MALDIVES & SINGAPORE
1997・12・17〜12・18


成田もクリスマス
1999/12/17〜12/28

街はすっかりクリスマス一色です。ここ、成田空港第1ターミナルにも巨大なクリスマスツリーがそびえたっていました。
今回の旅行は、前回と行き先は同じでモルディブ&シンガポールです。
クリスマスイブの夜に移動したくなかったので、12月23日までモルディブに滞在し、12月24日から28日までシンガポールに滞在しました。


シンガポール航空はやはり最高です。
旅行代理店を通して海外旅行を予約すると飛行機にのるまで座席ってわかりませんよね。そこで、ちょっと裏技をご紹介します。
まず、何はともあれ旅行代理店を通じ全日程を予約し代金を支払います。次に利用航空会社に電話をし、自分達の名前がコンピュータに登録されたかを確認します。
登録完了後、シートリクエストをお願いします。たとえば、「2人掛けのシートがいい」とか「客室乗務員の前がいい」とか「窓際がいい」とかです。そうすると、「リクエストでお受けします」という返事が返ってくると思いますがこの「リクエスト」というのが「OK]ではなく「希望を一応聞いておきます」です。
「なんだ?じゃあだめじゃん」と思うなかれ。私達はこの手を使い100%リクエストどおりの席を確保しています。私達と同じツアーだった夫婦はこのリクエストを旅行代理店にしてだめだったです。旅行代理店はリクエストを航空会社に伝えないためこんな事になります。ちょっと手間でも、良い席で旅をしたいじゃないですか。
勿論、チケットはパッケージ用の激安チケットです。

やったー!ビジネスシートだー!

何を間違ったのかSQさん!モルディブへ行くにはシンガポールで乗り継ぎをします。
この旅行で私達がSQにリクエストした内容は、「行き返りで4回搭乗するのですが、全て2人掛けの席をお願いします」でした。
成田〜シンガポール間がエコノミーの2人掛け席、シンガポール〜マーレ間がなんと2人掛けは2人掛けなのですが、ビジネスクラスになりました。(この飛行機はエコノミーも全席2人掛けシートなのに)


まっくらです

深夜にモルディブに到着です。2度目という事とビジネスシートだったせいか元気満点です。

モルディブ観光25周年   

今年は、モルディブ観光25周年とかで、この期間に旅行するとパスポートに特別なスタンプを押してくれます。この看板と同じデザインです。

地図

前回、そして今回宿泊しはモルディブ「バンドス」の地図です。
シュノーケリングに最高なポイントは地図左側の真中あたりがいいですよ。ドロップオフまで比較的近く、ナポレオン、マダラエイ、海亀、モンガラカワハギなどと遭遇できました。


ロービーの前で・・

バンドスでも、観光25周年とクリスマスデコレーションで飾られていました。レストラン周辺の木には電飾が巻きつけられ、前回とはちょっと違ったバンドスでした。

ゆかたでハイ!ポーズ!

浴衣を持っていきました。
以前から一度やってみたかったのが、海外で浴衣を着る事でした。今回は1回だけでしたが、浴衣で夕食です。夕食といってもTシャツを着た外国の方が多く、結構目立ちましたよ。「ベリーナイス」なんて言ってくれる人もいましたし、写真も何枚か撮られました。

イリヤス、ありがとう

日本語が結構上手な日本語スタッフ「イリヤス君」。
雑誌の「海島」にも何回か登場している「イリヤス君」です。前回のスタッフ「Mr カルー」はマーレで働いているそうです。日本語の勉強のために雑誌をプレゼントしてきました。



念願のラッフルズホテルに宿泊しました。
ロビーには大きなクリスマスツリーがとても綺麗に飾られていました。
大きなクリスマスツリー

とっても、綺麗でした

クリスマスライトアップで有名なオーチャードです。
原宿のライトアップとは比べ物にならない規模の電飾です。いろいろな企業などが競い合って飾り付けをした賞をとりあうそうです。
もし、あなたがシンガポール旅行を計画する際は、「グレートシンガポール」か「フードフェスティバル」か「クリスマスライトアップ」を狙うといいかも。

ビックリしました!

