家たちはイラク南部の人口の半分までが,米英が使用した大量破壊兵器と関連づけられているガンで死亡するとの説をほとんど疑わない。米英はウランを搭載した爆弾とミサイルを使用したのだ。

今回もまた,米国は,元米軍医であるダグ・ロッケ教授が「すべてのもの,すべての人を汚染する核兵器のひとつ」と呼ぶものを使用しようとしている。

現在,米軍の戦車が発射する弾丸のひとつひとつが,4500グラムの固形ウランを含んでいる。ウランの分子は,吸い込まれたり飲み込まれたりした場合にガンを引き起こす。

これと,連合軍の新種のクラスター爆弾の使用は,隠蔽されつつある。

つまり,今回もまた,英国の一般大衆は,戦争の真実を知らされない。

病院にいる包帯を巻かれた子供たちの映像はテレビに出るが,トルネード爆弾のもたらす結果は知らされないのだ。

榴散弾で皮をはがれ,脚が血まみれの布切れのようになってしまった子供たちの映像も見せられることはない。

このような映像は,視聴者の気分を悪くするので,「不適当」であり,当局はそんな映像は望んでいない。これらの「見られない」映像が真実なのである。イラク人の両親は手足を切断されたわが子を見なければならない。となれば,私たちが――彼らが虐殺されているのは私たちの名においてなのだ――それを見ないのはおかしいのではないか。

私たちはどうして彼らの痛みを分かち合おうとしないのか。私たちはどうして,この犯罪的な侵略の真の性質を見ないのか。

他の戦争は汚い部分を取り除いて整形され,そして繰り返される。

衛星放送が見られる人なら,アル・ジャジーラを見つけてもらいたい。独自の放送をしているテレビ局だ。米国がアフガニスタンを爆撃したとき,米軍の「スマート」爆弾はカブールのアル・ジャジーラのオフィスを破壊した。あれを事故だと考える人は少ない。むしろあれは,アル・ジャジーラが独立したジャーナリズムであることの証拠だったのだ。

覚えていてほしい。自己正当化が必要なのは,この戦争に反対する人々ではない。ブレアがいかに「わが軍への支援」を訴えても,である。彼らを支援する方法はひとつしかない。すぐさま彼らを国に帰還させるのである。

1932年,イラクは英国の植民地支配者を追放した。1958年,彼らはハシェミテ王朝を追放した。

それを見てもわかるように,イラク人は,強い抵抗に対抗して独裁者を追放することができるのだ。ならば,なぜ彼らはこれまでサダム・フセインを追放することができなかったのか。

米英がサダム・フセインを武装させ,自分たちに都合のよい間は支援したからである。米英がサダム・フセインに飽きたときの唯一の後継者であり,そしてイラクの資源から唯一利益を得る,としてきたのだ。帝国主義とはずっとこのように動いてきた。

ブレアの言う「新イラク」は,ハイチ,ドミニカ共和国,ニカラグアといった多くの国々をモデルとするだろう。米国は征服し,支配し,そして最後はワシントンが邪悪な独裁政権を打ちたてる。

サダム・フセインが権力の座についたのは,1979年に米国がバース党を支援した後である。CIAの責任者は「ああいう政権転覆は常道だ(That was my favourite coup)」と発言している。

次にブレア首相の熱のこもった不誠実な言葉を聞くときには――できるなら,あなたの名の下に,そして首相の言う「私たちの率直な愛国心」の下で殺されたり手足を奪われたりした子供たちの「不適当」な映像を見てほしいのだが,それらを見るときには――これらの事実の裏にある皮肉を思い出してほしい。

この種の愛国心について,トルストイの言葉を引用しよう。「統治する者にとって,野心と貪欲な欲望を達成する手段,統治される者にとっては,人間の尊厳,理性,良心の放棄。それ以外の何物でもない。」

▲ ページ最上部へ

■文中に出てくる固有名詞の英語表記■
ウェブで検索する際などにお役立てください。
バスラ: Basra
国連児童基金: the United Nations Children's Fund
国連事務総長補佐: assistant secretary general of the UN
デニス・ハリデイ: Denis Halliday
ハンス・フォン・スポネック: Hans Von Sponeck
ジャワド・アル=アリ博士: Dr Jawad Al-Ali
ダグ・ロッケ教授: Professor Doug Rokke
アル・ジャジーラ: Al Jazeera
ハイチ: Haiti
ドミニカ共和国: the Dominican Republic
ニカラグア: Nicaragua
バース党: Ba'ath Party
 
■補足■
ジョン・ピルジャー:英国Daily Mirror(今回反戦を大々的に訴え署名まで呼びかけた,おそらく英国唯一のマスメディア),The Independentなどに寄稿しているジャーナリスト。爆撃が始まってからはイラクで取材を続けています。公式サイトはhttp://www.johnpilger.comです。ここに訳出したピルジャーの文章は,Zmagから取りましたが,Daily Mirrorの記事であるようです(→こちら)。公式サイトでも読めます。
 
■関連情報&リンク■
Zmag, Znet: ピルジャーのほか,ノーム・チョムスキー,エドワード・サイード,ロバート・フィスクらが参加しています。
Znet 日本語版: 上記Zmag, Znetを日本語化しているサイトさん。全部の記事が日本語訳されているわけではありませんが,日本語で読めるのはありがたいという文章ばかりです。
▲ ページ最上部へ

日本語訳&ページ制作:いけだよしこ@nofrills
翻訳日:2003年3月27日(日本時間)
誤変換修正など校正を加えました:2003年4月8日(日本時間)
リンクはご自由に。複製・再配布はしないでください。
いけだの「翻訳」の目次