現地発着のツアー情報です。ここで紹介しているものはすべて僕が実際に参加したものです。
感想、料金その他を載せておきます。

 パースのツアー       
 アデレードのツアー    
 エアーズロックのツアー       
 ケアンズのツアー
 サーファーズパラダイスのツアー
 シドニーのツアー

■パース
4WD SUNSET PINNACLES
11時過ぎにパースを出て、22〜23時頃帰ってくる。
泊まっているところまで来てくれるし、帰りもちゃんと送り届けてくれる。
8人乗りの4WDでピナクルスのサンセットツアー。途中、Lancelinというところに砂丘があって、ここで4WDで砂丘を駆け上がったり、くだったりスリルいっぱい。車を止め砂丘に降りて、サンドサーフを約1時間ほど。
ブッシュの間の道を走る途中に野生のカンガルーなどがいたりすると、車を止めてくれたりする心配りも良い。
僕が参加したときは、道路を横断中のイグアナを捕まえて見せてくれた。
さらに車を走らせ、ピナクルスの近くの"Hangover Bay"というエメラルドグリーンの海岸でしばし景色を楽しんだりしたあとは、海を見ながらソーセージBBQ。パンに挟んだりして食べる。
その後ピナクルスへ。インド洋に日が沈むSUNSET。
行きの車ではパースやピナクルスなどについていろいろ話をしてくれる。(ただし英語)
少人数なので一緒に行った人と仲良くなれる。
料金:$80(YHAのカード、国際学生証などで割引$75)
連絡先:WEST COAST EXPLORER     08−8495−1210(tel) 08−9495−1640(fax)
☆火・木・土にツアー催行

このページのTOPへ

 

■アデレード
A Day In The Barossa Vallery
20人くらい乗れるマイクロバスでのツアー。
バスターミナル集合・解散。9:30集合で、5時過ぎに解散
バロッサバレーに行く途中、Big Rocking Horseというところで休憩。店とかある。
バロッサバレーに着くと、Jacobs Creekというワイナリーにまず行く。なんか有名な賞を取ったワインなどを試飲。買いたければ買ってもかまわない。
Menglers Hillという高台から景色を眺める。ブドウ畑が一面に見渡せる。
Angas Park Fruitというところに立ち寄る。いろんなフルーツの加工品を売っている。ナッツ類も売っている。
その後昼食。ツアー代に含まれている。
Old Barn Wines of Tanundaというワイナリーに立ち寄る。売店では、オパールなんかも売っていた。
3つ目のワイナリーはChateau Yaldara。ここが一番大きい。建物はバロック建築風。ワイナリーの中を巡るツアーあり。ワインができる過程を説明してくれる。
試飲コーナーはかなり大きい。いろんなワインを試飲して好きなワインを買うことができる。日本へ航空便・船便などで送ってくれる。
ちなみに、僕はここでカメラを置き忘れた。
ワイナリー内を巡るツアーに参加していると、あまりゆっくり試飲していると時間がなくなる。あわてると、カメラを忘れる。
最後にWhispering Wallに寄る。ダムみたいなところ。かすかになんか音がするらしい。
カメラをワイナリーに置き忘れたといったら、Whispering Wallに寄ったあとに引き返してくれると言ってくれていたのだが別のツアーの運転手がワイナリーであずかってここまで届けてくれた。
料金:$45
連絡先:Adelaide Sightseeing     08−8231−4144(tel)
☆ここのツアーは比較的高い。$30台のツアーもあるみたいなので、探してみるといいかもしれない。

このページのTOPへ

 

■エアーズロック
GREYHOUNDのバリューパスツアー
ROCKERなどのグレハンのバリューパスを持っていると、アリススプリングス〜エアーズロック往復のバスも含まれる、ツアーに無料で参加できる。
アリス−エアーズロックのバスを予約するときに一緒にツアーも参加すると言えばよい。
なお、エアーズロックに行くときに、入場料のようなものを取られる。確か$15。
AYERS ROCK SUNSET &BASE TOURではアボリジニーの描いた絵などいろいろ見学する。運転手がガイドをしてくれる。
ほかにも博物館などにも立ち寄る。
その後サンセットポイントからエアーズロックサンセットを見る。そばでサンセットBBQなどをしているツアーもあるが、このツアーにはBBQは付いていない。においだけで我慢しよう。
このツアーは15:30スタート。エアーズロックリゾートの各ホテルの前に来てくれる。19時過ぎに戻ってくる。
AYERS ROCK CLIMB &OLGAS TOURはエアーズロック登岩とオルガのツアー。
まず、エアーズロックに向かい登岩。雨が降ったりすると登れない。気温が30℃だか35℃を越えても登れない。
バスはクーラーボックスかなんかに水を用意してくれている。
だいたい2時間くらい時間をとってくれる。普通の人なら頂上まで行って帰ってこれる。
エアーズロックリゾートの売店などで売っている登岩証明書を買っておくとよい。登ったあとに運転手にサインをもらえば、登岩証明書の出来上がり。ちなみに、AAT Kingsのツアーにはこの証明書がついているらしい。
その後オルガに向かう。巨岩の間を入っていき散策。
朝6:00頃、各ホテル前に来てくれる。12時前にはリゾートに戻ってくる。
キングスシャニオンに行くツアーもあるので行きたい場合はエアーズロック各種ツアーと同様申し込めばよい。


