GOGO!ソウル
労働日記

2000年11月


2000.11.30(木曜日) 朝、おそるおそる歯医者に行く。
ぬくしかないですね。ソウル大出身の歯医者はのたまった。
抜いた方がきれいだから。じゃあ今日抜きますか?
いきなりである。ああ心の準備が。
しかしまた時間があけば逡巡するだろう。
いっそ今日抜いてしまおう。
しかし今日は10時に高大病院でのどの診察の予約があった。
まずそちらにいく。
時間まで、待合室でこてーと寝た。
診察結果は、問題ないですね。
しかしここの科は看護婦さんは笑顔がよい。
ひさしぶりに愛想良くなる。
歯医者に戻る。
お昼前だけどいい?いいっすやってくだせえ。
歯をぬくとき、ざくざくと音がした。
さよなら、左上の虫歯だった親不知よ。
そういえばソウルに来る前からおかしかったんだ。
なんと1年以上もほっておかれたのである。
もう一つ治療中の歯があった。
4ヶ月前に1度治療しただけの歯が。
どうしてこなかったんだと怒られる。
だって口の手術でたいへんだったんだもの。べそをかく。
どうも今年は口の中でいろんな問題がおきたなあ。

1時半までクチをとじているようにといわれる。
むむ。
ふだんから鼻呼吸では足りない僕は、よくクチを半開きにしている。アホにみえるぞといわれるのだが、くせみたいなものである。
しかししばらくはぎゅっと閉じていないと。
手話を勉強しておけばよかった。

激しい痛みは来なかった。
親不知と言えば、10年前に1時間かかり、しかも2つにわって抜いた右奥を思い出す。
あのときは痛くて痛くて会社のトイレに1時間半こもっていたのであった。
さいわい、そこまでは痛くない。口を開けるとちょっと痛いぐらいである。
なんかなくなった気がするってそら歯をぬいたからだよな。

1時半までといわれたが、口の中が気持ち悪くなって、5分前にとってしまった。
夜もやわらかいものにする。
映画の方もお休み。映休日。
パン。
サンドイッチ。
ピザ。
マンドゥ。
なみ乗り舟の
2000/11/29(水) 先週までの忙しいひとときが過ぎ去り、なんとかようやく本来のシゴトをできるようになった。
もっとも、トラブルがおきないと、だけれど。
また今週はプログラマーのしんちゃんが休みだから、、、
かわいそうに、休みの間にしんちゃんのシゴトがてんこもりになっていく。
たぶん出勤した暁にはまた機嫌が悪くなるだろう。
くわばら、くわばら。

シゴトには、波というのがある。
早く帰るときは波の引き際がよい。
今日は8時頃にやってきた。
うん、今日はすべてノルマの作業が済んでいる。
ここで帰ろう。
幸い、いやいつもだが、見たい映画があった。
例のコーエン兄弟の「おー兄弟!どこにいる?」である。
明日で終わり。
いや韓国のことだ。信じられない。もう終わっているかも。
でも明日見に行くより、今日見に行く方がリスクが少ないだろう。
明日ウォルチャ(月一の休み)をとってもよかった。病院に行くし。
しかし病院でウォルチャを使うのももったいないな。
かくして結論。ほんとは感情にまかせ見に行きたいのだが。
今日は急ぎながらもあわてずに行く。
おかげで?無事席をゲット。
映画館はシネコア5。シネコアで一番新しい映画館である。
でも座席の雰囲気は、ソウルではめずらしく東京の単館系ってかんじ。
すこしなつかしかった。
パン。

エビフライ丼

パン
波のり舟の おお兄弟!どこにいる?
2000.11.28(火) バトルは寸前のところで回避された。
やっぱり今日の朝、いのったのが功を奏したのに違いない。
ま、問題点の対処をだれかかぶるだけなんであるが。(僕ではない)。
これが、この国のやり方かな?

のどがおさまったら、歯が痛くなった。
のどがおさまるまで、歯も待っていたらしい。
ききわけのいいことである。
そして歯医者、どこにいくかが、問題。
高麗大か。研修医の実験場のようであった。
前にいっていたところか。また最後に高い金属をはめるようにいわれるのであろうか。
会社の近くか。会社の近くは便利だが、初めての所はコワイ。床屋と同じである。
しかし行かないわけにはいかない。
ふう。

夜、ふっと帰って映画を見に行った。
火曜日ってすいている気がして。
目当ては「ホワイト・アウト」。
予備は「美女三銃士」。
さらに予備が「フリークエンシー」。
一番今週で終わりそうなのは、「フリークエンシー」かな。
会社の誰かがおもしろくないと行っていたが、どうもこちらの人のおもしろくないは信じられない。
幸い、「ホワイトアウト」を無事ゲット。
そこそこはいっていた。
ひさしぶりに全部せりふがわかる映画である。
でも観客の笑うところがまた気になった。

字幕をみてうれしいことがあった。
同姓同名の役者がいたのである。(ぼうず、ではない)。
こんな名前の役者がいるとは。
もちろん、ヤフーで検索するとたくさんでてくる名前だけれど。
パン。
フランクフルト
ポテトサラダ
フライドポテト
ハンバーガー
酢豚
「ホワイト・アウト」
2000;11.27(月) 朝からトラブル。
また○○社長が無謀なことを言い出したのである。
ぷちん。
頭の中で音がした。
社長にどなりこむ。

そして夜。
またあらたな事実が判明。
ふたたび頭の中で音がした。
ぷちぷち。
思わず頭を抱えた。
明日もバトルに違いない。

思うのは、、、、なぜこんなにも楽天的なんだろう?
どうして深く考えずに前に進めるのだろう?

