GOGO!ソウル
労働日記

2000年9月


2000.9.30 今日は社長とHJ氏の誕生日。
ケーキを2つ食べる。
さらにカルビを食べに行く。
ケーキのあとにカルビ。やっぱりみんな食いしん坊である。

今日もやる気はしない。あんまり元気が出ない。
でもどうしてもやらなきゃならないシゴトで、なんとかない力を出す。
今日はどっかに旅にいってしまおうかと、かばんに時刻表と着替えをつめていた。
昼を過ぎたらどうしようかな、少し迷った。
しかし結局、いつもの土曜日と同じように、夕方、映画を見に行く。
今日から公開の「コヨーテ・アグリー」。意外によかった。

夜、街にはバカがいっぱいいた。
コヨンジョンである。こちらの名門私大どうしである、高麗大とヨンセ大の定期戦。その帰りである。東大門だから高麗大のバカばかり?とおもったらヨンセのバカもいた。
どっかの国でもこんな対抗戦があるけれど、あのときも繁華街は歩けたもんじゃなかったな。
どうも愛校心とか愛国心にうといもので、うざったいだけである。やれやれ。
パン。
ケーキ。
カルビ。
お菓子。
2000.9.29 再び開かずの扉の話。
今日は3つ目の個室ではない。
さらに奥にある、車椅子用の個室。
ここが今日はずっとしまっていた。
移ったらしい。

今日の空は気持ちいいぐらいに晴れた。
日差しは夏のように強かった。

昨日はじめて、部屋のオンドルをつけた。
ちゃんと動くか、心配だったので。
すると朝、ちゃんと床が暖まっていた。
だから昨日がオンドル記念日。
あっというまに寒くなっていって、かかせなくなるだろう。

旅に行きたい。
と思って時刻表をめくる。
しかしあることに気がつく。
今度の日曜日は、オリンピックの最終日ではないか。
やっぱり、みたい。
また繰り越しになりそうである。
でもたぶん寒くなると、また行かなくなる。
いまのうちに行っておきたい。

眠い。
部屋に帰って、ごろんと横になる。
そのまま小一時間も眠ってしまった。
パン。

鉄板焼き。

パン。

アイス。
2000.9.28 あまり暗いことは書かないようにしよう。
昔友人に注意されて、そのようにしたけれど、(あるいは他のページに書いていたけれど)今日は書いてしまおう。
たまにはいいか。

はっきりいって今日はやる気がなかった。
いろんなことがあって、疲れた。
なんだか自分が大切に育ててきたものが、こわされていく、そんな気がした。
右の壁にはポストイットがいっぱい貼ってある。
全部ひっぱがしたい衝動にかられる。
やることはあるのだが、やる気がない。
こんな日に限って、また思わぬことが起こったりするのである。
ますます疲れた。

こんな日は早く帰るに限るね。
映画でも見に行こう。
少し熱もあるようだ。腹の調子もいまいち。でも映画でも見に行こう。
鐘路にみたい映画があった。
でももう終わっているかもしれない。終わっていたらカバーできる、元気がない。
こんな日はくだらない映画を見に行くに限るね。
で、「ムソウン・ヨンファ」をみる。
いやこれが実にくだらなかった。
エンドクレジットの下にまだ「映像が続きます」との字幕。さすがすぐ帰ってしまう韓国。それでもほとんどの人が帰った。しかも映画館のスタッフが掃除を始めた。映画を大切にしてくれない国である。

ねえシゴトって楽しい?
いまやっていること、楽しい?おもしろい?
自分に問いかけてみる。
バスのいすの上で足をかかえながら。
夜道を歩きながら。
人と話せば愚痴りそうで、甘えそうで、今日は誰にも会いたくなかった。
パン。

チキンカツレツ。

お菓子。
2000.9.27 再び開かずの扉の話。
(学校の怪談でもあるまいに)。
真夜中にしまっている個室のドア。
やっぱりあやしい。
でもノックして確認する気にはなれない。

今日シゴトで間違いがいくつか見つかる。
ショック。
ショックで立ち直れなかった。
あれだけチェックしたのに。

朝、少し熱っぽい。
昼には下がったが、時々ぶり返す。
今日の映画はやめておく。

次に人間関係で疲れる。
人が多くなるとね。
しかしなにを偉そうに僕は説教したりしているだろう。

ひさしぶりにCさんに電話した。
シゴトのことを愚痴ろうとしたら、違う話を1時間もしてしまった。

髪の毛を上に上げると、我知らず親父と似てきたなあと思う。
もちろん同じ歳に親父は小学生と幼稚園児の二人の子供の父であり、家も持っていたが。
パン。

チーズチャーハン。

チョルミョン。
000/09/26 開かずの扉。
昨日の夜遅くもしまっていた。
そして今日もしまっていた。
もしかして中で死んでいるんじゃないだろうか。
そんな不安がよぎる。
しかし今日の夜にいってみると、そこはあっさりと開いていた。
男子トイレの3つ目の個室。
原因は、1つ目は紙がなかった。
2つ目は汚かった。
ということで3つ目に集中したらしい。
ちょっとあせってしまったよ。

お昼。
ごはんのあと、腹ごなしに外にでた。
いつもはいかないところにいってみよう。
と思って奥に入っていく。
そこはボタン屋さんがならんでいた。
そこには食べ物屋もあり、道に机といすが並んでいた。
そのとき。
僕はとってもなつかしいにおいを嗅いだ。
ソウルのにおい。
僕がむかしソウルに来るたびに嗅いでいたソウルのにおいだった。
こんなところに残っているなんて。

今日はひさしぶりに夜たくさん食べる。
最初は迷っていたが、サムギョクサル、という言葉をきいて撃沈。
肉には弱いのである。

いつもはあいまに紅茶を飲んでいる。
今日は6年前にロンドンで買ったティーパックで飲んだ。
さすがに苦くて飲めなかった。
しかしこれでロンドンで買ったお茶はすべてなくなってしまった。

今日は早目に帰るはずが、やっぱり遅くなった。
でも今日は帰りに以前から気になっていたファッションビルによってみる。
真夜中の市場。
そこは買い付けに来る人とお店との戦争状態だった。
廊下は買い付けた服の荷物で足の踏み場もない。
外もカバンと荷物の山である。
人混みに疲れて帰る。
パン。

トゥベギ。

サムギョクサル。
菓子。
パン。
2000.9.25 今日は月曜日である。
あんまり僕はブルーマンデーというのはない。
むしろ月曜日の方が、気楽である。
だんだん気がかりなことがたまって週末に映画で発散、、、、そういうことが多い。

でも今日は曇っていた。朝からもや。
ビルの上から眺めるソウルはずっともやであった。
こう薄暗いと、気分が晴れないね。
でも昼過ぎにはすっかり晴れ上がって、気持ちのいい風景になった。

月曜日ということで、ミーチングが続く。
今日もシゴトはてんこもりだったが、あんまり焦らないようにした。
だからあまり疲れない。
遅くまで残ったけれど、今日はあまり疲れなかった。
やっぱり力が抜けているぐらいがいいのかな。

会社の女の子に動きがおもしろいですよね、といわれる。
お話がおもしろいですね、といわれるより不思議な気分である。うにゃうにゃ。

今日も6時以降は食べるのをやめておく。まだ体重は警戒区域である。
おかげで最近あさは空腹で、5時半に目覚め、猛然と食べてしまう。また少し寝るのだが。
たぶん明日もそうだろうなあ。

