GOGO!ソウル
労働日記

2000年3月


日付 内容 ごはん
2000年3月31日(金曜日)
はれ
最近、803番バスは増便したらしい。
5分待ったらやってきた。
バスの運転手のおっちゃんに、アンニョンハセヨーといわれる。
え、ななに?もしかして料金が足りない?
と思ったら、このおっちゃんは、客全員に挨拶にしていた。
こんな運転手を韓国で初めてみた。
とにかく、こちらのサービス業の人たちはいろんな人たちがいる。
ある意味でとっても人間くさい。

旅行会社に行く。
こちらで大阪発のオープンチケットを買おうとしたら、とっても高かった。
やはり日本で片道チケットを買って、ソウルで往復を買うことにする。
別に飛行機で行かなくてもいいしね。
どうせ買おうと思ってお金をおろしてしまったものだから、ソウル<−>大阪のオープンチケットを買う。
友人の歯抜き氏が来たいといっていたので。
もし彼が使わなくても、僕が使うだろうし。

帰りの道は混んでいた。
やはり月末ということもあるらしい。
このバスの運転手は、客がバス停に居ても無視するわ、止まるときもちゃんと止めないわ、最低だった。
しかも急ぐばかりでかえってじぐざぐして、ちっとも早く行かないのである。
あまりに急発進するので、バスの中でおばちゃんがこけたほどである。
ほんとうにいろんなバスの運転手がいる。

夜はM氏、MM氏と食べて飲む。
社会人にもなったことなので、おごる。
いつもおごられているからね。
こちらのおごりの文化に染まってしまったのかな。
でもさすがに支払いの時にびくついた。
かわりに次の飲み屋でおごってもらう。
なんだか人にあまり言わなかったことまでコクハクしてしまう。
おそるべし韓国の伝統酒。
昼はバーガーキング。こちら風の発音で言うと、ボゴキン。
チキンバーガーを1と1/2。1/2はおとといから来た女の子の分。
一番年下なので、マンネ(末娘)と言われている。
でも自分が同僚にヒョンニム(お兄さま)と言われると、ぞぞっとする。
でもフライドポテトをアイスクリームにつけて食べるのは、意外といけますよ。

夜はカルビ。
アナムドンに最近できた店に行く。
炭火だし、網もよくかえてもらえる。
あらかじめて肉も切ってあって、日本のようである。
次の飲み屋で飲んだのは伝統酒。
なんとか18、という薬酒、は漢方が入っているらしいのだが、おいしかった。
たぶんドンドン酒(マッコルリ)の一種であるお酒は、抹茶みたい。でも口当たりがよかった。
家に帰った頃に酔いがまわってきたけれど。
2000年3月30日(木曜日)
はれ
今日は早めに起きる。
ちょっと早めに家を出た。
バスに乗っても良かったけれど、大学を横切って行くことにした。
図書館を過ぎたら、右手に梅が咲いていているのが見えた。
おもわずデジカメを出して、写真を撮る。
インターネットによると、東京でも桜が咲き出したそうな。
もう、気がかりでしょうがない。
僕が帰るまでに間に合うだろうか?

日々ヤルコトが増えていく。
おまけにPCが壊れた。
新品なのに1週間で、再インストールとなった。
再インストールの前に、ブックマークを取っておくのを忘れた。
1週間の検索の結果が、すべてあわと消えた。
ショック。でもしょうがない。
今度は整理しながらブックマークしていこう。

今日はみんなと食べに行く。
NGさんに酒を勧められるが、断ってしまう。
こちらではありえないことなんだけれど。
これ以上の飲むと酔いそうだったから。
郷には入れば、、、とも思ったのだが、今日は意地を張る。
NGさんだって酒に弱くて酒の席が嫌いだといっていたのだ。
おそるべし韓国の酒飲み文化。
空になっているときにつがれるのはかまわないのだが、カンパイしたら一気するとか、すすめられたら横を向いて残りの酒を飲み干すとか、そういう文化は勘弁してほしい。

