GOGO!ソウル
労働日記

2000年10月


2000.10.31 ※あまりにも会社のPCがさくさく動くので
会社でアップしてみることにしました。

体調は、夕方になって悪化。
再び熱っぽい。
体中の抗体が戦っているとおもうと頼もしい。
しかし、今日はビルが断水。
うがいができないのである。かー。
トイレも流さなかった。
しかしこういうときはおなかもききわけがよい。
最悪の事態は免れた。

今日で引退することにした。
会社のサイトのページをデザインすること。
社長に「きたない、はずかしい」といわれたため。
はずかしい?だと?きちゃない?だと?
いいです、もう今後は金輪際デザインしません。
まあ能力がないので、しょうがないのである。
明日から新しいデザイナーも来るはずだし、今月いっぱいで引退しましょう。
これでもう会社のサイトからだっさいページが消えます。
会社のためならいいんです。
そのかわり、自分のHPに力をそそぎましょう。

しかし今日は外とのトラブルどころではない、内紛であった。
どうなるんだろう?
みんな風邪を引いているし。

ああ今日も映画を見ることができなかった、、、
そろそろ禁断症状がでるはず。
パン。
卵焼き。

ビビンバ。

ポップコーン。
ちんすこう。
2000.10.30 朝からおなかが、アウトである。
昼は大丈夫だったが、夜は再び悪化した。
原因はやっぱり、豆乳?
原因はやっぱり、紅茶?それとも両方?
単に風邪かもしれないが。
卵のせいか、風邪によるダウンはまぬがれている。

しかしおなかのせいで、今日の映画の計画もフイにした。
もったいない。非常にもったいない。
映画のためにも体調を保たないと。

ソウルはまた1段階。冷えた。
そろそろ上っぱりも冬用をひっぱりださないと。

昼はマンドゥ、夜はうどん。
昨日メンとパン。おとといもメンとパン。
気がついたら3日、銀シャリをいただいていない。
別にダイエットではないのだが、意外と平気である。
ただ麺は欠かせない。3食のうち、1つでも麺であると幸せである。麺主食になってもちっともかまわない。

シゴトは一つ、対外的にとらぶりそうである。
いや実はもうとらぶっている。
詳しく書いてもいいのだが、お話しする楽しみがなくなるので、やめておく。
さてどうなることやら。
でもまあなんとかなるだろう。
パン。

マンドゥグク。

天ぷらうどん。
2000.10.29
2000.10.28
大家のおばさんが朝、廊下を水で掃除していた。
においもする。
2Fの学生がやってしまったらしい。
そういえば前の晩も水の音と学生の声がした。

久しぶりに映画を見ない週末となる。
そのかわりに本をたくさん読んだ。
またたくさん買ってきた。
久しぶりに本で散財をする。
日本で買うよりちょっと高めになるのが痛い。
おかげで文庫本以外にほとんど手を出していない。
買った本。
「偽史日本伝」まあ清水義範ならば買わなければ。
「思い出そっくり」「波おり舟の〜佃島渡波風秘帖(いざこざひかえ)」出久根ワールドにはまりだしてる。
「日経クリック11月号」やはり日本の最新情報を押さえとかなければ。
「ぼくたちの好きな戦争」小林信彦も、買いでしょう。ココで逃すと会えないかも。
「孫正義が吹く」勢いで買う。韓国でも彼は注目の人。もちろん韓国系ということもあるだろう。韓国人を嫌っている母も、彼のことだけは評価している。ようわからんが。
そして家に帰ると、友人に頼んでおいた本が届いていた。
「地球の歩き方ソウル」いつかは出ると思ったが、ついに出てしまった。仕事上、一番ライバルの本である。
「噂の「おみー君」劇場〜平成お見合い新事情」たいへん残念ながらお見合いはしたことがない。祖母はいくつか持ってきたらしいが、うまいことにすべて立ち消えになる。
「書物の解体学」「わが転向」吉本隆明はちょっと読んでみたいということで頼んだ。本の選択は友人まかせ。1冊は読みやすそうだが、もう1冊は難解そうである。たぶん友人の知的レベルに合わせたのであろう。
ついでに買わなかった本。
「少年H」実は途中まで読んでいる。これは今度買おう。ふりがなもついているし、日本語の勉強によいかも。
花村萬月は、まだ彼の世界に入るのはやめておこう。数年来とってあるのだが。
「日輪の遺産」浅田次郎はまだ読みたいのが他にたくさんあるし、、、
「GO」金城なんとかという在日作家の注目作。読んでみたいのだが、まだ単行本なのである。18000ウォンは手が出ない、、、

そして週末に読んだ本。
トイレと電車の中で浅田次郎の「月のしずく」。
コーヒーショップで「ぐるっとソウル」を読了。そして「地球の歩き方ソウル」をチェック。「孫正義が吹く」をななめ読み。
家では「おみー君」。これがとまらん。うーんますますお見合いする気がなくなった。でもおもしろい。

南大門市場にでかけた。
実はここに行くのはこのたびソウルに来て以来、はじめてである。1度通り抜けたことがあるぐらいで。
しかしこのまえ電話である人と南大門市場の話になって、ちょっとのぞいてみたくなったのだ。
日曜日の南大門市場。
農協のツアーの一団が市場を駆け抜けている。
日本人の女の子が屋台で食べて、記念写真を撮っている。
皮あるよ、にせもの、あるよ。やっぱり日本人に見えるらしい。
合格あめをみつけた。もうそういう季節かあ。あまり受験生を刺激するのはやめよう。落ちるとか浪人とか、韓国語で叫ぶのはやめよう。(ってこっちの人はまったく気を遣いそうにないが)。
まったけもまだ並んでいた。

