GOGO!ソウル
労働日記

2000年8月


2000.8.31 今日は特別の日である。
1年前、前の会社を辞めた日だから。
今日は特別なモノを食べに行きたかった。
思い出のベトナム料理とか。
でも外は台風である。
早めに家に帰るしかない。
でもせっかくなので、同僚のH氏と食べに行くことにする。
帰り道に気がつく。
そっかオールナイトで映画を見る、という手もあったよね。

近くまで来たので、雨風の中、前の下宿まで行った。
郵便物を送ったと友人から聞いていたので。
でも郵便箱には届いていなかった。
下宿のおばさんに電話番号を渡しておく。
僕のいた部屋からは、女の子が出てきた。
つい2ヶ月前のことなのに、ずいぶん遠い日の感じがする。
パン。

チャジャンパブ。

トクマンドゥグク。

アイスクリーム
2000/08/30 なんとなく早く目覚める。
いつもより早めに家を出る。
すると道路は大渋滞だった。
普通の人が一番出勤する時間帯だったのだ。
この時間帯は避けよう。

せっかく早く着いたのだが、いまいちシゴトのやる気がしない。
やる気がしないときは机の周りを片づけるとよい。
そう高校の時の英語の先生が言っていた。
少し片づけると気持ちがすっきりとした。
あまり好きな先生ではなかったが、こんなことで役立ったりする。

今日はいろいろとたまっていることを片づける。
保険の請求書を封筒に入れる。
ケーブルTVの工事を頼む。
他人のエクスチェンジの連絡をする。
ためておくのがいけないのだが。

今日は水曜日。
帰りに映画を見ていきたい。
そう思うと頭の中は映画のことしか残らない。
そしてそう思うと、フシギに映画の時間に合わせてシゴトが一区切りするのである。

外は既に風が強い。
こちらに向かっている台風の影響かな。
パン。

トンカツ。

天ぷらうどん。
2000.8.29 同僚のSY氏が、一人暮らしをしたいとぼやく。
お父さんがうるさいからなんだそうだ。
日曜日もゆっくり寝ていられないし。
女の子はスカートをはけ、というし。
帰るのが遅いとやいのやいのといわれるし。
こっちはもう一人暮らしを始めて十数年よ。
といいかけて、やめておく。

昨日は死ぬほど生カルビを食べた。
はっきり言って他人の分まで食べた。
肝臓もおいしかった。
たまに寄生虫がいるらしいが。
周りでは焼酎と梅酒をチャンポンにして飲んでいる。
うーん爆弾酒の文化だから。
僕は丁重にお断りした。
文化と言われても、若い頃なら妥協したかもしれないが、どうも意固地になってしまう。

そして今日は鶏カルビだった。
昨日はカルビ、今日は鶏カルビ。明日はたぶん豚さんかも。
胃が疲れてきゅうきゅう言っている。

同僚の1人がソ・テジが帰ってきたと騒いでTVをつけた。
今でもソ・テジにはカリスマ的な人気があるらしい。
僕はソテジワアイドルというグループ名しか知らないけれど。

今日は帰りに斗山タワーの前でジャズコンサートが開かれていた。
夏の夜にジャズ、なんかいいよね。
ききいって、バスの中から拍手する。
こういうときこそ野外で少しビールでも飲みながら聞いていたい。
どこかでやっていないかな。

しかしバスが問題。
いつもながら定位置に止まらないどころか、道が混んでいるので6車線のどまんなかでドアが開くのである。
手前の2車線が渋滞しているからまだ乗れるものの。
警察が出ているのにこれである。
さすがにおっちゃんが2人、切れて、バスの運ちゃんと警察官にくってかかっていた。
この国にも正しい怒りがあるのである。
パン。

トゥペギ。

鶏カルビ。

クッキー。

アイスクリーム。
2000/08/28 事件は夜に起こった。
会食の2次会でである。
はじめてビジネスクラブちゅうのに行った。
なんだかサントリー館みたいな。
でもどうもこの手は好きじゃない。
おまけに今日はあんまり酒も飲めない。
カラオケもあるが歌える歌がない。
そして、酒に酔ったチーム長が僕をからかいだした。
体をさわりだしたのである。
さらにいろんなモーションをかけてくる。
別にジョーダンとわかっているのだが、さわられるのはとってもいやである。
いやといってるのにやるのはそれは嫌がらせ。
アドレナリンが上昇するのがわかる。
でもなるべく押さえていた。
でもつまらない顔をしているから、同僚が心配してくれた。
そしてみんなステージに上がり、盛り上がったところで、またモーションがやってきた。
ここで少し切れた。
ビール瓶を思わずつかむ。でもまだそんなには怒っていなかった。
しかし悪かったと言って手をにぎられたとき、完全に切れてしまった。
手をはたき、かばんをつかんで店を飛び出す。
、、、なんかこうやって店を飛び出したことが前にもあったような。

チーム長がじょーだんだよといって追いかけてきたが、振り払って帰る。
チーム長自身にはそれほど怒っていなかった。悪い人ではないから。ただその行為だけやめてほしかった。
悪いと思ったのは盛り上がった雰囲気に水を差してしまったことである。

