東京の銭湯散歩 +1

晴れた日は手ぬぐい下げて



 
 
 実際には、コンビニの袋にビオレとタオルを入れてぶら下げていきます
 遠くの銭湯だと、デイバック。
 仕事帰りのお風呂は、プール用のセームを流用し+ビオレの超ミニでコンパクトに。



 
 




 
 

表参道から明治神宮 初詣と初風呂 

 清水湯・第2桜湯

お正月の朝といえば、元旦は初詣。近所の神社に詣でて、お雑煮を食べて、お酒を飲んでヒルネ。
 2日は、初湯。近所の風呂屋の朝風呂に入って、お雑煮を食べて、お酒を飲んでヒルネ。
 1月2日の初湯は特別で贅沢な気分だ。

 初詣と銭湯と蕎麦屋は近所がいいと思う。が、2日に友達と連れだって詣でるなら東京は明治神宮だろう。神社は参道をずっと辿って正面からお参りしたい

 となると集合は表参道駅だ。
 お参りの前は、表参道徒歩3分の清水湯の初湯で身を清める。レトロな高い天井の銭湯が南青山に残っているとは。
 明治神宮までの風呂上がりの並木道が気持ちよい表参道。

 初湯の時間は年末になると張り出されるので、幹事は下見かたがた一度行くと好い。
 神宮前交差点そばの第2桜湯もおすすめです。

◆清水湯:港区南青山3-12-3(16:00- )tel:3401-4404 休:月
表参道駅3分(表参道交差点を外苑方面右側2本目の路地右折30m右)

◆第2桜湯:渋谷区神宮前6-6-2(15:30- )tel:3400-5680 休:月 明治神宮前駅2分(神宮前交差点 キディランド裏の商店街)
 



銭湯とマッサージでからだの大掃除

 年末といえば、大掃除。お部屋の掃除が終わったら、ゆっくり大きな風呂に浸かって一年の垢を落としましょう。風呂上がりに体がほぐれたところでマッサージを奮発して、凝りや疲れを新年に持ち越さないようにしてみてはどうでしょうか。仕事納めの後は、からだも大掃除。

新宿方面「松本湯」JR東中野

 例会でも行きました、自称:東京で一番大きく豪華な公衆浴場。(cf.銭湯マップ)

 ロビー、脱衣所はかなり広いです。籐のカーペットを敷き詰め踏み心地がよいうえ、ビル銭湯ながら高い天井が快適な空間を創っています。3月には雛飾りがなされるそうです。浴室の設計もユニークでした。個性的な浴槽のレイアウトでおゆはぬるめ,柔らかです。

 マッサージはロビー奥畳スペースのマッサージ台に着衣のまま寝て行います。整体ぽい本格派で、結構人気があるようです。入浴前に番台で予約。40分2730円と非常に安めなのも魅力です。中央線沿線の人がうらやましいぞ。

品川方面「海水湯」京急新馬場

 品川から2駅の新馬場「海水湯」には本格的「海水湯治療院」が併設されています。
 ここはアロマセラピーのオイルマッサージもできます。これはソフトで気持ちよく、リラックスしたいときには良いかも。
 指圧や通常のマッサージもあり、いずれも30分3千円、45分4千5百円(オイル代別)。時間さえあれば、クイックマッサージなんか問題外ですね。(あれは9割はヘタです)技術はしっかりしているし割安なのではないでしょうか。
 施療するのは男女の先生1名ずつなので、3日前からできる予約は早めにした方がよいです。24時までやってます。
 銭湯は、小ぶりながら、奥行きのある浴槽と、4畳半ぐらいの煙突形露天風呂が上手に設計されており、居心地のよい良い風呂だと思います。男女別設計で日替わりです。手ぶらセット\200あり。ロビーで生ビールが飲めるし、1階には喫茶店と台湾料理屋が入っていて食事の心配もありません。心身の大掃除にはぴったりと言えましょう。平成11年末は大晦日、3が日とも午前11時から営業で年末年始休みはなし − でした。
 



