GOGO!ソウル
労働日記

2001年1月


2001/01/31(水) 目が覚めたら5時だった。
昨日より30分早い。おとといよりは1時間早い。もしかしていま体内時間は23時間30分なのか?
いつもように朝ご飯をつまみながら、PCの電源をいれる。
しかしいかんせん眠い。
頭もうごかない。
こりゃもう少し寝よう。
次に目が覚めたのは7時だった。
やっぱりぼおととする。二度寝は気持ちがいいけれど、頭にはよくないかも。

今日はたまりにたまった作業をかたづける。
午前中でだいたいかたづいたかな。
午後はゆっくり調べモノ、、、と思ったが、午後にもいろいろシゴトはやってくる。
結局かたづく間なんてないんである。
でもこのままではずっと追われたままになってしまう。
時間配分を考えていかないと。

今日はエクスチェンジのPさんと会うはずだった。
しかし携帯にメッセージを残しても連絡がない。
電話してみるとすごい声ででてきた。
風邪を引いたそうである。
せっかくいろいろ準備してきたのだが。
かわりに映画を見に行く。
ジャッキー・チェーンの「アクシデンタル・スパイ」。
適度にすいていて、ゆっくり見られた。

ひさしぶりにデザイナーのU嬢が会社に来た。
ずっとイタリアを旅行してきたのである.とっても楽しい旅だったようだ。うらやましい。
夕方、真剣に眠いでしょときいてみる。うなずく。
時差ぼけ。自分も覚えがある。
たぶん一晩徹夜ぐらいしないと、これは直らない。
しかしちょうどいいことに?今日は彼女にシゴトがてんこもりだった。
そんな彼女をおいて帰る。

実は最後に残したシゴトは僕もかかわっているのである。でも聞いてない。今日までと言うのに。
韓国のシゴトにしてはめずらしく期限がある。

今日は空が白かった。
外を見ると細かいチリのような雪が舞っていた。
そしてまた、うっすらとつもる。
だれも掃除しないところばかりに残る。
また真夜中にペンギンとなる。
僕が発明家ならば、歩きながら雪かきができる靴でも発明するところなのだが。

夕ご飯は食べ損ねた。。夜中に腹が減った。
ああラーメンでもぐぐっといっちゃおかな。
でも冷蔵庫にこんにゃくがあるのを思い出す。
空腹を紛らわすにはこんにゃく。むなしい。
パン。

キノコ丼

パン。

チャンジョリム
こんにゃく

※ソウル−0
サイレント・マイノリティ アクシデンタル・スパイ
2001/01/30(火) 今日は5時半に目が覚める。
朝起きたらごはん。そしてPC。
まちがって朝から映画プリシラのサントラをきいてしまう。
、、、朝聴く音楽ではないわな。

いつもより早く、まだ暗いうちに家を出る。
時間は7時過ぎ。
といっても暗さと雰囲気は6時過ぎといったかんじである。

今日も細かい作業の続きであうr。
しかし早朝からやる気にならない。
まず自分のHPの手直し。
さらには他のルーチンワーク。
たまっている修正依頼の処理。
そしてようやく細かい作業の残りに取りかかる。

3時終了の予定だったが、なんとか2時過ぎに終了。
ようやく銀行振り込みに行ける。
ガス、電話、プロバイダの各料金を支払う。

今日は映画でもみるはずであったが、やはり細かい作業で疲れた。
今日はパス。
そのかわり、シゴトのあとまた自分のHPに手を入れる。

しかしもう腕が疲れまくっているのである。
打ち間違いばかり。
つまり頭の動きに指がついていかない。

これはもう腕自体をやすめないと。
きりあげ、帰りにPCのないところで一息入れに行く。
最初はいつものコーヒーショップに行こうと思ったが、もう時間が遅い。もったいない。あまり長居するつもりはなかったので。
お手軽のロッテリアでホットチョコをいただく。
さきほどパン屋で買ったサラダロールパンを1つ、口につまむ。おいしい。

玄米コーンフレーク

おでんうどん+ライス

オレンジチョコ

コロッケパン。

サラダロールパン。

ホットチョコレート

※ソウル−0
龍馬が行く
2001/01/29(月) 6時ちょうどに目覚める。
起きたら習慣。すぐ食べる。すぐPCのスイッチを入れる。

午後、しかたなく細かい作業を始める。
データ作り。
いやもうこれは耐えられる作業ではないね。
ずっと細かい数字を見ているので、目がしょぼしょぼする。
ずっと細かい数字を入力しているので、腕が痛くなる。ケイショウエン。
ふだん集中力がない僕も、このときばかりは集中するしかない。話しかけられるのもちょっとうっとおしくなる。
しかしこれが終わらないと、他のシゴトにとりかかれない。
たまっている振り込みも明日にまわす。
外に買い出しにもいかない。
今日中に終わるはずだったが、さすがに全部は無理だった。
ま、今日は帰って寝るだけだから。
と思って遅くまでねばる。
しかし家の前で思い出した。
そうだ穴があいたズボン。取りに行かなくては。
しかし午前0時をまわってあいているクリーニング店はやっぱりなかった。