セントラルシティに出かけた。
これが実にわかりにくい。地下鉄の案内板に書いていないのである。地下鉄ソウル駅にも国鉄ソウル駅はこっちって書いていないんだな。ほんとうに不親切である。
セントラルシティは高速バスターミナル湖南線ターミナルにある。
このあたらしいターミナル、やけにデザインがかっこいい。湖南線のイメージに合わない。バスマニアではないが、ここから旅に行きたくなるではないか。
やっぱりこの前ドラマ「秘密」でキム・ハヌルが遠くに行こうとしてやってきたのはここだった。
ソウル駅より駅の雰囲気がする。と「ぐるっとソウル」の著者が書いているけれど、確かにその通りである。
バスの方がやっぱり交通手段のメインなのか。というか行き先まで直接行けるというわかりやすさが韓国では受けるんじゃないかな。
コーヒーを2杯のみ、本屋とホテルをひやかし、駅のパン屋で食パンを買って、帰る。

映画は見なかったけれど、「踊る大捜査線」ドラマをVCDで結局全部見てしまった。とぎれていないとどんどん見てしまう。
パン。

パン。
お豆腐。
シーチキン。チャンジョリム。
焼きそば。
パン。
うどん。
2000.10.27 ようやく細かい作業が終わった。
今日中に終わるかと心配していたが。

ただ、プログラマーには先日にきついことを言った手前、頼みにくい。
向こうもなんとなくこちらを避けている。
それはしょうがないかも。

夕方、大学路に行く。
クラスメイトのMM氏の入籍祝いである。
最初はワインを飲んだ。おいしいサラダとソーセージを食べた。夕飯を食べていなかったので、ぐらっと酔った。
次はビアホール。大学路にあるから、ずっとあか抜けたかんじ。しかしタコサラダには生クリームが載っていた。イカリングはまあまあだったけれど。

タクシーに乗って帰ろうとするが、全然捕まらない。
1時間近くさまよって、タクシーでトンアムドンまで行く。
ここから歩くかタクシー。しかし体が冷え切っている。飲み直すことにする。
入ったのは伝統酒店。ワイン、ビール、トンドンジュと一晩でいろんなお酒を飲んだ。
店内は誰もいず、BGMで泣かされた。

体調は幸いに持ち直す。卵かラーメンがきいたらしい。
しかし胃腸の方は、社長のすすめるとおり、補薬を飲んだ方がいいのかもしれない。
パン。
目玉焼き。

プテチゲ。

ワイン。
ソーセージ。
イカリング。
キムチチゲ。
トンドンジュ。
2000.10.26 TVには映らなかったらしい。
まあカットされて当然であろう。

しかし今日もTVがやってきた。
今度はデザイナーとの打ち合わせのシーンを撮られる。
まあたぶんこれもカットであろう。
今度はお笑いタレントがやってきた。
よく知らないが、日本に5年いたそうだ。

頭が重い。
たまに痛い。
風邪の初期症状だろうか。
作業は残っていたが、今日は切り上げる。
今日の朝からまた寒くなったからかな。
帰りはさすがに厚めに着て帰った。
今日こそは早く寝ます。

シスコーン。

プルベク。

ラーメン。
豆腐。
2000.10.25 今日はひどいやつであった。
室長の提言を「時間がない」といって、とめた。
それで機嫌がわるくなって、デザイナーにあたったりした。
さらにプログラマーには、できない、できないというのをダメ、と言い渡した。
すんごくやなやつである。
あの昔のいやな上司みたい。
そのことを思い出したら、自分でいやになった。

それでも今日は映画を見る日。
シゴトはたまっていた。
しかし今日行かないと、たぶん明日からもっとぶーぶーとなる。
今日行ってしまおう。
というわけで映画館に降りる。
しかし窓口で前の前の客がぐずぐずぐずぐずやっている。
だいたいカード払いだと名前をリストにかかせる、そんなことをやっているから遅くなるのである。
こっちの人はほんとうに後ろの人のこととかは気にしない。
しかもその客は18歳以下観覧不可の映画に平気で子供をつれてきている親であった。
しかし入れる方も入れる方である。

今日も朝から細かい作業。
途中で社長にミーチングだと呼ばれたが、無視していかなかった。
しかし途中でいやになって、やめてしまった。
まあまだ明日があるさ。

映画で甘いモノばかり食べ過ぎた。
家に帰って甘くないモノを食べ直す。
これが太るんだよなあ。
シスコーン。

ピザ。

お菓子。

豆腐。チャンジョリム。
2000.10.24 新聞、ラジオとくれば次は、、、
というわけでTVがやってきた。
プレゼントを決めている会議のフリをしろといわれる。
やなこった。演技なんてできるか。
というわけで出演をキョヒする。
でもPCの前にいるところは、撮られた。まあ後ろ姿だからだろうから、いいけれどね。
TVに映るのは、、、十数年ぶりである。
通っていた高校がめずらしく秋の野球大会に勝ち残った。
ということで地元TV局がやってきたのである。
そしてたまたま野球部が多いうちのクラスが選ばれた。
そして前後の野球部のやつをねらってカメラが向けられた。
なんでやねん。と思って思いきし顔を上げて映ってやった。

