3k 潜入!前門飯店の調理場(35k)

やりました!おそらくWEB上では初公開でしょう?!前門飯店の調理場です。中華料理をおいしく作るには強い火力が不可欠なのは皆さんご存知でしょうけれど、近くで見ると本当に「ゴォー」って言う感じです。中華鍋のすぐ上には水道があり、鍋を動かさなくても水を注ぐ事ができるようになっています。

2k 潜入!前門飯店の調理場(37k)

一番右には大きな鍋があり、そこで麺を茹でる為のお湯を沸かしています。これに点火する時は、先ずガス栓を開いてガスが「シューシュー」出ている所へ、30センチくらいの長さの、先に火の点いたバーナーを差し込みます。「ボンッ!」、その瞬間はもうほとんどガス爆発です。

2k 潜入!前門飯店の調理場(34k)

中華料理は油をたくさん使うので油の粒子が飛び散り、ここの調理場の床はつるつる滑ります。コックさんたちは、滑らないようにすり足で歩くんだそうです。「こうしたら滑り止めになるんだよ。」と言って、料理長さんが塩を撒いていたのが印象的でした。

2k 歴史博物館(30k)

天安門広場から歴史博物館を写しました。写真中央の“連結バス”にご注目下さい。中国の市内バスは大抵こう言う感じです。2両連結してもまだ車内はぎゅうぎゅう詰めの事が多く、ラッシュのピーク時には1平方メートルあたり15人くらいが乗っているそうです。※最近この連結バスは随分と少なくなってきました。この写真もそのうち貴重なショットとなるかも?(2001/5/30)

3k しゃぶしゃぶ1(54k)

これからしゃぶしゃぶを食べようとしている所ですが、机の上にずらりと並んだお椀に注目して下さい。すべてしゃぶしゃぶのたれを作る為の調味料です。醤油、韮味噌、塩、ごま油、ラー油、味の素、みりん、酢、エビ油(蝦油)等等。 たくさんありすぎて何を入れたらいいのか分かりませーん。結局手当たり次第にほうり込むので、誰がつくっても同じ様な味になってしまいます。

4k しゃぶしゃぶ2(62k)

ここで注目して欲しいのはテーブル上の蝋燭です。何で置いてあるのだと思いますか?お店の人によると、蝋燭を置いておくと(しゃぶしゃぶの下にある固形燃料から出る)煙を取るんだそうです。「本当?」と思って、この後蝋燭を消してみたら、確かに部屋が煙ってきました。不思議?!何故だか分かる人がいたら教えて下さい。

3k 天安門(41k)

車窓から撮ったものなので写りが悪くて申し訳ありません。毛沢東の左右に書かれているスローガンは「中華人民共和国万歳」と「世界人民大団結万歳」です。この門を入った所がかの有名な故宮です。




このページのホストはです。無料ホームページをどうぞ!
Copyright1998,1999,2000,2001 Tadashi Takeda.