THE OLGAS - valley of the winds WITH BBQ Dinner at SUNSET
☆日本語ガイド付きのツアーもある。が、値段が高くなる。
はっきり言って、安くあげたいのなら普通の英語ONLYのツアーに参加すればよい。そして、日本語ツアーも英語ツアーも一緒に行くので日本語ガイドの説明が聞こえなくもない。
まず、オルガ風の谷に向かう。一人1つ水の入った水筒を渡される。ここからガイドの説明を受けながら、ずんずん奥まで散策する。と歩くこと約45分で突然視界が開ける。ここまで行くと引き返す。ちなみに迷うと行けないので、単独行動は禁止。ガイドの先導に従って歩く。ここはかなりハエが多いので、覚悟した方がいい。
戻ってくると今度はBBQ DINNER。まずはビールでかんぱーい!テーブルといすが準備されているので、好きなところに座ればよい。日本語ガイドのツアーも英語ガイドのツアーも一緒なので、日本語ガイドのツアーに参加している人と一緒にDINNERを楽しむことができる。ソーセージ・ビーフのほかに、カンガルーも食べられる。SUNSETを見ながらBBQはなかなか良い。
DINNERが終わると星を観る。南十字星とか天の川がばっちり見れる。かなり詳しく説明してくれる。
リゾート3時頃出発、だいたい9〜10時頃戻ってくる。
料金:$95(英語ツアー)
連絡先:AAT kings     8952−1700(tel) 各ホテルのカウンターから予約できるはず。
☆3日間有効のROCK PASS($142)・ROCK SUPER PASS($173)というのがあり、いくつでもツアーに参加することができるので、お得。ただし、今回僕が参加したツアーはSUPER PASSでないと参加できない。

このページのTOPへ

 

■ケアンズ
PASSIONS of PARADISE
ダイビングクルーズ。日本人のインストラクターはいない!PARADISE REEFまで、約2時間。クルーザーにはお菓子とかドリンクが用意してある。ネットの上で海を見たり、体を焼いたりめいめい時間を過ごすことができる。途中でダイビング参加者は機材の使い方などの説明がある。実際に実演付きで説明をしてくれるので、とても親切。
PARADISE REEFにつくと人数にもよるが、ダイビングはグループ分けされて、グループごとにダイビング。ダイビングを待つ時間&終わったあとはシュノーケリングを楽しむことができる。
ダイビングの直前にもう一度機材の使い方、水中でのコミュニケーションサインの復習。ここではだいたい15mほどの深さまで潜る。時間はだいたい15分くらいだったと思う。水中カメラは水圧の関係で使えないかもしれない。
その後UPOLO CAYに移動。希望の場合は追加$25でここでもダイビングができる。ここは比較的浅い。5mくらい。シュノーケリングとかできる。5mくらいなら水中カメラもOKかな。
とにかくクルーが陽気で楽しい。親切だしGOOD。
朝8:00PIER集合。pick up & drop offは$5。18時頃解散。
料金:$55(クルーズ代)ダイビング1回$45。2回目は$25。
連絡先:PASSIONS of PARADISE     070−500−676(tel) 070−51−9505(fax)
☆日本人のインストラクターがいない。命に関わることなので、不安ならやめた方がいいと思う。