帰りに小腹がすいた。
お菓子でも買って帰ろう。
アナムドンのコンビに寄る。
でもいまいち手が出ない。
ちょっと夜には重そうで。
別に調整中だから食べられないわけではない。
食べてはいけないと考えるのをやめ、食べてもいいやと思うようにしてから自然と食べる量が減ってきたのである。
そのかわり、意識して食べるようにしている。これ、いまから食べるからね、と確認しながら。
でもいつのまにかクッキーが手元から消えていたりするのであるが。
食パン

チェユク。

カムジャタン

※ソウル−0
龍馬がゆく
2001/01/28(日) 昨晩は1時に就寝。
そして起きたのが3時だった。
起きたら朝である。だから朝ご飯を食べる。習慣である。
しかし3時ではちょっと早すぎた。
だいたい2時間しか寝ていないではないか。
かくしてまた寝る。

今日は大学で見たい映画があった。
大学路でしかやっていないのである。
一息ついて時計を見る。
次の上演まで40分しかない。間に合うかな。
でもまあ行ってみるか、と腰を上げる。

バス停でバスを待っていると、急に腹痛がきた。
あこりゃいかん、バスはあきらめる。
ちょうど横を乗るはずのバスが通り過ぎていった。

大学路に到着。
映画のチケットは無事ゲットしたが、映画まで時間がある。
せっかく大学路に来たので、めずらしいものを食べたい。
というわけでベトナム料理屋に行く。
韓国ではめずらしく、ベトナム料理は人気があるらしい。
といっても1人で食べられるメニューはあんまりない。
定番のフォーを頼む。
ちゃんと食べ方をお店のお姉さんが教えてくれた。
麺からはほのかにベトナム料理で定番の香りがした。
味の方はフツウ。可もなく不可もなく。いまいち食いつきが足りない気がした。

まだ時間があった。
映画館の中でぶらぶらすごす。
Hollysがあったが、腹の具合を考えるとやめておいたほうがいいいだろう。
映画のシートにはなぜかすべて有名人の名前がある。
これは他の映画館にもあるごとく、映画俳優の指定シートというわけではなく、ただなんとなく有名人の名前をつけているらしい。
だってキム・グシートなんて永遠に待っても本人はやってこない。
キム・ジョンイルシートも本人がやってくるのはむずかしいだろうなあ。

トイレに行って驚いた。
個室が磨りガラス張りだったのである。
見えはしないが、いるのはわかる。
自分の部屋のも磨りガラス張りだが、やっぱり外のははずかしい。

映画館は予想に反して、すいていた。
映画館の横は大きな窓である。これはめずらしい。ふつう映画館の中には窓はないんだけれど。他の目的でも使われるのであろう。
窓の向こうには雪が残る庭が見えた。
でもすいている映画館っていいよね。久しぶりに単館ロードショ専門映画館のにおいをかいだ。
韓国では貴重な映画館である。

映画「東京フィスト」は強烈だった。
ぼーとなった頭を休めにコーヒーショップに行く。
というか外は寒い。
例のごとく、スターバックスに駆け込む。
超満員であったが、幸い窓際のカウンターに席が空いていた。
時々外をぼーとながめながら本を読む。

ほんとはもう一つ映画館に行こうと思っていた。しかしあまりの寒さにくじける。しかも怪獣映画だし、、、
レコード屋とスーパーによって、帰る。
今日も留守電に1件、無言メッセージが入っていた。
昨日も留守電に無言メッセージが7件入っていた。
だれか僕に用事があるらしい。でも緊急の用事だったら携帯にかかってくるだろう、とほっておく。
だいたい誰かわからないもの。
そして僕がいるときに電話はならない。すれ違いである。

家に帰って再びホームページの手直し。
なにせ会社のようにさくさくとはうごかないから、ちょっともどかしい。
それでもなんとかリニューアル。
あと時間がかかるところは会社でやろう。
パン。

煎餅1枚
クッキー1枚

フォー。

キャラメル3個

カフェモカ6/7

お豆腐3/5
カレー
プルコギ団子6つ

※ソウル−0
蒲生邸事件
サイレント・マイノリティ
地名の世界地図
東京フィスト
2001/01/27(土) 今日はお休み。

ズボンに穴があいた。
場所は後ろ右のポケット。原因は分かっている。いつも本をつっこんでいるから。でも日本でもずっとつっこんでいたから。やっぱりこちらのズボンは弱いのかな。
セーターといっしょに、クリーニング屋に持っていく。

外にでると道はまたぬかるんでいる。また雪が降ったらしい。
そういえばガリガリというスコップの音がしていたっけ。てっきり昔の雪の固まりを掃除しているのかと思っていた。
ほんとうに今年は雪がよく降る。といってもまだ2回目のソウルの冬だけど。

散髪にでかけた。
前から今度の土曜日に行こうと決めていたのである。
いつもの大学前の理髪店に行く。
フツウですよね。たしかに散髪屋のおっちゃんはそう言った。
でもきがつくと、髪全体にバリカンがまわっていた。
眠くて何回もかくんとなる。
今日は髪を洗わなくてもいいですよね。はい。
終わったらイェッポヨ、若く見えるよと自画自賛。
しかもなにもいわないでいたら学生料金にしてくれた。