PCの設定を続けていたせいか、目がしょぼい。
ひさしぶりに目薬をさす。
ひさしぶりにいろんなCD−ROMを見た。
廃線もの、鉄道モノ、歌舞伎モノ、小津モノ。イバラード。
今だから、53次モノも買っておけばよかったなと思う。
イバラードをみると「耳をすませば」をもう一度見てみたくなる。

今日は妹の誕生日。メールでバースデーカードを送る。
パン
ポソットッパブ
クッキー
チャンジョリム
パン
波のり舟の
2000.11.26(日) お昼、K老師の部屋に遊びに行く。
K老師は元クラスメイトである。
元クラスメイトのM氏、MM氏と一緒に行く。
K老師はいつも自分で料理をふるまってくれる。これがまたおいしいのだ。当然、いつもそれを目当てに行く。
というわけで今日もおいしいサラダ、ステーキなどなどをたくさんいただく。
MM氏やM氏が用事でかえったあとも、K老師とずぶっとディープな話を繰り広げる。
K老師は飲みながら。
僕はお茶を飲みながら。
K老師の家をでたときは、すっかり夕方であった。

今日は映画を見に行こうと思っていたが、結局やめておく。
PCの設定の寝不足で疲れたこともあったし。
かくして家にかえってまたPCの設定に取り組む。
いいかげんにキリをつけないと。

トイレがつまった。
どうもトイレットペーパーが切れてかわりにティッシュをつかっていたのがまずかったらしい。
韓国のトイレは、ティッシュを使うとつまるのである。
近くのスーパーで例の道具を買ってくる。
正確には掃除道具だが、ぺっこんぺっこんやったら、無事つまりは解消。
これからはティッシュは使わないようにしよう。

今日はABBAのベストを買ってきた。
これもなつかしワールドである。
ジンギスカンがないのがちょっと残念だが。
パン。

ステーキ。

おもち。

お豆腐。
2000.11.25(土) 土曜日なのに、シゴトがたまっている。
でもしょうがない。やるしかないよね。
シコシコシコとこなしていく。

今日のねらいは7時の映画。
さあ帰ろうとしたと頃に、電話があった。
まるでじゃまするみたいに。
いきなりシゴトの確認作業に追われる。
ひといきついて、映画館に飛んでいく。
エキデコマッテイルクルマイスノヒトヲミテミヌフリヲシテ。
マエヲユクジャマナヒトヲツキトバシテ。
そしてやっぱりというか、売り切れであった。
おお兄弟!(題名である)。
やっぱりあまりに欲に駆られた行動が、わざわいしたのに違いない。

最近よく映画にふられるね。
女の子にふられるのとどっちがつらいだろう。
そんなしょうもないことを今度はゆっくり歩きながら考えた。

近くのラーメン屋でやきそばを食べる。
ソウルのお店で食べるはじめてのやきそば。

ぶらぶらと本屋まででかける。
途中で携帯の料金を充電。
コンピュータ雑誌を1冊購入。
坂本龍一のベストを購入。他店で15000円とあり、びびってかえなかったのだ。
こちらのお店では1200円であった。
2001年の手帳を購入。
本屋はすでにすっかりクリスマス&新年準備モードである。

市庁駅までぶらぶら歩いて、帰る。

しかし地下鉄でよみふけった本がまずかった。頭の中はすっかり出久根ワールドの江戸時代であった。
気がついたら降りる駅を1駅乗り過ごしていた。
次はチョンニャンニである。
そういえば土曜日のこの時間の色街ってのぞいたことがなかったな。
スケベ心(両方)がうずく。
しかし疲れていたので、ひきかえす。

疲れているのは連日のPCの設定のせいである。
これ、はじめると終わらないんだよね。
夜もあんまり眠れない。
パン。

ピザ。

やきそば
「波のり舟の」
2000.11.24(金) 再びPCの設定を始める。
PCの設定を始めると、寝不足jになる。これが健康に良くない。
しかし始めるととまらない。
でも大失敗した。
マルチブートだったのに、韓国語Windowsしか立ち上がらなくなったのだ。
友人からもらったCDからいろいろやってみるが、ダメであった。
さっそく友人にヘルプのメール。
家に帰るとちゃんと解決法が届いていた。
そしてこうやって無事HPが更新できそうである。

今日はプログラマーのしんちゃんは機嫌がよかった。
かわって一部プログラミングに取り組む。
なんだか昔のシゴトみたいだなあ。
血がさわぐぜ。
しかしこれがいやでやめたはずなのに。
いや、やっぱりいやだったのはあの目標管理シートとかいう代物だった。
管理ツールはお客さんの所でもいろいろ作ってたっけ。
結局やっていることってあんまり変わらないのかもしれない。
あいからわず本を読まずに人のソースをまねることばかりしてる。

今日こそは映画を見に行きましょう。
コーエン兄弟のあれ、今日までにみとかなきゃ。
絶対に今日で終わる。
夕方、さっそく飛んでいく。
しかし遅かった。
6時の回が最後だったのだ。
甘かった。
金曜日の晩には先行して新作をやるのである。
泣いた。くやしい。しかししょうがない。
やっぱり見たい映画はすぐ見ないと。
でも映画は見たい。
ということで「タンジョクピヨンス」にする。
ポップコーンをぼりぼりたべながら。
途中でむせてしまった。
せっかくセキがとまったのに。

夕方のパン、映画のポップコーン。
こういうときは物足りない。
というわけでコンビニでスユクをかってきて食べる。
あんまりおいしそうではなかったけれど。

NHKのBSで一番おもしろい番組は、デジスタである。
なぜか毎週見てる。
今日のゲストは明和電機だった。
明和電機ファンのメールフレンドを思い出す。すっかりメールがこなくなってしまったけれど。
パン。

