GOGO!ソウル
労働日記

2000年12月


2000/12/26 (火) 今日はシゴト納めのはずである。
そのはずだったが、やはり日々のシゴトに追われてしまう。
まあそう予定通りにはいかないさ。

銀行にお金を下ろしに行く。
あとは今月までの電話料金を払いに行く。
しかし銀行はゲロゴミ。
例の他銀のストライキがひびいているらしい。
74人待ちのあいだにCD機からお金をおろす。
明日、円に換える分と、手持ちのウォンの分と、、、
だんだん旅行者に戻っていく。
最近、ふっとなつかしいソウルのにおいをかぐ。
鼻も旅行者に戻ってきているらしい。

体調は昨日よりだいぶ楽であった。
でも念のため、医院に行く。
やっぱり気管支喘息、だそうだ。肺から口笛が聞こえますね、と医者がのたまう。肺が口笛の口笛男。
喘息。ひさびさにきく名前である。
韓国ではほとんどでなかったのだが。
また喘息と言われてもそれほどきびしくはない。
ただときどきたんがはげしくからむだけである。
今日もお尻に注射。今日は反対側の右尻に打たれる。
左のお尻も打たれたならば右のお尻も、、、、

かくして大あわてて今年のシゴト納め。
セヘポクマニパドゥセヨ。
というと、たくさんたくさん福を受け取ってねといわれる。
あと奥さんを日本から連れてくるようにと。
そりゃちっと時間が足りないなあ。

夜はクラスメイトと忘年会。
タッカルビのあと、少し飲む。
しかしやっぱり飲んだのがいけなかったらしい。
途中でがくっと体調が下がる。
カラオケ、と言う話もあったけど、のどはおかしいし、きいているだけの体力もなくて、あきらめてもらう。
凍りながら家に帰った。
下半身がやっぱり寒い。
そろそろ靴下2枚はき、だな。あるいはパッチか?
カルグクス。

チャジャンパブ。

タッカルビ。

レモンソジュ。
踊るひと
2000/12/25(月) 窓を開ける。
ホワイト・クリスマスであった。
ムード満タンやんけ。
しかしかなしいかな、体調は全快とはいかなかった。
買い物があったので、外に出る。
無理ができない。走れない。
おまけに下は雪が凍ってつるつる。
さらに凍るように寒い。
ゆっくりそろそろと歩く。

でも無理ができないせいで、いろんなことをゆっくりながめることができた。
日頃つきとばしてばかりいる、うざったい人の流れも今日はつきとばされるばかり。でも抵抗できない。それもよい。

カレーやさんにいった。
会社に同僚に教えてもらったところ。
新しくできたビルの地下2階のフードコートの一角にある。
なんとカレーが2000ウォンから食べられる。
ナンやごはんをつけても3000ウォンぐらい。
しかもナンは注文後に焼いてくれる。
カレーも本格的。いわゆるインドのカレーである。
お店の人もインドもしくはパキスタンというかんじ。
今日はチキンカレー。
本を読みながらゆっくりゆっくり味わって食べた。

映画館の前を通る。
やっぱり今日は映画は満員。
数時間先の回までほぼ売り切れであった。
さすがにクリスマスにピカチュウを見るカップルはいなかったようだが。

2件のお店で友人への土産を無事ゲット。
全部ではないが、許してくれるだろう。

本屋へよる。といっても今日は買わなかった。幸い間に合っているし。日本でも買えるし。

つかれたので、いつもいく喫茶店まで歩いていく。
元気はないが、気がかりのぜんそくはたいしたことはなさそう。
たいへんなときは階段を上っただけでしんどいから。
階段はぜんそくの気があるときのバロメーターである。

喫茶店で本をボーと読む。
ときに眠る。
店内ではおばさんの日本語がきこえてくる。どうも金銭トラブルらしい。300万、600万、そんな声が聞こえてくる。たいへんやね。
同じくノドを痛めてしまった友人に、ケーキを買っていってあげたかった。
2人でケーキを山分けしたかった。
が悲しいかな、たどりつくまでの体力がなかった。

こうして去年の冬のように、喫茶店で暖をとりながら街を歩く日々がやってきたのかな。まあ去年の冬はプーだったけれど。

家に帰ってビデオ「エリン・ブロコビッチ」を見る。
冷蔵庫の食べ物を片づけながら。
パン。

ソーセージ

カレー。

ウィンナーソーセージ。

カルグクス。
散歩のとき何か食べたくなって

踊るひと
エリン・ブロコビッチ
2000/12/24(日) 今日はクリスマスイブである。
ソウルで初めて迎えるクリスマス。
友人を電話でさそう。
しかし友人には体調がばれてしまった。
いや昨日よりはよかったのだが。
友人の言うとおり、今日は1日休むことにする。
FMからはクリスマスソングばかり流れてくる。
部屋の中なんていたくない。
ほんとうはいろいろのぞいてみたかった。しかしこれも神のおぼしめしなんであろう。

昨日のビデオの続きを見た。
韓国映画「ムルコギチャリ」。
見終わったら次は「あ・うん」。
向田邦子原作の日本映画。Kさんから借りたもの。

あいまにごろごろ本を読んだ。
たまに熟睡。

ビデオショップにビデオを返しに行く。
でも返しに行く前にBSで朝鮮半島の番組が始まる。
それを見てから行く。途中で寝てしまったが。

パン屋による。
パン屋の前にはケーキが。
やっぱりこちらもケーキを食べる。
パン屋はかせぎどきである。
ケーキを抱えて帰るカップルをみかける。
いやもう別になんとも思わんけれど。
1人で食べるには、ちょっと多すぎるなあ。
ケーキに似た菓子パンを買って帰る。
そういえばイブにカルビを食べにいったこともあったっけ。
そんな友人も裏切って結婚してしまったが。