昼はなじみのマンドゥグク屋に行く。
やっぱりここのマンドゥグクはおいしい。

そしていつものように映画を見に行く。
映画館に着いたのは2時すぎ。
さすがにこの時間はまだすいている。
外は旧正月あけで大混雑だったけれど。
映画は、、、消去法により、「バーチカルリミット」となった。
映画まで1時間半あった。
同じビルの会社に顔を出す。
といってもシゴトをしにいったわけではない。
例のごとく、ホームページの更新である。

映画館に行く。
席ははじ。
でも映画がはじまってもずっと横の一列があいている。
とってもいやーな予感がした。
案の定、映画が始まってから入るわ出るわ。
でも意地でも席を立たなかった。
もう映画が始まっているのである。
さらに横の席のおばさんが最悪。
映画の最中に大声で電話するのである。
さすがにぷちぷちっときて横のしきりをどんどんとたたく。
直前に別のことで頭がきてたのに、その怒りはどっかいってしまった。

映画のあと、また会社に戻ってホームページの手直し。
でも今日は7時に帰る。
そしていつものように、本屋に行く。
でも今日は特に買うものはなし。

そして今日は別件でもう一つすることがあった。
お客さんから忘れ物の確認である。
メールをたよりに忘れたというお店に行ってみる。
お店は意外なことにすぐわかった。
中に入ってお店の人に聴いてみる。
すると旧正月のお掃除で捨ててしまったという。
3日前まであったのにね。
遅かったのである。
1ヶ月前にメールをもらっていたのに。
がっくり。そして後悔。
もう少しはやく動いていれば、、、
後悔しながら歩いていると、声をかけられた。
会社員ですよね。結婚してないでしょ?
よけいなお世話じゃ。

帰りはひさしぶりにアナムドンのコーヒーショップによる。
そこで読みかけの本を開く。
気がつくと1人で本を読んでいるのは僕だけであった。
今日は土曜日だったのである。忘れてた。
パン。

トクマンドゥグク

せんべい
クッキー

※ソウル+1
新説!日本人と日本語の起源

話を聞かない男、地図を読めない女

AV女優

サイレント・マイノリティ
バーチカルリミット
2001/01/26(金) 久しぶりに会社のみんながそろう。
約1名、イタリアに旅行しているU氏をのぞいて。
元気にやっているだろうか?

H氏もひさしぶりにやってきた。
でもそのあとで悲しい知らせをきく。
家庭の事情でH氏が日本に帰らなければならなくなったのだ。
今日久しぶりに会えたと思ったら、今日が最後の日となった。
せっかく国語の弱いH氏のために辞書まで持ってきたのに。
H氏は会社で働くのが初めて。
なんか立場上、教育担当のような気持ちであった。
まあ実際にそんな必要はほとんどなかったけれど。

かくして夜はお別れの焼き肉(トゥンシム)となった。
昼は鶏カルビである。
今日はもう体重調整は休みにしよう。
また効果がないと飽きてくるのだ。

エレベータでH氏を見送る。

また○○社長が無謀なことを言い出した。
天気予報を会社で更新するといいだしたのである。
だれか毎日、天気と気温を更新するらしい。
そりゃ負担が大きいって。
それは気に入らないとはっきり言う。
あと天気は気象庁のものを使うという。
それ、してもいいのかなあ。
黙ってコピーしてもかまわないというから、いちよメールで確認したら、といっておいた。
そうしたらあとで社長にまた呼ばれた。
やっぱりダメといわれたそうである。
そりゃ当たり前だって。
めずらしく心配性の勝利。

そして営業がまた某店ととらぶったらしい。
これにはほんとσ(/_;) 頭がイタイ。
代理の営業の人の話し方はやっぱりまずいと思うのである。韓国人だからそれでもいい、というレベルではない。
話し方の根底に相手を下に見ていることがわかるのである。やっぱり大企業で働いてきた人には上の意識がしみついているのかもしれない。

明日の土曜日は休み。
かくしてまた2連休である。
しかし最近HPの手入れにはまっている。
手を入れるなら会社のPCである。
どうしようか迷うところ。
パン。

鶏カルビ

トゥンシム

菓子
AV女優
2001/01/25(木) 連休、最終日。

今度の連休中に、一つテーマがあった。
ホームページを手直しすることである。
昨晩から少し手をつけたのだが、今日はこしをいれて本格的に手直しをしよう。
家でも手直しはできるのだが、会社のPCの方がさくさく動く。
すこしシゴトもあるし、会社に行こう。
ついでに時間があえば映画でも見て帰ろう。

会社で一仕事終えたあと、さっそくホームページに取りかかる。
会社のPCはさくさく動く。
おかげでさくさく更新できる。
ホームページつくりのこわいところは、いつのまにかのめり込んでいることである。
さすがに今日の仕事場は暖房も入らない。
手先がだんだん冷えてきた。
それでもキリがつかない。
夜8時を回った時点でようやく見切りをつける。
今日はここまでにしよう。
結局、映画どころではなくなってしまった。

ずっと集中していたせいか、頭がぼおっとする。疲れた。
家に帰るまでに頭をさまさないと。
コーヒーでも飲んでさますことにする。
でもよくいくアナムドンのコーヒーショップは今日もお休み。
かわりにできたてのロッテリアへ。
そしてまたホットチョコをすすりながら、本をぐぐっとボットウして読む。
何かとボットウしやすい日である。