それからカラオケに行く。
日本語の歌をチェック。けっこう新しい歌もある。
歌いたかったが、他の人は誰も知らない。来週帰るから別にいいか。
誰も知らない歌は、カラオケで歌うと白ける。
この前、声がでなかったこともあって、遠慮しておく。
結局、すすめられるままチンジュの「カニ(行ってしまうの?)」だけ歌う。
酒も飲まない、カラオケもしない、どうもやっぱり社会人向きの性格ではないらしい。

最終のマウルバスで、とぼとぼ帰る。
帰りに先生らしい人とすれ違う。
あやこんな時間に先生なんて、と思っていると、先生から声をかけられる。
よく見ると5級だったN氏だった。
てっきり日本に帰ったと思っていたので、驚いた。
なんでもこちらの大学院に通っているそうだ。
たくさんの人が日本に帰ってしまったこの頃、残る人がいるのはうれしい。
少し元気がでたよ。
神様の配慮でありましょう。
昼は目の前の食堂。
窓から室長が働いているのが、見えた。そのぐらい近い。
今日は石焼きビビンバ。
はじめていく店で、一番はずしがない食べ物である。

夜はみんなでミョンドンのカルビ。
とってもおいしい、これまたおいしいカルビだった。ほんとほっぺたがおっこちそうな。
さらには牛タン。
こっちの人はあんまり食べないそうだ。
NGさんも初めて食べたそう。
女の子なんておそるおそる食べている。
おいしいのに。

ちなみにこちらはおごりの文化で、すべておごりである。
助かるのだが、あんまりおごられてばかりいると、少しコワイ。
2000年3月29日(水曜日)
はれ
また寒くなった。
またセーターをひっぱりだす。
今日も歩いていこうかと思ったけれど、今日こそはバスを待ってみる。
すると5分ほどでやってきた。
おかげで会社に一番乗りである。

今日は1日韓国関係のサイトを調べる。
それにしても韓国関係のサイトが多いこと多いこと。
眺めながらためいきがでた。

なぜかメールが送れない。
自分のと同じプロバイダだと送れるが。
TCPを消して入れ直したら、ホームページもみれなくなった。
ほかのPCも確認したら、ほかのPCも読めなくなっていた。
いったいどうしたんだ?ウィルスか?
さっそくこわしてしまったかな?
結局今日は収拾がつかず、そのままにする。
明日、直っているだろうか?

帰りは歩いて帰った。
万歩計をみたら、キャラクターにはげまされていたので。
今日は道をかえて大学を横切ってみる。
するとすぐ図書館の前に着いてしまった。
とっても近かったのだ。
ついでに学校の新しい建物に寄り道。
次の学期のオリエンテーションのチラシをみかける。
もう明日だった。
これからまた、新しく韓国語を勉強する人たちがたくさんやって来るのだろうな。

帰りに喫茶店ボヘミアンに寄る。
「誰かをお待ちですか?」と聞かれる。
すいません、1人なんです。1人で来ちゃだめでしょうか?1人で広い机の前に座っては、だめ?
カウンターで、たぶん語学堂の人がアルバイトしていた。
いつものトレードマークがなかったので自信がないけど。
昼はまたカルビタン。もう飽きた、、、と言ってしまった。
だってもったいないじゃないですか。せっかく新しいところに来たのに店を開拓しないなんて。

夜は中華。を食べようと思っていたら、会社の人も注文を取るという。
ついでに頼んでしまった。
おこぼれの酢豚を味わう。おいしくなかった。
ひえた焼き餃子も、おいしくなかった。
たのんだチャーハンは、まあまあ。
「寄り添って老後」
2000年3月28日(火曜日)
はれ
なんとなく、体が重い。
でもバスを待つのもしんどい。
今日も歩いていく。
すると803番のバスが2台も、通り過ぎた。
昨日までは1台も来なかったのに。
明日はバスにしよう。
でもそうすると、また来ないんだろうな。
なんとかの法則。

住民登録番号を借りて、翻訳ソフトを動かしてみた。
最初は接続に失敗、使えないかとあきらめる。
でもそのあと日本語のホームページを見てみると、韓国語になっているのである。
これはもしかして?
自分のページを見てみた。
韓国語で自分のページを読む。
なんかとっても不思議なかんじ。
意外とちゃんと訳している。短文が多いからかな。
そのあと、接続エラーですべてのページが読めなくなった。
どうも勝手に設定を変えてしまうらしい。