夜はBSで「デジスタアワード・2000」を見る。
やっぱしおもしろかった。
別にイブの晩にこんな過ごし方をしても、いいか。
カルグクス。

おかし。
サツマイモサラダ。

豆腐、カルグクス。
サイレント・マイノリティ
散歩のとき何か食べたくなって
あ・うん
ムルコギチャリ
2000/12/23(土) セキが再びとまらない。
というわけでビルの11Fの医者に行く。
注射をうたれた。またお尻にである。
そしてまたクスリをもらう。
しかしこう医者ばっかりいっていると医療費がかかってしょうがない。
そろそろ医療保険に入るべきだろうか。

実質、今日が今年の仕事納め。
今年中に終わるべきシゴトから片づけていく。
今日は映画でも、、、と思ったが、セキが気になるのでやめておく。
どうしてもみたい、、、と言う映画もなかったし。

夕方、外から騒がしい音がする。外でラジオの公開放送があるのだ。
人混みをかきわけ、コンビニにサツマイモサラダを買いに行く。
それからお金を下ろしに行く。
しかし前の列の女の子のカードが機械に食べられてしまった。
どうしましょうねえ。電話してみたら?次使ってみて。いやこわいわあ。といったら笑われた。
他の機械でおろしてみる。
すると小切手しかでてこないではないか。
現金がなくなると小切手しかでてこないらしい。
いつもは小切手でだそうとして大量の札束に苦労するのに。
今日こそは現ナマがほしいのに。
結局、家の近くでようやくおろせた。

家に帰って本を読んだりBSを見たりビデオを見たりする。
パン。

トンテチゲ。

豆腐、カルグクス。
坂本龍馬の人間学
散歩のとき何か食べたくなって
2000/12/22(金) 朝、会社に行くとやっぱり人がいた。
今日は1人である。家庭問題をかかえているらしいT氏である。
でも今日はもう起きて歯を磨いていた。
さらにPCでTVを見ていた。
そろそろ会社に宿泊する生活に慣れてしまっているのではないだろうか。

今日は忘年会。
とうわけでお昼も軽めに。

そろそろ今年のシゴトもしまいである。
しなければならないシゴトからかたづけていく。

友人が会社に来た。
というか友人と友人の会社の人たちがやってきたのである。
ちょうど医療費の精算をしないと、、、なんてごそごそやっているときにやってきたので、少しはずかしかった。
うちの○○社長に会わせる。
○○つぼのなかでいかなる話がされたのかちょっと不安。なんどかそっとう外からかがう。

夜は忘年会。
なんと5時からである。予約の関係かららしい。
今日は社長からとばす。
バクダン酒(チャンポンのお酒)をつくりだしたのである。おいおい。
かくしてみんなバクダン酒をまわして飲みだして酩酊。
ノドの調子もあったので深酒できない自分はただながめるだけである。
おまけに酔いやすいからなおさらバクダン酒には手が出ない。
酒席っていややわ。
というわけで1次会で帰る。

でもおかげ早く家に帰ることができた。
ビデオも借りてきた。
でもオンドルの上にごろごろして宮部みゆきの小説を読みふける。
気がついたら読み通していた。
映画を見ているみたいにおもしろかった。
パン。

キンパブ、マンドゥ。

カルビ
スナーク狩り
2000/12/21(木) おきたら7時前。いつもより1時間遅い。とっても寝坊した気分。

今日も会社に行くと、3人いた。
いや3人寝ていた。
そろそろソファを買って欲しいな。

今日は忘年会。
と思ってたら実は明日だった。
心の準備をしてきたのに、拍子抜けする。
でもそしたら今日は映画を見に行けるぞ。

というわけで定時になるとすぐ映画を見に出かける。
やっぱり1週間の間に1度ぐらいは映画館に行かないと。
今日は再び「人狼」である。
新作に魅力あるのがなかったこともあるが、もう一度見てみてみたくなったのだ。
しかし映画の開示時間を間違えていた。
というかかわっていたのである。
おかげで40分近く時間が余る。

会社に戻ってもよかったが、別に戻らなくても良かった。
というわけで映画館の喫茶店でぼーと本を読む。
手持ちのロールパンをかじりながら。

しかしニュースによると映画の値段が上がるという。
こちらとしては家計に大いに響く。反対だなあ。安いけど。

外はクリスマスシーズン。
いろんないベンとが行われているらしい。
芸能人が乗ったらしいバンを、女の子たちが取り囲んでいた。
パン。

ビビンバ。

パン
スナーク狩り 人狼
2000/12/20(水) 朝、事件が勃発。
バス停に向かう途中で、腹がいたくなったのである。
きたきたきた。以前はよくあったことである。
必死の形相で駅のトイレに行く。
しかし工事中だった。愕然とする。
工事中のおっさんにきく。
そしたら2号線の方にあるという。
ふたたび必死に走り出す。
トイレの案内板がみえた。
「200m」。
200m?絶望的な数字である。
階段を下り、階段を上がり、ホームに降り、ホームを端から端までつっぱしる。
その姿はまるで競歩のようであった。
だから競歩ってすきじゃないんだよなあ。
今日のTVで見たんだけど。
そして階段を上がり、駅事務室の中にトイレを発見。あと30m。
ようやく到着。
そしてやっぱり、いやあろうことか、全部ふさがっていたのである。
ノックをしまくる。はやくでてくれ。
幸い、一つがすぐあいた。
こうして命拾いしたのである。
教訓、出かける前にあぶないと思ったら念のためトイレに行きましょう。
到着時間は15分おくれたが、朝から疲れまくった。