パンと牛乳となしジュースとアイスクリームを買って家に帰ってしばらくすると、同僚のH氏とHS氏がなしジュースを持ってきてやってきた。
歳も下のHS氏に諭される。わかるよとも言ってくれたけれど。
一番自分がいけないことは、小さな会社なんだから大きな仲違いをしていけないこと。そのことでみんなによけいな心配をかけてしまったこと。そういう配慮ができなかったことを反省する。
パン。

チョンジュビビンバ。

生カルビ。
2000/08/27(日) 午前中は、いつものようにうとうと。
でも2回電話があった。
珍しいことである。

さすがに午後から映画を見に出かける。
昨日まで降り続いた雨も、やんでいる。
でも空はいつでも泣き出しそうに曇っているけれど。
地下鉄の駅まで歩いた。
そこからいつもと違うバスに乗ろう。
と思って乗ったバスは、全然違う方向に行くバスだった。
間違えたのだ。
降りて乗り直そうと思った。
でも、ま、いいか。このまま乗っていても。
特に急用があるわけでもなし。
それに以前から乗ってみたかったバスだったし。
人生も間違えてここまで来てしまったし。

バスはトンネルを2つ越えた。
ちょっと北に上がるだけでこれである。
高麗大の知らない校舎があった。
知らないお寺がたくさんあった。
国民大学の前を初めて通った。
いつも気になっていた、ホテルの密集地帯も通り過ぎた。
そして数年前にパリからの帰りにとまったホテルのある街にたどりつく。
今思えば交通は不便だし時差ぼけもあるしどうみても施設は3級だし、あやしげな人たちがいっぱいいた。
どこにあるか、さっぱり思い出さなかったけれど。

結局、映画の始まる15分前に、駅にたどり着く。
もしかして走れば間に合うかも?
人の波をかき分け、映画館に急ぐ。
しかし窓口の前のしきりのあんちゃんに、映画の題が通じない。何言っているんだっつう顔をする。
しょうがないので看板を指さした。
映画開始まで3分。
しかしエレベータは大混雑。
それもそのはずである。4館ある映画館の映画の始まる時間が、ほとんど一緒なのである。
はっきりいって映画館関係者は何も考えていない、といいたい。
施設はせっかくいいのに。

映画のあとは本屋へ。
日本語の本を吟味する。
浅田次郎の恋愛モノを1冊。
CDショップの中をぐるぐるまわる。
「ラプソディ・イン・ブルー」と「Gene」(久石譲)。
すっかり時間を食ってしまった。
時間があったら7号線に乗りに行こうと思っていたのに。

家に帰る前にドトールでいつもの一休み。
買ってきた旗の本を開く。
僕は旗マニアである。国旗掲揚の強制は嫌いなくせに、世界中の旗を眺めているとおもしろい。えへえへしてしまう。
今日買ったのは英語の本。でもこの旗の本はすごい。アメリカ、カナダみたいな大きな国からオランダ、スイスの州、さらには植民地まで、すべての旗が載っているのである。おかげでマカオの旗を初めてみた。ブラジルのマット・グロッソ州の旗からマレーシアのスランゴール州の旗まで、わかる。こりゃあ旗マニアにはたまらない。迷わず(少し迷ったが)買ってしまった。
あと丁寧なのは各旗の縦横比率がちゃんと書いてあることである。それと各国の紋章にもくわしい。
ちなみに僕のお気に入りの旗は、キリバシ。かわいいのである。デザイン的にはトルクメニスタンにいつも見とれてしまう。

帰り道、東の空が光っていた。
夜になってごろごろ。
家でぼけっとビデオを見る。
シャワーを浴びようとして、見知らぬ触覚の長いぴょんぴょん跳ぶ虫を発見。
熱湯で殺すのに忍びない。さされるのもいやである。
しばらく格闘した上に、外にほうりだした。
パン。
ハンバーガー。
クッキー。
2000/08/26 コムデックスコリア2000は今日まで。
社長とデザイナーと3人で出かける。
社長の車で約1時間。道はやっぱり混んでいた。
初めて地下鉄7号線の駅の入口を見かける。今までのソウル地下鉄にないデザイン。うーむ。これはチェック。

最終日ということもある。
雨が降っていることもある。
その名の通り、コムデックスは混んでいた。(失礼)。
もちろん、展示会のねらいは派手な衣装のおねえさん、もとい、プレゼントである。
しかしアンケート系はパス。めんどくさいから。
列を並ぶのもパス。、めんどくさいから。
でも1つは列ができているのに気がつかずに、いや途中で気がついたのだが強引にもらってしまう。
あと目に付いたモノ。
マジックショー。
クイズ大会。
キャラクターとの写真大会。
なぜかタンゴ。
なぜか女性4人のダンスショー。有名人かとつい見とれてしまったが。
でも真面目に目に付いたのは、PDA。いずれ韓国もPDAの時代が来るかな?
それとMP3。かっこいいのを見ていたら、欲しくなってしまったよ。