Turry River Raftinfg -full day
日本でも最近人気のラフティング。半日コースのバロン川のラフティングもあるが、1日コースの方がよいと思う。
参加したのはRAGING THUNDERのツアー。もう一つR&Rという会社のツアーもある。
バスで3時間ほどでTurry Riverにつく。車内でラフティングの説明とか、注意事項のビデオを見た後、途中で誓約書を書く。自分の行動に責任持ちますよ。みたいなかんじ。尚、ビデオは日本語の説明があるので問題ない。日本人のスタッフもいる。
その後ボートのグループ分け。だいたい7・8人で1つ。各ボートにインストラクターが付くので大丈夫。
途中生態系保護のため食物の持ち込みチェックがある。フルーツとか食べ物を持っていると没収される。それまでに食ってしまうか、持っていかないかどっちか。
川に着くとまず救命胴衣やヘルメットを付ける時間がある。日焼け止めもここで塗っておく。水着は最初から着ておくのがよい。その他の荷物はバスのトランクに入れておける。
さあ、ラフティングのスタート。最初ちょっときついところあり。びっくりしてバスで寝ていた人もしゃきっとするので「目覚めの滝」と呼ばれてるらしい。流れが穏やかなところもあり、急なところもあり、楽しい。穏やかなところではボートから川にドボン!流されるままに行くのも楽しい。「防水写るんです」など持っていくといい。スタッフが川岸で写真を撮ったりビデオをまわしたりしているので、是非カメラ目線をおくってください。
1時間ちょっとくらいで岸に上がってお昼。ソーセージなどのBBQ。パンに挟んで食べる。ドリンクもあるし、おなかいっぱいにできる。
後半は前半よりちょっと短め。4〜5mの高さの岩から飛び込む事ができたりもする。せっかくだからやるといいと思う。
岸に上がって、ボートを運ぶ。みんなで協力してやってください。
途中で止まったりして、ずーっとこぎっぱなしというわけではないので、「しんどくってもうこげませーん!」ということはないと思う。
帰りにカフェに立ち寄る。ボートのグループごとにテーブルに座ってドリンクを飲み、談笑。せっかくだから仲良くなっておきましょう。ここでラフティングの時に撮った写真やビデオを申し込む。撮ったビデオ上映もある。
各ホテルなどからpick up & drop offあり。pick upは7時頃。ケアンズに戻ってくるのは18時過ぎ。
料金:$128(バックパッカー割引で102.40)
連絡先:RAGING THUNDER     070−307990(tel) まあ各宿から予約できるでしょう。

CAPE TRIBULATION DAINTREE RAINFOREST 4WD DAY TOUR
4WD、だいたい10人ちょっと乗れる。まず、ポートダグラスに寄る。ケアンズから焼く1時間。高台から海を見ることができる。
北に走り、モスマン渓谷を散策する。熱帯雨林の雰囲気を堪能できる。
デイントリー川をクルーズ。ワニが見れる、と思う。というのも、僕が行ったときは前々日からの雨で川が増水していたため見れず。
途中でLUNCH。BBQ。だいたいツアーのLUNCHはBBQと相場が決まっている。
食後にCristal Clear Waterで泳ぐことができる。川みたいなところ。ただし、蚊の襲撃に合うのは間違いない。一目散に逃げ帰ってきた。
その後CAPE TRIBULATIONに向かう。ビーチでは泳ぐことができない。ビーチを歩いたりマングローブを見たり。景色を楽しむと良い。
pick up & drop offあり。だいたい7:30出発。18時過ぎに戻ってくる。
料金:$105(バックパッカー割引で84)
連絡先:TREK NORTH SAFARIS     070−51−4328(TEL) 070−39−0226(fax)

このページのTOPへ

 

■サーファーズパラダイス
フレーザー島
よりによっておすすめのフレーザー島ツアーの詳細パンフがありません。従って、ツアー名ツアー会社名連絡先が分からないのですが、ツアーインフォメーションデスク・代理店え申し込むことができます。そこでパンフを探して申し込んでください。
フレーザー島はサーファーズパラダイスから遠いので、出発は早い。バスターミナル集合。
途中2回ほど休憩の後、11時過ぎにハーヴィーベイに到着。まだ、フレーザー島ではないですよ。ここから車ごと船でフレーザー島へわたります。わたる前に昼食。みせが2・3軒あるので、食事するもよし、売店でなんか買って食べるもよし。売店でドリンクくらいは買っておくと良いかもしれない。
船で島に渡る。だいたい10分ちょっとで着く。船からの眺めとか、海を見て時間を過ごす。船の上から魚が泳いでいるのがいっぱい見えますよ。
船で島に渡ると、しばらくブッシュを東へ走る。やがてビーチが広がる。ここが70マイルビーチ。砂浜の上を4WDで走り抜ける。
やがて70マイルビーチに別れを告げ、内陸へ。そして熱帯雨林散策。ここも蚊が多いので注意。ちゃんと虫よけは用意してくれている。
そして、マッケンジー湖へ向かう。途中でディンゴ(野生の犬)にあうこともある。ドライバーが車を止めてくれた。マッケンジー湖に到着。日帰りツアーのため滞在時間は1時間弱。十分満喫しましょう。泳ぐことができるので、水着は着ていく方がいい。着替える時間ももったいない。何としてもここで泳いだ方がいい。なかなかこんなきれいな水にはお目にかかれないのだから。
帰りも70マイルビーチを通る。ビーチに出たところ(行きで言うならば内陸に向かったところ)に売店などがある。宿泊もできるらしい。しばらく止まるので、ビーチを散策すると良い。
行きに来た道を引き返し、島に別れを告げる。
DINNERは確か食べ放題だったと思う。
朝6時頃出発。22過ぎに解散。
料金:$126