そして会社に着くとまた2人寝ていた。
いいかげん、家に帰れよな。
気を遣って電気もつけられしない。
暗い中でシゴトを始める。

今日は会社に友人から電話があった。

今日は1人会社の人がやめた。
営業の人である
社長とあわなかったらしい。歳も近いしね。
それよりきびしいのが室長である。
また何かあったら電話くださいといったら、室長は電話することはないと言い捨てたそうだ。
そしてある予約システムに今日からパスワードができた。
警戒しているのである。
なんて心がせまいことよ。

帰りに映画を見ようと思っていたが、夕方しかかっていたシゴトでのがしてしまう。多分今週までだし、今週の日程を見ると今日しかなかったのだが。
ざんねん。
でもまたどっかでやっているかも、

かわりに帰りにコーヒーショップによる。
どっかで頭を休めたかった。
ぼーと本を読んだり、ほんとうにぼーとしたりする。
ふっと新しいパン屋でロールパンを買って帰る。
パン。

チェユクトッパブ

チャジャンパブ。
酢豚

カフェモカ
スナーク狩り
2000/12/19 (火) 今日も会社に一番のりさ。
電気のスイッチをぱあっと入れる。
しかし、ふっと右を見ると寝ている人がいた。
さらにミーティングコーナーから男女のペアがもそもそ起きてきた。
おいおい、ここはラブホちゃうんやでえ。
また電気を消した。
暗闇でシゴトを始める。

今日もいくつかトラブル。
一つは価格がまちがっていた。これはもう平謝り。
そんな割り込みのシゴトがある。
そこに室長がお客さんでオンラインソフトを買おうとしているのだが日本語だから助けてやってくれと言われる。
いやいま忙しいんですけど。
でもすぐ終わるからさってすぐ終わるわけがない、、、、
しかも買おうとしているソフトは将棋のソフトであった。

夜、無駄話でかなり気の利かない発言をしたのにあとで気がつく。
帰り道、ちょっと落ち込む。
しかしもう言ってしまったことである。

家に帰って夕ご飯を食べながらビデオで「ノイズ」を見る。
パン。

フェトッパブ。

ラーメン。
豆腐。
坂本龍馬の人間学 ノイズ
2000/12/18 (月) 目覚まし前に、目が覚めた。
だんだん慣れてきたのかもしれない。
寝る時間はあんまり変わらないのだけれど。

会社に行くと、久しぶりに誰もいなかった。
家庭問題でほとんど毎日泊まっていた彼がいない。
きくと昨日故郷で知人の結婚式だったそうだ。
そんな家庭状況じゃなさそうであるが。

同僚のK氏に、MP3のダウンロードサイトを教えてもらう。
さっそくいろいろダウンロード。
ダウンロードしながら聞けるのがいい。
こりゃみんなダウンロードしまくるわ。

今日は年末調整の説明があった。
どうもこの手は面倒くさい。
しかも日本の保険は控除されないらしい。ほんとうだろうか?

帰りはわざわざ6号線に乗って帰る。
アナム駅に到着。
ここは沿線でもメイン駅である。なにせ高麗大があるから。つくりも広い。
しかしこんな大きなモノを地下につくっていたなんて、想像もしていなかった。
そして深い駅から外に出ると、見慣れた町並みがあった。
感激した。
これが1年以上待ち続けたことだったのだ。
もし1年前にあれば、、
しかしこれで人の流れもだいぶ変わることだろう。
マウルバスも影響をうけるんじゃないかな。

昨日用意されていた街路樹は、すべてもう植えられていた。
元ビリヤード場のファンシーショップでまたたれぱんだクリスマスカードを買う。
またばかすか買ってしまった。

帰りにジョニー・デップの「ノイズ」を借りて、帰る。
でもBSでアンジェイ・ワイダを見る。
パン。

あけたうどん。

お菓子。

チャプチェパブ
坂本龍馬の人間学
2000/12/17 (日) ふっと起きると、7時半だった。
日曜日にしては早い。
でもいつもよりは遅いので、寝坊した気になる。
ぶらぶらと外に散歩に出かける。
できたばっかりの地下鉄の駅まで行って見た。
つい乗ってみたくなったが、さすがにそれは思いとどまる。
パンやでパンを買った。
街路樹を植えるらしい。道ばたに木がいくつもころがっていた。

午前中はシャワーに皿洗いに洗濯。
窓を開けて空気を入れ換える。

午後は大学路に行く。
友人と映画を見る。
「チキン・ラン」。
ウォレスとグルミットと同じスタッフによる、クレイアニメ。
大学路で映画を見るのは初めて。
大きさが手頃でよい。
また待合いスペースが広いので、ゆっくりすごせる。

日本料理屋に行った。
日本の雑誌がある!といことでついむさぼるようにながめる。
カウンターでは日本語が飛び交う。「やきめし、ひとつ!」
ここはどこ?というかんじ。

友人と映画や音楽、シゴトの話をする。
友人に早起きを推奨しまくる。
早起き教やね。ああいかんなあ。
友人がスーパートランプのCDを買った。
たぶん僕がいままでに生涯唯一買った、洋楽のLPである。
(ポール・モリアをのぞく)。
1曲目を聴いてみた。
頭の奥底からはるかな記憶がよみがえる。

家に帰ってBSを見る。
サハリンまで来たポーランドの民俗学者の孫がポーランドの親戚に会いに行く話。
ポーランドはどこかの国とおなじく、血のつながりを大事にするらしい。
彼はそのポーランドの初代元首も出したという名家の唯一の跡継ぎだったのである。
顔を見ていて驚いた。
彼のいとこにあたる女性と、ポーランドにいたある親戚の女性の顔が、実によく似ていたのである。
またその女性と彼の娘の一人が、よく似ていたのである。
血の濃さってすごい。
そして今日の20世紀の巨人は「メニューイン」。