食事の後、社長だけ車で自宅に、社員は地下鉄で会社に戻る。
そのまえにせっかく来たのだからとCOEXの映画館をチェックしたりして。
やはりすごく混んでいた。・

それにしてもCOEXMのすごい人の波であった。
韓国の人波は、本当に歩きにくい。
すきまがあればつっこむ。
なおさら突然とまるからである。
人に酔ったらしい。
疲れて、眠くなる。

夜、日本からやってきた元クラスメイトのH氏を囲んで飲み会。
遅れて顔を出す。
H氏の以外のメンバーも、随分久しぶりだった。

帰りになんとなくビデオを借りて、帰る。
また「エドTV」を返していないと言われる。
だから返した、っていったのに。
これで4回目である。
コンピュータに記録が残っているらしく、人が変わるたびにいわれるのである。
パン。

プルコギ弁当。

カムジャジョン、
ツナサラダ、コーン、
鶏の唐揚げ。
2000/08/25 イメチェン。
昨日、何となくヘアジェルを買った。
せっかくなのでつけてみることにする。
ほとんどこの手は使ったことがない。
どうもごわごわが好きになれなくて。
昨日買ったのはウォータージェルっちゅうやつ。
だから髪が濡れた感じとなった。
しかし外は雨である。
ぬれたの?ときかれた。
その程度である。

ここのところ、よくソウルは雨が降る。
まるで秋の長雨みたいに。
おかげで暑くないけれど。

今日はコンをつめた作業を行う。
神経的に疲れた。
しかしあのシムシムプリというお菓子を食べ過ぎたのがいけなかったらしい。
腹はこわすわ胸焼けするわ。
とまらなくなるシムシムプリだが、もうやめておこう。

帰りにH氏の服を買うのにつきあう。
もうすっかりファッションビルの品揃えは秋色である。
パン。

チャプチェパブ

チーズキンパブ
ツナキンパブ

シムシムプリ
アイスクリーム
2000/08/24 はっきりいって、シモネタも好きである。
さる友人によると、僕と話すと自然と話のレベルが落ちていくらしい。
俺はふだんこんなことは言わないのに、君としゃべるとなあ。
今日はひさびさにシモネタがでてしまった。
油断した。
しかもけっこうやばいやつ。
書きたいが、書けない。

CDが無性に買いたくなった。
きっかけはマレーシアの友人宅にあった、あふれんばかりのCDの山である。
なんだか一つ一ついつも迷いながら買っているのが、アホらしくなってしまった。
そうだせっかくプー生活も終わったのだから、思い切しCDを買おう。
と思って帰りにCD屋による。
しかしここでまたビンボウショウが出た。
ばばっと数枚買いたかったが、1枚だけ買う。
しかもジャケ買い。
マレーシアでもジャケ買いした。せっかくだからとマレーシアの美人歌手のを2枚。
香港の美人歌手は我慢した。たくさんあったからである。

マレーシアのナイトマーケットで買ってきたジャムはおいしい。これもあたりである。
パン。

豆腐チゲ。

マンドゥカルグクス。

パン。
2000/08/23 朝から機嫌が悪くなった。
間違いが見つかったからである。
ただの間違いならかまわない。
しかし人に迷惑をかけたということであれば別である。
これはヒトコト言っておかなくては。
信頼に関わることだから。

新しく記者になる人とお話をしていて、自分がこの会社を決めた時を思い出した。
紹介してくれた人に、どういう会社かどうか、喫茶店に聞きに行ったこと。

今度新しくあってきたチーム長は、やたら人の体をさわる。特にターゲットは男性である。たぶんホモではないとは思うが。
でも個人的にあんまりさわられるのは好きではない。男性ならなおのことである。ホモじゃないんだから。
それでもさわろうとするのでつい横にいると防御の態勢となる。テコンドーでも習おうかな。
でもそういえば女性に厳しくなるとホモになると本に書いてあった。気をつけよう。

昨日、なんとなくH氏と映画を見に行く話になった。
こっちが映画からしばらく遠ざかっていて飢えていたこともある。
もう1人、会社の人と3人で見に行った。
ジャッキー・チェンの「シャンハイ・ヌーン」。

映画が終わると雨。おかげで涼しい。
ポップコーンの食べ過ぎでかえって空腹になったおなかをかかえて帰る。
パン。

オムライス。

ソルロンタン。

ポップコーン。
お菓子。
2000/08/22 まったく頭が動かない。
使わなかった頭の部分を動かそうとして、ぼんやりとしている。
たぶん頭の中には働くための神経があるのだろう。
休むとたちまち切れ切れになってぼやけてしまうような。

でも休み方にもあるのかもしれない。
以前会社を4週間休んで出社したときは、それほどぼけていなかった。最初から忘れていたからである。ただ時差ぼけがつらかった。
2週間会社を休んだときが、一番つらかった。出社後3日目にお客さんのところに行って、冷や汗をかいた覚えがある。
そして今回は1週間とちょっと。
しかしぼけぼけに休んでしまったからなあ。
海辺で本をぼーと読んでいたし。
暑いからといってショッピングセンターをはしごして、疲れたといっては喫茶店でぼーとしてたし。
さらには友人宅でマンガを読みふけるという、ちょーぐーたらな旅行であった。
まあいいんである。休みたかったから。

