マザーリーフって知っていますか?


正しくは「 セイロンベンケイソウ」。他にもマジックリーフ、ハカラメ、クローンコエと呼び方はいろいろ。

熱帯地方が原産で、日本では小笠原や石垣島などに自生しているらしい。
昔は甘味料として利用したり、海洋民族の携帯食料にもなっていたとか。


そのマザーリーフをネットで仲良しのりんごさんから分けてもらいました(^-^)。
ありがとうっ、りんごさん♪(りんごさんのサイトでもマザーリーフのことアップしていますっ)



2月某日、うちにマザーリーフがやってきました。
実はこの日の北海道は大荒れ。
葉をひたしてくれた綿がシャーベット状に…(>_<;;)。
でも、葉は何とか大丈夫!
そんな運命的な出会いなので、更に愛着沸いてます(^^)。








丸いカップにおはじき入れてみました。
今はテーブルの上で元気に育ってます。










四角い入れ物にピンクのシーガラス入れてみました。
出窓に置いているのですが、この葉が一番育っているかも。
小さな葉が出始めてます(*^^*)。









白い小皿にガラス玉並べて葉を置きました。
これはキッチンへ。











こんな感じで小さな葉がでることから「マザーリーフ」って
呼ばれているんですよ〜。
この葉たちがどんどん増えて大きくなっていくんです。
上手く育てると花も咲くんだって!




育つ条件

・20度以上の気温!
・適度な水
・日光(電灯のあかりでもOK)

↑この3つでOK。っと、「愛情」も忘れずに…(^-^)!

余談ですが、うちの場合一番気をつけなければいけないのが気温でも日光でもなくネコ(笑)。
ネコが葉をかじってしまうというのは聞いたことあるのですが、うちの場合はそうじゃなくて
お皿にはった水を飲んでしまうことがあるんです(^-^;。これが一番の悩みかも…(^^ゞ。

・・・ (多分)つづく ・・・


HOME