チェユクトッパブ。

パン。
ポップコーン。
スユク。
2000/11/23(木) 午前中は病院。
もう行かなくてもよかったのだが、この前いったときに予約をいれられてしまったのだ。
予約時間は10時50分なので、朝はゆっくりする。
しかしまたPCの設定やら掃除なぞ始めて、時間がなくなった。
結局遅れていく。
結局病院は早く行ったモノがちである。
診察を受けたのは12時半すぎであった。
今日はノドにべらをつっこまれながら、「エ」というようにいわれる。
これも僕には難しい。韓国人には簡単かもしれない。

昨日からシステムが始まったこともあって、早速問題が噴出する。
メールを急いでおくったり、確認したり、社長を取り囲んで攻めたり。なおしたり。
幸いなことは、プログロマーのしんちゃん(仮称)の機嫌がよかったことである。
やっぱり機嫌を損ねることは、やめましょう。

今日はお祝い会である。
M氏が就職を決めたのだ。
MM氏、MH氏(みんなMでんな)とフェ(刺身)のお店に行く。
その前に、MH氏からそっとM氏に渡す花束を渡される。
花束をわたしなよ、といわれていたのだが、やっぱり僕のことだから思い出したのはバスが待ち合わせ場所に着く直前であった。
気が利く2人に感謝である。
フェは食べきれないほどでてきた。
前菜でマグロのサラダ、フツウのサラダ、ピータン、カキ。
メインでヒラメの刺身。
ヒラメさんはまだ生きていた。ごめんなさいヒラメさん。
貝のスープにほや、たこ、いかのビビン和え。
そしてお寿司にチゲである。
こりゃ食べきれない。
これで全部で6000円である。

MM氏宅で2次会。
ドラマを見ながらマッコルリとコーラを飲む。アイスクリームをなめながら。
でもM氏の体調が悪くなって、帰る。
もしかしてあたったかな?
パン。、

サンドイッチ
ハンバーガー

フェ
2000.11.22(水) 毎朝、ある美人とすれ違う。
かんじとしては近くにある大学の学生であろう。
しかし今日は会えなかった。
朝からPCの設定を始めてしまったからである。
おまけに、遅刻までしてしまった。
さらに、朝からシゴトでトラブル。
昨日なおしたはずのものが、もとに戻っていたのである。
さっそく出社したばかりのプログラマーに問い合わせる。
昨日なおしたのに、なぜ?
ききかたが悪かったらしい。
朝から大口論になってしまった。
それは僕が昔の仕様に戻せといったからだという。
でも僕は昨日、昔の仕様でも新しい仕様にも対応できるようにしよう、といったつもりであり、そのようにしてもらったつもりであった。
それに僕がいくらそうせいといったからといっても、お客様が見るのにおかしい風にはしてはいけないよ、そういったつもりであったが、やっぱり原因が何かが問題になってしまった。
やっぱり言葉が通じていないのである。いや僕の人の話をちゃんと聞かないのが原因か。
それからである。
向こうが笑顔を見せなくなった。
こっちはなるべく笑顔で接するようにする。
つかれた。
1日の終わり頃には笑顔をみせるようになってくれたが、、、
まだまだ、悟りの境地にはほど遠い。

今日はどーーーーしてもとんかつを食べたかった。
たまたまみんなの昼についていきそびれたこともあって、1人で食べに行く。
そのお店は、めずらしくキャベツのドレッシングがおいしかった。
ごはんもおいしかった。メインのかつもまあまあだった。
しかしあいからわずごはんは少な目だけれど。
また最初箸が1本しかこなかったけれど。
1本でとんかつを食えというんかい。
食べられないことはないけどさ。

そして今日はいろいろと雑務を片づける。
カード会社。
電話、プロバイダ、ガス代の支払い。
手帳の購入。
旅行会社へ電話。

今日はマフラーを持ち歩いた。けど結局必要なかった。
手袋はちょっとはめた。
ひとり白い息をだしてゴジラになる。

そしてせっかくセキがおさまっているのに、今度はシゴトのせいで映画館に行けない。つらい。
パン。

トンカス

ピザ
2000/11/21(火) 今日から朝は氷点下である。
いよいよそんな冬がやってきた。
ジャンバーの下に、セーターを着ていく。
手袋ももちろん用意。
いやいやまだこんなもんではない。こちらの冬は。

朝からシゴトでトラブルに見舞われる。
午前中でほぼ疲れ果てる。
幸い、午後からは落ち着いたけれど。

しかし今日は給料日である。
もちろん、夜9時過ぎにはほとんど残っていなかった。
なんか、上がアクションを起こすと、僕のシゴトが、増えるような気がする。
安易に決めないでくれい。
まあ小回りがきくのはいいことだけど。

夜にはお客様から電話があった。
いま空港に着いたので代わりにホテルにいまからいくことを伝えて欲しいとのこと。
これもサービスである。

おなかがとっても減る。
なので遠慮せず食べる。
あんまりダイエットは頭にない。
やっぱり頭にない方が、心の健康によい。
おまけに腹の具合もなぜか好調である。
冷たいものを飲んでいないということもあるけれど。

帰り道はもっと冷たかった。
明日は、、マフラーも携帯かな。
今晩はノド対策に、洗濯物を干そう。
どうせ明日には乾いてしまうけど。
パン。

トゥルベギ。

きのこ丼。
2000.11.20(月) ふたたび、ノドをやられた。
原因は、一晩中たいたオンドルである。
いや、やっぱり外を歩いたのがよくなかったのかも。
ほんとにほんとに、大韓ののど風邪はひつこい。