夜はオリンピックの個人別体操をみる。
すばらしい技に部屋で一人ハクシュハクシュ。
国のことなんか背負わないで、個人で争っているのがいいよね。
パン

ビビンバ。
お菓子。
2000.9.24 早朝。激痛で目が覚める。
寝違えたのだ。
これがまた痛いのなんの。
布団の上でもだえ苦しむ。
しかも対処を間違えて力を入れてしまったので、さらに痛くなった。
むかしからよく寝違えるのである。寝違え男。寝取られ男ではない。
運動不足だとはわかっているが、、、足の筋をのばして歩こう。

また朝御飯をたっぷり食べて寝た。
外では工事の音がする。
昼間さぼっているかと思えば、日曜日に仕事する。働き者か怠け者かようわからん。

11時過ぎに目が覚める。
これ以上眠ると、また1日寝てしまうぞ。
と思って枕を抱きしめてTVをみながらぼおっとしていると電話がなった。
Pさんだった。
今日の夕方会う予定だったが、昼間あえないかという。
でも昼間は映画を見に行くつもりでいた。
さっさと起きて映画を見に行くことにする。

上映30分前に映画館の前に到着。
ちなみに見たい映画は「バッファロー66」。日本で超人気で、2回映画館まででかけてふられた、それほど見たかった映画である。
問題は発音。韓国語ではボパルロという。ああ難しい。練習して窓口にのぞんだが、はたして通じなかった。シックスティシックスで通じる。
そして映画館は、がらがらだった。
回がはやいせいなのか、それともやっぱり知名度の問題かな。
映画はかっこよかった。しかし韓国人一般には受け入れられないかも。映画好きには受けそうだけれど。この国は意外と少ないのである。

本屋の横のハーディーズでPさんに会う。
ほんとはPさんの来る前に本を買ってしまおうと思っていたのだが、買ったばかりの雑誌をまずカバンにしまってからとカバンの整理を始めたところにやってきたのである。
本来はエクスチェンジである。しかし今日はシゴトの話。しかも韓国語をはなすのもめんどくさい。結局、日本語のみとなってしまった。
本当は散歩に行きたかった。天気も良いし、風も気持ちよい。しかしPさんは今日はつかれていた。腹が減ったというので、うどんを食べて帰る。

まだ時間が早かった。もう一つ、映画を見ていこうかなと思う。ねらいは「バッファロー」と同じ映画館の「ノイズ」。ジョニー・デップのである。予告編だけをみて、みられなかったのだ。しかし映画はちょうど5分前に始まったばっかりであった。強行してもよかったが、まあそこまではいいかと思いとどまる。次回もあるし。
しかし本屋をまわって、ドトールで休んでいるうちに、次回の開始時間を過ぎていた。あきらめて、まっすぐ帰ることにする。今週1日ぐらい、早帰りしてみよう。

今日は本を買いまくる。文庫本を4冊に、雑誌を2冊。CDも3枚。先週の日曜日、1日寝ていた反動であろう。
さらに雑誌を買ったら映画「同感」のVCDがついてきた。というか「同感」のVCDが欲しくて雑誌を買ってしまったのだけれど。創刊号だから大盤振る舞いである。

途中で東亜日報の前を通った。新聞社の前らしく、新聞の仕分けが行われていて、盛況だった。もう新聞を開いて読んでいる人もいる。この時間帯でなければ見られない光景だった。
パン。

パン。

うどん。
2000.9.23 昨日、家に帰ってくると誰かが入った気配。
しめたはずの洗面室のドアが、あいているのである。
果たして、また工事が行われていた。
扉のしきいと床とのすきまに、防水チューブが張られていたのである。
大家のアジュンマが問題と指摘したところ。
ご丁寧に、チューブを張るのに使ったらしいチューブ入れが、冷蔵庫の上に置いてあった。工事したよ!という意味らしい。
果たして防水の効果は?まったくなかった。

今日は仕事で大失敗。
ファイルを昔のバージョンのにかぶせてしまったのである。
昨日、貴重な写真をフォーマットしたことを糾弾したのに、これである。

今日は土曜日。
いつものように夕方まで仕事。
そしていつものように、映画を見に行く。
最初は「怖い映画」ねらい。でもこの手のコメディの初日はだめである。20分前で売り切れ。
1時間後の「時越愛」にする。
おもしろくないという意見をたくさん聞いたけれど。
結果的は満足だった。
果たして期待しない映画というのはだいたいおもしろいのである。
期待してなおおもしろいという映画はすごいのだけれど。

しかし今日も映画館のお店は最悪。
客が待っているのに、ふりむきもしないのである。
というわけでせっかくのポップコーンを食べそびれた。
まあ神様の食べるなという思し召しかも。

また横の男もすごかった。
ほとんど映画の最中、携帯をいじくっていた。
かかってくるのはわかるとしても、自分でもなにやら操作しているのである。たぶん文字メッセージかなんかだろう。
しかし横でわずらわしい。思わずひじ鉄をくらわしたろかと思った。

今日の警察はちゃんと仕事をしていた。
ちゃんとバス停の前にはバスしかこないようにしてくれたのである。
おかげでバスがすいすい止まっていく。しかもちゃんと停留所があるところに。
最初からこうすればいいのに。
でも警察がいなくなったら、またもとの黙阿弥にもどるのだろうな。
つかのまの交通秩序である。

そしてアナムドンは大混雑。
例の高麗大と延世大との定期戦(コヨンジョン)が近いせいらしい。
パン。

ピザ。
スパゲティ。

お菓子。
2000.9.22 最近、毎朝オリンピックの水泳競技を見る。
もと水泳部(といっても3ヶ月)、スイミングスクール2年半の血がさわぐ。
そういえば僕は50m50本の練習の30本目で自己ベストを出したりする、そんな選手だった。
もちろんたった1回でた試合(新人戦)では、自己ベストで最下位だった。
あのとき、1ヶ月に2cm、身長が伸びていたんだよね。
もう少し続けていれば、、、

みんなで昨日のエステの写真をみた。
ほんとは一人に見せるはずが、わらわらわらと集まってきてしまったのである。
みんな、おぞましきものを見るであろう。
果たしておぞましかった。
キュウリパックの2重あごとか。
そしてそこには横たわってこすられている相撲取り、いやトドの姿があった。
たぶんにみんな引いていた。
まあここまでくれば別に開き直りである。
また行くかも。

昨日、エステには体重計があった。
ちょっと載ってみる。
ショックのあまり、顔面が蒼白になる。
完全に警戒領域一歩前であった。
こりゃやばい。
さすがにセーブしよう。
夕方5時半から、食べないようにする。
今日はまだ腹持ちがいい方だけれど。
パン。

ビビンバ。

お菓子。
2000.9.21 男性用韓国エステに行く。
もちろん、エッチなやつではない。
仕事である。
いわゆる体験レポーターである。
ちなみにエステははじめて。
アカスリもはじめて経験。

緊張していたらしい。
朝から何度もトイレに行く。いつもだけれど。
エステのお店に行く前に、さらにホテルでトイレに行く。

いままでにつもりつもったアカをおとさなければならない。
素っ裸にタオルだけ載せて、全身こすられまくる。
意味もなく大きいといわれる背中から、あのオトコの大事ないわゆるフクロの裏まで。
取材なので写真もとられているので、焦る。
でもアカを落としたあとのお湯がすごく気持ちよかった。
さわってみると自分の肌とは思えないぐらい、つるつるした。
横には日本のとある男性雑誌が取材に来ていた。
僕も載るかも。