会社に戻って楽しいでしょ、と室長がきく。
いえでもまだまだ休みたかったです。

3時頃になって、頭が痛くなってきた。
頭痛薬を飲む。頭痛は持病である。
しばらくするとようやく頭が動き出した。

昨日、会社のみんなは飲みに行ったらしい。
しかも4次会、朝の3時まで。
何人か、顔色がよくない。
昨日は会社に行かなくてほんとうに良かった。
プテチゲ。
チャジャンミョン
2000/08/21 夕方3時50分。
8時間遅れの飛行機は、キンポ空港に到着。
なぜか外国人用の入国審査は大混雑。
おかげで入国に1時間もかかる。
家に着いたのは6時だった。
でも成田のことを考えるとはるかに早いんだけれど。

そうしていつもの旅の終わりの作業。
部屋一面に荷物をばらまく。
それから2日ぶりのシャワー。
でも飛行機の冷房で体調を崩したようだ。
頭が痛い。
しばらく横になる。
クスリを飲んだらおさまってきたので、のろのろと片づけ。
土産物を並べる。
洗濯物を洗濯機にほうりこむ。
お金や領収書、メモを袋に入れる。
買ってきたCDを聞きながら。
それからデジカメで撮ってきた写真をぼーとながめる。

食べかけのゲッペイは、むちゃくちゃおいしい。
なんだかもう一度行きたくなってしまったよ。
オムレツ。
パン。
サンドイッチ。
ゲッペイ。
お豆腐。
2000/08/12 明日から夏休みである。
いろいろと今日のうちに片づけないといけない。
振る仕事は振る。
できるシゴトはする。
ときにあせる。

4時頃、ようやく一区切りついた。
シンセゲ百貨店に、海苔とキムチを買いに行く。
海苔とペチュキムチを買う。
でもなんだかヨルムキムチも欲しくなった。
シンセゲで試食して、ロッテデパートに向かう。
ロッテの前はデモ。
ロッテの従業員のデモである。
「お客さーん、悪徳財閥ロッテデパートで買わないように!」
デモ隊が客に呼びかけている。
みんな苦笑しながらデパートに入っていく。
もちろん、機動隊は臨戦態勢。
おかげで周りは大渋滞である。

ロッテで水にぬれてもいい半ズボンを買った。
水着を買いに来たのだが、女性モノしかなかったのだ。男性モノもあると確認したのに。
それから地下におりて、ヨルムキムチを買う。
ヨルム、という名前がでてこなくて、待ちかまえたキムチアジュンマたちをまどわせる。

友人オススメの48番バスに乗って、東大門市場に行く。
地下鉄もいいけれど、バスの風景もよい。
ここでようやく水着を購入。
なかなかサイズがなくてあせる。
ちょっと高かったが、今日もらったおこづかいを大切に使わせていただくことにする。
小切手を使ったので身分証を見せた。
そしたら店員の1人が「アリガトウゴザイマス」といい、とっさに土下座をした。おいおい。
帽子も迷った。
屋台の帽子やでいろいろ試してみる。
しかし鏡をみてがくぜん。
まったく似合わないのである。
いつからこんなに帽子が似合わない男になったのだろう。
小学校の時は毎日かぶっていたのに。

あしたから、ひさびさの、海外旅行。
いや、いまも海外にはいるのだが、他の外国に行く、ということでやっぱり海外旅行である。
家に帰ってパッキング。
1つにまとめたかったが、無理なことが判明。
リュックと手持ちの2つにまとめる。
いつも準備ってあんまりすきじゃないが、(いろいろ迷うので)今回はあまり悩まなかった。

実家に電話したら、「いろいろ」と気をつけるようにと言われた。何のことだか。ほんまに、あれしか頭にないんか。
パン。

チーズチャーハン。

うどん、カルグクス。
2000/08/11 1週間ぶりに病院へ行った。
またまた経過は良好らしい。
またまたレントゲンを撮る。
いちよ今回の治療は終わり。
あとは親不知の横の歯を治療すること。
それと親不知を抜くことである。
えっ親不知ってぬいたんじゃなかったっけ?
レントゲンを目を凝らしてみると、たしかにかげが見える。
じゃあ手術の時は?
結局とらなかったらしい。神経を傷つけるおそれがあったため。
するとまたあの痛い思いをし、顔を腫らさなくてはならないのだ。
もう考えただけでうんざりである。
先生は元気になってからまた来れば?と言ってくれた。
いちよこれで今回の治療は終わりである。
約1ヶ月とちょっと。
もうこりごりである。
歯を磨こう。