買ったばかりの携帯にはまる。
電話番号登録。ハングルを入力してみた。意外と簡単だったが、スペルを忘れてた。
なぜかテトリスもできるらしい。
陰暦、陽暦の変換もできる。
またホットメールの確認もできる。でも日本語がでないから、どうしようもないけれど。

パン。

ビーフカレー。

ポップコーン。

焼きめし。
スジコン。
揚げ出し豆腐。

コーヒー。
チキン・ラン
2000/12/16 (土) 今日も歯医者に出かける。
今日は院長先生。
キド、を行う。
日本語ではなんというか知らない。
しかし歯に何かかぶせるための前段階である。

まだかぶせるものの説明があった。
これが高いのである。
セラミック、金属、どっちにする?と聞かれる。
どっちにしろいまお金がない、。、、
こちらでは歯に保険がきかない。らしい。
日本の生命保険も歯の治療までは、きかない。

土曜日である。
なるべくはやくきりあげる。
といっても今日は特にみたい映画がない。
というわけでずるずる会社にいた。

全線開通した6号線に乗りにいく。
といってもいまだいろいろ工事中である。
2号線は乗り換え通路ができていないし、途中の4駅は駅ができていない。
でも開通。工事中の駅はあとまわしである。
その区間は当然徐行。
でもこれがおもしろい。建設中の地下鉄工事現場見学というかんじで。
しばらく6号線で通う人は毎日ここで進捗具合が見学できる。

ヨンサン近くの駅から歩く。
夕方の外は寒い。
今日の目的は、携帯である。
数日前から、おかしくなったのだ。
アンテナも壊れているし。
新しいモノに変えようと思う。
今のは中古でかりもんだから。
その借りたお店に行く。
きいてみると、買い直しても電話番号は変わらないそうだ。
いくつか機種を見せてもらう。
もちろん、薄いのは高い。安いのは、かっこわるい。
なにせ2000年シドニーモデルなんて、買いたくない。
結局、小さいやつにした。手が小さいから。
金額は、、、ひさびさの大金である。
日本のPHSすら1/10の価格だったのに。
というわけでまた衝動買いしてしまった。
一気に疲れた。
ひさびさの電気街だから、いろいろまわってみたかったが。

帰りに本屋に寄る。といってもいまけっこうまにあっているが。
セールなので日本で買うのと同じ値段であるのがうれしい。

BS討論、という番組がある。
土曜日の夜に繰り広げられる、実に正しい討論である。
どっかのほえているだけの討論番組とは違う。
さすがNHK。
でも清水義範的にからかいたくなるけれど、、、
パン。

キムチチゲ。

お菓子。


ラーメン。
お豆腐。
スナーク狩り
2000/12/15 (金) 今日も6時に起床。
8時前に家を出る。
外は雨上がり。
おかげで暖かい。
5度を超えると暖かいと思うなんて。

今日は会社に行くと3人が寝ていた。

今日は1つまたトラブルがあった。
ちょっと相手が悪かった。
かなり怒らせてしまった。
ここはすぐ説明して謝っておく。
相手の気持ちも分かるし謝って減るモノはないのだから。

夜はフリーカメラマンの人と食べに行く。
会社のH氏の知り合いである。
会社では即席の撮影講座が行われた。
社長はこういうことが好きである。
途中で一部通訳をする。
しかしどうも日本人と韓国人を間違えてしまう。
韓国人に日本語で、日本人に韓国語で行ってしまうのである。
こりゃ通訳にはなれんわ。

帰りにH氏とともにカメラマンをトンミョの空き地に案内する。
やはり写真家である。どんなところもどんどん入っていく。
そしてささいな光景をのがさない。
パン。

チェユクサムパブ。

カルビ
ネンミョン
散歩のとき何か食べたくなって
2000/12/14 今日も早く起きる。
めずらしく、8時過ぎに家を出た。
こちらは西にあるので日の出が遅い。
明るくなるのは7時半ごろである。
だから8時過ぎでも気分は朝方。
これはいい。
やはり早起きはいいかもしれない。
不思議なことにあんまり寝る時間は変わらないのだが。
早く着いたのだが、すでに2人ほどいた。
というか泊まりだったのである。
1人は離婚問題で家に帰れないらしい。
1人は酒飲みだから、いや仕事も忙しいけれど、家に帰れないらしい。

今日もシゴトでいろいろあった。
ほんとまあ今日はいろいろいろいろあった。
あとで本にしようかしらん。

さて、日本往復の手配である。
帰りの船が昨日はなかった。
これは日程を全体的に1日ずらすしかないかな。
と思ってもう一度インターネットの予約サイトをのぞいてみた。
すると空席がたくさんあるではないか。
いそい予約をする。
なんだったんだろう。
たぶん大口でおさえていたところがあったのかな。

これでまず帰りの基本を確保。
次は泊まるところである。
これもインターネットの予約サイトでチェック。
2つほど迷ったが、結局地の利をえらぶ。
こちらもあっさり予約できた。
インターネットって便利だなあ。
日頃予約システムを運営していながら、よくしらなかった。
やっぱり経験はいい勉強になる。

やっぱり朝からシゴトしていると、夜はするきにならない。
定時をまわったら、明日に回せるモノは回し、今日やらなきゃならないことだけをやる。
そうしてもあんまりペースはかわらないのだから。

というわけで今日も映画を見に行った。
始まる1時間前に映画館に行ってチケットをゲット。
映画館に連れてって〜ていう声を残して映画館に走っていく。

しかし映画館に行ってみると、知らない女が座っていた。
そこ僕の席なんですけど。
幸い連れの男がわかってどいてくれた。
この前はひどかった。
正しい席に座っていたのに、どかせられたのである。
つまり、自分の席の番号を、目の前にあるモノとおもっているらしい。
番号は背中にあるのが正しいのに。
あの2人はずっとずっと間違えて問題がいままでになかったのだろうか。
たぶんなかったんだろうなあ、、、