午後はひとり残って、インターネットラジオを聴きながら、すごす。

幸い早く片づく。
というわけでさっそく映画を見にでかける。
「シーアム・サンセット」。おもしろそうだな、と予告編で見て。
東大門市場の映画館MMCは席指定。
一番後ろにしようとしたら、換気で寒いよ、と映画館のおねえさんに止められる。
だったら映画館としてなんとかしてくれい。
と思ったけれど、忠告通り、1つ前の席にする。
どうせ空いてるからね、といったらおねえさんが苦笑した。

しかしその席、ペア席であったのである。
1人ペア席。さみしすぎる。
それとも、幅が広い人用?(ひがみである)。

ビデオ屋のあんちゃんは、ずっと携帯をいじっていた。
客が待っているのに。
客が来たら携帯を切ってくれい。

テレビでアカデミー賞を見る。
そういえば、去年もテレビで見たなあ。
ロベルト・ベニーニが飛び上がっていたっけ。
あれから1年かあ。感慨深い。
まさか1年後にソウルで見ているとは、、、
昼はしゃぶしゃぶ屋で「マンドゥチョンゴル」。
ぎょうざ鍋である。
みんなしょうゆたれを使わない。
1人でどぼどぼしょうゆたれにつける。とっても甘かった。
追加のご飯は赤飯。日本の赤飯とちょっと違う。
追加のうどんは、とってもとってもまずかった。
しゃぶしゃぶの肉を機械で切っている。その機械が客席側にある。どうしてだろう?

夜はロッテリア。
ポテトはおいしくない。
でもカルビバーガーはまあいける。
「寄り添って老後」
2000年3月27日(月曜日)
はれ
今日もバスが来ない。
今日は歩いていく。
そのあいだ、一度も乗るバスがなかった。
着いたころに次のバスが。
しばらく歩こう。これは。

今日はとっても暖かかった。
ニュースのサイトで気温を見た。
18.8度。
1ヶ月前の朝の気温がー7度だったのに。
しかも今日は風が強い。
春一番かな?
もう皮のコートなんて着ていられないね。

夜にとんかつを食べたので、歩いて帰ることにする。
歩いたら、なお暑くなった。

今日は髪を切りに行く。
あったかいし、 うっとおしい。
しかし僕が行くところは、美容師ごとにかなり出来上がりが違う。
短くして、とはいっているのだが、どうしても上の毛を切ってくれないんである。
はたしてまたマッチ棒みたいになってしまった。
おねえさんはジェルまでつけてくれたけれど。たしかにまだその方がよかった。
言葉が通じないから緊張する、といわれる。すいません。
でもサービスでひげまでそってくれた。

でもやっぱり恥ずかしい。
恥ずかしいので裏道を通って帰る。
恥ずかしいので喫茶店もよらずに。
昼はまたウコジカルビタン。
肉が程良くスープにとけて、おいしい。
いつもおなじ店である。
このままでは毎日カルビタンになってしまう。

夜はとんかつ。
でもここのとんかつ、厚いし、ソウルではめずらしくおいしい方である。ちょっと油が濃かったけれど。
キャベツもおいしいし。
こんな田舎のとんかつやがおいしいなんて。
このあたりはあなどれない。
2000年3月26日(日曜日) 
はれ
久しぶりの休日。
でもあまりにもたくさんの映画をみたくて、迷ってしまった。
シネコア、ソウル劇場、ミョンボシネマ、そしてまたシネコア。
1周してしまった。
欲張りなんである。なんとか2つみられないかと。
なんだかこういうこと、以前にもくりかえしたような、、、
働きだしたとたんにこれである。
この思考はかえないとね。

今日は長い重そうな映画にした。
「ハリケーン・カーター」。
それにしてもひっさしぶりの映画館である。
わくわくした。
やっぱりいいよね。
しかも前が通路のラッキー席であったし。神様の配慮である。
でも隣の女の子から2回、携帯がなった。
どーーーーして切っておかないんだ?

