HOME MENU CYCLE PYLON SCENE NOTE BBS LINK

落書き帳

12年4月30日

毎度お騒がせします



 
 主題歌、C・C・Bの「ロマンチックが止まらない」の、ドラマといえば・・・
(今回、BGMを作成しました。楽譜がないので、粗悪ですが)

「毎度 お騒がせします」


放送当時、わたしにとっては、ちょっと
えっちなドラマだった。

(PTAから、夕方の番組には、過激すぎる!と、苦情があったとか・・)。

たいてい、母親が、夕方、買い物に出かけているすきに見ていた。

母親が帰ってくると、
「や、やばい・・!」と、慌てふためいて、

テレビにダッシュ!!(我が家のTVは、まだ、リモコンがなかった。)

がちゃがちゃとチャンネルをまわし、他局の番組にかえたものだ。

「(/TДT)/ああっ。。今から、いいところだったのに!」なんちゃって・・


 ドラマに出てくる子役が、女性の下着姿や裸をのぞき見て、

「チロ・リン・チン?」と、妙な効果音と共に、「痛い、痛い・・・」と、

下腹部を押さえて、走り回るシーンが、よくあったが、

最初、わたしには、まだ、その状況が理解できなかった。

しばらくしてから、このドラマを見て、初めて、わたしの体も反応?し、

『ああっ・・・・?!』 (。。)>

「なんだ、これは??」と、しばらく、うつむいた。

『んんっ! これかぁ〜』  ( ̄ー ̄)ニヤリッ

この時、「なるほど・・・・」と、体感したのだった。。

ちょっぴり、”おとな”になった瞬間である。
(*^-^*)ポッ



さてさて、

わたしは、えっちな場面ばかりに、注目していたわけではない。

あのドラマのロケ地は、おしゃれなニュータウンだなあと見入っていた。

社会の資料集に載っていた、多摩ニュータウンかなあ・・・

東京って、どこも、あんな光景なんだろうなあ・・・

いいなあ・・・あんなところで、住んでみたいなあ・・・

わたしの住んでいた、集合団地とは、比べ物にならなかった。

自転車での行動範囲にも、あのような、モダンな光景はなかった。



 先日、チャンネルを、リモコンで
ポチポチかえていると、

再々・・?放送の「毎度お騒がせします3」が放送されていた。

チラリと見たが、やはり、今になると、映像が、全体的に古くさい。。。


若手俳優の芝居も、素人並にヘタクソだったし。。。

思わず、「なんじゃ、こりゃ〜。」と、

クスクスと笑ってしまった。


←戻る           次へ→