かくして連休は終了。
おもいのほか本をたくさん読んだ連休であった。
コーンフレーク

トンカツセット

ホットチョコ

豆腐
コーンフレーク
話を聞かない男、地図を読めない女
2001/01/24(水) 連休、4日目。

今日も6時に起きた。
そしていつものように朝ご飯を食べて、また寝た。

さて、陰暦でも新年となった。
セヘポクマニパドゥセヨ。
そんな携帯のメッセージも入ってくる。
そして韓国は数え年。
僕も数えで年をとった。ふう。
いい歳である。

徳寿宮にでかけた。
目当ては園内の美術館で開催中のオルセー美術館展である。
まあお正月だから、行くとしたらそこぐらいかな。
しかし行ってみると徳寿宮は大にぎわいであった。
チマチョゴリを来ている人もたくさん見かける。
もちろん寒いから、上にコートを着ているけれど。
普段はみない若い女性や子供のチマチョゴリ姿も。
ようやくお正月らしい気分となった。
園内ではこままわしやらシーソーやら槍入れやら、お正月らしい光景が繰り広げられていた。

オルセー美術館展も大混雑。
ちなみに入場料は10000ウォンである。
韓国にしたら、高い。
でも日本から見ると、安い。
混んでるのはやっぱり、みんな行くところがないのだろう。
思わず上の階から見る。
上の階はゴヤの版画だった。
でもこっちの方がおもしろかったかも。
下の階は有名な絵を見て、あーなるほどね、というかんじである。
余り知らないのもあるが、知っている絵は3つしかなかった。
むかし、オルセーには行ったことはある。まさしく絵の洪水で足がひどく疲れたことを思い出す。半日で回れる量ではなかったのだ。
ちなみに僕の絵を見るスピードは遅い。
でも周りも気にする質である。
ゆっくりみたい、でも後ろからせかされるし。
そういうわけで混んでいるときに行ったのはまずかった。
もちろん、たいへんにぎやかな美術館であった。

さて、このあとはどうしましょう?
まあ去年の旧正月はチョンノをのぞいたから、今年はミョンドンをのぞきにいこう。
がらがらがらの道を歩いていく。
人通りの少ない郵便局の前に、屋台がでていた。
閑古鳥がないているお店の中で、おばさんがTVを見ながら1人大声で笑っていた。

ミョンドンは意外と店が開いていた。
もっと閑散としていると思ったのに。
そして意外と人も歩いている。
ドトールか、あるいはスターバックスで一休みしよう。
果たしてスターバックスは?やっぱりあいていた。
でもいつもよりすいていた。
日本語でお釣りを返される。
笑顔のお姉さんからコーヒーを受け取る。
甘ったるいコーヒーをすすりながら本を開く。
すると、名前を呼ぶ声がした。
まさかこんなところで名前を呼ばれるなんてと顔を上げると、知り合いのS氏であった。
ほんとソウルはせまい。

スターバックスの問題は、くかーと眠りにくいことである。
ドトールだったらできるんだけど。
本を読むのも疲れたので外に出る。
メイン通りをぶらっと往復。
また新しいコーヒーチェーン店ができていた。
1人で気軽に立ち寄れるコーヒーショップが増えるのはうれしいことである。
まだ繁華街にしかないけれど。

今日も6号線に乗って帰る。
ついでに全線乗って帰る。
ほんとうに末端の環状部分は一方通行であった。
ようはバスのターミナルのターンテーブルと同じ。
でも地元では使いにくくないのかな。
あと駅名が一つ変わっていた。チェックしとかないと。

アナム駅からほてほて家に帰る。
お正月とはいえ、ファーストフードはみんなお店を開いている。
プンシク(軽食堂)も1軒だけあいていた。
食堂もあいている店がある。
居酒屋だってあいている店がある。
なんだか家で1人食べるのもさみしいな。
やっぱり外食にしようかな。

食事のあと、急に体調が悪くなる。
頭痛と体調低下、牛乳摂取で体調を取り戻す。
体重調整のストレスかも。
パン。

おにぎり。

パン。

コーヒー

お豆腐
ラーメン
話を聞かない男、地図を読めない女

新設!日本人と日本語の起源
2001/01/23(火) 連休3日目。

今日も6時に起きた。でも朝ご飯を食べると、寝てしまう。これがよくないのかもしれない。
またいつものように9時頃、起き出す。

朝方、夢を見た。
それは昨日トイレに落としてこわれた携帯が直っているという夢であった。
目が覚めてふっとそれを思い出す。
まさか、直っているわけがあるまい。
半ばあきらめながら、おそるおそる携帯を動かしてみた。
すると夢と同じように、直っているではないか。
夢うつつに確認でもしたのだろうか?
一晩オンドルの上においておいたのがよかったのだろうか?
どうみても液晶に水が入っていたのだが、、、
あるいは?
まあナンにせよ直って良かった。

さて今日はどうしようかな?
まあ今日は映画館はやめておこう。
とつらつら考えているところにM氏から電話があった。
今日ソウルに日帰りで上京してくるという。
では会いましょう。夕方、待ち合わせをする。