夕方、再び腹が張る。
というわけで今日は夕飯をパス。
今日はサムギョッサルだから、、、とわざわざ電話が来た。
でもいくら好物でも食べられないときは食べられないのである。

今日は小の方が近くなる。
何かの拍子で、小が異常に近くなる。最短35分。
これはたぶんカフェインのせいだ。それはわかっている。
たぶんコーヒーと緑茶。コーヒーと紅茶、というような飲みあわせがある。
これもまだ検証中である。

最近、韓国語にまったく自信がない。
まったく韓国語がききとれない。
韓国語もでてこない。
日々自信をなくしてしまう。
たぶんかくあるべきの自分と実際の自分の差が開いてしまったのだろうな。
サンドイッチ。

ムルネンミョン

カムジャジョン。

お菓子。
2000.10.23 最近買ったCD。
「パク・チョンヒョン Natually」。
衝動買いである。
何となく良さそうで。
こういう予感はあんまりはずれない。
しかしこちらの歌手って似た名前が多いよね。
ようわからん。
「ピンクル3」。
前作の2.5は買っていない。2.5というからには半分ぐらい新曲、残りは古い曲だと思っていたら、実はほとんど新曲らしい。ではなぜ2.5?よくわからん。
しかしちまたでさんざん流れている1曲目、アメリカの若手の誰かの曲調にとっても似ている。気がする。
「J」
これも衝動買い。なにせJっていうぐらいなんだから。あんまり意味はないが、いい。
「同感サントラ」。
例のバスで落涙した曲が入っている。まだVCDは見ていないのだけれど。

今日はいつもと違うパターン、映画を見に行こうかと思ったが、シゴトは例のごとくたまりまくり、ぬけられなくなった。
また社長とぶつかる。相手の言い分もわかる。しかしどこか納得できない。妥協しちゃえという声もするが、そうするには意地っ張りである。

今日は11時前に帰ろう。と思ったが、少し過ぎてしまった。なんだかシゴトばかりにおいまくられているなあ。こりゃつまらんよ。
パン。

タクトリタン

天ぷらうどん。
2000.10.22 朝起きたら、9時であった。
また寝る。
もう一度起きたら、また9時であった。
え、あれだけ寝たのに。
と思ってよく見たら、11時45分であった。

今日の行動予定。
キョンヒグンに行く。
メディアシティソウル2000でまだ見ていない展示館を見に行く。
本屋に行く。
コーヒーを飲む。
時間があったら映画でも。
ほぼその通りであった。
キョンヒグンは復元したといっても建物は1つだけである。びっくりした。
ただ人が少ないので、カップル御用達であった。おもいきしおじゃまむししてやった。へっへ。
ここはもと京城中学、転じてソウル中学高校の敷地である。
そう思いだしたら1つ気がついた。
ここにある市立美術館。どうみても学校の建物である。
今日は敷地でコスプレ大会をしていた。

本屋では1つも本を買わなかった。
出久根達郎のエッセイを買おうと思ったが、どうも既に持っている気がしたのである。
コーヒー屋にもよらなかった。
そのまま映画館に行ってみた。
昨日からはじまったウォン・カーウェイの新作。
コアアートホールは売り切れ。
シネコアは前の方に席があった。
何しろ、人気がないと3日で公開を打ち切る国である。
というわけで、前の方で見る。

ラーメン屋をみつけた。
よこはま家とある。
例の横浜家系ラーメンであろうか?
さっそくよってみる。
5ヶ月ぶりのチャーシューメンをいただく。
心の中で泣いた。
ついスープまで飲み干す。
やっぱり映画の後は、ラーメンだよね。
メニューを見ると、もっとなつかしいものがあった。
焼きそば、天津飯、親子丼、、、
また行ってみよう。
パン。
ハム。
チャンジョリム。
さーたーあんだぎー
チャーシュー麺。
2000.10.21 ひさしぶりに土曜日、残業をする。
しかし眠い。
チェック作業なんて眠いんである。
一度真剣に眠る。
同僚も沈没していた。

今日は夕方、映画を見に行くことにする。
いつもの下の階の映画館ではない。
今日はチョンノの映画館である。
目あては「シコふんじゃった」。
1度見ているが、目的は日韓の笑いの違いである。
比較結果は、なかなかおもしろいものであった。

ところでまた夕方になって、腹の具合は悪くなった。
原因はなんだろう?
りんごジュース?牛乳?ヨーグルト?
それともお昼のチャジャン?
いつも原因が分からないのである。
しかし映画の内容を知っているだけに、しゃれにならない。
結局、またクスリを飲んでしまった。

ひさしぶりにひまな土曜日の夜である。
チョンノをぶらぶら歩いてひやかす。
そして地下鉄に乗って家に帰る。
家で、同僚が土産でくれた久留米ラーメンをつくる。
とんこつのスープを飲み干し、さあ夜は「踊る大捜査線」のVCDでも見よう。
と思ったところに電話があった。
びっくり玉手箱のM氏と、MH氏であった。
「コルベンイが、、、」
パン。
チャジャンパブ。

久留米ラーメン。

コルベンイサリ。
2000.10.20 ひきつづき眼精疲労。
もちろん昨日よりはだいぶよくなっている。
眼精疲労のHPを昨日調べた。
ビタミンA不足らしい。
食べ物・卵、牛乳。
牛乳はたくさん飲んでいるだけどな。
卵は最近、食べてないかも。
今度は目玉焼きに挑戦しようかな。
あとは1時間に1度、目を休めること。遠いところをみること。
というわけでたまにエレベータホールにでかけて、外をぼっと見ていた。
たまには眼鏡を外してぼっと。