今日は朝から雨。
せっかく黄色くなったいちょうも、雨にうたれて雪のように降っている。
今日はドリカムのベストを聞きながら会社に行く。

ひとつ、うれしいいことがあった。
食欲が戻ったのだ。
とってもとっても腹が減る。
これはうれしいこと、である。
いつも困りもんの腹の虫ではあるが。
しかしうれしすぎて、ビビンバを食べながら鼻血がでた。

今日は時間があったら映画でも行こう。
と思っていたが、セキのために断念。
しかもシステムの変更のため、帰るに帰れなくなった。
ひさしぶりに遅くまで残る。
でも男どもは飲みに行ってしまった。
この国の働く人は、シゴトより飲み会を必ず必ず優先する。
なんか残って働いているのが、アホらしくなるわ。

大きな大きな葉っぱが歩道にちらばって、暗い帰り道は歩きにくかった。

ところでがっかりしたのは加藤紘一である。
所詮その程度の男か。
せっかくのチャンスを自らつぶしたのだ。
もう彼はだめだろう。
さらに彼はもっと大事なモノもつぶしてしまった。
まあ、いまは他国のことなんだけどね。
パン

ビビンバ

天ぷらうどん
2000/11/19(日) 昨日から「マグノリア」である。
なにせ3時間もある映画だから。

途中で眠くなって、寝た。
朝起きてまた見て、また眠くなって寝た。
気がついたらTVではJリーグの試合をやっていた。
勝ったらレッズがJ1に復帰するそうな。
おもしろいのでそのままみていたら、劇的な勝利であった、そうな(台所に行っている間に決まってしまってた)。
レッズはファンが熱いのでおもしろい。まるで某関西の野球球団のようである。

部屋に閉じこもっているのもなんだから、外に出ましょう。
映画1つでも見に。
目指すはCOEXモールである。
乗り換えが面倒なので、西まわりで行った。
シンドリムから2号線。この区間に乗るのは12年ぶりである。
しかし以前の姿もあんまり覚えていなかった。
高いビルは増えた気がするが。
学校の横の紅葉の林がきれいだった。

結局ずっと立ちづめでCOEXに到着。
映画館のメガバックスまで、ぶらぶら歩いていく。
ぎりぎりだったら、次のをみればいいさ。
目指すは「グルーミー・サンデー」。
しかしまた、売り切れだった。
韓国にしてはめずらしくカルト的な人気である。
これで2回もふられてしまった。
ふられると、思いが残るモノである。

近くの本屋をぶらぶら。
さんざんながめておもしろそうなのがないな、と思ってひきあげようとしたときに、見つける。
小林信彦の「ちはやふる奥の細道」。
ついでにもう一冊小林信彦を買う。
ここはばら売りOKみたいだ。しかしその割にめぼしい本がないが。あまり日本人が来ないのだろう。
横のCDショップもぶらぶら。
これというのがないなあとひきあげようとしたら、「ファンタジア2000」のサントラを見つける。
ずっとさがしていたのだった。
ABBA、POLICEもひかれるが、もっとお金持ちの時に買おう。
しかしなぜかCOEXではおつりをピン札でくれる。
100ウォン玉もぴかぴかだった。

COEXモールもいつのまにかいろいろ新しいお店が増えてるなあ。
一回りしてチェック。
水族館も人気のピークはすぎたようだ。
ちょっとひかれたが、1人15000ウォンはもったいない気がする。
別に1人で水族館にひたってお魚と会話をしてもいいのだが、なんとなく恥ずかしい。
だからいつも女の子を無理にさそってつれて行く。
しかしある女の子はおいしそうね、とのたまわった。
人にはいろんな水族館での過ごし方があるらしい。

帰りもずっとたちっぱなし。
コーヒーショップで休んでいこうと思ったが、いまいち席があいていなかった。日曜日だし。

結局見終わったのは夜の11時すぎ。
マグノリアな週末であった、、、
パン。

うどん。

ケーキ。

お粥。
2000/11/18 (土) またぞうさんがやってきた。
朝起きると眼鏡がこわれていた。
レンズが2つともはずれていた。
いそいではめてみる。
しかし問題は、左右上下どちらかわからないことである。
たぶんOK。
だが逆にかけても同じぐらいである。
おかしい。左には乱視があるはずなのに。
いつのまにか左右同じの視力になってしまったのだろうか?

セキはだいたいおさまっている。
別に映画を見に行っても、よかった。
しかし見に行こうとしたときは、映画の時間が合わなかった。
ゆっくり、歩きながら帰った。
市場の古本市をひやかした。
中古のビックコミックを買った。

家でビデオ「ポーラX」の続きを見る。
ビデオやさんにぼてぼて歩きながら返しに行く。
なんかおもしろいのはないかな。
ジョニー・デップの「ノイズ」は2つとも借りられているし。
「カップ」にしようかな。
とぶらぶらみてたらすごいのを見つけてしまった。
「マグノリア」。
これも4月に忙しくて見られなかったやつである。
しかも上下。
まあこれは借りでしょう。
さっそく部屋に帰って見る。
また字幕をとめながら見てるのだが、字幕が多いこと多いこと。途中で嫌になった。
しかしおもしろい。

最近「モーニング娘」を聞いている。
聞きながらシゴトをしたり、歩いたりしている。
どれが誰の声だかさっぱりわからないのだが。
あざとい。がおもしろい。
パン。

ポックンパプ。

カルグクス。
2000/11/17 (金) こんにちわあ。
文面では伝わらないが、今日は声がヘンである。
なんだか、ハスキーボイス。
○○社長にかっこいいね、といわれる。なら普段の声はかっこよくないんかい。
落ち込む。
同僚の女の子にもいわれる。タフガイの声だと。
もっと、落ち込む。
いや、声は自分でもコンプレックスなのだ。
だからつかのまのコンプレックスから解放される。
ちょっと変身願望が満たされたりして。
自分でもおもしろくてしゃべってしまう。
このままハスキーボイスならカツラギユキだな。歌手にでもなろうかな。ただの風邪であるが。