映画は「アンブレーカブル」。
たのむから最後の英文もちゃんと訳してくれ。
パン。

フェトッパブ。

お菓子。
坂本龍馬の人間学 アンブレーカブル
2000/12/13 (水) 奇跡である。
6時に目が覚めた。
でも朝ご飯を食べたら、またいびきをかいて寝てた。いかんよな。

歯医者に行った。
お客さんかな、と思ったらどっかでみた顔である。
よくみると担当の歯医者さんだった。
いつもマスクしているのでわからなかったのだ。
でもこの歯医者さん、腕はいいのかも。
治療中に寝てしまったのだ。
あんまり痛くなかったこともあるが。
何度か口をあけてくださいと言われる。
しかも今日は口の中につっこまれると吐きたくなるアレルギーがでなかった。
これも早起きのせい?それと中国茶のせい?

そういうわけで朝、落ち着いていたはずであった。
しかし営業および社長と大喧嘩をする。
クビになるかも。
原因は僕の早とちりで、僕もかなり悪いのであるが。
あとで営業の人にはあやまり、社長にも説明し、ついでにいろいろ話をしたのだけれど。
慢心してはいけない。思い上がってはいけない。これも神様の試練かな。

お昼は郵便局にでかけることもあって、1人で外に出た。
気になったお店にいってみたかったのである
新しいお店は気になる。
うどんやかな、とおもったが、うどんとトンカスがメインらしい。
思わずトンカスを食べる。
しかしメニューを見ていると不思議な名前のうどんがあった。
「アケタウイドン」。
ああなんだろう。これは、、、
1.アケタさんが考えた。
2.アキタウドンがなまった。
3.純粋な韓国語

最近は残業しない。
ごはんを食べて、帰る。
映画でも、、、とまた食指が動いたが、。今日は頭がすーすーする。なんか心にひっかかる。やめておこう。

帰りにコーヒーショップに寄った。
大学近くにできた、ドトールスタイルのお店。
というか、ナントカバックスというお店に、とっても似ている。
カップもマークも。ぱっちもんかも。
ぼーと本を読んだ。

明日、M氏がアナムドンを去る。
下宿には灯りがついていた。
あしたからはつかない灯りである。
今日は片づけでいそがしいだろうなあ。
それか下宿でお別れ会だろうな。
と思っていたら道の向こうから呼ぶ声がした。
と思ったらM氏が走ってきた。
部屋には別の人がいて、いま帰ってきたところだという。
昨日、本を返しに来てくれて会ったのだが、今日まさか会えるとは思っていなかった。
これも神様の思し召し、もとい、コーヒーを飲んだおかげである。
昨日しわすれた握手をする。
パン。

とんかつ。

チーズキンパブ。

カフェラテ。
24時間の知的生活術
2000/12/12 (火) 病気2日目。
今日も早起きをする、といっても昨日より30分遅い。
こうやってどんどん元に戻っていく可能性、高し。

午後、飛行機のチケットを取りに行った。
途中で飛行機代をおろしていないのに気がつく。
あわてて近くの銀行に飛び込む。
チケットは思ったより安かった。
すっかり顔なじみの旅行会社である。
ちょっとは安くしてくれたかな。
でもいちよこれで一時帰還が無事決まった。

帰りに合い鍵を作った。
玄関の扉の鍵だけ合い鍵を持っていなかったのである。
しかし、あろうことか、実際に使ってみると、使えなかった。
使えない合い鍵。むむむ。

最近、中国茶にはまっている。
ジャスミン茶と水仙茶を交互に飲む。
会社に中国に留学していた:人がいるので、お茶の煎れ方を聞いてみた。
でもどうも水仙茶はマイナーなお茶でよくわからないらしい。
でもまあお湯を注ぐだけでいい感じである。

ついに足の先まで寒くなった。
いよいよ靴下2枚の季節がやってきたかな。
それともいい靴を買った方がいいだろうか。
パン。

牛丼セット

チャジャンミョン
ムーン・リヴァーの向こう側

坂本龍馬の人間学
2000/12/11 ときどき、病気になる。
なんというんだろう。
早起き病っていうやつである。
やたら早起きしたくなるのだ。
まったく、こまったものである。
興奮したのか6時前に目が覚めてしまう。
しかし朝からおなかが悪化。
どうも夜中にたべたたいやきの残りがまずかったらしい。
あるいは昨日飲んだジャスミン茶のせいだが、、、
たぶんそのせいではないであろう。

問題は今日朝歯医者にいくはずであった。
歯の治療中に腹が風雲急を告げる。よくない。それはよくない。
念のため日本の胃薬を飲む。
幸い、大丈夫であった。

というわけで歯医者に出かけた。
かむなというのにかんで一度ぐきっといった。
苦手なレントゲンを撮る。
また吐きたくなった。
そしたら歯医者のお姉さんが押さえてくれた。
ほんとうに申し訳ない。

早起きしたので夜の残業はしないようにしよう。
といっても今日やらなきゃならないことはしょうがないけどね。

8時過ぎに帰る。
まっすぐ帰ってもよかったのだが、虫がさわいだ。
下の映画館による。
そしてああ、気がついたら映画のチケットを手にしていたのだった。
日韓合作映画「純愛譜」を見て帰る。

今日はついに毛皮の帽子をかぶる。
いよいよそんな季節がやってきた。
たいやき
パン。

トルベク


いか

スパム。

野菜スープ
ムーン・リヴァーの向こう側 純愛譜
2000/12/10(日) 午前中は寝ましょう。
と思ったが、寝ようとすると眠れないものである。
うつらうつらして、11時過ぎにようやく頭を上げる。
腹が減ったから。

