VIQR
(Vietnam International Quick Recognize)


(1/2)

なぜゆえにVIQR


まず、ここを読んでいただくに当たって、なぜこんなややこしいことを書くのかを説明します。

ベトナム語の表記は、「ベトナム語ABC」の項でも説明している通り発音記号と声調記号を含んでいます。従って、Web上で正確にベトナム語を記述しようとすると、当然日本語のように見る方の環境においても、ベトナム語の環境が整っていなければなりません。
しかし、基本的にWindowsその他のOSは、英語の環境しか持っていません。日本語Windowsでいえば、英語環境の上に日本語が乗っかってると考えればわかり易いです。そんな状況で、さらにベトナム語を乗っけちゃうと、必然的に日本語とバッティングしてしまいますね。
そんな理由で、日本語Windowsにおいてベトナム語の環境を構築するにはかなり手間がかかりますし、また、個人所有のPCならば手間さえかければいいですが、会社や学校でPCを使っておられる方、家族で共有している方、さらに出先やインターネット・カフェなどで使う場合においては、そうやすやすと他言語の環境を構築することは物理的に不可能です。

そんな場合を考慮して考え出されたのが、英語の環境だけを利用して複雑なベトナム語の表記を実現してしまおうという「VIQR(Vietnam International Quick Recognize)」だというわけです。

その昔ベトナムで初めてE-Mailが使えるようになった頃、当然ベトナム側のゲートウェイは日本語の文字コードを通すことができず、日本語のメールはすべて文字化けして送ることができませんでした。で、どうするかというと、メールはローマ字で書くんですね。「watashi ha genki desu.」みたいにね。こんな感じでVIQRも、ベトナム語環境の整っていない場合でもベトナム語を正確に表記することができる書き方であると理解してください。


文字コードについてのお話


現在のPC環境では、文字コードという言葉を耳にすることはめったにありません。
これは日本語で説明すると、たとえば「あ」とキーボードで打つとそのソフトウェアで対応する文字コードに従って、何列目の何番という感じでフォントから文字が選ばれて表示されます。

こんな書き方では何が何だかわかりませんね。つまり、フォントというのは、文字コードに従って文字が並べられているというもので、フォントによっては、使うソフトウェアが指定する文字コードに対応していなければ文字化けしてしまうというわけです。文字コードとフォントはニ個一なんですね。
ですから、ベトナム語のホームページを見る場合、PCに入っているフォントがそのページの文字コードに対応してなければ読むことができません。同じベトナム語で書かれたホームページなのに、このページは見れてあっちのページは文字化けするというのはこういう理由からです。

では、文字コードにはどんな種類があるのでしょうか。まず日本語では、UNIXで使われるEUC、Windowsなどで使われるJIS、Shift-JISの3種類が標準です。
それに対してベトナム語では、いまだに群雄割拠で数多くの文字コードが存在します。有名どころでは、TCVN、ABC、TELEXなどです。

しばしば混同されがちですが、VNIやVPSというのは文字の打ち方であり、文字コードとは別物です。

さらに、VietWare、VNkey、VietKeyなどは、MS-IMEやATOKなどと同じように、IME、FEPと呼ばれる文字入力ソフトのことです。
昔、呼び名がマイコンからパソコンに変わった時代に、某会社のCMで「パソコンなのにワープロシステム搭載なんて・・・生意気よ。」というキ*グコ*グなんてものがありましたが、この頃は日本語が打てるということがそんなにすごいことだったんですね。

というわけで、ベトナム語の環境は非常にややこしい状況にありますし、今のところWebで日本語とベトナム語を混在させるにはかなりの制限がありますので、それならいっそのことアルファベットだけでベトナム語を表記してしまうほうが便利だと考えます。

ただし、本ホームページでは、日本語のページにおいてのみVIQRでベトナム語を表記しますのでご注意ください。ベトナム語のページは、やっぱベトナム語で書かれてたほうがかっこいいですからね。

written by Gi@nDiep

■HOME■TOP■NEXT