それまで、会社に一度顔を出した。
たまっていたメールをチェック。それからちょっとだけシゴト。

再会したM氏とインサドンに行く。
このあたりで茶するといえばインサドンでしょう。
M氏はひさしぶりのソウルでお上りさんのようにはしゃいでいた。
僕もインサドンはひさしぶり。
ストライキ中だった店が再開していたり、お土産屋さんが増えていたり。店構えがかわっていたり。新しいコーヒーショップができていたり。
旧正月が近いせいか、韓国のお菓子がいつもより魅力的であった。

茶のあとにラーメン屋に行く。
ひさしぶりの中華丼に涙する。

帰りにチョンニャンニ駅まで送った。
いつ来てもここは上野駅のにおいがする。
きょうはなぜか警察官が多かった。

しかし見送りというのはいつも残される方がつらい。
いきなり現実世界に戻されるから。
隣のロッテデパートの地下に寄った。
むかしからデパートの食品売り場が好きである。
といってもここの地下はスーパーなのであるが。
ひさしぶりにごまだれをみかける。しかし値段を見てあきらめる。
お肉を買って家で炒めるのもいいな。
冷凍庫もあるから余った肉を凍らしておけばいいし。
あと冷凍食品も挑戦してみるか。餃子とかね。
と思いをめぐらしながら、結局こんにゃくとお豆腐、ヨーグルトだけを買う。

家に帰ったら急に眠くなった。そのままコテンと一眠り。
目が覚めてからVCDで「ピーチランナー」を途中まで見る。
ついでにCDの整理を始める。
あれレッド・ツェッペリンのCDがある。いつのまに買ったのだろう?
そしてつい中山美穂のベストを聞き出したりしてしまう。
パン

コロッケパン
サンドイッチ

ケピチャ

中華丼

※ソウル+1
2001/01/22(月) 連休2日目。

朝4時に起きる。
でも気がつかずに朝ご飯をかけこむ。
ふっと時間を見ると、4時だった。
おどろいてまた寝る。
次に起きたら5時だった。
やっぱり体が朝目覚めるようになっているのだろうか?
6時はアラームで起きる。
そしてまたまどろむ。
そしてやっぱりふとんから起き出したのは9時であった。

朝、昨日の続き「クロスファイア」を見る。
見終わったのが11時。
別にすることはない。
じゃあ映画館に行きましょう。まだ早いから。
幸いおなかの調子も悪くない。
乱暴運転のバスにしがみつく。
ソウル劇場に着いたのが11時30分。
「ミート・ペアレンツ」と「ナドアネガイッソスミョンチョッケッタ」。同じ時間で迷う。でもまず「ミート、、、」の方が見たい。
無事12時20分からの映画をゲット。
やっぱり早い時間はすいている。

「ミート・ペアレンツ」。おもしろかった。こちらの人なみに笑ってしまう。
映画が終わったのが2時すぎ。
やっぱり腹が減っている。
昨日食べ損ねたカレーを食べにいく。
今日はビーフカレー。意外と辛かった。
よく見るとメニューにセットがある。今度はこれにしよう。

食べ終わって時間を見ると、シネコアでもやっている「ナドアネガイッソスミョンチョッケッタ」の次回に間に合う。
ちょっと小走りに映画館に行く。
しかし映画館の前には長蛇の列。
やはり、売り切れだった。
じゃあ次回のを見ようかな。1万ウォン札をにぎりしめる。
でもなぜか足がすすまないのである。
あれ、どうしてだろう。
でもじゃあ、やめとくか。
そのまま映画館を離れて歩き出した。
また本屋でもよろうかな。
喫茶店で時間をつぶそうかな。
しょうがないから会社でも寄ろうかな。
でもふっと気が変わった。
左に曲がってみよう。
左にはつぶれかけのデパートがあった。のぞいてみたくなったのである。
前まで来てふと思った。
もう少し歩くと別の映画館、中央シネマがあるな。
そこまで行ってみよう。
時間を確認すると、ちょうどいい時間のがある。
じゃあそれにしよう。
MH氏が薦めていた映画館でもあるし。
というわけで結局「ナドアネガイッソスミョンチョッケッタ」を見るはめとなった。
おもしろかったけれど。チョン・ドヨンもかわいかったし。
しかし音が大きいのには辟易した。大きくすりゃあいいというものでもないだろう。
しかし久しぶりに映画のレンチャンをする。
韓国に来てからあんまりしてなかったような。

でも映画館のトイレで大変なことをしてしまった。
時間を確認しようとして、携帯を取り出したところ、ドボン。
手がすべって、便器の中に携帯を落としてしまったのである。
あわてて取り上げるが、間に合わず。
かくして画面が出なくなった。
(幸い、流したあとであった)
時間がたてば出るようになるかも。うすい期待を持つ。
しかしやっぱり今のところダメである。
修理に出すしかないだろうか。

家に帰ってきて買ってきた「四月物語」送ってもらった「はつ恋」のVCDを見る。
結局、今日は映画三昧の一日となった。
パン。

ビーフカレー。

お豆腐。
ラーメン

※ソウル+1
地名の世界地図 クロスファイア

ミート・ペアレンツ

ナドアネガイッソスミョンチョッケッタ
(僕にも奥さんがいたらいいのに)