夜のシンガポールを楽しんだあとホテルに到着。すると、ドアをノックする音が・・・・?
ドアを開けるとホテルスタッフがノエルの靴下を持って「メリークリスマス」とプレゼントを頂きました。中に入っていたのは、クッキーやオレンジなどでした。しかし、突然のことでしたので驚きましたとっても良い思いでになりました。

ドリアンは、おいしいですよ♪
ドリアンに挑戦!

ガイドブックに載っていた「ドリアンハウス」でドリアンに挑戦しました。一口食べて(舐めてかな)「ごちそうさま」でした。妻はけっこう食べてましたが、その後いつまでも口の中がドリアンだったようです。
タバコを吸ってもドリアン、コーラを飲んでもドリアンでした。この時期はフレッシュドリアンでなかったのでまづかったのかな?

ラッフルズ卿の像とハイ!ポーズ!  ラッフルズ卿の像とハイ!ポーズ!

ラッフルズ卿の像って2箇所あるんですよね。
今回はラッフルズホテルに宿泊していることもあって、この像を見学してきました。ツアーなんかに組まれている市内観光でマーライオンは定番コースですが、意外と知られていないシンガポール近代史を築いたラッフルズ卿マーライオンから近いので是非立ち寄ってみてください。
ちなみに、左側がヴィクトリア・メモリアル・ホール前のオリジナル右側がシンガポール川添いボートキの対岸にある上陸記念像です。一応同じポーズをとっているのですがわかりますか?

こんな所からも入れるのだー

ラッフルズのロビーは観光客や食事客で賑やかですが、このホテルに宿泊し、ルームキーを持つ事で行動範囲が何倍にも増えます。
ホテルの周辺いたるところにある小さな門ですが、ルームキーを使って開ける事ができ、フロントを通らなくても部屋に戻れたりします。勿論エレベーターもキーがなければ動きません。この扉の前やフロントの階段付近にはレジデンスオンリーの立て札があります。
このホテルでは、宿泊している人は宿泊客ではなく「住人」としてもてなしてくれます。

ラウンジ

メインビルの3階にあるラウンジです。
このメインビルには4部屋しかありません。一見、8部屋あるよに思えるのですが、実は4部屋だったのです。詳しい情報は次のシンガポール旅行記をご覧下さい。
写真の右下1階が「ティフィンルーム」で左下1階が「ラッフルズ・グリル」と「ライターズ・バー」です。





はみだし  1
サティークラブ

シンガポールと言えば多国籍料理です。
ガイドブックに載っている所しか行けませんでしたが、とっても美味しかったです。東南アジアの屋台って汚いイメージありますよね。
でも、ガイドブックに載っているような所はとても清潔です。むしろ、日本の屋台の焼きそばやたこ焼きよりはるかに衛生的で清潔ですよ。

はみだし  2
ラッキー・カン

クリーン・アンド・グリーンのシンガポールです。
道にゴミが落ちていないという話を聞いて、「まさかね?」と思いましたが本当にゴミが落ちていないんですよ。でも、オーチャードなどのメインストリートだけですが。一歩路地裏にいけばけっこうありますが、日本より綺麗なのは間違いないです。
そんなオーチャードで見つけた「ラッキー・カン」空き缶を入れるとスロットマシーンに変身します。数字が揃うとなにやら景品がもらえるそうですが、私ははずれました。

はみだし 3
寒いです

やっぱり日本は寒いですね。
なぜか冬に旅行するので、帰国してからの温度差が身にしみます。皆さんは冬に暖かい国に旅行し、帰国したときの防寒はどうしてますか?





カブのひとりごと
この旅行の感想

今回で2度目となったモルディブ&シンガポールの旅。
成田に到着すると「これで、海外旅行はおしまいかな?」などといつも考えます。モルディブでは、前回同様、綺麗な海を体験でしました。
シンガポールでは、あこがれのラッフルズホテルに宿泊することができ、ラッフルズの素晴らしさを実感できました。
前回のグット・ウッド・パークも申し分のないホテルでしたが、ラッフルズはその上をいくものでした。建物は暖かく、スタッフのきめ細かな対応が素晴らしいです。
妻いわく「ホテルというか別荘のような我が家に帰ってきたような」という感じだそうです。この後もう一度シンガポールの旅を計画しました。
勿論、ラッフルズホテルです。



モルディブ&シンガポールpart1へ              カブのお部屋に戻ります             2000年カウントダウン! in RafflesHotelへ行きます♪

 サリーとカブのおウチへ戻ります。