映画を1つ、見に出かける。
「ポルノグラフィック・オフェア」。
めずらしく単館ロードショーである。
めずらしく1人で見に来ている女の子がいた。
しかも空席があるとみると、一番前の席に移動していた。
内容からか、めずらしく観客の年齢層が高い映画であった。

ある人と会う。
会社のサイトを見て、あいたいと電話をもらったのだ。
どんな人だろう。あう前にいろいろ考える。
あってみると大使館の派遣員の人であった。
ドトールで1時間半ばかり話す。
日韓の民間交流とインターネットについて、なんてこっちはそんな崇高な思想はないけど。
少し落胆させてしまったかも。
でも大使館のお話はおもしろかった。
はやく在留届をださなきゃ。

CDと本をひやかして、帰る。
夜になって風が強くなった。またぐっと冷える。
明日はついに毛糸の帽子かな。

家に帰ってビデオを見た。
返しに行くときは、もっと寒かった。

最近、またBSばかり見ている。おかげで真面目な番組ばっかりである。サラエボとかユーゴのドキュメントもたてつづけに2つみた。
でも「20世紀の証言」シリーズがいま一番おもしろい。いろいろと考えさせられる。
パン

カルグクス

たいやき

五目
ムーン・リヴァーの向こう側 ポルノグラフィック・オフェア

GO!
2000/12/09 (土) ちっと小風邪をひいたようだ。
朝からくしゃみが出る。

今日は会社で誕生会。
ほんとうに誕生会が好きな会社である。
ケーキもだんだん食傷気味。しかもおいしくない。

今日は早めに映画館に行った。
というのも早く見たかったから。
押井守の「人狼」。こちらではインランと読む。日本語で大声ではいえない。
内容は、、重かった。ずっしりきて、疲れた。なんだか昼間見る映画ではないなあ。
重くて次の映画はキャンセルした。

映画が終わって会社に戻る。
なんとかたまっていた仕事がだいぶ片づいた。
これでようやく本来のシゴトに戻れる。かな?

最近体力不足である。
階段で息が切れる。
体を鍛えないと。
でもやらないとと考えるとやらない人間である。
楽しみながら体を動かしていこう。

帰りに服を買いに行った。
ようやくセーターを2つ購入。
1度買うと次々と見えてくるものである。
買う気はなかったのに、シャツまで買ってしまった。
なじみの店なんですと言ったら、少し安くしてくれた。

買い物をして、ビデオを借りて、家に帰ってみると会社を出て1時間半も立っている。フシギだ。でもそりゃそうか。

セーターをクリーニングに出しに行く。
3回目なのに、おじさんは僕のことを覚えていなかった。
体型がかわったからだろうか?
パン。

キンパブ。

クッキー。
ケーキ。

カレーうどん。
焼き鳥。
豚足
ムーン・リヴァーの向こう側 人狼
2000.12.08 朝から歯医者に行った。
ここのもうひとりの歯医者は女医である。
まだ女医だから救われるのかも。
でもけっこう容赦なかったりするのだが。
ひさしぶりです。痛かったでしょう?といわれる。
今年夏にした手術の前もお世話になっていたのだ。
今日は虫歯の所に食べ物が石のようにたまっていた。
ついでに歯垢をとってもらう。
今日はここまで。
口の中に歯の治療中の苦い味が広がる。

治療した方で食べないで、といわれるが、抜いた方もしみる。
というわけで真ん中で噛むしかない。
といってもあんまりそうできるもんでもない。

夜。
今日も映画を見に行った。
「ブリング・イット・オン」。
ほんとは「フリークエンシー」もねらっていたのだが、やっぱり最終日で最終上映が終わっていた。予想指されたことである。しょうがない。
映画はなかなか盛り上がっていた。
最後に拍手がおきたくらい。

というわけでまた会社に戻ってシゴト。
そしてまたデザイナーを泣かせる。
1週間に2度も泣かせる男。ひどすぎる。。
パン。

オムライス。

クッキー。

パン。

豆腐、シーチキン。
ムーン・リヴァーの向こう側 ブリングイットオン
2000/12/07(木) 今日は外に出かけた。
もちろん、シゴトである。
交通手段は運転手付きレンタカー。これもシゴトである。
行った場所は統一展望台。
望遠鏡から北の村が見えた。
村人が見えた。
たえず「他の国」に見られる村。
想像してみた。
そりゃ、よく見せたいわな。
下には北の資料館があった。
もしかして北にも同じようなモノがあるのだろうか?
展望台があって、下には南の資料館があるんじゃないだろうか。
こっちだって、よく見せたいわな。
でっかい音で音楽が流れている。
いわゆる対北放送。
しかし流されているのは明るいポップソング。
気が抜けた。

そのあとでかけたのはエギボン。
有名ではないが、ここも北が見られるという。
たしかにはっきりと見えた。動いている姿が。
しかし行くまでがたいへんだった。
長い坂を下り、登るのである。
そして展望台では、海兵隊のブラスバンドが練習をしていた。
そして無線塔には、クリスマスツリーのデコレーションがほどされていた。
ええんかいな。
カンファドで遅いお昼をとったあと、なんとかという砦の跡にいった。
ここも坂を登らなければならない。
最近体力のない自分にはつらい。

しかし風景はよかった。
音がしない。
立入禁止の海辺に、鳥たちが骨を休めている。
対岸の灯りがぽつぽつっとみえる。
ソウルの喧噪に疲れた心が洗われるようであった。