来週から休みを取る。
おかげで今日やらなくてはならないシゴトがてんこ盛りである。
報道資料の作成、翻訳。ファイルの管理。文字の修正。翻訳の手配。ひきつぎ。記者に読者からのメールの説明。
ひさびさに遅くまで残る。
途中、元クラスメイトから電話が入った。誕生日で飲んでいるという。行きたかったがさすがに今日はぬけられなかった。

ちなみに呼び名問題。僕はさんづけで呼ばれることになった。倭色、もとい、日本的に。
ちなみに新しく来た営業担当部長はチーム長と呼ばれることになった。
彼は日本に10年もいたひとで、日本語はすごくうまい。ひさしぶりに日本語の尊敬語を使うんです、なんて言っていた。
もう1人、バイトで来ている大学生は、幼稚園から高校まで日本で過ごしているので、これまた日本語がぺらぺらである。
いろんな人がいるのだなあと思った。
パン。

オムライス。

パン。

肉うどん。
2000/08/10 ツクツクボーシがなきだした。
この蝉の声を聞くと、夏も終わりなんだなあと思う。
やはり東京よりは早く聞くような気がする。

今日は末伏(マルボク)。
サムゲタンを食べる日である。
社長は朝から気合いが入っている。
有名店にみんなで早めに行こう、というのである。

果たして11時すぎ。
みんなでタクシーに乗った。
景福宮近くの有名店「土俗村」へ行く。
するともう昼前なのに混んでいる。
でも意外とすぐすわれた。
はたしてそのサムゲタン。骨からするする鶏肉がとれて食べられる。
高麗人参もでかい。
なつめもおいしい。
栗はなんと皮付きである。
おいしかった。ただ食べにくかったけれど。
一番最後に食べ終わる。
あとで社長がサムゲタンの食べ方を記事にしようと言う。
たしかにその方がいいかも。

夕方、映友のK氏と会う。
日本から3週間だけ、勉強にやってきたのだ。
シンチョンへ行く。
やっぱりここはにぎやかだった。どこかの大学の前とは違う。
サムギョクサルを食べた。
まるで僕が十数年前にシンチョンで過ごしたときからあるような、お店だった。
どうしてこういう店を選んでしまうのだろう。
ここのサムギョクサルは焼く前に壺に入った付け汁につける。最初、なんの付け汁だかわからず、2人で首をひねる。
そのあと喫茶店で、ずっとずっと映画の話をする。
やっぱり話をはじめるととまらなかった。
でもなんだか自分ばっかり話していたような気がする。
帰りに大学の門まで送った。
K氏が泊まっているのは女子大の宿舎である。
さすがに中に入ろうとしたら、守衛に止められた。
こちらで勉強している男子学生もいるというのに。彼らはどうするのだろう?

夜バスに乗って帰る。
すいている道をバスはぐいぐいとばし、あっというまにアナムドンまでついてしまった。
意外と近かったんだね。
パン。

サムゲタン。

焼き鳥。

サムギョクサル。

カフェオレ。
2000/08/09 シゴトをしていると、室長に呼ばれた。
あしたから新しい人がやってくる。営業担当の部長。
歳は僕と同じ。
僕には役職がついてないけれど、けっして大切に思っていないわけではないから。
そういうお話であった。
こっちは役職なんてまっぴらだし、突然ニムをつけて呼ばれるのもごめんである。
やっぱり韓国では気にするのかな。

飛行機のチケットを、旅行社に取りに行った。
ついでにミレミアムプラザで食事。
ここはカレーもトンカツもまずかった。
でも他のメニューでうまいものがあれば、紹介できるかなと思って。
今日は中華料理にしてみた。
チャジャンミョンと酢豚セット。
うーん量が少ない。酢豚はまた果てしなく甘い。

眠い。
今日は真剣に眠気が来た。
こういうときは、昔からだが、ふんぞり返って寝るに限る。
さすがに途中でシゴトの体勢に戻るが、またふたたび寝込む。

まったく旅の勉強をしていないことに気がついた。
言葉もまだ、である。
まあなんとかなるやろ。

やや体調がミダレ気味。
今日は早めに帰る。
パン。

チャジャンミョン、酢豚。

マンドゥカルグクス。

アイス。
2000/08/08 部屋に帰ると、玄関に荷物がぽつんとおいてあった。
友人が日本から送ってくれた荷物だった。
いないときは大家さんがあずかってくれるのかな、と思ったら部屋の鍵をあけておいておいてくれたらしい。
うかつに部屋をきたなくできない。
とっても助かるけれど。

こちらの人はよく「ウェー」と言う。
「ウェー」。なぜ?
今日は旅行会社の人に言われた。
「ウェー」。なぜその国に行くのか?
友人がいるから、とはいったものの、なぜか釈然としない。
なんで旅行会社の人に「なぜ行くの?」と言われるのだろう?
日本では覚えがない。
旅行会社の人になぜ行くんですか?聞かれた覚えがない。
同僚のH氏が髪を切って染めた。
会社の女の子が言った。
「ウェー」。なぜ?
さすがにH氏は言葉を失った。え、なぜって。
この「ウェー」という問いには儒教的ななにか問わずにはおられない、原因を知りたいという追求心みたいなものがあるのだろうか?
それとも単なる好奇心?
パン。