とりあえず、エンドレスになりかけなセキはおさまっている。気がする。
しかし昼は飲み薬を飲み忘れた。
夕ごはんのあとに2倍のむ。

セキがとまったのなら、映画館にかけつけたい。
しかしほとんどはおさまっているのだが、ときどきたまらなくセキがでる。
これではまだ映画館に行けない、、、

しょうがないので家でビデオを見る。
レオス・カラックスの「ポーラX」。
くやしいので字幕ではわからない単語を全部辞書で引くことにした。
こういう勉強なら一生懸命にやる。
はやくからこういうやりかたですればよかったな。

後もう一つ気がかりは燃えるような食欲が戻らないこと、、、食べてはいるのだが、義務感と惰性で食べている。おもしろくない。
パン。

トゥルベグ。

豆腐。

おかゆ。
2000/11/16 (木) ついに病院送りとなった。
午前中は会社を休んだ。
体調が悪かったせいもあるが、休みたくなったのだ。
なんで体調が悪いのに残ってシゴトしてるんだろう。
て思ったらさぼりたくなったのだ。
そんな、いつもイイコなんてしてられへん。

昨日よりはセキは治まっている気はする。
でもやっぱり病院へ行くことにした。
ひさしぶりに病院への坂道を登る。
登ってみて驚いた。息があがるのだ。
やはり体力がなくなっているらしい。

耳鼻咽喉科へ行く。
漢字は同じ。イビイヌグァ。
この科には昔からお世話になっている。
しかしこの国で行くのははじめて。
1時間ぐらい待つ。
待合室にはTVがあった。個性的な結婚式なんていうレポートをぼおとみる。
診察室に入ってみると、歯医者にあるような椅子が並んでいた。
前の人が長い金属の棒で鼻の穴をシュシュッとやられてた。
げ、いやだなあ。
むかしからあのお医者さんが持っているべろおさえが、いやであった。
クチにつっこまれると、吐きたくなるのである。
しかし今日の診察はノドである。しょうがない。
ノドの中を診察しながら、先生はハと言ってくださいと言う。
ハ?オじゃなくてハ?
ハと言おうとしても、オにしかならない。だってクチの中に入っているんだもの。
最後にクスリの処方箋をもらった。
保険がないのでエラく高かった。でもしょうがない。

ひさしぶりにアナムドンで食べる。
以前のなじみのカルグクスやにでかけた。すっかりごぶさたであった。
おじさんもあいからわずだった。
カルグクスもおかずもあいからわずだった。
ただ食欲のせいか、食べきれなかった。
店には似合わないミュージカルの映像が流れていた。おじさんの趣味かな。

もう一つ寄るところがあった。
大学のパン屋である。
ここのパンはほんとうにおいしい。
しかしこのお店を教えてくれた人を思いだし、胸が痛んだ。
いやもう昔のことである。すべて忘れよう。
胸が痛んでもここのパンはおいしいのだ。
明日に生きよう。

M氏からユジャチャの瓶をもらった。
そう、そんなおいしいものがあるのを、すっかり忘れていた。
さっそく大カップで2ハイいただく。
コーヒーよりはずっとあったまる。
今日はセキをせずに寝られるだろうか。
パン

カルグクス

パン
2000/11/15 (水) セキが再び悪化した。
ほんまにほんまに、韓国の風邪はひつこい。
参るわ。

弱っているのか、懐かしい人がいっぱいでる夢を見た。
上司の車を盗んであまっているところで目が覚めた。
どうしてまたこんな夢を見たんだろう。

同僚たちは映画を見に早く帰った。
こちらはセキがでるので、せっかくの水曜日の映画の日も映画を見に行けない。
というわけですねる。

まあいいさ。
部屋でひとり映画上映会をしよう。
今日の映画はパトリス・ルコントの「橋の上の娘」。
4月の頃忙しくて映画がみられなかったんだよね。
そのころを思い出す。

再び食欲がない。
やっぱり僕には異常なことである。
人生の楽しみの80%がない。
映画館にも行けないからますます楽しみもない。
やせるからいいって?いややっぱりそういうものではない。
パン。

プテチゲ。

おかゆ。
2000/11/14 (火) タンは横になるとたまる。
あおむけに寝ている方がセキがでる。
朝起きた時がすごかった。
しかしおかげでだいぶおさまった。
昨日よりはマシである。
しかしこんな姿、他人に見せられるものではないな。

シゴトが一区切りついたところで、昨日発生したトラブルに取り組む。
頭は使わない。理論はない。
ただただ、可能性を一つずつつぶしていくテストである。
昔から問題点の洗い出し方法は変わらない。
時間はかかる。しかしこのやり方しかしらない。
でも、このやり方でメーカーのミスを発見したこともあるのだから。
そして今回も時間がかかったが、原因をつきとめた。
どうしてエラーが直るかはよくわからない。しかし結果がよければOKである。

今日は室長の誕生日。
誕生日のケーキとお菓子を食べた後、夕飯を食べに行くという。
ケーキを食べたあとに夕飯、というのもすごいけれど。
はっきりいってその時点ではケーキで腹がいっぱいだった。
また今日はやっぱり早く帰りたかった。セキもでることだし、まだエラーの問題とかヤルコトが残っていたし。
しかしセキがでるから、というと食べたら治る、という。
この押しつけがましいほどの親切さ。ありがたいのだが、ときどき閉口する。

しかし今日は早く帰りたかった理由があった。
昨日借りたビデオである。
ついでに洗濯もする。
パン。

チャジャンパブ。

ケーキ。
菓子。
2000/11/13 (月) ひきつづき、セキが出る。
まったく、大韓の風邪はひつこい。
再びセキのしすぎで、頭が痛くなる。冷や汗が流れる。
脳圧がかかっているのだろう。
このままではもっとアホになってしまう。
夕方には熱も出る。
食欲もあまりすすまない。
というわりにはちゃんと食べてる。なんでだろ?