− 風呂屋で憩う 蕎麦屋で和む −

浅草・蛇骨湯・並木藪/森下・常磐湯・京金/青戸・梅月湯・三味/浜田山・安藤

 残業続きの後、今日は定刻で仕事が片づいたぞというときは、天井の高い銭湯に寄って頭をほぐして帰りたいもんです。風呂上がりもちょっとのんびりして。

 浅草へ寄って、夜7時まで並木藪で菊正宗の樽、そのあと蛇骨湯、銘酒居酒屋で3合、梅園の粟ぜんざいで仕上げというのはゴールデンコースです。

 が、わざわざ行くのだったら都営新宿線森下の「京金」と「常磐湯」がお勧めです。

 森下の交差点は不思議なところで、東北のコーナーを北(両国方面)にちょっと行くと蕎麦屋の「京金」、東へ行くとすぐに、味のある居酒屋「山喜利」、「みのや」の桜鍋と集中しているのです。深川飯やどじょうのお店もそばです。いつのまにか、ぴあマップグルメでも1つのエリアとして掲載されている”森下”。

 「京金」のお蕎麦がうまいのは当然ですが、お酒、つまみの充実はただごとではありません。突き出しに「蕎麦味噌」は忘れずに頼みましょう。接客も大変良いです。入り口で靴を脱いでお店にあがるので、一気にくつろげます。うまい蕎麦屋はあちこちありますが、東京の気持ちの良い蕎麦屋No.1でしょう(98/09/10記す)
 「常磐湯」の男湯は広い庭の長く大きい池と広い濡れ縁が魅力です。天井の高い浴室の庭側が足下から透明なガラス戸になっており開放感があります。のぼせる寸前まで湯に浸かって、外で体を拭くのは気持ちがよいものです。清澄通りを南に400mほど南、1ブロック東側にあります。
 
 京金は中休みがないので、遅く起きた土曜日などは昼食の時分を外して京金へ行って、銭湯が開くまで一杯飲んで、そばをたぐって、風呂に入って帰ってくると、充実したなんにもしない上等な一日が過ごせてたいへん良い。早引けしていくも可。
 
常盤湯:江東区常磐2-3-8(3631-9649)
京金:江東区森下2-18-2(3632-8995:定休日火曜11:30-20:30)

【京金は最近混んでるしー。新進気鋭の蕎麦屋はないか】

「三味」 葛飾青戸の和めるうまい蕎麦屋

 京成線の葛飾・青砥。半円に大きく張り出したジャグジーが気持ちよい超高温「梅月湯」から歩いて2分の「三味」(月火休み)が東都随一の隠れた名店です。(駅から5分)

 うまい。憩える。銭湯が近い。
 薫り高くのどごしのいいソバ。盛りも多い。オーナーが退職後の趣味でそばうちの修行をし、その後始めた店ですから、雰囲気や内装に余裕がある。蕎麦はうまいし、地酒・つまみも充実だ。焼き味噌・つくね団子・生湯葉が絶品。無垢の大テーブルがきもちいいです。
 お昼の楽しみセット2000円は、おまかせのつまみ3品に酒1本、蕎麦1枚でとってもお得。「蕎麦屋で憩う」を店主自らオススメしているんである。
 つまみに「鴨椀」、「つくね椀」があるのもいい。こっ恥ずかしくて頼めない「鴨南のヌキ」などが池波正太郎でなくても楽しめます。

 開店当初は看板無し、土日休みで夜7時閉店だったので、謎のお店でした。いまは駅にも看板でたし、夜9時までやってます(中休み有り・定休:月火)。

 ナニ浅草から都営線乗り入れで京成線青砥駅まで15分京成上野駅からならたったの10分だ。いずれ有名店になるから、いくなら今のうちですよ。おみやげは赤堀精肉店の「豚ロース味噌漬け」で決まりである。

「三味」:葛飾区青戸 5−14−2 TEL 03-5680-2310 定休日:月火 11:30-2:30,5:00-9:00
「梅月湯」:三味の前の道を北に100M左手

 
 



 




 西の方だと、浜田山・浜の湯にはセイユーの角を入った「安藤」の鴨南蛮。コンクリート打ちっ放しに暖炉がある「杉並っ」て感じの蕎麦屋です。鴨南蛮のつゆで冷やを飲むのは秋冬の楽しみ。
(おがた)