土蛍ツアー
これも詳細パンフありません。日本人向けツアーです。ということで参加者は全員日本人。
マイクロバス(25人乗りくらい?)で出発。ガイドは日本に住んでたこともあって日本語堪能。
バスの中はずっと自己紹介タイム。約1時間で到着。一人1つ懐中電灯を持って、2列で進む。ここも蚊とかが多いので、虫よけスプレーは必需品。だいたい20分くらい歩くと洞窟みたいなところに着く。そこには無数の土蛍がいてプラネタリウムのよう。
帰りにDINNER。DINNERに向かう途中に車を止め星を見る時間がある。だいたい20分くらい。
レストランで食事。ビーフかカンガルーか選ぶことができる。テーブルでガイドを含めて談笑。カンガルーの肉は以外と軟らかくておいしかった。
夕方5時頃出発。pick upはあるがすべての宿に来てくれるわけではない。比較的大きいホテルのロビー前に集合。22時頃解散。
料金:$95

このページのTOPへ

■シドニー
EVENING HARBOUR CRUISE
数あるシドニーハーバークルーズの中でも、おそらくこれが一番安いでしょう。このツアーを企画しているのは市の交通局。
ツアーには普段市民の足として運航しているフェリーをつかっている。ツアーには3種類あって、MORNING HARBOUR CRUISE(1時間)・AFTERNOON HARBOUR CRUISE(2.5時間)・EVENING HARBOUR CRUISE(1.5時間)の3種類。、僕が参加したのは、EVENING HARBOUR CRUISE。
船はサーキュラキーを出発し、約1.5時間のナイトクルージング。ガイドが付いていて、クルージング中ずっとしゃべりっぱなし。この道何十年の世界なんでしょう。船内には売店もある。
まず東のDOUBLE BAYのあたりまで行き、再びハーバーブリッジの下をくぐり、西のGOAT ISLANDまで、そしてもう一回ハーバーブリッジの下をくぐってサーキュラキーに戻ってくる。結構ボリュームあり。船内でこもってないで外に出てシドニーの夜景を楽しみましょう。
外にも席があるので、サーキュラキーにちょっと早めに行って、いい席を確保しましょう。おすすめはやっぱり正面でしょう。
夜の船上は風が強くて寒いので、長袖があった方がいいと思う。夏だというのに、あまりに寒くて売店でホットココアを買って飲んだくらい。DINNERとかティーサービスなどはないが、必要最低限のサービスはあるので、安くしたい人にはお勧め。
料金:$15 家族で行く人にはファミリーチケット$40もあるらしい
☆サーキュラキーに行ってチケットを買えばOK。


BLUE MOUNTAIN & JENOLAN CAVES
ブルーマウンテンとジェノラン鍾乳洞を1日で見てしまおうというちょっとよくばりなツアー。普通の観光バスで行くので、人数は多め。
バスで約2時間ほど走ってエコーポイントに。途中オリンピックスタジアムを通った。エコーポイントではスリーシスターズとか景色を眺める。このツアーは盛りだくさんなのであんまり時間がない。30分くらい。
で、次はトロッコ列車&スカイウェイというロープウェイのところに行く。ここもやっぱり時間がないので両方乗ってる時間はないと思う。
おなかもすいてくるし。
ブルーマウンテン関係はこれでおしまい、さらにバスで1時間半くらい、ジェノラン鍾乳洞に向かう。着くと売店がある。
鍾乳洞ツアーはいくつか鍾乳洞があって日によって行くところが違うらしい。さらに料金は高くなるがadventure caves tour というのがあって探検チックらしい。ちゃんとしたスニーカーとかでないと参加できないので注意。ということは結構ハード?体力に自信のない人はやめた方がいいと思う。
鍾乳洞ツアーまで約1時間ほどあるので、ここで軽食を取れる。鍾乳洞ツアーはだいたい1時間くらいで終了。
最後にTHE Edgeというところに向かう。ブルーマウンテンの景色とかを納めたシネマ。見たい人はお金を払ってみればいい。$10くらいだったかな?
ジェノラン鍾乳洞がちょっと遠いので各ポイントでの滞在時間は短いので、ゆっくりブルーマウンテンの景色を楽しんだり、トラッキングをしたい人は、ブルーマウンテンツアーに絞った方がいいと思う。
料金:$83(YHA割引$74)
連絡先:AATkings      9252−2788(tel)

このページのTOPへ