そのあとの指圧でもだえまくる。
気持ちよかったけれど。
散髪もついでにしてもらう。半額にしてもらったし。役得。
ついでにお店の人に少し話を聞く。
これでも取材の仕事は始めてである。
いつもひとにかれこれあれこれ取材してこいというが、人の話を聞くのが苦手な僕は、自分でやるのはいやである。だから他人にやれやれという。
それでもなんとかお話を聞く。
と書いていて思い出した。
むかしそういえば村じゅうのお店の席数とメニューをきくアルバイトをしたっけ。
人見知りなので知らないお店に飛び込むのがいやだったけど、けっこうおもしろい体験だった。

こうして初体験のエステは終了。
はじめてのエステは疲れた。気持ちよかったけれど。こりゃ疲れるものである。
そしてのどがむっちゃかわいた。

夜は中華料理屋で会食。
新しく来た記者と、デザイナーの歓迎会である。
55度の中国のお酒がまわる。
みんなすごいいきおいで酔っぱらった。
焼酎と同じつもりでぐいぐい行くもんだから。
こりゃやばい。そうそうに逃げることにする。

せっかくの本格的な中華料理屋だからと頼んだチャーハンは、やっぱりそのへんのよくあるチャジャン付きチャーハンだった。がっくりする。
でもチャジャンは他のお店よりおいしかった。得したような損したような、、
パン。
カレーライス。
中華料理。
2000.9.20 1日細かい作業をする。
おかげで目がおそろしく疲れる。
おなかもあまりすかないくらい。
あまりに細かい作業なので、あんまりじゃまされたくない。
なので話しかけられると不機嫌になる。
で、結局終わらなかった。
明日も続きである。

インターネットリバーシというのがある。
いわゆるオセロのこと。
けっこうこれにはまっている。
なぜか世界中の見知らぬ人とオセロができるのだ。
中国語、オランダ語、英語。
おもしろかったのは、オランダ語のやつである。
オセロも相性があるのだろう。
おもわず2回戦をしてしまった。
チャットもついているが、これはあんまりおもしろくない。
むかし信長の野望のインターネット版にはまった友人を知っているが、その気持ちがよくわかった。

今日のオフィスはあちこちから歓声がきこえた。
いやもう歓声なんていうやさしいものではない、雄叫びである。
もちろんオリンピック。
とくにサッカー。ほんとうにみんなサッカーとなると熱い熱い。
しかも今日はひさしぶりに暑かった。
パン。

マンドゥ。

チャジャンパブ。
2000.9.19 その競技の予選の組は3人だけだった。
そのうち2人はさきにプールに飛び込み、失格になってしまった。
残ったのは1人。
あのオリンピックプールを、1人で泳がなくてはならなくなったのである。
もちろん、緊張しない訳がない。
その記録は、日本の中学生の水泳部員レベルであった。
でも、彼は国の代表として、泳ぎ切ったのである。
もちろん会場は全員総立ちで拍手。
僕も泣いた。

今日は食事を控えめにしようと思ったが。
あんまんを買ってきてくれた。
さらに夜はポッサム。
また豚肉を食べ過ぎた。
おなかが重くなって、スジョンガを飲んだ。

夕方からもオリンピック。
キューバと韓国の野球の試合。
同じフロアのあちこちから歓声がきこえる。
めずらしく韓国を応援。惜しかったね。
柔道では日韓対決。おめでとうといわれた。
いや別にそれほど愛国者ではないんですけど。

会社と個人のPCに、MEをインストール。
会社の方はさくさくインストールが完了。
こころなしかスピードもアップした気がする。
しかし個人用のは大変。空き容量がないんである。
あらからソフトを削除して、ようやくスペースを作る。
2Gあっても足りないのね。

家に帰ってもオリンピック。
女子体操を見る。中国選手もルーマニアの選手もかわいいよね。
でもかわいいよりもその技に拍手する。

友人から郵便物が届いた。
そういえば送るって言ってたっけ。
あけてみると、それは雑誌「旅」の宮脇俊三特集号であった。
その後2時間、読みふける。
思いも寄らぬ、しかも人の趣向をくすぐるお土産にひたすら感謝、感謝である。
サンドイッチ。

プルこぎ定食。

ポッサム。
2000.9.18 また事件が発生。
会社のことが新聞に載ったのだが、すごいことが書いてある。
「掲示板の質問には24時間以内に回答」。
おいおい、そんなんきいてないでえ。
だいたい無理である。休日も休むなっていうこと?
さっそく社長を問い詰める。
犯人はまたとんでもない人物であった、、、たいがいにしてくれい。
仕事を増やしてくれて、ありがとう。って感じである。

今日は朝からミーチング。
11時から記者さんたちと。
13時からはフリー記者と社長、室長も合わせて。
14時からは営業と社長、室長。
実はコンテンツに関して、いままで一度もそういうミーチングみたいのはなかったのである。
人数も少なかったし、本人に話せば済むことだったから。
でももうそういうわけにはいかない。ほど人数が増えてしまった。
そのあたりはみんななんとなくわかっていたらしい。
コンセンサスが得られていたので、思ったよりもスムーズにミーチングは終了。

ホワイトボードに、ポストイットで仕事を貼りだす。
前の会社ではすんごくいやだったんだけれどね。
いざとなると自分でつくってしまった。やっぱり影響されているのかな。

家に帰ってガス湯沸し器のスイッチを入れる。
でもどこかおかしい。
スリッパの位置ってここだっけ?
そして湯沸し器の部屋にはカギが。
排水口を見ると、同じ部屋にある洗濯機のホースが直結してあった。
前に水のことで抗議したので、工事をしてくれたらしい。
ありがたいが、けっこうびびる。
部屋をいつも片付けておかないと。

糖尿病かもしれない。
無性に甘いものが恋しい。のども渇く。
こりゃ本格的に節制せんといけないかもしれない。
ビビンミョン。

チャジャンパブ。

お菓子。
2000.9.17 眠い。
午前中は完全に眠る。
午後もでかけようとするが、眠い。
ついひっくりかえってうつらうつらする。
そんな感じで、結局1日家にいた。

冷蔵庫の食べ物をつまみながら。
まさしく食っちゃ寝、食っちゃ寝である。
まあたまにはいいかな。
走り続けると疲れてしまう。

片づけ癖がある。
残ったパンとかお菓子とかジュースとか、つい片づけなくなる。
この一口がいけないと思いながら、あらかたお菓子を食い尽くす。

1日、BSでオリンピックをみる。
朝から水泳。
昼からエアーピストル。柔道。水泳。
夜は野球とサッカー。
初めてきく国歌もおもしろい。
水泳はむかし好きだったので、真剣に見る。
イアン・ソープ、すごいね。まだ17歳である。
ソウルメダルをとった選手がまたメダルをとっている。これもすごい。
この12年、僕は何をしていたんだろうと思う。
でもメダルが取れなくても、決勝に残れただけ、すごいやん。
というかオリンピックにでられただけでも、すごいやん。
それにしてもサッカーの中継には腹が立った。
監督の采配に素人の中継アナウンサーがけちつけていいんか?
そんなにトルシエって嫌われてるんだろうか。
パン。

カップ麺。

うどん。
2000.9.16 今日は土曜日。
本来なら半ドンである。
ほんとなら静かに過ごしたい。
でも今日は朝から熱くなる。
ページが勝手に変わっていたのだ。
これはゆゆしきことである。
こんな調子で勝手に変えられてはたまらない。
果たして犯人は、、、社長であった。
頃合いをみて抗議をしに行く。
これがもう言葉ができないことだからもどかしいこともどかしいこと、きつい言葉も用意はしたが、結局でなかった。
その後、方針について先ほどの社長の意見が気になったので、もう一度話をしにいく。そのときにどうしてページを勝手に変えたかその理由も教えてもらう。それでようやく納得をした。
われながらややこしい固くて怒りっぽくめんどくさい性格だと思うが、、、jしょうがない。