四月物語

はつ恋
2001/01/21(日) 不思議な夢を2つ見る。
高校時代のピアノの伴奏の練習をしているお店。
それからもう一つは、、、忘れた。
これも連休のせいかな。

5連休の初日。
いつものように6時に目が覚める。

そしてまたコテンと寝てしまった。
あとは熱帯のようなオンドルの上でゴロゴロ。
やっぱこのままではいけない。
考えた。
映画館は混んでいる。
本屋には別に用はない。
いつもいかないところに行こう。
思いついたのが博物館である。
まだ行っていない博物館。できたばかりの博物館。
新聞博物館に行ってみよう。

そのまえにお昼。
ラーメンかカレーか迷ったが、カレーに心を動かされる。
チョンノのドリパレの地下のカレー屋へ。
でもそこにはラーメン屋もあった。
つい食べてみたくなった。
メニューにあったチスメン。ナンじゃそれ?写真を見てもよくわからない。食べてみることにする。
帰りに行くはずだったカレー屋をのぞいてみた。
つぶれていないか心配だったが、なかなか盛況であった。
これを気においしい本格的なカレー屋がひろまってくれないかな。

博物館は東亜日報の新社屋にあった。
ガラス張りのエレベータで3Fに上がる。
吹き抜けにはナムジュンパイクのみたいなオブジェが飾ってあった。
新聞博物館。
この国の新聞の歴史は、まさしく韓国の近代現代史そのままである。
植民地下の弾圧、戦争による休刊、軍事政権下の弾圧。
検閲のペン入れが入った新聞の原稿が一番おもしろかった。
お母さんが子供たちに有名なソン選手の国旗抹消事件を説明していた。

博物館のあと、コーヒーショップへ。
そこでコーヒーを前に熟睡する。
見ると携帯に1つ不在者受信のメッセージが入っていた。
振動と音に気づかずに眠りこけていたらしい。
途中から起きて本を読む。
「話を聞かない男、地図を読めない女」。
途中にあなたの男脳女脳チェックがあった。
さっそくやってみる。
得点は120点。よかった男脳だった。
最近男扱いされていないことが多いので心配だったのだ。

今日こそは5号線と6号線で帰ろう。
と思って5号線の駅に向かう。
でも本.屋の前はやっぱり通り過ぎられないんですね。
20%OFFを思い出し、気になっていた新書を1冊購入。
20%OFFだと今のレイトで考えるとひょっとしたら日本で買うより安くなるかも。

夜は友人が送ってくれたVCDの「クロスファイア」。
設定、ストーリーが同じく宮部みゆきの「鳩笛草」にとってもよく似ているのだけれど、、、
パン。

チスラーメン

豆腐
ウィンナーソーセージ
AV女優
2001/01/20(土) 今日は出勤する土曜日。
会社に行くと男性スタッフ3人が寝ていた。
まあ十分予想された事態である。
これがまたたっぷり朝まで飲んだらしい。2人は完全に死んでいた。
今日は連休前である。まあシゴトする気にはならないのはよくわかる。

年の終わりは大掃除。これは日本の習慣である。
僕は机の上を拭いた。
あとはコロコロを買ってきた。
とてつもなく汚いたこつぼ、もとい○長室のためである。

4時過ぎ。シゴトが一段落。
というわけでカバンを会社に置いて映画を見にいく。
しかしさすがにいつもすいている映画館も土曜の夕方は混んでいる。
長蛇の列を並ぶ。まあ僕のねらいは上映からしばらくたっている映画なので売り切れの心配はないが。
みたのは韓国映画「ジャカルタ」。
切符売り場のおねえさんはまた美人であった。

映画のあとはまた会社で一仕事。
最後に暖房とコンピュータの電源をチェックし、鍵を閉める。

帰りは風の向くまま気の向くまま参りましょう。
5号線と6号線を乗り継いでアナムドンに帰ろうかと思ったが、つい反対方向に乗る。
そしていつもと同じようにキョボ文庫に立ち寄る。
また5号線と6号線を乗り継いでアナムドンに帰ろうとしたが、つい外のイルミネーションを見てみたくなった。
そうしてまたいつもまにかヨンプン文庫に立ち寄る。
こっちも気になる本はない、、、と思って眺めていると声をかけられた。
よくみると元クラスメイトのH氏であった。髪が黒に戻っていたから一瞬わからなかった。
定時までいたあと一緒にマックでメシをする。

アナムドンではひさしぶりにパン屋に寄る。

さて、明日から5連休。
旅にいかない5連休。旅にいけない5連休。
することがない。
映画でも見まくるか。でも混んでいるといやだなあ。
部屋で本を読んだりマンガをよんだりビデオやVCDをみまくったりするか。それだけではむなしいかも。
しかたないからシゴトでもするかな。それもつまらないかも。
なんか無駄に過ごすと後悔しそうである。考えないと。
シスコーン

フェトッパブ

マックチキン
黄昏のカーニバル ジャカルタ
2001/01/19(金) 明日から、休みである。
僕は休みではないが、社員が交互に各週休みなので、明日から6連休の人もいる。
まあ新暦で言えば12月28日ぐらいの雰囲気だろうか。
ということでシゴト的に休みの準備でばたばたする。

