Last update : 1999/11/09
二荒霊泉ふたられいせん

二荒霊泉は、恒例山の洞窟から涌き出る「薬師霊泉」(眼病に効くという)と、天狗沢から涌き出る「酒の泉」(酒を造ると銘酒ができるという)を引いたものです。

霊泉の傍らには、あずまやがあり霊泉でいれたお茶などを楽しめます。

楼門の脇に酒樽が積まれていますが、これは二荒霊泉を使って酒造した業者の奉納です。「酒泉講」という崇敬組織をつくり、10月に祈醸祭、5月に報醸祭を行っています。

同様に酒の泉のある滝尾神社たきのおじんじゃにも酒樽が積まれています。これは「献酒樽」といい、やはり酒造業者の奉納です。