今日はもう1つ事件があった。
こちらの件は僕も責任を少し感じてしまう。
来週から少し変えていこう。

今日は同僚のSY氏、UN氏と映画を見る。
最初は違う映画を見るつもりだったが、睡眠不足が続いている。眠そうな恋愛映画はやめておこう。
というわけで恐怖映画「ハロウ・マン」を見に行く。
でも全然恐怖ではなかった。
問題は前の席の巨頭である。
これがまた画面の中心下部をしめやがっているのである。
巨頭に限って椅子に深く腰掛ける。
しかも巨頭にありがちのくせ、よく頭を動かすのである。
それだけではなかった。今日の巨頭は前後にも動くのである。
途中でポップコーンをかぶせたろか、ときれかけた。
どうして巨頭はあれだけ映画館で迷惑をかけているのに気がつかないのだろうか?僕でさえ後ろに気を遣って深く腰掛けないことが多いのに。

部屋に帰ると、友人はいなかった。
そういえば帰ったのは今日の朝だった。
でももうなんだか随分昔のことのように思える。

オリンピックの中継を見る。
別に自分の国の金メダルなんてあんまり興味がない。
見たいのはすごい技である。すごい瞬間である。
オーストラリアが競泳400mメドレーで勝ったときとか。男子体操の中国選手の平行棒とか、そういうのである。
4年に1度のことだから。
でも見てるとシドニーの観客は暖かいね。
プルコギ定食。
お菓子。
ポップコーン。

とんかつ。
2000.9.15 日本では祝日だが、韓国では当然、祝日ではない。
そんな日は何となく損をした気になる。

朝、板門店にでかける友人を送っていく。
そのまま会社に行く。
朝ご飯はひさしぶりに露店のトースト。
なつかしく、おいしい味がした。

今日はオリンピック開会式。
開会式はいつもかかさず見ている。
4年に1度のことだから。
特に各国の入場行進が楽しい。
しかし今回は入場行進まで長かった。
待ちくたびれて眠くなる。
もちろん仕事はそっちのけである。
他の同僚もサッカーの時はそうだから、いいのである。
それにサッカーの試合はしょっちゅうだが、オリンピックは4年に1度。許されることだろう。もちろん事前に言っておいたけれど。
記憶がある開会式はモントリオールからかな。

こちらのTV、KBS、MBC、SBS、全局オリンピック中継である。これもすごい。
MBC、SBSは途中でCMが入るので、そのたびにKBSにかえてみる。
各国が入場するたびに下にデータが出る。
なぜか順位付きである。金銀銅の数で計算しているのである。
そんなの、どうだっていいじゃん、って思うのだが、順位づけが大好きらしい。韓国は3大会連続10位以内を目指すとか言っている。
受験勉強の弊害やね。さかのぼっては科挙。
そして気がついたのがデータの間違い。
人口データなんて間違えているのがたくさんあった。
ちゃんとチェックしろよなあ。
もちろん、韓国が入場すると大騒ぎ。入場する前からあといくつといっていたけれど。
そりゃ今回は南北同時入場行進だから、目立って当然なんだけれど。行進が終わった後でもやいのやいのとうるさかった。

友人とSY氏と、カラオケに行く。
他の同僚はみんな忙しい。さぼっているからなんともいえないけれど。
韓国でしか歌えないのを、とけしかけて、たくさん歌わせる。

帰りにビデオ屋による。
今晩がダビング大会の最後。
幸い、最後の目当ての2本をゲット。
もし目当てがなかったら、カラオケにもう1件いくところだったが。

果たして家に帰ってビールを飲みながら、ダビング大会となる。
しかし今日の寝不足もあり、途中でさすがにダウンした。
トースト。
パン。

カレートッパブ。

キンパブ。
2000.9.14 チュソク明け。
久しぶりの会社。
朝から雨。
かなり寒くなった。
ついに上着を引っ張り出す。
つい最近まで、半袖1枚だったのに。
こちらは急激に季節が変わる。
ある日突然、秋が来る。
上着はずっとトランクの中にあったので、かなりかび臭い。
洗わなくては。

友人が南から戻ってきた。
会社の同僚と夕食。牛肉を食べた。
つづいて伝統酒が飲みたいというので、飲み屋に行く。
フッチュを飲む。
これがおいしい。けっこう口当たりがよい。
ひさしぶりにぐいぐいと飲む。
友人は完全にできあがり、2つの韓国語の方言をしゃべり、北の言葉をしゃべり、さらに韓国語の悪口をいいまくった。
なぜ韓国語の悪口にくわしいか、そのあとでわかった。
帰ってみた映画にいっぱい悪口がでてくるのである。
まあ、たまの韓国だから、しゃべりたいのだろう。
日本ではいえないし。いや韓国で悪口はもっとまずいが。
でも同僚には受けていたからいいか。

帰りに友人が服を買うのに手伝う。
ひさびさにトゥサン、ミリオレをのぞいてみた。
男ものに関してだが、ミリオレの方がディスプレイがよい。
デザインも若い。
友人は若い服が似合うので、こちらで買った。
最近、人の服の買い物ばかりつきあっている気がする。
酔っ払って絶好調の友人を家に連れて帰る。
パン。

カルビタン。

カルビ。

フッチュ。
ピンデトック。
アルタン。
2000.9.13 午前中は「クレヨンしんちゃん」を見ながらごろごろ。
2人に電話をするが、1人は先約が、1人にはつながらなかった。
午後からのろのろと外に出かける。

COEXモールに出かける。
28バスはがらがらのソウルを快適にとばした。
フードコートで昼ご飯。
友人はチェンバングクス。
僕はひさしぶりにトンカツ。なぜか腹一杯になった。
映画館を案内。しかし今日はゲロゴミ。ほとんど売り切れであった。
できたばかりの巨大な本屋へ行く。
友人は以前から求めていた本をゲット。
僕は日本語書籍をチェック。
思ったよりそろっていた。
一番驚いたのはアイドルの写真集があったことである。
友人によるとレアモノもあるらしい。
またソウルだけで立ち見できるものもあるらしい。

どうしようかと迷っていたが、やっぱり友人が南下するという。
一度家に帰って荷物を軽くまとめ、駅に急いで向かう。
しかし6時も6時半も満席。ようやく7時のがとれる。
駅のファーストフードでぼーっと待つ。
なんでもコカコーラライトを頼んだのに、コーラと間違えられ、しかも途中でコカコーラライトを継ぎ足したそうだ。
ここでは驚くに値しないことである。
なんでも床に落としたハンバーガーをそのまま出すところもあるそうだから。

友人を見送ったあと、映画館にも本屋にもよらず、家にまっすぐ帰る。

家で留守電のセット。今回のいろいろなお土産とともに、友人が日本から持ってきてくれたのだ。
確かに家に帰ってから留守電の確認をしなくなって久しい。
少し寂しい思いをしていた。
留守電のメッセージを吹き込む。
しかしいったい韓国語でなんといっていいかわからない。
吹き込んだメッセージをきいてみると噴飯モノであった。

本屋でピン札の1000ウォンを2枚、手に入れる。
ピン札なんて初めて。
大切にとっておこうかな。
と思ったらレンタルビデオ店であっさりつかってしまった。
回収しようかなと思ったけれど、かわいいこだったので、やめておく。