カルグクス。
プルコギトゥペギ
2000/08/07 この国の天気は、突然に変わる。
8月になってから突然、雨ばかりの夏が続いている。
今日も昼過ぎからもくもくもくと曇りだし、突然の大雨になった。
よかった。今日は昼からちょっと飛行機のチケットを取りに行こうと思っていたのだが行かなくて。
そして帰る頃にはすっかりやんでいた。

こちらはいま夏休みシーズンである。
いつもは人でにぎわう会社のまわりも、とても閑散としている。
人気がない市場。ちょっとゴーストタウンみたいで、不思議な感じがする。
いつも年がら年中お祭りみたいなこの街は、休むときが逆に非日常的なハレの時みたい。
こころなしかここにやってくるバスの本数も減っている気がする。

日本に出張に行ってきた2人が、お土産を買ってきてくれた。
案内をたのんだ友人からのお土産も無事に受け取る。
気がつけば机の周りはたれぱんだだらけ。
今日もたれぱんだとはなにか、こちらの人に説明をする。
でももうブームが日本では終わりかけ、というのは本当なんだろうか。

今日は久しぶりに人から電話をもらったり、メールをもらったりした。
そういうときは一度にわっとやってくる。
そういう日もあるもんさ。
パン。
チョンジュビビンバ。
チャジャンミョン。
2000.08.06 朝、いつもの時間に目がさめる。
朝ご飯も食べる。
でももうちょっとだけ。
どんどんどん。隣の部屋のドアをたたく音で目がさめる。
時計は12時を回っていた。
やっぱり寝たりなかったらしい。

チョンゲチョンに、洗濯機のホースを買いに行く。
先週、カップリングを買ったお店に行ってみる。
洗濯機のホースはありませんか?
するとあったのである。
ちゃんと洗濯機側の留め金もあった。
求めよ、されば開かれん。
あるところにはあることを思い知らされる。

インサドンに、友人へのお土産を買いに行く。
指定は紙製品である。
ひとつ、お土産でいいところがあったっけ?
そう思っていってみると、どうも様子がおかしい。
なんとストライキ中だったのである。
ここもか。さすがにあきれる。
仕事柄お店をチェックしながら、インサドンを回る。
インサドンはいまだ工事中。
しかも今日は雨である。
道はぬかるみ、大きな水溜りもできている。
まあ歩けないほどではないが。
2往復して、いろんなものを買ってしまった。
リカちゃんの韓服、袋、封筒、ペン、小皿。
ここはよーくみるとどの店も面白い。
また伝統茶の店が多く、ついよってみたくなる。
線路がひいてあるお店とか。
陶磁器も嫌いなほうではない。
ただほしくなるとこまるので、あんまり眺めない。
団扇が気になって、もう一度インサドンに寄る。
夕方のインサドンは人も多くて、また違った印象であった。
雨もあがっていたし。

キョボムンゴに、日本語の本を買いに行った。
2割引だときいたので。
2割引だと日本とおんなじ値段で買える。
今日はもう、ほんとうに日本語の本だけである。
韓国本と、宮部みゆきにしておいた。

疲れた。
例の喫茶店で休む。
すこしうとうとして、すこしぼおっとする。
あとは1冊の本を読了。

きのうの映画心が、残っている。
これはビデオを見ても、解消されるものではないらしい。
映画館で、映画をみたいのである。
ひさしぶりに、ソウル劇場に行く。
しかしいまは夏休みシーズン。
目当ての「シャンハイ・ヌーン」、「リング2」ともに売り切れであった。
やっぱり20分前では甘かったか。
あきらめてバスで帰ろうとする。
でもバスの中で気が変わった。
会社の近くの映画館で見ていこう。
途中でバスを降りて、映画館まで歩いた。
がらんとした市場をぬけて。
日曜日もなぜか登山、キャンプグッズのお店だけは営業をしていた。
日曜日に買いに来る人が多いせいかな。
今日の映画は「ファンタジア2000」にした。
昨日見ようかなと迷ったやつ。そういうものである。

家に帰って夕ご飯を食べながらビデオを見る。
「サイダー・ハウス」。
見終わってすぐ、ビデオ屋に返しに行く。
しかし12時をまわっていたせいか、400ウォンとられた。
まあ40円なんだけれど。
パン。


ポップコーン、
うどん。
アイスクリーム。

チャンジョリム。
2000.08.05 昨日、修繕したもらったズボンをはいてみた。
長い。
殿中でござる、というかんじである。
こんなに僕は足が長くない。
また近くのクリーニング屋に持っていく。
たまたま穴の修繕にだしていたズボンがあったので、同じ長さにしてもらう。
夜、なおしてもらったズボンを見て驚いた。
こんなに足が短かったっけ?
いやこれは実際に短いのである。

