4日目(モスクワ)
 いよいよ最終日。ホテルで朝食を取り、荷物を預けてから、インフォツーリストでオスタンキノ・テレビ塔へ行けるか聞いたが、 昨年の火災のためまだ観光はできないとのことだった。これまでも世界の高い塔なんかには、行ったときに必ず登っていたので、 世界第2位の高さ540mのオスタンキノ・テレビ塔ははずせないと思っていたのに、残念。1年も経てば直ってるとおもったのに・・・。
 このとき、ホテルの人から空港まではどうするんだと聞かれ、帰ってきてからタクシーで行くと答えると、 今日はモスクワの記念日でイベントをやっているから捕まらないかもしれないので、今のうちに予約を取れという。 ちょうど日本人女性2人が、送迎を頼んでいたので、聞かれたようで、後でいいと一端断ったが、何度も念を押すので、 頼むことにすると、一緒に行けと言われた。まぁ、値段も安くなったしよかった。
  船から見たモスクワ大学
 それから、モスクワ川のクルージングに行くことにした。地下鉄の駅を降りると、警官が多く、イベントの警備に出ているようだった。
 クルージングのチケット売場は、川の方へ向かって歩くとすぐにわかり、ここで120p払い、30分ほど待って、船が出発した。 出発して、最初に見えるのはノヴォデヴィッチ修道院で、船がゆっくり蛇行するあたりで、左にモスクワオリンピックのときに様々な種目の開催場となった ルージニキ大スポーツアリーナ、右にモスクワ大学やスキーのジャンプ台が見えてくる。
 それから、ヴィラビョーヴィ丘の麓にかかる 二層橋には、下を地下鉄、上を車が往来している。次に、右手に大観覧車のあるゴーリキー公園が見えてきて、 しばらくすると、モスクワ川をまたぐ橋で一番美しいとされる クリミヤ橋が見えてくる。

ゴーリキー公園   
 船は、本来ならクレムリンの横を通るのだが、この日は川でヨットレースのイベントが行われており、残念ながらこれ以上行くことができないみたいで、 仕方なく近くの船着き場で降りた。
 それで、ホテルの近くのイズマイロフ公園で週末にマーケットが開催されると聞いていたので、そこで土産を買うことにした。
地下鉄に乗るとき、テロ防止のため一端乗客を降ろしての車内の点検があり、日本と違うことを感じさせられた。
 マーケットの入場料は、10pで中では、マトリョーシカをはじめ、白とブルーの色がきれいなグジェリの陶器やホフロマ塗りなどが売られている。
 ここでは、友人の土産のTシャツとマトリョーシカを買った。それぞれ値段もかなり安く、土産物屋で買うよりもずっとリーズナブル。 ドル紙幣も使えるところが多く、小さいマトリョーシカは1ドルで売っていたりする。
 中は、かなり広く僕は時間の都合で、結局全部を見ることはできなかったけど、同じ様な店も多いので、買うときは何店か見てから一番安いところを探す必要がある。
 それから、ホテルに戻り、タクシーで空港まで移動し、やっぱり出発時間は遅れていて、30分ほど待って日本へ向けて飛行機は出発した。 まだ、僕の便はマシだったが、空港であった他の日本人の便は3時間以上待ち時間が出ているようだった。
 約10時間で、成田に到着し、成田エキスプレス、新幹線と乗り継ぎ、家に帰ってきて、今回の旅は終了した。  

   1日目に戻る     2日目に戻る     3日目に戻る    トップへ