−夕焼けを見に行こう 赤羽岩淵 −

 
 夏の風呂上がりの楽しみといえば夕涼み。
 脱衣所の縁側で団扇を使うのもいい。
 しかし何と言っても、川辺を散歩しながら夕焼けを眺めるのがオススメです。

秋の夕焼けは感傷的ですが、夏の夕暮れは茫漠としていて、なんだかぽかんと空を見上げていられます。暗くなるのもゆっくりしている。

 東京の夏なら、赤羽の旧岩淵水門の公園がいい。この辺りでは隅田川が東西に流れているので、東京には珍しく西の空が開けていて、川風も心地よいです。水門を渡った小島には、西に向いた階段がある。ここで、缶ビール。南北線赤羽岩淵駅から隅田川縁まで5分くらいなので、夏ならば会社の帰りにも寄れます。

 銭湯は、斬新な建物とレトロな浴槽、工夫した露天のある有名銭湯「テルメ末広」か、
南北線志茂駅3分(隅田川サイドのローソン横を入って突き当たりの道を左)ロビーで生ビールが飲める「みどり湯」がよいでしょう。いずも、岩淵水門まで徒歩5−10分です。(文:OGT)

(日の入りの時間は、新聞の天気予報欄などでチェックして下さい)

 テルメ末広:北区志茂5-16-14 tel:3901-6316
 みどり湯 :北区志茂2-25-9  tel;3901-2907 
 
 


   〜浅草の5月は曙湯の藤棚〜


 4月は桜、5月は菖蒲、そして藤。
 季節感は積極的に探して楽しむ。菖蒲は明治神宮、京成江戸川の菖蒲園。

 藤はと言えば、浅草寺の北、浅草4丁目の『曙湯』の前面いっぱいの藤棚は見事だ。
行ったことありますか。咲くのは5月はじめくらいになるか。
 藤の盛りをはずしても、脱衣所の花鳥風月の格天井(ちと色褪せているが)は銭湯ファン必見。広
めのレトロタイプ。良い湯です。

 曙湯へは、浅草寺を裏に抜けて言問い通りを渡りゴロゴロ会館の横を入って少し歩
いて、最初の大きめの通りを左に200mくらい。営団の駅からはちと遠い。通りに
面して堂々と建っている。

 風呂上がりは浅草へ。
何でもありですが、浅草寺裏まで来たので、来た道の途中の「とうふ川風」の¥3500のコースや、
ちょっと路地を入った「豆かん」が大絶賛されている「梅むら」(夜10時まで)が良いかもしれません。
蕎麦なら「大黒屋」。
(OGT)

◆曙湯 台東区浅草4-17-1 (15:15- )不定休
================

(文:OGT)

〜大岡山 大岡山森林浴温泉 東工大の花見茶会〜

 

 4月は大岡山(目蒲線、大井町線)の「大岡山森林浴場」。森林浴のできる?やや小さめのビル銭湯です。
(目黒区大岡山2-2-14 15:00〜)
 4月の大岡山といえば、東京工業大学(駅前東徒歩0分、マクドのむかい)の広大な敷地内の桜が
隠れた名物です。座り込んでの宴会が少ないので、静かな花見が楽しめます。
国立大なので誰でも入れます。なかをぐるぐるしましょう。広い芝生の斜面もあってなごめます。
 4月の週末(例年第1土曜日頃)には、東工大茶道部の「花見茶会」をやります。
桜の下で幔幕を張った野点もやって席料は2席千円程度。ほとんど男子部員の
和やかな席が好評です。(受付正門横の百周年記念館。3時頃まで)
作法は知らなくても、隣の人と同じことをすれば大丈夫。待合いで学生に申告すれば、
教えてくれます。女子大生のお客が多いのも、魅力ですね。

 お風呂の後は、西側駅前商店街中程3分右手の蕎麦屋「さか元」がおすすめです。
そばと定食の普通のお店ですが、とんでもなくきびきびした若い店員さんが印象的。
時間があれば、自由が丘へ2駅なので、流れても良いでしょう。
目蒲線,大井町線には良い銭湯がたくさん。

 ボートに乗れる桜のきれいな洗足池も近くです(徒歩10分)。

======================
◆「大岡山森林浴場」。森林浴のできる?やや小さめのビル銭湯
(目黒区大岡山2-2-14 15:00〜)

(文:OGT)


ここは東京入浴会 別館です
ogt@geocities.co.jp