帰りは2時間。
暖かい車の中で、くかーとねた。
暖かすぎて気持ち悪くなった。

会社に帰る。
会社にはほとんど誰もいなかった。
みんなロッテワールドに出かけたという。
お昼も遅くて腹一杯になったのに、また夜も肉を食べる。
しかも寒風にあたりすぎて、頭が痛くなった。
今日の映画はお預け。
まただらだらと遅くまで残る。
パン。

あんパン。

椎茸プルコギ。

サムギョッサル
ムーン・リヴァーの向こう側
2000/12/6(水) また冷えた。
さすがにカイロが恋しくなる。
去年のカイロがあるが、今使うとこれからの冬を乗り切れない気がする。
というわけで今日はがまん。
いつまでがまんできるだろうか。

歯をぬいたあとをさわってみた。
うん?固いモノがある?
まさか、歯?
ということは抜いたのは乳歯だったのか?この歳にして?
しかし専門家の友人によると、骨、あるいは抜き損ねた歯の一部かもしれないという。
うーんどっちにしろ問題にならないといいなあ。

久しぶりに旅行会社に電話した。
なんと飛行機のチケットがとれていた。
これで無事日本に帰れることになった。
一安心である。

7時。シゴトが終わってすぐ映画館に飛んでいった。
目当ては「美女三銃士」である。
映画の後、戻ってシゴトをした。
遅くまでシゴトをしたけど、あんまり疲れてないぞ。
そりゃ映画をみてたからかな。
パン。

カレー丼。

パン。
天国までの百マイル

ムーン・リヴァーの向こう側
美女三銃士
2000/12/5(火) ぐっと寒くなった。
今日からマフラーを巻いていく。
だから12月5日はマフラー記念日、、、

午後、庶務の子と郵便局に行った。
プレゼントを日本に送るためである。
外に出たとたん、手袋を持ってこなかったことを後悔した。
持ってきたよ。手をつなごうか。暖かいよ。
いやおじさんは遠慮しておくよ。照れるから。

「天国までの百マイル」を読む。
まったく、トイレの中でズボンを下ろして涙ぐみながら読んでるなんて、さまにならへん。

帰りにパン屋さんに寄った。
しかし目当ての食パンはなかった。
ごめんなさいとパン屋のおじさんに言われる。
いやそんな食パンごときでそんな。
道の反対側のパン屋に行く。
こちらの食パンとコロッケパンを買った。
寒くなったでしょう。パン屋のあんちゃんにいわれる。
帰りがけに呼び止められて、あんぱんをおまけにもらった。
この前も向かいのパン屋でおまけをもらってしまった。
おまけのパンをもらう、おまけ男。

最近BSばかり見ている。
1人の女の子のドキュメントが忘れられない。
NYにダンス留学している。目は見えない。
原因不明で目が見えなくなったのだ。
だんだん見えなくなる最初の1年で、彼女はダンス教室と家までのルートを覚えた。
彼女がNYで1人で行動できるのは、そのルートだけである。
4年NYにいるが、彼女が目にしたNYは1年だけである。
僕だったらそこまでがんばれるだろうか。
そう思ってたまにバスの中で目をつぶってみたりするのだ。
パン。

カルビタン。

マンドゥ。

おもち
クッキー
天国までの百マイル

地下鉄の素
2000.12.4(月) ひきつづきウィルスの後始末である。
2000では問題が発生することがわかり、再びMeの入れ直し。
無事に入れ直したが、今度は画面が16色しかでない。そのたびにプログラマーのしんちゃんへ助けを求める。
やれやれ。
とりあえずPCの水準がある程度まで戻るまで、他のシゴトは停止。
気がつくとごはんだってろくに食べに行っていない。パンばかりである。心の余裕がないのであろう。

2つ大きなミスがあった。
メールのバックアップをとったはずが、とれていなかったのである。
ショック。
他のPCに残っているメールをかき集めたが、結局、100%は無理であった。
あとはインターネットのブックマークもバックアップをとっていなかった。
まったく、ミスとしかいいようがない。
そのあとである。
実はウィルス対策ソフトでなんとかできることがわかったのだ。
別にインストールし直す必要はなかったのだ。
すべては僕があわてたせいである。
情けない。
おまけに声もでやしない。

夜、まだ僕はひどい男になった。
デザイナーのひとに少し注意した。
ソフトの使い方でわからないところは言ってくれた方がいいよ。
しかし言い方がきつかったらしい。
泣かせてしまったのである。
いかんなあ。
パン。
サンドイッチ。
フランクフルトソーセージ。
パン。
天国までの百マイル
2000/12/03(日) 天気も良い。
今日は外を歩きたくなった。
では散歩に行きましょう。
歩きたかったところ。
まずは忠武路である。
ここは日本家屋が残っているところという。
歩いてみたくなった。
今日は風の向くまま気の向くままに行きましょう。

まず目当ての地名は筆洞(ピルドン)。
ここは戦前、日本人が多く住んでいたところという。
歩いてみてわかった。
ここは実に東京の雰囲気がする。
東京のちょっと裏道に入ったかんじに、よく似ているのだ。
東京にいるときによくそんな裏道を歩いた。だからわかる。
たぶん道路の造りは昔からかわっていないだろう。
おそらく地形のせいもあるのだろうが、やはりこれは街の作り手のくせもあるのではないか?
家屋の方もいくつか疑わしいのがあった。
もちろん、建築の専門家ではないのだから、はっきりとはよくわからない。
一度専門家を連れてきてお話をききたいところ。

続いて南大門市場に行く。
市場が目標ではない。
裏南大門とでもいえるところ。
ここにちょっと問題のホテルがあるのである。
なんでもフロントでキーをもらっていったら他の人が寝ていたというホテル。どんなホテルかこの目で見てみたくなった。
みかけはまだまともそうであった。「美人クラブ」というあやしげな看板も見えたが。
この近くでも純日本風の建物を見つける。

