温泉データへ
温泉データ
とちの湯タイトル
場所は上をクリック
宇奈月町尾の沼体験交流施設とちの湯
とちの湯外観
とちの湯の外観
とちの湯は、2002年4月に完成し
た尾の沼体験交流施設で、駐車
場から300m程歩いた所にある
こじんまりとした施設です。施設は
一部コンクリート製の木造の建物
で床や側壁などに木を多用してい
ます。
この建物には窓が外されてオープ
ンな雰囲気を楽しめるテラス、その
奥にはクーラーが完備した和室の
研修室、写真などを展示する展示
コーナー真ん中に樹齢70年の立
山杉がどんと立っているホールと
その突き当たりに軽食コーナーと
フロントがあります。
温泉はフロントの奥にある廊下を
渡った奥にあります。
横から見たとちの湯の写真で一段
低くなった屋根が浴室の建物で
す。この写真で見えているのが男
風呂で女風呂はこの左側になり
ます。石積みの外壁と浴室の間に
露天風呂があります。
温泉は黒部川上流の黒薙という
所から引いているそうです。
横から見たとちの湯
横から見たとちの湯
私が属している京の花街ネットワーカー後援会のメーリングリストに「黒部
ツアー第5弾 黒部奥山神秘の無銭LANLANツアー」という案内がありま
した。後援会の会員が主催されるツアーで目的は黒部市の三日市商店街
での無線LANの公開実験という固いテーマでしたが、この度、黒部市生地
地区が読売新聞遊歩百選に選ばれた事もあり黒部涌水ツアーが企画され
たのと1泊2日でバーベキュー食べ放題で1万円という安さに惹かれて参加
させて頂きました。
丁度会社が休みに入る2002年8月10日集合でしたが前日の午後10時
に出発し、高速道路を使用せず高山、古川を通って富山に入り、国道8号
線を走って集合場所の黒部I.C,に到着したのは午前4時でした。
集合場所を確認後宇奈月方面に走り、宇奈月ダムを越えて約1.2Km走
ると道は突き当たりになっていてそこが駐車場になっていました。
駐車場からは温泉施設らしきものは見えませんので暗い中、徒歩で確認
に行った所、300m程歩いた所に建物がありました。
道が右に曲がっているため駐車場からは見えなかったのです。
位置を確認して戻るときに人とすれ違いました。
暫くして戻って来たので管理人ですかと尋ねたら、お百姓さんで畑仕事の
前に一風呂浴びて来たのだそうです。
右の写真のように露天風呂は
石組みの上にあるので石をよ
じ登って露天風呂に入ったそ
うです。
(勿論、登らないで下さいの
表示はあります。)
車に戻り、少し仮眠しました。
山の上の雲が少し赤くなり、
周りも明るくなってきたので、
宇奈月ダムに戻ろうとして
外側から見た露天風呂
驚きました。戻る道の上で数匹の猿が遊んでいるのです。
ゆっくり走るとさらに別の場所に数匹がおり、近づくと道の両側の野草の中
に隠れてしまいます。
宇奈月ダムを見ながら朝食を取り、また温泉に戻る道では先程の猿がくつ
ろいでいました。
とちの湯に現れた猿
車のすぐ横を歩く猿
道路で遊ぶ猿
    道路上で遊ぶ猿達
宇奈月ダム
宇奈月ダム
宇奈月ダムは、ダムから見ると
すぐ下に宇奈月温泉のホテル街
があります。
宇奈月から来るとまず写真のダ
ムが見えます。
トンネルを出ると両側に駐車場
があり、右側にダムがあります。
左側の駐車場からはうなづきダ
ム湖が見えます。
しかも、道路から奥の方からは
とちの湯の建物も見えました。
陽が昇り、道路にも日差しがさすように
なるといつの間にか猿は姿を消しました。
ときどき、トロッコ電車が汽笛を鳴らしなが
らゆっくりと欅平に向かって坂を上って行
きます。トロッコはうなづき湖を挟んで
対岸のトンネルを走りますがこの当たり
はうなづき湖側の壁が無いので景色を
楽しめます。
トロッコ電車
トロッコ電車
午前8時頃になると日差しが強くなり、建物の近くには日陰が無いので開館
時刻を待つのは大変辛くなってきました。
やっと9時になって建物の中に入る事ができました。
テラス
テラス
入口を入るとエントランスになって
いて右と前に入口があります。