今日のBGMはクラシックにこってみた。
憂鬱な気分を解消するクラシック。
朝の音楽のクラシック。
お昼時のクラシック。
自信回復のクラシック。
しかしまあ、まわりの席の韓国ポップスには負けてしまうのだが。

今日も映画を見に行ってもよかったのだけれど、今日はやりかけのシゴトをやってしまおう。
明日は土曜日だしね。
パン。

スパゲティ。

カルビタン。
2000.10.19 仕事場に子犬がやってきた。
もらい犬である。
朝、ドアにつながれていたそうだ。
同僚がひきとることになったのである。
僕の横の席の後ろに、犬がいた。
振り返ると、しっぽをふる。
昨日買ったパンをあげた。
お菓子はあんまり食べなかった。
貰い手の同僚が席をはずすと、さみしそうにないた。
結局は貰い手の家の都合で元にひきとられたのだけれど。

目の奥が、痛い。
眼精疲労かな。
腰も少し痛くなった。
ビタミンの何かが足りない気がする。
家に帰って目を冷やしたら、落ち着いた。
今晩は目を休めよう。
いつも酷使しているから。

目をつぶっていると、旅のことを思い出した。
10月は旅の思い出が多い。
数年前のロンドン、パリ。
数年前のヨーロッパ。けっこうヨーロッパが多いな。小寒い季節が好きなのかもしれない。
いや数年前にはベトナムも行ったぞ。
いずれも10月である。

最近、友人が持って来てくれた「踊る大捜査線」のドラマのVCDを見ている。
1話目は見ていなかったから、ようやく見られてうれしい。
CMも区切りもなく続くモノだから、どんどん続けてみてしまう。
深津絵里っていいよね。

シゴトは22時に終わった。
けど同僚が残業しているので、1時間ぐらい、掃除したり、ドラマを見たりする。
いやーキム・ハヌル、どうなるんでしょう?

再び夜、腹が張る。
原因。
ヨーグルト。わかめ。豚肉。トットリムク。ニンニク。ニラ。ジュース。さて、どれだろう?
パン。

チャーハン。

サムギョッサル。
2000.10.18 お昼。
みんなカルグクス屋に入っていく。
はっきりいってこのカルグクス屋、好きではない。
ということで社長とマンドゥグク屋に行く。

今日は建物から外にでなかった。

今日もあることで社長と意見がぶつかる。
がんこなのは気が弱いせいである。
相手が妥協しそうにない相手の方が燃える。
そしていつも最後は自分が妥協しているのである。

今日は手がけた修正があった。
昨日思いついて、やってしまいたくなったのである。
しかし今日は水曜日。
映画を見る日である。
やってしまってもよかったけれど、映画をみないと息が詰まる。
ここはやってしまいたい気持ちをちょっとおいといて、映画を見に行く。
香港映画の「東京攻略」。
ひさしぶりの東京を見た。
みんなラーメンをすすっていた。ああラーメン。

バスのラジオから流れてくる曲に、泣きそうになってしまった。
やっぱり映画音楽だった。
今日は映画のCDを買っていこう。
でもサントラってあんまりお気に入りのがない。
やっぱり映画にかなわないからだろう。
でも1枚、「時越愛」のCDを買ってしまった。

バス停のそばのパン屋さんでやわらかい食パンを買う。
コンビニではひさしぶりにみつけたコーヒーゼリーを買う。
ロータリーの角の雑貨屋で交通カードを充電。
そして横断歩道の前でぼっと待っていると、突然、肩をどんどん、とたたかれた。
そこには髪型の変わったM氏がいた。
髪型が変わったので一瞬、誰かわからなかった。
いつもびっくり玉手箱の人である。
パン。

マンドゥグク。

ココナッツクッキー。

チーズポテト。
2000.10.17 今日もビルにはクーラーが入る。
どうして?
クーラーの係りの人は、温度感覚がおかしいのではないか?

しかし自分も寒さにはなれたようだ。
昼はシャツ1枚、夜も上にはおっただけ。
日本に帰ったら暑くてやってられないかも。

最近、階段で息が上がるようになった。
やっぱり体が重すぎるのである。
この寒さでは、息がつらい。
やっぱりなんとかせねば。

今日はいつも愛用している「ベジミル緑茶」がなかった。
ちょっとショック。
在庫切れかな?
しかしおかげで、夜あまり腹が張らなかった。
原因は豆乳かな?

今日も会社のみんなは飲みに行った。
僕はまだシゴトが残っていたし、何か帰らなければならない気がしてた。
お酒より本が読みたかったしね。
家に帰って思い出す
洗濯、であった。
パン。

ビビンバ。

チャーハン。
2000.10.16 朝、会社に向かわずにKBSへ向かう。
そうなのである。
ラジオに出演することになったのである。
これも新聞に載ったおかげといえよう。
放送は日本語の国際放送、である。
約束の時間を少し超えて到着。
これがまたKBSはどてかい建物である。
さっそく約束の西玄関がわからない。
そのへんの玄関に入って、受付で内線をかけてもらう。

実はKBSに来たのは2度目である。
1度目は14年前、初めて韓国に来たときである。
ツアーの同室のY君がKBSの国際放送のファンのアナウンサーに会いに行くというので、ついていったのだ。
たぶんツアーの自由行動の時間だったと思うのだが、どうやってKBSへ行ったかまったく覚えていない。たぶんバスかタクシーなんだけれど。
今回もその、国際放送である。
なぜかオフィスの模様は、覚えていた。
窓からみんな5時に立ち止まって国旗に敬礼をしていた光景を見たのを思い出す。

