気になるところ


街 灯

 最近は、街中の街灯もおしゃれになっていまして、いろんな工夫が見られます。
 恐竜や化石で有名な穂別町では街灯に化石が乗っていますが、よく出張で行く競走馬の産地である日高路でも、馬が乗っています。静内町は、二十間道路の桜並木を売り物にしているだけあって、左の写真のように馬と桜が乗っていました。そして、お隣の三石町では、右の写真のように、馬がいるだけだと思っていたのですが、よく見ると特産物の昆布に乗っていたのですね。
 さて、今年(H10年)になって、静内町の市街地の街灯が左の写真のように新しくなりました。蹄鉄を首に巻いた馬の頭と桜の花びら。
 しかし、これは確かに町の名物ではあるけど、右の写真のようなヤツがずらっとならんでいるのです。なんだか馬のさらし首が並んでいるみたいで、そう思うと恨めしそうな目をしているようで、不気味に思うのは私だけなんでしょうね。

 私が小学生の頃は、馬ソリが街中を歩き回っていた。もちろん、上記の馬はサラブレッドだが、こちらは道産子。右の写真は岩見沢駅のホームにいる実物大の木彫り。空荷のソリを引っ張っているが、これはばんえい競馬で使われているものなんだろうか。見たことがないのでわからないけど、ちょっと気になる。

温泉道の駅キャンプ場|気になるところ |うまいもん戻る