前に進むとテラスになっています。
開館前はガラス戸になっています
が開館時には雨戸のように片づけ
られ眼下にうなづき湖の緑の水面
や対岸のトロッコ電車などが見えま
す。また、黒部峡谷の山が両側か
ら迫る風景やその向こうに黒部の
山が行く手を遮るのが判ります。
ここでは宇奈月ビールを2種類販売
していますので風呂上がりに自然の
風を受けながらビールを楽しむのも
また一興です。
しかし、運転する身では残念ながら
飲酒はできません。
テラスの奥には研修室があり、畳敷
きでクーラーが入っています。
エントランスを右に入ると展示コーナ
ーとホールがあります。
建物には全体に地元の木材がふん
だんに使われています。
9時半の温泉の開場を待っていると
テラスから見た景観
テラスからの風景
虻がズボンの上から刺してきました。この後良く見ると浴室、露天風呂、脱
衣場にもはえ叩きや殺虫剤が置いて有りました。
9時半になってホールにある受付で入浴券を買って渡し、貴重品をコインロ
ッカーに入れ(100円、使用後返還)長い廊下を奥に行き浴室に入ります。
入湯料が1回500円となっていたので確認したら一度入浴して休憩室に戻
るともう再入浴は出来ないそうです。(私は最初に再入浴をお願いしておい
て2回入りました。)
温泉の紹介
この温泉は今年の4月に出来た日帰り温泉施設です。
浴場はテラスや研修室のある建物とは別棟にあります。
大きい荷物はフロントの横のコインロッカー(100円・使用後戻る)に入れ
た方が良いでしょう。長い廊下を奥にいくと暖簾が掛かっています。
脱衣場には鍵の掛かる脱衣箱は無く、篭のみで、小型の貴重品箱(無料)
があるので貴重品はこちらへ。
脱衣場からは直接露天風呂へ行くドアと内湯へのドアがあります。
浴室はタイル張りで浴槽は1つだけで浴槽の反対側に3つの蛇口と横に
2つ?の蛇口があります。石鹸シャンプーは置いてあります。温泉は無色
透明でアルカリ性の割にはぬめり感はありません。
露天風呂は岩とコンクリートで作られており、植物などはありません。
景観はうなづき湖の緑や対岸のトロッコ電車、黒部峡谷とその向こうに
そびえる山々など絶景です。しかし、日陰が無いので天気の良い日は
長湯ができません。
日除けの傘はありますが雨傘のようでした。
露天風呂は手前が鉄平石で浅く、奥はコンクリートがそのままで深く
なっています。
内湯
本館の大浴場
内湯洗い場
洗い場は蛇口が3つと右に2つ?
露天風呂
露天風呂
手前の鉄平石の方が浅い。
脱衣場脱衣場は箱は無く篭のみ
この部屋には小型の貴重品箱がある
一覧表へ トップへ
宇奈月町尾の沼公園とちの湯データ
住所 富山県下新川郡宇奈月町字大尾6215番地
電話番号 電話・FAX共 0765−62−1122
温泉区分 日帰り入浴専門
入場料 大人 (高校生以上)500円
小人 (小・中学生)250円
小学生未満     無料
休館日 12月中旬から4月中旬は営業しません。
(4月下旬〜12月上旬の期間中は無休)
営業時間 9:00〜18:00(開館時間:施設に入場できる。)
9:30〜18:00(入浴可能時間)
泉質 無色透明・単純泉(アルカリ性低張性高温泉)
(泉温90.5度、2100リットル/分)
効能
浴用 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、関節のこわばり、
うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、
病後回復期、健康増進、疲労回復、運動麻痺
(胃腸病、パンフレットにのみ記載)
飲用 効能の記載は無いが分析表には飲用可の記載
(大人190mL/日)
浴場設備 内湯 1槽 露天風呂 1槽
その他設備 研修室(畳 24畳) テラス16席 軽食可(そば、うどん) 宇奈月ビール2種類
脱衣場は篭のみで貴重品箱(財布が入る程度、無料)がある。
大きい物はフロント横のコインロッカー(100円使用後戻る)に入れる。
駐車場 有り(無料)
一覧表へ