さっそく録音室に入る。
ちょっとトイレ、、、と思ったが、あれよあれよというまに録音が始まる。
アナウンサーの女の人がテープをセット、一緒にお話をきくSさんという日本人のおじさんを紹介される。
このSさん、どっかで会ったことがある。向こうもどっかで僕と会ったことがあるような気がするといっていた。いったいどこでだろう?
2人の間にはさまれるようにしてすわる。目の前にはどでかいマイク、もう逃げられへんわ。
そしてぶっつけ本番、録音がはじまった。
、、、、緊張の10分であった。
しかし内容的に相手の質問に答えられたのだろうか?
まあもうお呼びのかかることはあるまい。
記念品にお財布をもらった。KBSのロゴいりの。
外には小学生たちがたくさん見学に来ていた。
そこにさっそくアイスクリームの屋台が。さすがである。
しかし半日で精神的に1日分疲れた。

今日も朝から6度。
でも上に1枚はおるだけである。
やっぱり寒さに強くなったのかな。
それともやっぱり脂肪が増えたからだろうか。
可能性としては下の方かも。

しかし今日は鼻血が2回でた。
朝に1つ、夜に1つ。
血が余っているのかな。
それとも体調のせいかな。
可能性としては下の方かも。

シゴトがあまりにもたくさんあると、帰ってやる気をなくすよね。
月曜日からとばす必要はあるまい。
パン。

ソルロンタン

トルペギ
2000.10.15 友人が日本から1泊2日でやってきた。
テクノマート、マグネット、イテウォン、トンデムンシジャン、ミョンドンを回る。
ナンデムンシジャンとソウル駅はバスから見せた。
運行が始まったばかりのシティツアーバスにも乗った。
新しいモノには乗りたいのである。
ナムサンの駐車違反の山道をくぐるなど、なかなか楽しいツアーであった。

彼はいつもパワフルだが今回もパワフルであった。
こちらは眠くて途中であたったりする。
なんだか声がきこえないらしい。
いつも2回聞きかえされる。
声が小さくなったんかな。
それとも発音が韓国語ぽくなったかな?いやそんなことはあるまい。

今回はグルメにこだわった。
まずキョンボックン近くのお店でサムゲタン。
イテウォンではカルビ。
ミョンドンの朝はアワビ粥。
それからサムギョッサル。
ネンミョンはお店で2回食べた。

またPさんは声が大きい日本人に会ったことがないというので、彼を紹介する。
一緒にお昼を食べた。

夕方、友人を空港まで来る。
空港にはたくさんの日本人がいた。
その人たちは日本に帰る。僕はここに残る。
帰りのバスから沈んでいく太陽が見えた。
おかゆ

サムギョッサル

お菓子。
2000.10.13 さすがに今日はトレーナーを着た。
そのぐらいに寒い。
なのに会社のフロアには、冷房が入っていたのだ。
外は10度である。
何を考えているのであろう?
どんなに暑い日でも夕方6時に冷房を止めたビルが。

今日も会社の同僚たちが映画を見に行くという。
「ニューヨークの秋」。
実は時間があったら僕も見ようと思っていた。
かくしてまた一緒に4人で見に行く。
感想。
やっぱりやっぱり1人で見に行けばよかった。
どうも1人で暗闇にすわって足を抱えてじっと世界に浸る方が、好きみたいなんである。

家に帰ってなんとなく、キムチの袋をあけた。
ふわあ。
キムチのにおいが部屋に満ちる。
一瞬にして韓国ぽい部屋になってしまった。ショック。
部屋ではキム禁にしよう。やっぱり。
パン。

カレートッパブ。

お菓子。
フランクフルトソーセージ。
鶏串。
2000.10.12 突然、冬がやってきた。
朝の気温をTVで見ておののいた。
8度。
ふたたび毎朝の気温をチェックする季節がやってきた。
でも今日は上っ張り1枚で外にでる。
まだまだ負けてられない。
寒さに強くなったのかな。
それとも脂肪がついたからかな。

突然、こちらの新聞に載った。
日本の若者たち(異議は認めます)うんちゃらかんちゃらに載ったのだ。
さいわい、写真はでなかった。
そういや、写真を取りに来たときにノートPCを囲んでポーズを取れ、といわれたので、拒否したのである。
幸いその写真がボツになったらしい。
しかしなんだかまたしゃべっていないことが記事に書いてある。
「広報大使になりたい?」そんなことはいうてへんで。
まあそう記者が感じたのだろう。
いやたぶん僕の語学力のせいだろう、、、ちょっと落ち込む。

しかし新聞に載ったおかげでまたいろんなメールがやってきた。
しかも今度は韓国語ばかりである。読むのに時間がかかる。
忙しいときに限って、これである。
でも今日は開き直っていたから、まああわてずには済んだ。