そしてこんな日に限って、シゴトでまたいろんなことが起きる。
とりあえず、明日倒れることを想定して、明日に回せないものからやっていく。
ああなんでいつもこんなにシゴトが多いんだろう。

ノド用のあめをなめる。
しかしそうすると歯が痛くなる。
歯か、ノドか、むずかしい問題である。

再びドラマ「ケイゾク」を見る。
実は最後の2回は見たことがない。
この世界が終わってしまうのがもったいなかったのだ。
そして今日、一度見たところまで全部見てしまった。
いよい見るかな。
でも今日はメグ・ライアンのビデオを借りてあるのだった。
嫌い嫌いといいながら、どうしてビデオを借りてくるのだろう?

トースト

ビビンバ。

チョッパル。
うどん。
2000/11/12 (日)
2000/11/11 (土)
引き続き、セキが止まらない。
セキが出ると、映画館に行けない。
これが一番悲しいことである。
むかし、並木座で小津監督の映画を見ていたらセキが止まらなくなった。
さすがに途中で外に出て、あとでおさまってからそっと後ろから見た。
あのとき以来、セキが出るときは映画館にいかないようにしている。
それでなくても一度セキがでると止まらなくなるたちだから。
しかし映画館に行けないと、人生の日頃の楽しみのほとんどが、なくなる。
非常につまらん。
土曜日はしょうがないので、シゴトをした。
すると直さなければならないところを山のように見つけてしまった。
しょうがないのでどんどん直す。

帰りに本屋に寄った。
映画館に行けないので、しょうがない。
インターネットでチェックした本を探しに行ったが、さすがになかった。
しかも性格的に給料日より2週間を過ぎるとケチになる。
今日は池波正太郎と塩野七生を1冊ずつ、買う。
実は司馬遼太郎の「龍馬が行く」の1巻を買おうとした。そしたら1つで6万ウォンといわれる。そんな高いわけないやん。と抗議したら、全8巻の値段だった。ばら売りすると抜けた分が届くのに時間がかかるので、ばら売りしないんだそうだ。理由はわかるが、ちょっと不満である。

家でビデオを見た。
するとセキがまた止まらなくなった。
セキをしすぎて頭が痛くなった。
せっかくその日のうちにビデオを見終わったのに、返しに行くことができなかった。

次の日こそは映画館に行きたい。
どうかセキがおさまっているように。
幸い、落ち着いたようである。
お昼過ぎにさっそく映画を見に出かける。
しかし外の空気を吸うとだめであった。
バスの中でセキがとまらなくなった。
やっぱり、やばいかも?
でもそのあと落ち着いたので、映画館に行く。
目標はチャン・イーモウの「家へ行く道」。
しかし映画の半ばで大きなエッヘン虫がやってきた。
ここでセキをするととまらん。
必死に息を止めて、こらえた。
おなかがぶるぶる震えた。
幸い、それでなんとか押さえきった。
冷や汗がたらたらこぼれ落ちた。

それでも懲りずにもう一つ映画館を見ようとする。
しかし売り切れであった。
まあ今日はもう映画を見る名という神様の配慮であろう。
トイレに行きたくなったので、喫茶店に行った。
喫茶店でココアを飲みながら、本をしばし読みふける。

今日はチョンノでなんかデモでもあったようだ。
警察が出まくっている。
おかげでバスは完全に数珠繋ぎ。
おかげで地下鉄が混んでいた。
日頃のバスのありがたさを痛感する。

家に帰ってドラマのVCDを見る。
「踊る大捜査線 交通安全SP」。内田有紀のである。足がきれい。最後に青島が出ているとは知らなかった。
「ケイゾク」やっぱりこのドラマのオープニングはいままでみたドラマの中で秀逸だと思う。
しかしなんだか警察のドラマばっかり見てる。
また毎年1回はこんなセキ風邪を引いている気がする。
パン。

ポッサム。

カレーうどん。

パン。

プルコギバーガー

ホットク。

チャジャンうどん。
2000/11/10 (金) 今日もじじいのようなセキがでる。
今日はますますじじいである。
同僚のS氏には、笑われる。
同僚のH氏には、おしりに注射を打たなきゃだめですよん、と言われる。
あれ、痛いんだよなあ。歯の手術の時に懲りている。やなこった。
風邪は治りだけなのに、ノドだけがひどい。
この風邪の特徴である。
やなこった。

昼前にトラブル発生。
おかげで昼ご飯の時間が飛ぶ。
一息ついたら別のトラブル。
そしてまた知らない間に、サイトがリニューアルしていた。
うわ、チェックしないと。テストしないと。
そこに記事の訂正の依頼が。
今日も「精神をなくして」しまった。

雨上がりの冬の夜は冷たい。
ひさしぶりにアナムドンに寄った。
パン屋に寄ったら、ピザパンをおまけにくれた。顔なじみだからね。
道を歩いていると、向こうから知った顔が歩いてきた。
おもわず挨拶をする。
たぶん台湾人で、なぜだか僕に挨拶してくれる。名前も知らないのに。
帰りにビデオ屋に寄った。
今晩は見られないだろう。
でも明日このセキでは映画を見られないかも。それは悲しい。
というわけで楽しみのために借りておく。
019の携帯ってめずらしいですね、と店員に言われる。そ、そう?もしかしてつぶれるのかも。

