献血のお部屋 in野幌の森

更新履歴


新コーナーマイル王

さらに新コーナー日赤の方は読まないでください

もっと新コーナーアメリカで献血してくる!

3000カウントおめでとうございます

 更新のいとまがなく、ページ名の変更に1年半を要しました。全国的に珍しい平地原始林に敬意を表して、この名前にしました。ルーム紹介もぼちぼち増やしていきたいと思っておりますので、よろしくお願いします。
 年間20回オーバーのペースを保っています。旅血もぼちぼち。

(最終更新 2002年6月1日12時00分、4月に2年ぶりに本格更新を開始して二度目の更新)

あなたは人目の大事なお客様です。

次のJust Hit賞は25000。該当の方は証拠画像をお送りいただいた上、こちらまでお知らせ下さい。
この数字は1999年3月1日からのものです。


「献血のお部屋in本郷」はAIRDOをめちゃめちゃ応援しています! 搭乗実績15回くらい?
(ちなみに、スカイマークも3回乗りました)
首都圏から北海道へ旅行献血にお越しの際は、AIR-DOをどうかご利用ください。

目次 内容説明
献血ルーム雑感 行ったことのある献血ルーム案内、にするつもりが
ぐちゃぐちゃになっちゃったよー。
だから何でも書ける「雑感」にしたというわけ。
献血履歴とこれからの予定 さすらいの旅行献血者、小園拓志、今度はどこへ出没する?
これまでの血と汗の歴史も収められています。
アンケート「献血2001」

回答集へダイレクト、はこちら

献血ランキング参加者の方々にアンケートした結果です。
私の献血初体験
なぜ人は献血に魅せられるのか
献血ルームにはこうあってほしい
ここに作ってほしい献血ルーム
などを予定しています。
献血リンク やっぱりインターネットはリンクでしょう。
より親切なリンク集を目指しています。
特徴・ジャンル分け
   詳しめの解説
書籍案内 まだ工事中ですが、
最近読んで面白かった、ためになった、
「血」関連の書籍を紹介します。
絶版本全文掲載! 「売血 若き12人の医学生たちはなぜ闘ったのか−」
の著者、佐久友朗さんと連絡がつき、
この貴重な資料の掲載許可をいただきました。


私へのメールはこちらまで。

これ以下、無駄部分ですのでお次へどうぞ。(アクセス管理のため旧カウンタを置いてあるだけです)






毎日新聞1999年4月16日夕刊(東京版)「キャンパる」ページ内「大楽人」(だいがくじん)欄にて私とこのページが取り上げられました。興味のお持ちの 方はどうぞ。(ここに掲載できるかどうかはわかりません)