なんとなく中国のMTVを見ていると、突然、V6の歌が流れてきた。
いちよ、日本の歌の上映は韓国ではだめであったはずである。

まさか中国のTVから日本の歌が流れるなんて、想像していなかったのだろう。
そんな壁を衛星TVはあっさりと乗り越えてしまう。
パン。

トンカツ。

うどん。
豆腐。
2000.9.12 今日がチュソク当日。
街も静かである。
子供の遊び回る声だけが聞こえる。

午前中はビデオ。
「散策」を見る。
おなかが減ったので外へ。
予想通り、ほとんどの店がしまっていた。
あいてたのは小さなプンシク(軽食堂)と、ハンバーガーショップ。そしてコンビニぐらい。
大学の近くのプンシクで食べる。
安いけど量が多い。
いつも日本で大盛りを食べる友人が何も言わなかった量である。
僕はすっかりなれてしまった。やばいかも。

午後、SY氏から電話。
家でつくったソンピョンというお餅を持ってきてくれるという。
さらに揚げ物まで添えて。
とくにごまのはの揚げ物がおいしかった。
近くにすむ同僚のH氏の家でいただく。

図書館で勉強するH氏を大学の前で落っことして、SY氏、友人と3人で南山コル韓屋村にでかける。
チュソク特別行事をやっているのを思い出して。
入口の前の通りは、人でいっぱいだった。
中のステージではパンソリ。
立っていると後ろの方から見えないからどけ!との怒号を浴びる。
こちらのおばちゃんには勝てません。

別のコーナーでは、チュソクの遊びを実演紹介。
さらに伝統酒の試飲。ついいっぱいいただく。
それからかぼちゃのお持ちと薬菓を買った。

ここにはいくつかの昔の建物が移設され、残されている。
いってみれば明治村のような。
写真がうまい友人に写真を頼む。
息子の部屋、娘の部屋、主人の部屋。
疲れたのでベンチに座ってお話をする。

タイムカクセルがあった。
あけるのは2394年。なんと400年後である。
うーむ気が遠くなる。

歩いてミョンドンまででかけた。
ここのスターバックスで休む。ケーキを食べながら。

それからH氏、H氏と一緒にべんきょうしていたHJ氏と合流。そしてなぜか偶然会った(H氏とも知り合いである)パクさんともいっしょ。
みんなチュソクは図書館で勉強するらしい。

鶏と果物をさかなにビールを少し。
はっきりいって鶏はもうあきていたが、チュソクである。開いている店は少ない。贅沢はいえない。
それから喫茶店にいって、お茶をする。
しかし頼んだレモンティーは、ホットレモネードそのものであった。
どこがお茶やねん。
ソウルでは有名なお茶屋さんなんだけどな、、、
お菓子。

プルコギトッパブ。

ソンピョン。
揚げ物。

チキン。
果物サラダ。
ビール。
レモエード。
2000.9.11 午前中はビデオのコピー大会。
昼前にチュソクの街にでかける。

まずは本屋にでかける。
チュソクだから休みかな?と思っていたが、あいていた。
映画の本とコンピュータの本を物色。
最近自分もごぶさたしていた。

それからご飯を食べに行く。
ピンデトックが食べたいというので、ピマッコルに行く。
しかし昼間のピマッコルは壊滅状態。
インサドンに行ってみる。
伝統茶店で食べられたような気がして。
インサドンはほとんど工事も終わっていた。
カボチャあめや小さなパンを買い食い。
ようやく1件の伝統茶店に入る。
そこでカムジャジョンを食べる。プラス昼ビール。

つづいてTゾーンに行ってみるが、休みであった。
同じビルの映画館がある。
もちろんお休みだから売り切ればかり。
でも「共同警備区域JSA」の最終回が2つあいていた。
それを見ることにする。

続いて龍山へ。
しかし電気街もほとんどお休みであった。
ここで眠くなる。
椅子があったので、すわって30分ほどうとうと。
家に帰ることにする。

目に付いたゲーム。
MSの文明ゲームの韓国バージョン。
イ・スンシンが主役である。ちょっとおもしろそう。

あとバーチャル・コリア。
韓国中の都市が設計できる。
もちろんピョンヤンも。あの銅像もアイコンであるのだろうか。
それからシムシティ3000韓国版。
ソウルの地形の絵がそそる。

家に帰って一休み。
それから映画を見に出かける。
映画のあとは中古ビデオショップ。
みていない韓国映画が多いらしくて、2人で9つも買ってしまった。

さらにレンタルビデオを3つも借りる。新作を3つ。
部屋中映画だらけである。
パン。

カムジャジョン。
ビビンバ。
ビール。

お菓子。
うどん。
2000.9.9 今日は友人との共通の知人、イムさんと会うはずであった。
しかし何度家に電話をしても出ない。
結局、今日は会えなかった。

ということで江辺のテクノマートに出かける。
まずはCDとVCDを物色。
いつもはすぐ買わないらしいが、今回はチュソクでお店が休みになるかもしれないよ、そうけしかけてたくさん買わさせてしまう。
VCDも種類が増え、昔の作品も結構でている。
CDは僕も2枚購入。ジャケットが印象的なパク・ジユンとジャウリムの前作。

あとは変圧器である。
昨日、友人が借りてきたビデオをPCにダビングしようとした。
すると持参した変圧器から煙がでたのである。
さすがにオーバーヒートしたらしい。
下の階を探してみると、さすがに雑貨やみたいな電気屋があった。
一番安いのが700円。でもこれはPCに使えないと言う。
家庭用でPCでも使えるやつというと、店のおじさんが1キロというのを紹介してくれた。
いままでつかっていたのが70。いきなし10倍以上である。しかも日本に比べて安い。
問題は重さ。持ってきた店のおじさんがよろよろしていたぐらいである。
それでもなんとか持って帰る。

その前に、喫茶店で休む。
でもその前に、胃腸薬を買いに行く。
どうも腹の調子がいまいち。朝、買ってきたもらったすあまと納豆を一度に食べたからかな。
下痢止め薬をくれ、といったがまた店のおばさんに通じなかった。ますます韓国語の自信が遠ざかる。

夕方、同僚のSY氏から電話。
SY氏とは日本出張したときから旧知の仲である。
チョンノに夕食を食べに行く。

コチュジャンなんとかという辛目の味漬けの牛肉と、豚肉カルビをいただく。
それから喫茶店でコーヒーとケーキ。
するとSY氏の携帯に速報。なんと有名俳優のハン・ソッキュがなくなったという。
そこからその話題で持ちきりとなる。
でも結局、あとからSY氏の友人のいたづらをわかった。ほんまにもう。人にいってしまったやん。
でもこうやって噂って広まっていくのだろうな。
すあま。
納豆。

サゴルウコジタン。

牛肉、豚肉。

ウィンナーコーヒー。
ケーキ。
2000.9.8 明日からチュソク休暇。
今日は基本的に残業なしである。
ほとんどのメンバーは、お昼にシゴトを切り上げる。
会社からチュソク詰め合わせセットをもらった。
韓国の会社ではこういうものを配るらしい。
新しい会社でもこうである。
もらったもの。
シャンプー、リンス、ヘアセット、石鹸数個、歯ブラシ2本、歯磨き4つ、洗剤、トイレ洗剤、旅行用生活用品セットなどなど。
一人暮らしには十分ありがたい。
だいぶ長く持ちそうである。