今日はまた暖かい。
昼間はほんとうに暑かった。
そろそろコートをぬぐか、セーターを脱がなくては。
福、もとい服も足りなくなってきたね。
昼はなんとなく、ピザ。
ハーディーズに行こうとして、ピザに目がいってしまった。
お姉さんにいわれるまま、注文したら高かった。
でもおいしかった。

夜は、チャジャンラーメンのカップ。
チーズを2切れ入れてみた。
あんまりかわらず。
チーズチャジャン。げげ、っすか?
2000年3月25日(土曜日) 
はれ
またバスが来なかった。
今日は来るまで粘ってみよう。
やっぱり20分経ってやってきた。
乗っている時間は5分である。
会社には、5分遅刻した。
やっぱり歩いていくかな。

やることがたまっていて、5時近くまでかかる。
もう少しあったけど、さすがにそれ以上は無理だった。
映画を見に出かける。
そこの留学生のMN氏から電話があった。
チョンノ書籍の前で待ち合わせ、一緒にいたMN氏の友人2人とトンアムドンに行く。
トンアムドン。駅で言うとソンシン女大前である。
僕が住んでいるアナムドンの近くである。
伝統酒店に行って、飲む。
こちらの梅酒は日本のと違う。でもおいしい。
日本式にサイダーで割ったりして飲む。
しかしシゴトの疲れがでて、酔って眠くなった。
いやあいかんよね。
しかもおごってもらったお礼も言い忘れた。
昼はなんとかカルビタン。
カムジャタンかティンジャンチゲ風で、中に野菜とカルビが入っている。
意外とおいしいのですね。カルビタンよりすこし辛いけど。

夜の酒のつまみ。
ヘムルパジョン。冷えるとおいしくない。
コルベンイ。たぶんサザエ?でも種類が違うらしい。ソーメンと混ぜ合わせて食べる。これがほんとうの日本のソーメンなんである。びっくりした。
これだけでもいいのになあ。
トゥブチゲ。お肉も椎茸も入っていて、これもつまみにいい。
2000年3月24日(金曜日) 
はれ
日本から、書類が来ない。
国際電話で、前の会社で電話をする。
携帯の方に、国際電話がかかってきて驚く。
自分の会社の住所と郵便番号をようやく確認。
ファックスもコピー機も、はじめて使った。
諸経費の説明も、今日初めてあった。
夜遅くなったら、少しはでるらしい。
年棒制でも、そういうのはあるらしい。
ただ交通費はでない。
そういうものらしい。

といってもバスで往復1000ウォン(100円)なんだけれど。
しかも歩いたらただである。
今日は歩いた。
ほんとうに30分で着いた。
ちょうどいい運動である。
これから、歩くかな?

やっぱり黄砂の季節らしい。
曇るとどこか空が黄色いのである。

今日は飲食店の整理。
とてもおなかがすく作業であった。
辛さについてはやっぱりこちらの人が強い。
そんな情報をいかに日本人に伝えるか、、、難しい問題である。
知らない韓国の食べ物について、いろいろ教えてもらう。
このままでは韓国料理の専門家になってしまいそうである(そりゃないけど)

整理するのはまあ好きなのだが、、、全部ハングルで打たないと。
まるでタイピング練習。
会議ではヒヤリングとスピーチがあるから、学校に行っているようなものである。
それはそれでいいけどね。
1年分の授業料を払ったと考えれば、年棒も少しは高く見えてくる。

会社にサイバーショットがやってきた。
テストで自分の姿を見る。とっても恥ずかしい。
思っているより無表情なのね。
もっと表情がほしいなあ。

ビデオ屋のあんちゃんは、日本語を少し話せるらしい。
最後に「また来てください」と日本語で言われる。
とってもうれしそうに。

帰りに喫茶店ボヘミアンによる。
本や映画雑誌を読みふける。
こういう何もしない時間が前からほしかったんだ。
通うぐらいになってしまいそう。
お昼はカルビタン。
またまたおごりだった。
でもおいしいカルビだった。
最後に濃縮なスジョンガもでてきたし。

