さ、オーストラリアに行きたい気持ちは分かりますが、そのまえに準備が必要ですね。

でわ、必要なものをそろえましょー。

パスポート
 これがなければ、話になりませんね。
申請料は10年用で15000円、5年用で10000円です。
申請書、戸籍謄本または抄本、住民票、写真1枚、官製はがき、運転免許証などの身元確認書類、以前のパスポートが必要です。

ビザ
 オーストラリアは必要ですよ。ETASってヤツなんですけどね。詳しくはオーストラリア大使館のページを読んでください。すぐに登録できるので、そんなに面倒ではないですが、それでも面倒な人は航空券を買ったときなどに一緒に申請してっもらっちゃってください。ただし、手数料が取られます。代理店によって違うんでしょうが、3000円は取られるでしょうね。 ちなみにAustralia Webでの申請料はA$20です。
 これ以外ではテレキュート。東京と大阪のオフィスに出向いて取ります。必要なのはパスポートのみ。 また、FAX、インターネットでの申し込みも可能です。

 ここで、あげたのは普通のビザです。ワーホリなどのビザは申請方法などが違ってきます。

航空券、またはツアー
 これがなきゃねえ・・・
 格安航空券についていうと、JALやカンタスの直行便は、「学割!」とか宣伝文句が着いていない限り、ちょっと高め。逆に安いのはアジア系航空会社。ただし、直行便ではなく、乗り継ぎ便となる。キャセイパシフィック航空(香港乗り継ぎ)やマレーシア航空(クアラルンプール乗り継ぎ)はかなり安いと思う。
 ま、格安航空券を売っている代理店あげておきます。
HIS       http://www.his-j.com/
マップツアー  http://www.alpha-web.ne.jp/MAP/
WAS      http://www.was-jp.com/
IACEトラベル http://www.iace.co.jp/
CASツアー  http://www.castour.com/

 いろんな代理店のチケットを条件検索できるISIZEやトラベルコちゃんなんかも便利ですよ。
ISIZE     http://www.isize.com/travel/
トラベルコちゃん  http://www.opendoor.co.jp

お金
 持っていく手段としては、
現金
  当分生活に必要な分だけでいいんじゃない?
トラベラーズチェック
  なくしても再発行してもらえるので、安心。ただし、2カ所の署名欄のうち、1カ所に署名しておかないと、再発行されないので要注意。
  交換レートは現金より効率がいい。
クレジットカード
ワールドキャッシュカードなど
  シティーバンクのカードなど。最近は大手都銀も同じようなサービスを始めている。
保険
一応ね、何かあったら困るから。
クレジットカードによっては旅行保険がセットになっているものもあるので、そちらの方が得。年会費が通常のクレジットカードのコースより若干高くなるが、いちいち旅行のたびに保険に入るよりかはよほど得。たとえば、住友VISAでは、Aってのがプラス250円。ということは、保険料は250円で済んでしまう!
YHAの会員証
ユースホステルに泊まれるだけでなく、オーストラリアの現地ツアーは割引となることが多いので、持っていて損はない。申請料は大人2500円で1年有効。
国際学生証
これも持っていると、割引特典を受けられることがある

その他
バックパッカーとして、ほかに持っていったことがいいのは、
  油性マジック
  自分の食材をいれた袋に名前を書いて、YHAなどに冷蔵庫に入れておくため。
  洗濯ばさみ
  ダイヤル式の鍵

ほかにもいろいろ書かなければいけないような気がするんだけど、ぼちぼち書き足していく予定・・・(といって、いつになる事やら)