今日は映画をみる日。
朝からスケジュール表をプリントアウトして、予定を練る。
でも今日は同僚と「踊る大捜査線」を見ることにする。
映画のあと、家までかえってきて迷った。
もうひとつ映画をみたかったな。
じゃあこれから映画館に戻るか。
でも土曜日の真夜中の人ごみはうんざりである。
おとなしくビデオを見ることにする。
ビデオ屋でカードをなくした、といったら、あっというまに再発行してくれた。
土曜日だからか、漫画を借りる人たちが多かった。

夕ご飯を食べながら、韓国映画「ネマウメプングム(私の心のオルガン)」を見る。土曜日の夜を部屋で静かに過ごすのも、いいものである。
パン。

タッカルビ。

ポップコーン、
お豆腐、うどん。
2000/08/04 今日は穴の空いたズボンをやめて、もうひとつのズボンにしよう。
しかしまさかと思ってみてみると、こちらにも穴が空いていた。
全滅である。
これはさすがにズボンを買うしかあるまい。
問題は、今日はどのズボンをはいて外に出るか、である。ズボンはやめてジーパンか。
まあ今日1日ぐらいは持つだろう。
穴の小さいほうのズボンをはいて行く。
穴の大きいほうは、さっそく修繕に出した。
近くにクリーニング屋を見つけたのである。
韓国ではクリーニング屋にはいつもクリーニングより修繕でお世話になっている。
昨日はシャツのボタンをつけてもらったし。

外は大雨。
当然、ズボンもかばんもずぶぬれである。
今日は病院へ行く日であった。
こういう日に限って、歩かなくてはならなかったのである。
なぜかこちらの雨は、いつも風をともなう。
よくぬれるのである。
しかしかわくのもはやい。
しかも雨が1日もたない。夕方にはあがっている。

今日の診察はレントゲンをとるだけであった。
感覚のないあごも、なんか下のほうで神経がもぞもぞ動いている気がする。
お医者さんによると順調だそうだ。
今日は痛い処置は何もなかった。
ただ口の中にフィルムを入れてとるレントゲンだけはつらかった。
すぐはきそうになるのである。
東洋人には合わないから。と若いお医者さんは説明した。そういうもんだろうか。
もうひとつ、全体のレントゲンもとった。
今日の技師は若いしゃきしゃきとした色気のない美人タイプの人であった。
ちょっとこういうタイプに弱い。しかしそういうタイプに好かれたことは一度もない。

仕事がおわって、ズボンを買いに行った。
最初の店で、サイズを言う。
すると、うーーんといって、はすむかいのおばさんを指差した。そちらのお店にあるという。
かくしてババっと2つのズボンと、1つの半ズボンを購入。バーゲン中で安かったこともある。
つづいてよく行くお店で半そでシャツを購入。
お店の人が顔を覚えていてくれて、なんでかジュースまでサービスしてくれた。そしてお店の名刺までもらった。
そしてズボンのすそ上げに修繕店に行く。
そう、バトルをしそこなった例の修繕店である。
この前いた男の人と、例のおばさんでない女の人がいた。
これがまたとっつきにくい女の人であった。そういうお店なのかも知れない。
部屋の隅にある更衣室で着替えて裾を折って、ぬいでそれを修繕してもらう。時間は20分。
左右の幅を違えて裾をあげてしまったのだが、さすがにプロで、そろえてくれたらしい。
こうしていきなりズボンの所有数が倍になった。

塩野七生の「男たちよ」に年齢を忘れるな、清潔にせよ、とあったのである。
そろそろズボンのはきどおしはみっともない歳になったらしい。
パン。

チーズチャーハン。

チャジャンパプ。
2000.8.3 日本から、お客様がやってきた。
ひさびさに、お客様とのミーチングちゅうのに参加する。少々緊張した。名刺交換なんかしちゃったりして。
社長が一生懸命横で日本語をしゃべっている。
なんですかな、社長のあいまの口癖である。
なんですかな、まだ30代の社長なのに。
ちょっとは教えてあげたほうがいいだろうか。
それといろいろ知らなかった会社の秘密をしった。
そうか、これからそんな計画があるのか。

ひとつ思ったのだが、こちらの予定はだいたい倍に遅れる。
来月まで、というのはだいたい再来月である。
2ヵ月後まで、というのは4ヵ月後である。
これはルーズというより、つい半分の期間で楽天的に言ってしまうのではないか。
じゃあいま10月、といっているのは年内であろう。
3月まで、というのは来年夏だろう。
そう考えることにしよう。

だんだんこっちにそまってきた気がする。
せまいところでも無理に通ろうとする。
向うから人が来るのに。
ぶつかっても何もいわない。
これにそまってしまうと、日本で危険である。

お昼がネンミョン(冷麺)というのは、とっても腹持ちがわるい。
ようやく同僚のH氏に買ってきてもらったパンで飢えをしのぐ。
そのあとも飢えが続いたが、夕食までとがまんする。
ようやくもてあまし気味の食欲がもどってきたようだ。
あんまり戻ると困るのだが、、、