あいまに友人の飛行機のチケットをとりに旅行社に行く。
ついでに本を買っていこうとしたが、いいのがない。
急いでいるといつも欲しい本ってみつからない。

それにしても夜になると腹が張る。
どうしてだろう?
パン。

チェユクトッパブ。

ピザ。
0000.10.11 今日も「精神がなくなった」。
とにかく忙しくなった。
原因は、日本に出張に行った誰かさんのせいである。
なにせお客さんに間違いメールを2つも送りやがっていたのである。
おかげでその対応でてんてこまい。
ちゃんと確認してからメールしろよなって自分もあわてて送り主を間違えてメールを送ったりしたけれど。
しかも一部システムの不具合でたくさんの依頼が実は来ていたことが判明。
ちゃんとチェックしておけよなってこっちもちゃんとテストしたはずなんだけどな。
「精神がなくなって」夕御飯も食べられない。
ということで予定通り映画を見に行くことにする。
矛盾しているようだが、つまり逃げることにしたのである。
それに今日は水曜日で映画を見る日だから。
でも結局、同僚の2人と3人で見ることになった。
見た映画はサブの「ポストマン・ブルース」。
感想。
やっぱり映画は一人で見るものである。
よけいな気を使ってしまうからね。

今日は帰りにアナムドンロータリーまで乗る。
バス停すぐよこのパン屋さんによるため。
ここの食パンはおいしいのである。
この前、買いに来たときは店に入ったとたんにおじさんから「今日は食パンないよ」といわれた。
ここでも顔を覚えられているのである。

帰りに焼き鳥を食べていこうと思ったが、学生が屋台の前にたかっている。今日はまあいいや。

今日から急に冷えた。ようやく冬の入り口かも。
パン。

チーズラーメン。
キンパブ。
お菓子。

カレー豆腐。
2000.10.10 最近ショックな死亡記事。
作家の永倉万治氏が亡くなったこと。彼の闘病後のエッセイなどを読んでいたので、なぜこれだけ健康に気を使っている人が、、、、とショックである。
それから「ストレイト・ストーリー」のおじいちゃん、リチャード・ファーンズワース氏が亡くなったこと。自殺だったそうである。あの映画のことがあるだけに、いたたまれない。

今日も誕生日ケーキを食べる。
どうもこの会社、人数が少ない割には、誕生日が固まっている気がする。
こうして続けざまにケーキを食べると、、、やはりおいしくない。
誕生日ということもあるので、今日はひさしぶりに飲みに行く。
でもいつも夜になると腹が張る。
1次会で今日も帰る。

今日はなつかしい人からメールが来た。
知り合いの留学生のMN氏である。
名前が書いていなかったが、文面と、差し出し先から判明する。
「お金持ちになってください」うーんむずかしいだろうなあ。

そして飲み会では知人と同姓同名の人に会う。多い名前みたい。

今日もシゴトで我を張ってしまった。
追加された機能が、どうも変なのだ。
まず決定過程に自分がいた記憶がない。いややっぱりいたのかもしれない。そのことにひっかかったのもある。つまらない見栄だけれど。
でもやっぱり、見た目のイメージがどうも違う。納得できない。うーんうーんといって社長まで巻き込んでしまった。
そんなに我を張らなくてもよかったのだが、意見を言うのはかまわないと思うが、どうも自分のやり方が間違っている気がする。

それにしても、今日は日付だけみると、コンピュータでエラーがでそうな日である。0が5つもある日なんて今後1000年であと2日しかない。
パン。

コンビジ。

お菓子。

2000.10.9 プサンから夜行で戻ってきた。
プサン駅で列車に乗ったのは22時。
チョンニャンニ駅についたのは朝6時半。
8時間半の旅であった。
夜行に乗る。
あれ、昔もこうやって夜行に一人乗ったことがあったっけ。
ちょっとなつかしい気分。
途中、横の人が2回代わった。
途中駅にたくさんとまるので、電気はこうこうとつきっぱなし。
しかも真夜中に売り子が来た。
熟睡できるものではないね。
おしりも十分に痛くなった。

でも朝早く歩くというのは気持ちがいい。
夜更かしばかりなのでなかなかできないけれど。

朝、部屋に帰ってシャワー。
そのまま会社に行く。
今日は眠くなるかな、と思ったが
逆にあんまり眠くならなかった。
そのかわり、牛乳がなぜだか飲みたくなった。
家でごくごく。
会社でごくごく。
お昼を食べてからもごくごく。
どうしてなんだろう?
禁断症状かな。

夜、梨ジュースが余っているのに気がつく。
飲んでしまおう。
しかし飲み過ぎた。
腹も張る。
またおなかがやばいかも。
ほんとこりない。
パン。
カルビタン。
天ぷらうどん。
お菓子。
2000.10.6 そしてまた僕は歴史的瞬間を見た。
一晩中、日頃はみないCNNをつけっぱなし。
軍隊と警察がカギだろう。
軍隊も朝になって中立を保つとのニュースを聞いた。
これで大丈夫、だろう。
それにしても催涙ガス、なつかしいね。
どっかの国でよく嗅いだものだけど、、、ありゃのどにくる。
群衆の中からなつかしい音楽をきいた。
そう、あのクリストリッツァ監督の「アンダーグラウンド」と同じ音楽だった。

今日はテスト。
これはめんどくさいがやらなくてはならない作業である。
いちよスタートは昨日だったのだ。
すでに1日遅れている。
営業からはせかされている。
心を鬼にして、残ってもらうことにした。
いい加減にシゴトをしてほしくないのである。こっちのわがままなんだけれど。
これでまた嫌われるだろうなあ。距離をおかれるかもなあ。でもまあいいんである。

明日から、旅行。
なんと今回ソウルに来て初めての、地方旅行である。
なんだか、旅心がすれてしまったのだろうか?
いやそんなことはあるまい。
去年はぷーだったので、旅する余裕がなかったのだ。今思えばいっておけばよかったと思うけれど。
一人旅もなかなか腰が動かない。
体は重くなっても、フットワークは軽くしていたいな。せめて旅心と好奇心ぐらいは。

