ハンガリーの公共交通

ハンガリー国鉄 Magyar Allami Vusutakの頭文字を取ってMAVと呼ばれています。

ブダペスト市内 地図


人口約200万人のブダペストにはいろんな種類の公共交通が走っています。その一部を紹介しましょう。

路面電車
ハンガリー語ではVillamos(ヴィッラモシュ)と呼ばれる。かわいい名前だと思いませんか?
バス
まちじゅうをくまなく走るのはこれ。全車イカルスというハンガリー製のバス。イカルスのバスは、ルーマニアやブルガリア、遠くは中国でも乗客を運んでいる。
トロリーバス
ペスト側の中心街を走っている。停留所の間隔が数百メートルと狭く、便利な反面遅い。
地下鉄
現在3路線。ラインカラー<赤>の東西線と<青>の南北線、そして<黄色>の1号線がある。国鉄の東駅とケレンフェルド駅を結ぶ南ブダ=ラーコーシュパロタ線(略称DBR線)は1999年着工の予定。
アプト式電車
急勾配のブダの丘を登る電車。線路の間にもう一本凹凸が刻まれた線路があり、電車の下に取り付けられた歯車とかみ合いながら坂を登って行く。
近郊電車
HEVとよばれる。現在は4路線。他の交通機関への乗り入れはない。ブダペストしないは均一料金で市外は距離制をとっている。
ケーブルカー
鎖橋のたもとから王宮の丘までの短い路線。観光客相手の路線で値段も高い気はするが、眺望は非常に良い。
ペアリフト
ブダの丘の中腹であるズグリゲットからヤーノシュ山山頂までの路線。冬は運休する。民家の軒すれすれのところを通ったり、随分高いところを通ったりする。ハイキングをする以外はあまり使うことはない。
渡し舟が2ヶ所。ブダペストの北端のベーカーシュメジェルとウイペシュトを結ぶのと、チェペル島とモルナール島を結ぶもの。夏にはブダペスト市内のドナウ川を縦断する船も運航される。
ブダペスト市交通局のページも参照して下さい。

ホームページへ戻る