最近心臓がときどきしんどいような気がする。
太りすぎであろう。
腹も出てきた。
またズボンも穴があきかけである。
ズボンも買わなくては。
パン。
ネンミョン。
パン。
ソルロンタン。
2000.8.2 お昼のあと、散髪に行く。
まずは昨日、社長が行った隣のビルの理容室へ。
しかし行ってみて驚いた。
どうにも男はオヨビでない雰囲気の、美容室なのである。
社長も男だが、あちらは背広を着て、まがりなりにも社長である。
どうにも足が進まずに引き返す。
となると昨日目星をつけた散髪屋しかない。

それは路地を入って2Fにあった。
模範理髪店とある。それが疑わしい。価格は7000ウォン。それは妥当として。
横に全身あんま、とあった。
あんま。エッチの道への始めの一歩である。
ドアにはロシア文字。いよいよ疑わしい。
果たしてドアをおそるおそるあけてみると、男の人が横になり、おばちゃんがあんまをしていた。
おもわずドアを閉める。
ちょっとへんな雰囲気。
もう一度ドアを開けてみる。やっぱりあんまだ。
しかしここで引き返すとおよびでない美容室しかない。
3度目に大きくドアを開け、散髪ができるかときいた。

めがねをはずし、長いこと待たされる。
どうも髪を切ることができるのは、おっちゃん一人だけらしい。
そのうちに、あんま希望のおっちゃんが一人、二人と入ってきた。
まだこちらはどきどきである。
やばい店ではないか。
めがねをかけて、TVをみながらじっとまつ。
やっぱりおよびでない美容室に行くべきだったか?
それとも家の近くの実験場のようなヘアカットサロンに行くべきであったか?
もう限界、というところでおっちゃんがやってきた。
おっちゃんの顔は、こころなしか友人の歯抜き氏に似ていた。
おっちゃんは、ショートカット?ときき、ジャパニーズ?ときいた。
それからずっと彼は英語だった。
バリカンを見せて日立製だといい、めがねがなくてよくわからなかった電気製品を彼はナショナル製だ、といって自慢した。
日本人だからのサービスらしい。
おっちゃんの技術は大胆で、首がしまるかと思うぐらいぎゅっとタオルを首にまかれ、憎しみでもあるのかと思うぐらい上の毛をつかんで切った。
そして次はシャンプー。これもダイナミックに、冷たい水にシャンプーでじゃぶじゃぶと洗われた。ついでに顔も。
ふらふらになって椅子から立ち上がって、あたりを見ると自分の黒い毛があちこちにちらばっていた。
金額は、10000ウォン。洗髪代をふくむらしい。しかし額をおばちゃんにわざわざ告げておばちゃんが聞きなおしていたから、国民によって料金が違うのかもしれない。でもまあ許容範囲である。
最後におっちゃんはぐっと笑って見送ってくれた。
そして髪型は、、、一部やくざという声もあったが、まあまあであった。短くしてくれたのがよかった。ほかの散髪屋なんて、いくら短くしてくれ、といっても短くしてくれないのである。どうして客の言うことをきかないのだ?

今日のプテチゲはおいしかったな。やっぱりハムが決めてである。
パン。

プテチゲ。

オムライス。
2000/08/01 8月がやってきた。
去年の今ごろは、マクハりから足を洗って、仕事の引継ぎなんてしていたな。そんなことを思い出す。

きのうむかっとした修繕屋に行ってみる。
すこしバトルを覚悟しながら。
弱気になるな、と言い聞かせて。
あいからわずばばあはつっけんどんだった。
見ていてわかった。この人はこういう対応しかできない人なのだ。
ちなみにズボンの修繕はされていなかった。
男の人が、捨ててあった切れ端を切って、ミシンでちゃちゃっとふさいでくれた。
金額にして2000ウォン。

散髪をしたい。
会社の近くの散髪屋を探してみる。
まったくないと思っていたら、いくつもあの青と赤と白がぐるぐるまわるポールを見つける。
しかしどうも2Fや地下にあったりして、行きづらい。
あとこちらにはエッチな散髪屋というのもある。
ポールが5色とか、いろいろ聞くのだが、いまだにみたことはない。
まさかそこがとは思わないが、気が進まずにやめておく。
すると夕方、社長が散髪して帰ってきた。
なんととなりのビルに入っているという。
明日行ってこよう。少し高いみたいだが。

夜は会食。
新しく来た社員2名の歓迎会である。
ちなみに僕の以前からの希望でインドカレー屋になった。
場所はイテウォン。ホテルの中である。
本格的なインドカレー屋であった。
もちろん値段もそれなりにする。会社もちではあるが。
でもひさしぶりにおいしいサモサ、タンドリーチキン、カレーを食べた。
そしてナン。室長はパンといいはり、社長はまずいといって食べなかったが。
おいしくて涙が出た。
はじめて韓国で満足できるカレーを食べた。
ちょっと物足りないくらいに。
そしてチャイ。
日本だとロッテリアでも飲めるんだけどなあ。
パン。

カルビタン。

カレー。

ホームに戻る


※すべての文章の権利はぼうずに属します
Bouz Co. 「GOGO!ソウル」