今日の最高気温は0度近い。
あの最高気温がマイナス10度近くになった日々に比べれば、はるかに暖かい。
結局、寒さ暖かさは日々の比較であることを実感する。
今日は昨日までのコートもおいてきた。
暖かい日に着てしまうと寒い日に耐えられないだろうから。

シゴトが終わってごはんのあと、同僚の男連中は飲みに行ってしまった。
これは当然であろう。
シゴトも片づけモードとなる。
明日の負担を減らしたくて、少し残作業に追われる。
映画を見に行ってもよかったが、最近映画がいまいちおもしろくない。映画心が薄れているのだろうか。というわけで今日はパス。

今日もアナムドン経由で帰る。
といっても今日も対して用はない。
コンビニで牛乳とお豆腐、カレーのレトルトを買って帰る。

また家に帰って「十年愛」を見る。
ついに最終回の92年まで。
俺たち、10年後も一緒や。
もう9年たった。
来年、スペシャルでも放送しないだろうか。
そして金曜日の夜は「デジスタ」。
週末の夜の楽しみの1つである。
シスコーン

プルコギ丼

チャプチェ飯
黄昏のカーニバル
2001/01/18(木) 今日も無事6時に目が覚める。
ひさしぶりに朝は玄米シスコーン。
スーパーのおばちゃんオススメ、甘くない大人の味であった。

今日も会社に一番のり。
あまりにも机の周りが汚いので掃除する。
大掃除は年末にやるもんだけど、まあ旧暦で考えよう。

お昼。
みんなはキンパブとラーメンを食べに行くという。
うーん重いなあ。
というわけで1人外に食べに行く。
「ウリマンドゥ」で本を読みながらトンカツセットを食べていると、隣の日本人らしい老夫婦がお店の人に話しかけられて困っていた。
思わず助け船を出す。
それにしてもウリマンドゥに連れてくるガイドもひどいな。
しかも注文だけして自分は消えてしまうなんて。

定時のあと、会社の同僚らと映画を見に行く。
「ホワット・ウィメン・ウォント」。
女の気持ちが全部分かってしまうようなったメル・ギブソンの話である。
まったくわからない僕にはうらやましい話である。
映画が終わったあとそのままちりじり。1人ホテホテとバス停に向かう。
どこか人さみしいときは、アナムドンを経由して帰るのがいつもである。
といってもパン屋かコンビニ以外寄るところはないけれど。
セブンイレブンで牛乳とおにぎりを買って帰る。
ちなみに今のコンビニでの研究テーマはおにぎり。炭火カルビおにぎり。プルナク(プルコギ+ナクチ)おにぎり。気になるおにぎりはまだ多い。

今日も家で「十年愛」を見る。
89年。90年。
なんだか9年前より真面目に見ている。
もう2人の10年を越えた歳になってしまったのに。
でもたしかにガイドブックのいうとおり、浜ちゃんと田中美佐子の掛け合いとノリはさんまとしのぶ以上である。
CMもなつかしい。
桃子の賃貸。マリナのワナナイト。いやあとっといてよかった。
そしてなぜかあいまに「私の運命」第14回だけが入っていた。
なんとうちの社長がでていた。いやよーくみるとそれは佐野史郎であった。
シスコーン

菓子

トンカツセット

菓子

ドーナツ
いか

豆腐

※ソウル−0
黄昏のカーニバル ホワット・ウィメン・ウォン
2001/01/17(水) 久しぶりに6時に起きる。

お昼は隣のビルの食堂街に行く。
マンドゥがおいしいときいたのでマンドゥグク。
たしかにまあまあおいしかった。
それよりキムチがおいしかった。辛かったけれど。

ちなみに最近こっているのは蜂蜜コーヒーである。
コーヒーの中に蜂蜜を溶かす。
甘ったるいのだが頭の疲れはとれる、気がする。

今日も社長の機嫌があやしい。
あんまり上が気分屋だと困るのだけれど。

定時のあと、映画を見に行く。
もうしばらくあとの映画でも良かったが、定時にすぐ映画を見に行きたかった。
というわけで「レッド・プラネット」を見る。
映画館から帰ると、会社のドアがしまっていた。電気も消えている。
みんな早く帰ったらしい。
でも電気ぐらいつけておいてくれてもいいのに。
というわけでまた鍵を閉めて帰る。

氷の道がややとけてぬかるんでいる。
とけるのはいいが、ぬかるみもたいへんである。

家でひきつづき「十年愛」を見る。
ガイドブックに寄れば3話に1シーン、常盤貴子が出ているという。
さっそく巻き戻して見る。
あーでてるでてる。浜ちゃんの愛人役で。若いなあ。
今日、見たのは86年、87年、88年。
ドラマのオープニングでは当時のニュース映像が流れる。
サラエボの黒岩彰は胸が痛い。その後のサラエボを思うと。
そしてそのころ僕は何をしていただろう?
ああそういえば台所で転んで骨を折ったっけ。
パン。

マンドゥ

お菓子

おにぎり
お豆腐

※ソウル+1
黄昏のカーニバル レッド・プラネット
2001/01/16(火) 昨晩はなかなか寝付かれなかった。
床が熱かったせいもある。
寝付いたのは朝3時。おきたのは7時。
そしてまた会社に10分遅刻した。