でもまだ帰りのチケットがとれてない。
どうしよかな?
パン。

ケーキ。
プルコギ定食。

チャジャンミョン。
げっぺい。
2000.10.5 10月に入って5日目。
僕は大家に家賃を払いたい。
しかし朝はまだ門がしまっている。
夜は部屋の電気が消えている。
よく留守中に郵便物を部屋においてくれたり、工事をしてくれたりする大家である。
部屋に「家賃です」と書いてお金をおいておこうかな。

昼のマンドゥやのキムチはおいしい。
ぱくぱくぱくぱく食べてしまう。
そのせいだろうか。
腹が張ってしょうがない。
それとも緑茶の飲み過ぎだろうか。

帰りにまた飲みにさそわれる。
飲んでもよかったのだが、おなかがどうしようもない。
今日は飲まないで帰った。

家に帰ってから唐辛子の揚げ物をつまむ。
これ、以前たべたときは砂糖揚げであった。
近くのスーパーで買ってきたこれは、塩である。
しかしこれがけっこうとまらない。
たまに、というかけっこう辛い「あたり」があって、耐えられないほどの辛さなのであるが。
また小さいのが辛くないとは限らない。まさしく山椒は小粒でも、、、である。むしろ小さい方が辛い。

部屋でぼーと床にころがって「宿命」を読みふける。

今日は落ち着いてシゴトをしよう。
と思ったところに割り込みがわっとやってきた。
神様はやっぱり試練を与えるためにいるような気がする。
パン。

マンドゥカルグクス

なし。
唐辛子の揚げ物。
クッキー。
2000.10.4 昨日は遅くまでVCDで「ビューティフルライフ」をみる。
おかげで眠い。
眠いのでコーヒーを飲む。
この前たったはずだが、いつも自分で決めた規則は守れない。
守れない規則なんてつくらなきゃいいのだが。

今日の朝はむっちゃ体調が悪かった。
そんな日に限って、いろいろとシゴトが舞い込む。
栄養ドリンクをひさしぶりに飲む。
これが意外と効いたようだ。
昼過ぎにはだいぶ回復した。
あやうくハイになるところであった。

腹の具合はあいからわずよくない。
よくないときはよく原因を考える。
今回の疑いは、ウーロン茶であった。
またちょっとやめてみようか。

今日は某新聞社の取材記者が来た。
取材される、のも初めてである。
キンチョウをする。
ほかの日本人たちはよどいない韓国語で答えている。
落ち込んだ。
ちょっと記者が答えを誘導しようとしてて、気になったけれど。
カルグクス。
チャジャンパブ。

カルビ。
2000.10.3 M氏が日本で讃岐うどんを買ってきてくれた。
うどんの国の人だもの。
というわけで今日はうどんパーティ。
元クラスメイトなど合計6人がやってくる。
朝から部屋を掃除する。
はじめて床に雑巾掛けをした。
ついでに衣替えをした。
半袖をトランクにしまい、トレーナーとセーターをひっぱりだす。
トレーナーとセーターは、どれもかびくさいにおいがした。
窓を全部開け放つ。
とっても気持ちいい、涼しげな秋の風が部屋を吹き抜ける。
外はまた休日にうってつけの、いい天気である。

さすがに、讃岐のうどんはおいしかった。
いつかうどんの国へうどんを食べ歩きに行きたい。ほんとうに好きだったらうどんの国にすむのもかまわないのだが、ラーメンの国も捨てがたいし、牛乳の国も捨てがたい。となると北の大地もいいよな、、、寒さはこっちで慣れたし。

つづいて焼きそば。
そういえばこちらには焼きそばがない。どうしてこんなおいしいものがないのだろう?
しかしせっかく場所を提供しながら、まないたもない。包丁もない。フライパンもない。油もない。
自炊では麺類と豆腐以外はメニューにないので、そうなるのである。
次、までにはそろえよう。

夕方、みんなが帰ったあと、一人、散歩にでかけた。
場所はチョンドン、トクスグンの裏道である。
これがなかなか気持ちいい通りであった。ちょいと腹痛があったのを忘れてしまうぐらい。
トクスグンの壁を抜け、チョンドン劇場をひやかす。
左手にはイファ女子高校。そして右手をみると、日本語の案内板があった。
「ロシア公使館」。
そうあの朝鮮末期に王様が逃げ込んだ、あのロシア公使館である。
まだ残っているなんて、と思いながら坂を上っていく。
するとちょっと変わった塔がたっていた。
やはり朝鮮戦争で公使館は破壊されてしまったらしい。でも塔だけ再建したと案内板にある。
その王様のいたトクスグンから地下道で公使館までつながっていたそうである。なるほど。たしかに場所的にトクスグンの裏である。
しかしこんなところに残っているなんて思ってもいなかった。
また歴史的事件が急に地理的に頭の中で結びつく。