チュソクだが、あんまり休日という意識がしない。
シゴトもてんこもりなので、そのまま残ってシゴト。
夜、友人が日本からやってくる。
それまでの時間つぶし。

でも土曜日なので、やっぱり映画を見に行く。
でも韓国映画は友人のためにやめておこう。
ジム・キャリーの「ミー・マイセルフ&アイリーン」にする。

映画のあと会社に戻ってもう一仕事。
それから4日閉める会社のために戸締まりの総点検。
PCの電源を全部消して、帰る。

家に帰ると空港から友人の電話。
時間に駅の入口を待つ。
本を持っていったが、入口に座って、ぼーっと道路をながめてた。
道路はチュソクのせいか大渋滞で、全然動きもしなかった。

友人の荷物をおいて、夜食を食べに行く。
トンタク(鶏の丸焼き)屋鶏を2羽食べた。
ポテト揚げを食べた。

帰りにビデオを借りて帰る。
パン。

カルビタン。

ちんすこう。

鶏の丸焼き。

ビール。
2000.9.8 今日も早めに目覚めた。
今日は早く帰るから、会社には早めに行こう。
でも会社の一番外の扉が開いていた。
忘れていったか、誰か徹夜してサウナにでも行ったらしい。
今日がまたシゴトがてんこもりであった。
それこそうず高く積んであるみたい。

マスコミから取材が来た。
H氏がインタビューを受ける。
韓国語を助けてやってといわれたが、彼女の実力はわかっている。僕の実力はもっとひどい。

ひさびさに、長袖を着ていく。
でも家を出て後悔。まだ十分に半袖で大丈夫だった。
でも街の半袖の割合は確実に減っている。

夜、ソウルにやってきたA氏と会う。
みんなでカルビを食べ、それから飲みに行く。
ただ総勢8名もいたので、ゆっくり話ができなかった。それが残念。
A氏にどうしてそんなに太ったのですか?といわれる。やっぱり?
たしかにこのおなか、なんだかニンプみたい。

シャワーを浴びたら、とてつもなく眠くなった。
そのままひっくりかえって寝る。
パン。

ポッサム。

カルビ。

ビール。
果物サラダ。
チキン。
2000.9.7 どうも夜中に象が踏んでいったらしい。
朝、起きると、眼鏡がこわれてた。
レンズが左右ともフレームからはずれていたのである。
必死に見えない目で復旧を試みる。
しかし問題は、左右のレンズがどっちかよくわからないことである。
まあこっちだろう。1つはなんとかはめた。
しかしもう1つをはめようとしたら、ぷちん、フレームがきれてしまった。
僕のフレームは下半分がビニールの細いヒモなのである。
切れてしまっては自主復旧は無理である。
ふう。ためいきをつく。
もう一つのスペアの緑の眼鏡を取り出す。
ひさしくスペアの生活を強いられていたやつである。
まあこれでも問題はないんだけれど。
ひさしぶりなので顔になんかなじまない。

食事の後、さっそく同じビルの眼鏡店に行く。
目が悪いんですね、といわれる。まあ確かに。
そして無理にはめたレンズは、やっぱり左右逆だった。
こういうのは自分でやるモノじゃないらしい。
ヒモは残った方も切れそう、というので交換してもらった。
買ってから半年。やはり疲労が来ていたらしい。
さらにフレーム自体もがたがただった。
何度も象が踏んでいったからね。過去に。
こちらも直してもらう。
それなのに、お代はただだった。
眼鏡屋は日本でもお世話になっているが、やっぱりほとんどただである。
眼鏡屋さん共通のサービスらしい。

最近、韓国語がますますへたになった気がする。
ますます通じないのである。
やっぱり勉強をさぼっているせいかな。
中国のTVばかり見ているせいかな。
まああまりあせらないようにしよう。

なんだかおなかがつまっているかんじがする。
昨日の夜食のラーメン?
おとといまでの連日のお米の食べ過ぎ?
スジョンガを2カン飲んでみる。
でもなんだかすっきりしない。

急に風が涼しくなった。
やっぱり東京より、2週間ぐらい季節が早い気がする。
さすがに半袖では少し寒い。
明日のために、ひさしぶりに長袖を用意する。
でもこんなに急に涼しくなると、少し寂しい気がする。
ラーメン。
パン。

プテチゲ。
ポックンパプ。
2000.9.6 ひさしぶりに早く覚めた。
早めに行こうとして気がついた。
携帯の充電、忘れていた。
しばらく充電してから出かける。
外は大雨。
歩道をあるいていると、後ろからバイクがやってきた。
「どけ」と言われる。
なんで歩道を走るバイクにどけ、といわれなきゃいかんねん。
朝からぷっちんぷりんする。

今日は会社で映画を見に行く。
映画の前にポップコーンを買おうとしたら、人だかりである。
ここの売店のあんちゃん、全員やる気がないんかと思うぐらい、とろい。いや実際にやる気がないのだろう。
映画が始まるまでにとあせるのに、そんなことにも気づきもしない。
このとろさ、イギリスのファーストフード並である。
むっちゃいらついていたら、HS氏が横からさっと入って、ぱぱっと買ってくれた。ううむこれこそ韓国式。この際、マナーなんていってられへん。とろいのが悪いのである。

映画が終わって、やっぱりHS氏が一杯のみに行こうという。
ふと気がついたら残っているのはのんべいの3人だった。
こりゃやばい。
いそいで立ち去る。
途中に遠くから呼ぶ声がしたけれど、手を振って立ち去る。
じょうだんじゃない。
のんべいなんかつきあってられない。
タクシーで帰るなんてまっぴらである。

なぜかケーブルTVで中国の音楽番組ばっかり見ている。
かわいい女の子が出ているし、MTVが多いから。
浜崎あゆみのカバー曲やら、椎名林檎が引退?のニュース(もちろん漢字の拾い読み)とか、妙に日本がかいまみえるのもおもしろい。
韓国で中国の情報にくわしくなってどうするねん、という感じもするが。

ようやくH氏がくれたごはんを食べ終わる。
さすがに4日連続で大量のお米摂取はつらい。
冷蔵庫に入れていてもかびてきたので、最後は捨てた。

エクスチェンジ相手に恋人ができた、といってM氏がないた。
たしかこれで2度目である。
人生で天使だった時期が誰だってあるのさ。
ごはん。

ラポッキ。
キンパブ。
お菓子。
ようかん。
ポップコーン。
ラーメン。
2000.9.5 昨日から突然、インターフォンができた。
家に帰ってくると、設置されていたのだ。
外の玄関に3つのインターフォンがある。
1F用と2F用と3F用。たぶん。
3Fは大家である。
1F用と2F用にはボタンが3つずつある。
このボタン1つが各部屋用らしい。
しかしボタンに番号がない。
なのでどこの部屋のボタンかわからない。
確率は1/3である。
そのうち番号がつくのだろう。
というわけでいまだ使い方がわからない。

顔が疲れているよといわれた。
昨日、TVの設定を遅くまでしていたのがまずかったらしい。
やっぱりTVは目を疲れさせるもののである。
しかし見えるチャンネルが0からいきなり20ぐらいになったのである。
見るなというのがコクである。
ただ1つ、ショックなことがあった。
大相撲の中継はNHK−BS2だけなのである。
BS2は残念ながら映らない。
はっきり言ってBS2の方がずっと見たい。

昨日から、急に風が涼しくなった。
やっぱりこの国の天気は突然変わる。

晩にてんぷらうどん。
しかし付け汁がついている。
てんぷらうどんとしては間違っている。
正しくはてんぷらとうどんであろう。
もちろん日本式に付け汁につけずにうどんに載せて食べる。
意外とてんぷらがおいしい。ちゃんと挙げてある。
厨房のタイマーの音が少し気になるけれど。

