角楢小屋は朝日連峰(新潟-山形県境)の南に位置する小さいけれども味のある小屋です

1999年GWの巻・・・2泊3日の出来事を1日の流れにまとめてみました

角楢小屋へ

車止めのすぐ近く.最初の吊り橋(立派!!)水が綺麗,自然と気分が高ぶってくる

2本目の吊り橋の下で竿を出す.ひらけた場所でのんびりするのにイイ場所.その後,徒渉

角楢小屋手前の吊り橋.腰が引けているじゅんや(高所恐怖症・・・高所ってほどでもないんだが)

立派な吊り橋になった.ボランティアの方々に感謝感謝

連休ともなると,他のグループが来ていて,新しい小屋の方には入れない事が多い.一応テントも用意している.古い角楢小屋の前で戦いの準備.天気がイイ!

さて,釣りだ
まだまだ雪代が多く,水はとても冷たい
ポイントはいっぱいある
だいちんも釣り上げた

ボウズ番長と呼ばれるさるくんは途中で餌釣りにして何とか釣った.もんきーずの中では餌釣りは相手にされない・・・・

ルアーに食いついてくる.赤金ミノー
今回一番デカイ奴
釣りから帰ってきて・・・
まずは獲物を手に,はしゃぐ

後ろに見えているのは新しい小屋

ドラム缶風呂の準備.水を入れるのも沸かすのも一苦労

その頃,さるくんはビールとウイスキーのために雪を集める.80Lザックにいっぱいだったので重たかった

気持ちよい,キミだけ明るい時間帯だ

まさきぃ〜,早くでろよ,暗くなっちまった

じゅんやが堪能した後にさるくんが入ったのであった

宴の始まり

同宿した山さんに,熊肉を頂く.山さんは新しい角楢小屋建設に関わっている人です.詳細はこちらへGO

これが熊肉の刺身だ!とろけるうまさ.今まで食べた生肉の中でナンバーワン.信じられないでしょ.

熊肉に主役を奪われた,岩魚の刺身(さばき中).調理人は山さん

熊肉と岩魚の刺身に主役を奪われた,塩焼き連中

ほそぼそとした焚き火もまた良い.

おまけ;くまちょんの足跡.ここは「またぎ」のいる里.熊は結構いるのである.

indexへ戻る/角楢2000Aprilへ/角楢2000GWへ