家に帰って日頃見ないCNNを見る。
いやあおもしろいねえ選挙って。
両方勝ちっていうことで2年ずつやればいいのに。
決まるまでクリントン続投かな?
パン。

キンパブ。

おでん。

クッキー。

マンドゥグク。
2000/11/09 (木) じじいのようなセキがでる。
たんがからんでいるのである。
まあたんがでるだけ、いいことである。
ぜんそくの経験から、それはわかっている。
しかしすっきりとはしない。

今日は悲しいことがあった。
昨日、いない間にページがかわっていたのである。
かえるのはかまわない。
でもかわったことは教えてほしい。
情報が伝わっていないのである。
おまけにほとんどの定時に帰ってしまった。
なんだか寂しい。

これでセキがでなければ、僕も映画館に逃げるところなのだが。

ただし早く帰れない事情があった。
お客から電話が来るはずだったのである。
9時まで様子をみた。
結局、電話はこなかった。

体調は悪くないが、ときどき生体エネルギーがぐっとさがる。熱も上がる。でもひどくはならない。
もしかしたらセキ止めのクスリの副作用かも。
パン。

プルコギ定食。

ラジョキ。餃子。
2000/11/08 (水) いよいよ冬用の上着を引っ張り出した。
しかし、どうもカビ臭い。
やはり湿気だらけの部屋のトランクの中に放置されたのが、いけなかったらしい。
とりあえず表を拭く。
この服も、そろそろ引退かな。
冬用にいろいろと物いりである。

今日はめずらしくシゴトで外に出た。
エステの体験である。
今日は足マッサージ。
これが痛いのなんのって、もだえくるしんだ。
くわしいことはシゴトのページに報告するけれど。

ちょうど近くで取材していた記者のH氏と合流。
取材先のキムチをいただく。
H氏は新人ながら、実にちゃんとシゴトをしていた。
えらいなあ。改めて見直す。
僕なんて体験でもだえているだけである。
帰りにミョンドンに寄って会社に帰る。

会社に帰ろうとするとM氏から電話があった。
9Fのおもちゃ売り場にいるという。
行ってみると、M氏が赤ちゃんを抱いていた。
「わたしのこどもなの」
いつ腹が大きかってん。
「ほら、パパだよ」
パパになった覚えはないぞ。
ひさしぶりにクラスメイトのY氏に会う。なにせおなかが大きかった時しか知らなかったから、ずいぶん印象が変わった。すっかり赤ちゃんを連れて、ヤンママしてる。うーむ。

夜はヨンヤンパブ。石焼き栗入りあずきごはん、であった。赤飯は苦手だが、これはおいしい。しかも体によさそうである。
しかしセキはおさらまない。熱を出さないだけ救いである。エステに行くと風邪がひどくなるよ。H氏のおどしだけが気がかり。


帰りは指の先まで冷たくなった。
明日は手袋を出さないと。
パン。

チェユク定食。

ヨンヤンパブ。
2000/11/07 (火) 今日のトーストはまあまあうまくできた。
最初にマーガリンをフライパンに落とす。
つづいて卵。
上からパン。
そしてひっくり返す。
さらに上からパン。
上からじゅうじゅう押さえつけてできあがり。

セキはあいからわず。
まあまだセキがでるだけいい。
次第に鼻風邪にも移行しつつあるようだ。
持病のぜんそくさえおこさなければ、大丈夫だろう。

帰りの外は、冷えていた。
いよいよ冬がやってきたようだ。
あのソウルの冬が。
外に出るたびに戦いをいどむように歩かなければならない冬が。
しかし僕はこんな寒がりの自分がどうして極寒のソウルにいるのかがフシギである。
まあシゴトがあるからかな。でかせぎ。
その気になったらソウルの冬も楽しめるさ。

明日から冷えると思って、冬用の上着を出しておいた。
トランクの中にとじこもっていた皮コートから、強烈なにおいがした。
部屋に帰ってきても、そのにおいで満ちていた。
ぼろぼろやね。
そろそろ買い時かな。

家に帰ると、知らない男からのメッセージが留守電に入っていた。
「電話にでろ!」
かなり怒っているようである。
しかし知らない声である。
たぶん間違い電話だろう。
メッセージぐらいちゃんときいてくれ。
それとも韓国人の発音に聞こえたのかしらん。

最近、社長の顔が悪い。
やはり焦りを感じているのだろう。
でもそんなに思っているようにはいかないよ。
せめて明るく行きましょうよ。
上のあせりというのは自然と伝わるものだから。
パン。
ポクンパプ。
KFCの長いの。
2000/11/06 (月) 体調指数はややあがったが、セキがおさまらない。
セキが長引くのもあんまりよくない。
薬屋にいくと、また違うクスリをくれた。
3回とも違うクスリである。
今回は飲み薬であった。
胃腸薬も飲み薬がけっこうきいたから、効果あるかもしれない。
と期待する。

しかし歯も問題である。
休火山のような親不知が。

朝、屋台ののトーストに挑戦。
シジャンの屋台でやっている、あのあつあつのトーストである。
結果、失敗。パンがこげた。
こんど屋台に行ってトーストの作り方を研究してこなければ。

お昼に食欲がない。
食欲がないと人生のヨロコビの大半がうばわれる。
非常におもしろくない。
日頃はもてあまし気味の食欲も、大事なのだ。
さっそくナツメジュースを買ってくる。
これが効果テキメン、晩ご飯を食べてもなおおなかがすく。
昼がすくなかったせいもあるが。
やっぱり食欲がある方がいい。