帰り道、なつかしい人から電話があった。
元クラスメイトのA氏であった。
昨日と言い、今日と言い、歳を重ねるとなつかしいことばかり増えていく。
ちゃじゃんごはん。

スントゥブ定食

てんぷらうどん。
2000.9.4 ケーブルTVの工事がやってきた。
実は2ヶ月前にもやってきただが、やり方がわからないといって、帰ってしまったのだ。
そんな、韓国製のTVなのに。
それから2ヶ月たった。
工事の人が来るのを待つ。
中国語の本でも読みながら待っているうちに、寝てしまった。
電話で起こされる。
到着までに2回。
最後は向かいのスーパーにいるからでてきてくれという。
でていくと、工事の車が止まっていた。
家がわからなかった理由は、間違った番地が玄関に書いてあるからであった。おいおい。

なぜ以前工事できなかったか。説明してもらう。
なんでもTVが古すぎて、全部映らないかららしい。20チャンネルのうち12チャンネルしか。
新しいTVを買うまでということで、工事をしてもらう。
まず穴が必要。じゃあ壁にあるアンテナのクチは?よくわかならない。
穴はクーラーの排水孔と共存することになった。
穴をふさいでいたネンドのようなモノをとる。
そしてネンドはそのまま放置された。
しょうがないので自分でネンドで穴をうめた。

でも工事はてきぱきと終わった。
6ヶ月分、前払いする。
様子を見に来た大家にも、家賃を払う。
ついでに先々月の電気代と水道代を払う。
だいたいの光熱費がわかってきた。
いずれにしても、日本よりは安い。

そして2ヶ月ぶりにTVが生き返った。
さらにiTV、ドラマネットなんていままでなかったのが映る。
ドラマネットではなつかしの「ミスターQ」をやっていた。
これだけ映れば十分やん。

今日は風が気持ちいい。
夏が終わって、一番風が気持ちがいい頃だろう。
ぶらぶらふかれながら、ゆっくり会社に向かう。

土曜日、シゴトができなかったので、てんこ盛りである。
しかし夕方、電話があった。
留学生のMY氏からであった。
日本から里帰りしているのだ。
ほんとは明日会おうと言っていたのだが、今日会おうという。
シゴトはてんこもりだけれど、これはしょうがない。
明日に回せるモノは回して、待ち合わせ場所に急ぐ。
地下鉄の階段を駆け下りて。

MY氏と、MY氏の友人と3人で、サムギョクサルを食べに行く。
またもやサムギョクサル。最近、人とはこればっかりである。
でもおいしかったけれど。

サムギョクサルの後は伝統茶店。
今日はミルカルをいただく。
まるでユルム茶のようだった。
でも確かに体によさそう。

日本にやってきて1年という友人に、さみしくないですか?と言われる。
さみしい。
一人暮らしが長いから、1人には慣れている。
でも昔の友人に簡単に会えないのは、つらいかな。
思い出したら久しぶりに東京に帰りたくなった。
MY氏にはストレートにいいひとできた?と訊かれる。そう訊かれると相手にそのままその言葉を向けることにしている。いいひとねえ。仕事は楽しい?
最初は韓国語で話していたが、僕の語学力もあって途中から完全に日本語になった。
最後に健康だけに注意するように言って、別れる。なんだかじじくさくなったなあ。

家に帰ってTVをいじくる。
たしかにTVは古い。
でも日本から友人にわざわざ持ってきてもらった、最新の日本製ビデオがあるのである。
これにつなげれば映るかも。
さっそく試してみた。
映る映る。
昼間は出なかった放送局がぞくぞくと。
NHKBSが出たときには感動した。
これで大相撲が見られる、、、
ごはん。

コングクス。

マンドゥ。
ゲッペイ。

サムギョクサル。

ミルカル。

アイスクリーム。
2000.9.3 いつもの日曜日と同じ。
朝ご飯を食べたから、しばしまどろむ。
おなかがすいたのでまた起きる。
お昼を食べて、のろのろと出かける支度をする。
出かける支度ができると、また眠くなって横になる。
なんだか日本でサラリーマンしていたときと、あまり変わらない。

今日は地下鉄8号線の終点、アムサに出かける。
ここに石器時代の遺跡があるのだ。
ここだけでなく地下鉄8号線沿いには遺跡が多いという。
「沿線の旅」じゃないけれど、ぶらっと回ってみたかったのだ。

1号線でソッケ駅へ。
それからできたばかりの6号線に乗る。
駅は新しい、というか明るい。
もちろん電車もぴかぴかである。
いまどきの下があいている座席である。
6号線でテヌンイックまで。
それから7号線に乗る。
7号線もこのあたりは初めて。
クンジャで5号線に乗り換え。
チョンホで8号線に乗り換え。
かくして1時間以上もかけてアムサまでやってくる。
本とはもっと速く行く行き方もあったのだけれど、6号線に乗りたくてわざわざ遠回りしたのである。

アムサの外にでる。
駅の案内図にも案内はなかった。
まあガイドブックをみて、こっちの方だろうと適当に歩き出す。
すると歩道に案内板がはめこまれてあった。

途中でおなかがやばくなる。
こりゃマンゴ+牛乳ののみすぎかな?
まあコンビニぐらいにはあるだろう。
と思って周りをみまわすとガソリンスタンドがあった。
ひょっとしたらと探してみると、やっぱり裏手にトイレがあった。
これ幸いと駆け込む。
いつもこんなことしているような気がする。

そのガソリンスタンドを越えると、急に農村風景になった。
このあたりも最近開発されたところらしい。
左手では小学校が建築中。
右手にはビニールハウス。
立派な2車線がのびているけれど、ほとんど車の通りがない。

駅から20分ぐらい歩いて、ようやく到着。
ちょっと公園になっている。
ガイドブックにはただと書いてあったが、入場料500ウォンを払う。
ちゃんと日本語の看板もあった。
こんなところまで日本人が来るのかあ、いやたぶんほとんどこないだろう。

奈良の石舞台を模したような、入口を入る。
中はまるで林のようである。
林の中にベンチが見える。
公園も兼ねているらしい。
まずはその石器時代の家に行ってみよう。
それは入口から5分もいかないところにあった。
ぽんぽんぽんと、わらぶきの竪穴式住居が並んでいる。
そのうちの一つには入ることができた。
蝋人形の石器人が、みんなこわいかおをして車座になっていた。

博物館のような建物がある。
そこには発掘現場がそのまま保存されている。
けっこう大きい。
周囲の壁には説明。
それと出土品。
ちなみに石器時代、韓国はいまよりずっと暖かかったらしい。
どんぐりも熱帯のどんぐりが出土したという。
いまもどんぐりは、韓国では寒天みたいにして食べるけれど。
食料のメインは狩猟。
アムサも近くにハンガンという河が流れている。
それは魚がよくとれたことだろう。
いまでは高速道路の車の音が聞こえるけれど。
そんな時代が4000年続いた。
4000年。
なにを考えながら過ごしたのだろう。がらにもなく想いにふける。
ちなみにここもジオラマがたくさんあった。
なぜか韓国の博物館はジオラマ大好きである。

外に出ると雨が降ってきた。
チョンホの風納土城、夢村土城もまわってみようかと思ったけれど、次の機会にしよう。
マンゴ+牛乳を余り飲まないようにして。
帰りは駅までマウルバスで帰った。
こんながらがらの道に、バスなんてくるんかいな。
道の端にへたり込んで、半信半疑で待っていると、意外にすぐやってきた。誰も乗っていないバスが。