最後にイチョンドンまで行ってみた。
ここには今、日本人がたくさん住むという。
しかし行ってみたところ、ぱっとはみあたらない。
おまけにイチョンドンは川縁である。
風が寒い。
ここで今日は引き上げる。
帰りにバスでヨンサンを通る。
ココも日本家屋が多いところという。
見てみると確かに残っているらしい一角があった。
次はここかな。

会社には日曜日はいかない。シゴトしない。
これは僕が働きだしてからのルールである。
というわけでいままでに日曜日にシゴトをしたことは数えるほどしかない。
それはマニュアルづくりという個人的にこだわりを持つ仕事のとき、そして今のホームページを立ち上げる直前。
しかし今日はひさしぶりにその禁をやぶった。
昨日のPCのトラブルが原因である。
明日までに設定を終えてしまいたかったのだ。
しかし結果的にはお手上げだった。
日曜日には速いだろうと思っていたネットワークも遅い。
しょうがないので途中で切って帰る。

もちろん、シゴトだけで仕事場に行く気になれない。同じ建物の映画館にも行く。
今日は「ラヂオの時間」を見る。
なかなか受けていた。
あと見たい映画が2つ。1日おきに1つずつ見れば、、、

しかし冷たい風に当たりすぎたのがよくなかったらしい。
夜、頭が痛くなる。
うどん。
パン。
クッキー。
スンデ。
カレー。
天国までの百マイル ラヂオの時間
2000/12/02 (土) すべての原因は、ウイルスであった。

朝、それは突然やってきたのである。
仕事柄、いろんなメールが来る。
そう思って、そのメールを開いたのだ。
開いた時点でアウト。
やられた。
消せないところにウイルスが入り込んでしまった。
これはすべて削除、再インストールしかない。
しかし98をインストールしようにも、フロッピーが足りない。
いろいろプログラマーのしんちゃんを巻き込んでやったんだけど。
あきらめる。
CDのあるwindows2000にアップ。
その前にバックアップをしたりして。
つかれた。
すべてはとんでもないウイルスのせいである。
許すまじ。

つかれたので、映画を見に行く気もなくしてしまう。
だらだらと本屋に行く。
出久根達郎と清水義範の本はすぐ押さえ。
新書本やらをじっくり立ち読み。
ふらふらしてたら、買うときにカウンターのお姉さんから決まりましたか?と言われる。
すいません立ち読みが長くて、、、

つづいて横のCDショップに行く。
今日は本格的な「探し」モードである。
シンディ・ローパー。Cindyだっけ?Sindyだっけ?そんなところから始まる。
ずっとPOPSのCをなぞる。セリーヌ・ディオン?ちゃうちゃう。クリスティーナ・アンジェリカ?ちゃうちゃう。
そして僕が大学時代によくきいていた「TRUE COLORS」を無事発見。
続いてロックのS。スーパートランプなんてマイナーなの、ないやろ。そう思いながらSのCDをずっとなぞっていく。Starship?これもなつかしいけど。ちゃうちゃう。床にひざをついて探す。
そしてあったのだ。あのスーパートランプが。もちろん僕が持っていたのではないが。BREAKFAST IN AMERICA があるからいいでしょう。
高かった。しかしここで買わないともう会えないかも。と思って買う。同じのが4つも並んではいたが。

季節はすっかりクリスマス。
本屋の通路にもカード売り場が並んでいる。
そして話にはきいていたのだが、みつけてしまったのだ。
たれぱんだのクリスマスカード。
がばがばがばと手にとってしまう。
とめてくれるなおっかさん。
果たして送る以上の枚数のカードを買ってしまった。
なぜか近くの女の子から視線を感じる。
もしかしてたれぱんだの体型をした人間がたれぱんだを買ってる!と思われたのだろうか。

もちろん、某うさぎのキャラクターのカードもごまんとならんでいた。
これ、某うさぎファンの友人に言うと買え買えとうるさいだろうなあ。黙っておこう。

もう1つ、本屋に寄る。
そこで僕は見つけてしまった。
浅田次郎の「天国までの百マイル」。
ずっとずっとずっと文庫本になるのを待っていたのだ。
映画化される原作は先に読まないのが僕のルールである。
しかしまあいつみられるかわかないし。
韓国で公開する可能性は高いと思うが。

かくして今日は散財し、シジャン帰りのように荷をふくらまして帰る。
パン。

ハンバーガー

フライドポテト。

ソーセージ

ムク。
シーチキン。
うどん。
波のり舟の

地下鉄の素
2000.12.1(金) 朝、枕に血がついていた。
どうも出血はとまっていないらしい。
まあ、それはそうだろう。
痛くはないが、クチを大きくあけるとずきっとくる。
というわけでゆっくり食べる羽目となる。
食べられないことはないけどね。

やっぱり、というかまた、というか、プログラマーのしんちゃんとはぶつかった。
うーんもうこれはしょうがないんだろうか。
いや僕がせめすぎたかなあ。

夜、シゴトの波が引いた。
さあ、映画を見に行こう。
そこにトラブルがやってきた。
あえなく轟沈。
さよなら今日見るはずだった映画よ。

帰りにセーターを買いに行く。
しかし、一つ試着してみたのだが、どうもまたサイズが大きくなったようだ。
やばい。
再び拡大化する私。
大きい服のお店にいかないといけないかも。

またへんな飲み物を見つけた。
ゼリー入りウォーター。
なんといっても、でてこないんである。
でてこないジュース。これは画期的である。
パン。
とんかつ。
チャジャンミョン
波のり舟の


ホームに戻る


※すべての文章の権利はぼうずに属します
Bouz Co. 「GOGO!ソウル」