夜はチャジャンミョン。
今日でお別れになるチャジャンミョンが好きだったクラスメイトを偲んで。
(とかこつけて)。
「たとえばの楽しみ」
2000年3月23日(木曜日) 
はれ
午前中は歯医者。
いちよ治療が終わった。
ところがまだ神経を抜いたあとの処置と、金属をはめる処置がいるという。
しめて26万ウォン。
どうしてこう金に厳しいときにいわれるかなあ。
とりあえず一月伸ばすことにする。

なぜか治療している歯でなく、関係ない歯が痛くなる。
X線でみたが、なんともない。
じゃあなぜ痛いんだろう?
とにかく歯磨きするしかないらしい。
あとは神に祈るしかないか、、、

今日は各種のガイドブックを見る。
ソウルに対する日本人(編集者?)のイメージが伝わってきて、なかなかおもしろい。
それにしても今日は!
韓国語がおそろしく出てこなかった。
これは勉強し直す必要があるかも。

それでも文字に書いた翻訳だけでは、なんとかしどろもどろに手伝う。

夜はパクさんとエクスチェンジ。
パクさんの友人のコさんともいっしょに夕ご飯を食べる。
それから茶でもしましょう。一度喫茶店に入る。
でもあまりの高さにコさんが外に出ましょうという。
コさんオススメの、大学路の喫茶店に行く。
確かに安かった。味は比べられなかったけれど、落ち着いているし。
チョンノよりしずかなのがまだうれしい。

帰りにパクさんが芸能人を見かけた。
といっても僕には誰だかわからない。わからないまま、ミーハーの血だけがさわぐ。
昼はまたナクチクイ+プルコギ追加で。
社長が僕のために白いご飯をとってくれた。
あんまりおいしいとは思わなかったけれど。やっぱり。

夜はとんかつ。
トゥンシムがロース、アンシムがひれ。
ようやく覚えた。
ごはんが少し少なかった。
お吸い物の味も、ちょっと甘い気がした。
そして肉は、、、奥でバイト生らしい人々が料理しているのが見えた。
やっぱりなあ、、、
2000年3月22日(水曜日) 
はれ
朝9時に行かなくては。。
しかしさっそく遅れそうである。
バスはやっぱり来ない。
タクシーにした。
タクシー代でも、日本のバス代ぐらいしかかからないんだけどね。

今日は1日会議。
眠くはならなかったけれど。
ずっと韓国語であった。ヒヤリングの授業みたいなものか。
日本人としての意見を述べる。
僕の意見が日本人全体の意見になっていいものだろうか?
それがひとつ心配ではあるが。

あいまに日本語を教える。
「いちご」「ください」「ねこ」「こいぬ」。
なんだか日本語の先生にもなった気分である。

帰りは新しいルートを開拓してみた。
すこし歩くはず、と思ったらだいぶ歩いた。
しかも遠回りである。
これは緊急の時としよう。

帰りにヘルスによって、ロッカーのモノを引き払う。
最初から1ヶ月の予定だった。
やっぱり自転車とランニングは飽きてしまったね。
筋トレは続けたかったけれど、、、、

今日はとっても暖かかった。
いよいよ昼はコートもいらないくらい。
ソウルは急激に暖かくなる。
待ち遠しかった分だけよけいにうれしい。
心までどこか浮かれてしまう。これはいつもだ。
お昼はすぐ近くの食堂でカムジャタン。
だってメニューでカムジャタンだけ2倍になっていたのだ。文字の大きさが。
でもおいしかった。
とくに肉がとけたあとのスープが。

夜は鶏の甘唐揚げにホットク。ともに屋台である。
なんだかそれぐらいで済んでしまった。
2000年3月21日(火曜日) 
はれ
今日から行く。
200日ぶり。
といっても普段着なので、あんまり雰囲気がでないけど。

それにしてもバス803番はなかなか来ない。
業を煮やした頃にようやくやってきた。
これは本を読みながら待つか。
歩いて通うしかない。
歩いても30分ぐらいなんである。

今日の午後はミーティング。
でも眠かった。
はっきり言って寝た。

PCをもらった。
いきなりLANがつながって、インターネットをまたただで見られるようになった。
さっそく日本語が読み書きできるようにセットする。

今日は定時に帰宅。
精神的に疲労した初日だった。


ホームに戻る


※すべての文章の権利はぼうずに属します
Bouz Co. 「GOGO!ソウル」