今日の2つ目のテーマ。
先月開業した7号線の開業区間に乗ることである。
コンデイックからは今日初めての区間。
しらずしらずわくわくする。
でもたぶん全線地下なんだろうな。
そう思ってあきらめていると、なんといきなり地上に出た。
トゥクソム遊園地駅は完全に地上にあった。
しかも駅の先頭が川岸にはみ出ている。
やっぱりハンガンは橋で渡るのだ。
これでハンガンを地下で潜っているのは5号線だけになった。
どうしてなんだろう?
そして7号線は、ハンガンを渡り終わるやいなや、川岸の土手からトンネルに突入した。
あとはずっと地下。
違いは駅の模様ぐらいである。
乗換駅は大理石でできていたり、豪勢。しかも乗換駅のアナウンスでは音楽が流れる。
あとはチョンダムとカリボンの駅にもう1線あったことが目を引いたくらい。

終点のオンスから、1号線で戻る。
途中チョンガクで寄り道。
地図専門店に、地下鉄路線図を買いに行く。しかし目当ての地図はなかった。
永豊文庫にも立ち寄る。でも今日はとくに買いたい本はなし。
疲れたので家に帰る。
もっと途中、休まないとね。

帰って夕ご飯を食べながら、VCDで「ビューティフルライフ」を見る。でも途中で動かなくなって、おなかもいっぱいになったこともあって、寝てしまった。

シャワーを浴びてでてくると電話。
酔っぱらっているカップルからであった。
これからビデオを見に来るという。
しかし今日は日曜日の夜。安息日である。
丁重に、はっきりと、お断りした。
飲みに来ない、というさそいにもお断りした。
カップルのおじゃまをなんでせんとあかんねん。
しかも日曜日の夜に。
パン。

チャンジョリム。

カレーライス。

チャジャンライス。
2000.9.2 朝、会社に来てみると鍵が開いている。
一番乗りなのに。外の扉もしまっていたのに。
これはもしかしてまたドロ、、、?冷や汗が流れる。
でも疑問はすぐ氷解した。
HS氏が机にうつぶせになって寝ていたのである。
昨日同僚らと飲みに行っていたから、また遅くなったのに違いない。
そのうちシゴトが始まると、彼は携帯を席において(いつもである)、どこかに消えてしまった。
さすがに心配になる。
でも夕方、会社に戻ってみるとちゃんと携帯も消えていた。
いちよ帰ったらしい。
今日も飲んでいないといいけれど。
爆弾酒(違う種類の酒を混ぜて飲む)を飲んだりするからである。
そろそろ自分の体にも気を遣って欲しい。

今日は室長のチプトリ。
みんなで車で行く。
僕はチーム長の車。そう、仲直りはしたのである。
もちろん助手席には座らなかったが。
道も混んでいたこともあり、寝てしまった。

室長の家はイルサンというニュータウンにある。
今日はしゃぶしゃぶ。
でも横には野菜が。
そう、韓国のしゃぶしゃぶは野菜も入れるのである。
ここはせっかくだから、最初は日本式にしてもらった。
用意してもらったごまだれにつけて食べる。
ひさしぶりのごまだれ、涙が出た。
最後のうどんが少ししかいらないぐらいに、ひたすらしゃぶしゃぶを食べ続ける。
社長と2人で。

アルバムを見せてもらった。
これもチプトリの約束らしい。
結婚式アルバム。
結婚写真アルバム。例のよくロッテワールドとかで撮っているやつである。さすがに写真はよかった。しかしこれらのポーズ、とてもはずかしくて死んでも撮らないが。
新婚旅行アルバム。
2人でベッドでキスしているのまである。おいおい。
それから室長は奥さんに送ったラブレターを持ってきて、女の子たちに聞かせた。
これもチプトリの習わしらしい。
室長には3歳と2歳の女の子がいる。
元気に部屋を走り回るので、相手をする。
みんなはTVのコメディドラマをみている。
別にチプトリにまで来て、TVをみなくてもいいと思うんだけれど。

帰りは地下鉄で帰った。
はじめてのイルサン線。
たまに地上に出る。地上に出るととってもとっても田舎であった。
この線、なかなかよい。

チョンノ3ガで降りて、ソウル劇場に向かう。
やっぱり日も高から映画である。
しかしソウル劇場は満員だった。
シネコアものぞいてみようかと思ったが、やっぱり会社の近くの映画館に行くことにする。
バスを待っている間、既に秋の空を眺めていた。

会社の近くの映画館MMCでチケットを買う。
すると受付の女の子によく映画を見に来られる方ですよね、といわれる。
ついに映画館の人に覚えられるまでになってしまったのだ。
これはさすがに初めてである。
よく立ち読みに出かけた本屋、というのはあったけれど。
ついでに安くしてくれないかな。

帰りにジャズとヨーヨー・マのCDを買って帰った。
ジャズはなんかCDを買い集めてしまいそうである。
おにぎり(ツナキムチ)
しゃぶしゃぶ、
天ぷら、
マグロの刺身。
2000/09/01 昨日、久しぶりにTVをつけた。
もしかして居ない間にケーブルTVの工事がやってきたかと思って。
でもあいからわずの移りだった。
それもまったく見られないわけでもないチャンネルが1つだけある。
討論番組だった。
ソウルの近くにニュータウンは必要か必要じゃないか。
うーん日本ではもう聞かないようなテーマである。
識者がまんなかに囲んで討論し、まわりの見学者から質問を受け付ける。さらに視聴者からのアンケート電話が絶えず画面に表示される。
口げんかの国である。なかなか討論はおもしろかった。朝生ほどむちゃくちゃにもならないし。

今日でこのHPが始まって1年となる。
1年。
今月でソウルにやってきて1年になるのだ。
少し、いやだいぶ感慨深い。

今日も新しい人の面接。
思うのだが、いつもいつも僕より韓国語がうまい。
韓国語が共通語の会社にいて、まだこの程度の自分がはずかしい。

今日も映画を見に行こうかと迷った。
でも今日中にいろいろしてしまいたいことがたまっている。
ということで今日はやめにしておく。
今日は家に帰って読みかけの本を読んでしまおう。

と思ったら友人のM氏から電話があった。
これから3人でビデオを見るので一緒に見ようという。
でもまだシゴトが残っていたし、みたビデオだったので、あとで合流することにする。
家に帰ってから電話をすると、これからこっちにやってくるという。
それからは。
ビールとマッコルリをもってくるわ、つまみをもってくるわ、ひきだしにあった長期間貯蔵ラーメンをつくりだすわ、いきなり飲み会の会場となる。また学生時代を思い出した。まあ別にかまわないのだけれど。
ひさしぶりにマッコルリを飲む。これ、明日に残るから余り飲まないようにしていたのだが。
ラーメンはなぜか棚の味がする、という。長時間おいておいたからかな。
1つ落ち着いたところでビデオを見る。
「ホーンティング・ヒル」。
見たと思っていたのは、「ザ・ホーンティング」だった。
えぐいわりには怖くない映画だった。

H氏はいろいろ悩んでいるらしい。
しかし経験のない僕のアドバイスはあまりあてにならない。まあ男性心理ぐらいなら推測してなんとか言えるんだけど。
パン。

ポッサム。

ビビンバ。

ビール。
マッコルリ。

ホームに戻る


※すべての文章の権利はぼうずに属します
Bouz Co. 「GOGO!ソウル」