2k 十渡(42k)

十渡の六番目の渡し、六渡で見掛けたロバ車。一人一回50元(1元は17円弱)だそうです。

2k 十渡(41k)

河原でランチ。よく見ると面的タクシーのシートを外して座っています。

3k 十渡(39k)

ミニスカートで馬に乗り、疾走するの図。乗る時がまた一苦労で、おじさんがスカートの裏地を引っ張って隠してあげてました。こんな嬉しいこと・・・じゃなかった、無茶をするのは、やっぱり元気な中国人女性。

3k 十渡(34k)

バンジー跳(ジャンプ)。六渡からの乗馬ツアーの終点でした。出発するときに馬子のおじさんが馬に「バンジー!」と言い、馬も微かに頷いたように見えました。赤兔馬の様に綺麗な馬で、おじさん曰く「この馬はなんでもよく知ってるから」。おや馬鹿ならぬ、“まご馬鹿”。

2k 赤兔馬?の後ろ姿(38k) 

特別出演!これがその赤兔馬?

3k 十渡(39k)

一跳び150元(健康診断・保険付き)。飛び降りるポイントまではロープウェーか車で行きます。結構立て続けに跳んでいました。ゴムの弾性で数回上下した後、下にいるゴムボートから差し出される棒につかまって下ります。赤い布には“○○有限公司は勇敢な者に敬意を表します。”と書かれています。敬意はどうであれ、私は飛び降りたくありません。

3k 十渡(40k)

十渡は北京の南西郊外に位置し、山間に流れる川に橋が10個所架かっていることから十渡と呼ばれています。またの名を「小桂林」といって最近人気の出てきた観光地です。昼食にバーベキューを欲張らなければ、廬溝橋・周口店(北京原人発見の地)を入れて一日でまわれるコースです。




このページのホストはです。無料ホームページをどうぞ!
Copyright1998,1999,2000,2001 Tadashi Takeda.