直線上に配置

atelier

フレーム
アトリエ紹介

「自然釉」にこだわった陶芸工房
「鶯鳴窯」(おうめいがま)
春には窯の周りで鶯の囀りが楽しめる
事に因んで命名しました。
窯は登りを1つ加えた穴窯です。
この窯は先生の手作りで既に4年
使用していますが試行錯誤の連続
で最近やっと安定したそうです。
私にとっては何を持って安定か?
未だに解りませんが土の性質と薪
の状態と気候等が微妙に相まって
窯の改良をしていると思われます。

トップ アイコン
トップページヘもどる

直線上に配置
焼成の様子
焼成1焼成2
クリックすると大きい画像が見られます。
工房へ向かう
途中山頂より
良い雰囲気?
焚き口付近
灰かぶりの
すばらしい
作品ばかり!
登窯は焚き口
と違って柔ら
かい作品に!
造形が終わり
乾燥中の作品

穴窯の特別席

灰かぶり
はじめまして
作者の「由」
です。
アトリエ日記

アトリエで行っている行事等の紹介

窯焚き奮闘の様子
2002年5月窯日記