今日は早めに帰る。
いつもと違うバスで帰る。
バス停から距離があるけれど、にぎやかな方がいい。

最近、1週間がほんとうにみじかい。
あせっているんだろうか。
せめて1日をゆっくり生きたいと思う。
パン。

揚げパン。
ハンバーガー。

石焼きビビンバ

お豆腐
2000/11/05 (日) ひさしぶりにたっぷりと寝た。
おかげで頭が痛い。
むかしから寝過ぎると頭が痛くなるのである。

大韓のクスリは強烈に効く。
おかげでセキは小康状態。
しかしさらに頭痛薬も飲んだ。
いかにも全身薬漬けというかんじ。
体の奥がぼんやりとする。

今日は大学路でC女史との会談。
といいながら体調は65%。
全開でお話できなかったのが残念。

大学路は日本食やらベトナム食やら、いろんな食べ物屋が増えていた。
研究の余地ありである。
それにしても人の多いのに閉口する。
ついでにデモなんてやっているからなおさらうるさい。。
近くの成均館大学に行く。
こちらの紅葉も美しい。
紅葉もすっかりソウルの麓までやってきた。

ようやく「踊る大捜査線」を全部通して見る。
今日のあとの楽しみはBSの「国境紀行」。国境マニアとしては押さえの番組である。
パン

とんかつ

ドーナツ
2000/11/04 (土) やばい。
セキが出始めた。
周りの風邪の状況を見ると、セキが出始めると長い。
それに少し熱っぽい。
今日は早めに帰ることにする。
土曜日に早く家に帰る。
日本でもあまりなかったことだから、違和感がある。
どうもなじめない。
なじめないままごろっとする。
しかしせっかく早く帰ったので、髪を切りに行くことにする。
大学近くのソウル理髪店。
名前はでっかいが店は小さい。
しかしここのおじさんは丁寧に髪を切ってくれた。
とっても75%はバリカンだったが。
こっちの理髪店はバリカンを愛用する。
日本のようなはさみがしゃかしゃか動く音は聞こえない。
髪もおじさんが洗ってくれた。

家に帰ると眠くなった。
どうも家に帰って何時間後に眠くなるプログラムが組まれているらしい。
というわけで8時過ぎに蒲団をひいて寝る。
パン。

チャジャンパブ。

カレーうどん。
2000/11/03 (金) 朝、バスの運ちゃんと乗客のおばちゃんがもめている。
おばちゃんが抗議して降りたあと、バスの運ちゃんは乗客の方にやってきた。
「お客さん、きいてくださいよ」
どうもバスが揺れた拍子におばちゃんがひじをイスのカドにぶつけたらしい。
「それでケガしたっちゅうんですよ。話にならないっすよね?」
ね?といわれてもこっちは外国人である。うなずきようがない。
そのあとも運ちゃんは運転士ながらひとりごちていた。
日本なら、、、、まずそれはないだろうなあ。

昨日はみんな深酒したらしい。
おかげでみんな定時にこない。
定時を過ぎてきても、死んでいる。
どうして明日のことを考えて、飲まないのであろう?
終電とかそういう意識はないらしい。
やっぱりタクシーが安いせいだろう。

と言うわけでみんな早く帰った。
この機会をのがすわけにはいくまい。
セキも出る。やばいかも。大事をとるべきか?
でも今日は好奇心が勝つ。
というわけで映画「ハミョンテンダ」を見る。

家に帰ると、ドアに調査票が貼ってあった。
国勢調査である。
そうか今年は日本の国勢調査にカウントされなかったな。
でも前も調査票を出し忘れた記憶があるが、、、
みるとちゃんと日本語のページもある。
あれっと思ったら、外国人用だった。
パン。

カルビタン。

お豆腐。
2000/11/02 (木) 体調は小康状態。
しかし再びおなかが悪化する。
これはもう悪化というレベルではない。
トイレとお友達を通り過ぎ、トイレに住んでいるのと同じぐらいである。
今日は会社で映画を見に行く。
そのためにもトイレに住んでいるわけには行かない。
しかし、映画を見るとおさまった。
そういうおなかである。

今日はこの前結婚したMM氏が肉をおごってくれるという。
というわけで映画のあとにとんでいく。
MH氏、M氏と4人で6人分の肉を堪能した。
そのあと、うちでMH氏の持参した洋酒を飲みながらドラマ「秘密」をみた。
MM氏のドラマへの没入度はすさまじい。
かぶりつきといってもよい。
こっちはひさしぶりの洋酒に酩酊した。

初めてあった人(韓国人)にどらえもんといわれる。ひどい。
ならポケットからいろんなもんだしてやる。
パン。

タッカルビ。

カルビ。

洋酒。
2000/11/01 (水) 今日、昨日の敵の○○社長は蓄電した。
だれも行方を知らぬ。
大丈夫かな?この会社。
朝から割り込みのシゴトがわんさか入って、頭がパンクする。
さらに同僚の態度に、ひそかにキレル。
でももう大人だから、気持ちの処理の仕方はわかっているのさ。。

体調がひきつづきおもわしくない。
ノドが腫れている。
午後になって体調が急降下。
こりゃいかん。薬を買ってくる。
おかげでちょっと落ち着いた。

今日は映画を見る日である。
本来なら、多少体調が悪くても、見に行く。
しかし明日も予定も捨てがたい。
今日は大事をとって、やめておく。
日本なら今日はサービスデー。万難を排してでも出かけただろうに。

部屋には食料が余っている。
いつも早く帰ってゆっくりご飯でも食べたい。
しかしその一方で家に帰りたくない。
ずっと2つの自分が争っている。

ひさびさに早い時間のバスに乗る。
道もバスもこんなに混んでいるとは知らなかった。
これなら地下鉄で帰ればよかった。
パン。

きのこ、野菜なべ。

カレーカルグクス。

ホームに戻る


※すべての文章の権利はぼうずに属します
Bouz Co. 「GOGO!ソウル」