ご利益の理由

つけて、吊して、ヘチマのご利益



たくさんのヘチマが
下がる「へちま薬師」

 名古屋市東区東桜にある東充寺は別名を「へちま薬師」という。
 その名の通り本堂の前といわず、手水屋の屋根といわず、たくさんのヘチマが天井から吊り下げられて奉納されている。

 吊す場所がもうないからか、賽銭箱の上にまで、そのままゴロゴロと置かれたりもしている。はて、こうしてヘチマを奉納して願を掛けるのだろうか……。

東充寺住職の奥さん、星野とし子さん(67)によると、
「これは、お礼参りにいらした参詣の方がぶら下げていくんですよ」
 という。東充寺には、ヘチマを用いた独特の加持祈祷が伝わっているのだそうだ。

 ヘチマの実は、60センチほどの長さにまで成長するが、
「その実がまだ若いうちに、そうねぇ15センチほどの実を穫って、患部をなでるんです。

そのヘチマを寺に持って来て頂いて、寺で祈祷した後に、経文にヘチマを包んでしまう。封じるんですね」
 経文の表には名前と年齢を書いて納める。寺からは御供物として紅2枚、白1枚の餅が授けられる。

 これを祈願の翌朝から、3日の間、初水(起床して初めて汲む水)に割り入れて飲む。その際、肉、魚を断つ。



「10年くらい前までは、お子さんの癇の虫を封じるとか、神経痛や脱腸に悩む人などが、多かったわね。
 近ごろは、ストレスに悩む人や、酒を断ちたいとか、交通事故の後遺症を手術するから、その無事を祈願したいなどと、お詣での方が増えましたよ」

 へちま薬師に祈願する人たちの、悩む病の種類が移り変わっているという。
 なかには、ヘチマを断って願を掛ける人もいるという。

「ヘチマ水を使わないとか、ヘチマのたわしで顔や身体を洗わないとか、様々なヘチマ断ちをなさるようですねぇ」
 これは、東充寺が勧める祈願の仕方ではない。だからといって、
「祈願の方法が違いますよ、なんて諫めたりはいたしません。その人なりの祈願のやり方があってもよいと思いますもの」

 参詣の気持ちを強くするため、自分の心の支えにするために、ヘチマを積極的に使うのも良し、ヘチマ断ちをして、まったく使わないのも、それでまた良しという。

 ヘチマによる加持祈祷の由来は、
“東充寺初代住職、温空上人が托鉢の途中、にわかに激しき疝気さしおこり、難渋の折、薬師如来のご加護を一心に念ずるに、夢現に老僧来って、秘法を授けんと……”

 現在に伝わるヘチマ加持の法を教えてくれたという。温空上人は疝気から回復し、この秘法を衆人にために施すようになった……、というのが縁起である。

次のページへ