赤ハゲから白ハゲ     Top

 昨夜は、時々強い風が吹いてツエルトがあおられて目が覚めましたが、風のおかげで結露が少なくて助かりました。
 暗いうちから支度して、今回の縦走の核心部を通り池ノ平小屋を目指します。白萩山は、ハイマツとハンノキ?に覆われて、東面をトラバースし、昨夜明かりが見えていた鞍部に着くと2人組が出発の準備をしていました。昨日赤谷山を先行した、年輩の登山者と青年で、白ハゲまで行き、引き返すと話 していました。
 ハイマツに覆われた赤ハゲを越えて白ハゲに着くと、南面は草地で一面のチングルマできれいです。正面には、池平山への厳しい稜線が続き、その先に剱岳の岩稜が聳えています。 

 09/9.20(日)晴
 5:05 赤谷山発
 5:50 白萩山(2269m)通過
  この付近踏み跡不明、鞍部に池塘あり
  ベニバナイチゴが熟れて美味
 7:50 赤ハゲ(2330m)
  ヤセ尾根、岩場の連続、ロープ使用
 9:20 白ハゲ(2388m)着

←赤谷山から見る白ハゲへの稜線、中央の三角のピークは池平山

白萩山から見返した赤谷山、前方に剱岳
岩のこぶの稜線、右が白ハゲ 赤ハゲ鞍部の池塘に氷、この付近テン場
赤谷山を見返す、後は毛勝山 赤ハゲはハイマツの中
白萩山と赤谷山を見返す、後は猫又山 池平山の左下鞍部に池ノ平小屋
岩とブッシュの稜線 ロープを張って抜ける(見返し)
白ハゲから見返す赤谷山方面、前方には大窓、池平山と剱岳
遠くに大きな五竜岳 剱岳をバックに、昼前で元気あり

写真(赤ハゲから見る剱岳)
山歩記(国内)  次ページ   Up