サルのウイルスはヒトに感染する
●サルのHIVといえるSIVがヒトに感染した1例が報告された。サルを扱っているある研究所員231名中4名がサルのウイルスに感染していることも報告された。しかしウイルス感染による症状は出ていない。

●このことは異種間移植に問題点があることを示唆している。ヒトに対するヒヒの臓器移植時にヒヒのウイルス感染が考えられるからである。

●サルには3種のレトロウイルスが存在することが知られている。このウイルスが危険視されているのは感染細胞のDNAに組み込まれる逆転写酵素を持っているからであり。

●上記の感染職員はレトロウイルスの一つsimian foamy virusに感染していた。しかし、4人は健康で症状はない。感染者の血液検査で1名は感染後20年経過していた。

●HIVはサルかチンパンジーあるいは両方に起源をもち、SIVが動物からヒトに移動したときAIDSを引き起こすウイルスに変異したと考えられている。
 とにかく昔習った医学常識が通じなくなった。種を越えてウイルスが侵入するというのは特殊なことだと思っていたが・・・・
AIDS、狂牛病(CJD)などわけのわからぬ病気が出現し、ウイルス研究者には興味があるかもしれないが、凡人にはまさに世紀末、アルマゲドン状態である。

もとにもどる