終点はナンタ劇場に到着。ついでにナンタ、みちゃおうかな、と思ったが、これはやっぱり誰かをさそって来よう。

キョンヒグンの前を通り、しばらくいくと目立つものが見えてきた。
市立博物館である。出し物はメディアシティソウル2000。
なんだかおもしろそうな展示会である。
しかし時間は6時。観覧は7時半まで。1時間半しかない。もともとゆっくりみるたちである。
最初はあきらめかける。でもせっかくだからのぞいていこうと思い直す。
料金は10000ウォン。こちらの感覚では高い。でも3つの展示場に分かれて、3つの展示会を一度にみるシステムにになっているらしい。
これがおもしろかった。
つまりすべて映像の展示である。
なんだかわけわからなくて、いい。
のっけから東大門市場である。いやナムジュン・パイクの作品である。まあどっちでもいいや。にたようなものである。
つづいて世界各国の映像作家の作品。
自動楽器演奏ありの。
ただ車の中で男が寝ているだけの映像がありの。
骸骨の上にろうそくがたっていて、そのまわりに影絵のちょうちょが飛んでいたりの。
もう言葉では説明不能なものまで。
しかも夕方で人が少ない。けっこう展示物で一人になる。すっかりその映像世界に取り残されてしまう。ぞくぞくっとする。
もっとじっくりみたかった。しかしじっくりみていたら1日はかかるであろう。ちょっとはしょって眺める。
つづいて奥にある市立美術館も同じテーマで続く。連携しているのがいい。こちらはもっと子供向きで、素直に楽しめた。まあ30男が薄ら笑い浮かべながら興じている姿は不気味だっただろうが。

実はこのメディアシティソウル2000。地下鉄でも行われているのである。
通路の壁画とか柱とかにデコレイト
。このぐらいはまだいい。
でも駅の階段を通るとなぜか水の音が聞こえてきたりとか。
ホームの映像になんだかわけわからない黒い点のある画像が映し出されたりとか。いたずら心があっていいよね。これ、むっちゃおもしろい。
しかしなぜだかちっとも目立ってない。僕もまだみたことがない。
もっと全駅で展開すればいいのに。
それに宣伝も足りない気がする。

ここにあるもう1つの建物、600年記念館でも展示が行われているのだが、こちらは疲れたし寒くなったので、パス。しかしチケットは別々なのでまたここだけ来れるようである。
そう、寒くなった。
夕方になって、シャツ1枚ではぶるぶる寒くなってしまったのである。
突然また、シャツ1枚の季節は終わってしまった。

帰りに本屋でまた3冊の文庫本を買って、帰る。

夜は昼間残ったネギをつかってネギカルグクス。意外といけるんだけどな。
フレーク。

パン。
うどん。
やきそば。
お菓子。ビール。
ネギカルグクス。
2000.10.2 明日は休みである。
明日が休みとなると、映画をみる日である。
でも同じビルに映画館があるのだから、もっと映画を見に行こう。
スケジュールを検討。
8時なら、「ニューヨークの秋」。
9時なら、「恐怖タクシー」。
9時20分なら、「ストーリー・オブ・アス」。
10時なら「ニューヨークの秋」ないしは「ワッライツビニス」。
結局は9時20分の「ストーリー・オブ・アス」。
直前、腹がいなくなる。
でもまあ、映画の間はもつやろ。
途中やばいかなと思ったが、大丈夫だった。
映画もおもしろかったしね。
でもこれこそもっと中年層にみてほしい映画だなあ。

今日のお昼は石鍋カレー丼。けっこう好みである。

最近、インターネットオセロに、強敵が現れた。
どうやっても勝てないのである。
その勝ち方を研究してやろうと思っているうちに、負けてしまう。
最近、彼にしか会わない。どうしてだろう?
オセロは、奥の深いゲームである。

ケーブルTVになぜかMTVみたいなチャンネルが移りだした。
以前はKBSが2つ同じチャンネルに流れていたのに、1つが変わったのである。
チャンネルが増えたのかな?
けっこうおもしろい。

BSでアジアのニュースをひさしぶりにみた。
むかし、この10分だけ流される韓国語のニュースにかじりついていたんだよね。なつかしい。
パン。

石鍋カレー丼。
マンドゥ。

ビビンバ。
2000.10.1 いつもの日曜日、早めに目が覚めた。
どっかに行こうかな?
しかしオリンピックをみているうちに、眠くなった。
目が覚める。
オリンピックをみる。
また眠くなる。
はっと目が覚める。
そんな繰り返し。
結局、1日眠かった。
結局、1日オリンピックをみてた。
ボクシング。タイは至上2つめの金。いいよね。
はじめてカザフスタンの国歌を聴いた。
マラソン。途中で寝た。寝たら、とばしていたボツアナの選手はすでにいなかった。
新体操。ボールとリボンの妙技に感動する。しかし容姿も採点に関係してしまうのではないだろうか?
閉会式。こてこてのオーストラリアっぽくて感動する。ウドウさんの的をはずしたコメントも、イカスよね。
しかしこれもし2008年に大阪でやることになったら、と心配になる。大阪だから、吉本総出演やろう。新喜劇みせて選手みんなにこけてもらわんといかん。パチパチパンチを世界に見せるか?いらん心配をする。
終わってからもまだオリンピックをみてる。バレーボール。ただごとならないユーゴとロシアの試合。そして閉会式の再放送をもう一度、みる。

こうして結局1日家にいた。
ひきこもり男である。やばいよね。
もともと部屋にいるのはきらいなタイプなんだんだけど。
Kさんから飲んでいるんだけど一緒にオリンピックを見に来ない?と電話もあった。しかし眠くて結局いけなかった。

さすがにいけないと夜に買い物に行く。これじゃあこうもりだよね。
30分ぐらい夜道を散歩する。

それにしてもまだ眠い。あれだけ寝たのに。
パン。

とうふ。
シーチキン。

ホームに戻る


※すべての文章の権利はぼうずに属します
Bouz Co. 「GOGO!ソウル」