どうも今日は社長の機嫌がよくなさそう。
こんな日は話しかけるのをやめておこう。
さわらぬ○○にたたりなし、というではないか。

夜、バイト帰りのMM氏と夕ご飯を食べに行く。
たのまれていた「ビューティフル・ライフ」のビデオを渡す。
しかしもう一つ頼まれていたプリンを忘れた。とっておくようにと念を押された。大丈夫。賞味期限も3月である。
でもお豆腐定食はおいしかった。お豆腐はおぼろである。むかしスーパーでよく買って帰ったよね。なんてことを思い出す。
ただしょうゆがあればね、、からーいのはあったのだが。

さて、プリン話の続きである。
N氏からお願いしたシゴトとともに病み上がりですとのメールが届いた。
じゃあプリンでもさしあげましょうか?と返事をしたら喜んでもらってくれるという。
喜んでもらってくれるってうれしいですね。
もちろん、MM氏の分はとっておいて。
さっそく会社からの帰りがてらプリンを持っていく。
といってもN氏の家はしらない。
近くのマクドまで来てもらって手渡す。
ついでに無駄話。病み上がりに1時間近くつきあわせてしまう。
聞き上手な人なのである。

先日、日本から届いたビデオからドラマ「十年愛」を毎晩見ている。
このドラマは過去見たなかでマイベスト10に入るドラマ。
録画は再放送もの。あいまに入るニュースの予告から95年の1月に録画したものとわかる。
10年愛は1982年から始まっているから1991年か1992年のドラマ。
それからもう約10年たったわけである。感慨深い。
また鈴木杏樹が女子高生というのもすごい。
あいまに入るドラマのCMも気になる。「私の運命」どうなるんだっけ?
パン。

チキンカツレツ。

お豆腐定食。

ホットチョコ

※ソウル−0
霞町物語
2001/01/15 4時。目が覚める。
まちがえて朝ご飯を食べる。
でもまだちょっと早いな。って横になる。
目が覚めたら、8時前だった。
始業時間は9時である。
これはやばいかも。
でもやばいと思うと、CDの整理なんかはじめてしまうんですね。
というわけで会社には5分。遅刻する。
でも5分でよかった。

そして今日は朝からばたばた。
午後から新しいシステムが始まるからである。
午前中、準備で追いまくられる。
気ばっかりあせってあせって走り回る。
でも今日は時間を守りたかった。
韓国みたいにすぐ時間にルーズにはしたくなかった。
時間を守ること。
これが今回の至上命題。
ばたばたして、同僚にやめてくれと怒られる。
自分だってしょっちゅうはしゃいで走り回ってるくせにさ。
なんていうことは本人には言わないけれど。

1時。なんとかスタートに間に合う。
とりあえず予定通りに始められてよかった。
もちろんスタートのあともいろいろ手を入れることがあったけど。
そんな不具合の発見やら飛び込みの修正で落ち着く間もない。
最初から覚悟していたからよかったけれど。
さすがに今日の映画ははるか前にあきらめていた。

家に帰るとMM氏から電話。
いろいろとはっぱをかけられる。
がんばなきゃなあ。


昨日から床が燃えるように熱くなった。
水温の設定を上げたからである。
おかげでシャワーからはずっとお湯が出るようになったけれど。
こんなに熱いと干物になってしまう。
パン。

トンカツ+うどん+ライス

プルベク

※ソウル−0
霞町物語
2001/01/14 (日) 今日はオフモード。
1日眠い。
外に出ようとがんばるが、ついオンドルで昨日届いたマンガなどを読みふける。
そして気がつくと寝てる。

このままではいけない。
やっぱり外に出よう。
夕方、ぼてぼてと外に出る。

しかし出て5分で大後悔した。
とてつもなく寒いのである。
寒いと言うより、顔が痛い。
昨日元クラスメイトのM氏が語っていた表現が、よくわかる。
カイロで顔を暖める。
しかしカイロがきかないぐらい顔が冷くなった。

今日でかけたのはカンビョン。
テクノマート。まあいうなれば秋葉原のようなもんである。
まずは上の階の映画館から。やっぱりゲロゴミ。早く起きれたら見られたのに。
ついでCDケース。
それからコンピュータ売り場をながめ、VCDをながめる。VCDは特に新作はなし。
またCDショップにも。いつも寄っていたマニアックなCDショップが改装されていた。CDも少なくなっている気がする。経営者が変わったのかな。
CDも特に欲しいモノはなし。
ついで下の階のTV。両端がでないTVを使って1年。やっぱり両端が見えるTVがいいな。価格帯をチェック。ふんふん。
そして最後に地下階のマグネット。
今日のお買い物は茶こしである。
以前も買ったのだが、いつのまにかなくなってしまったのだ。
そして韓国の茶こしは日本の2倍ぐらいの大きさであった。
ついでにガラスコップも購入。このまえ買ったガラスコップは半年ですべて破壊してしまったから。
さらに食品売り場も散策。
お総菜コーナーを見つける。
韓国のお総菜コーナーは初めてかな。
コロッケをみつけた。
コロッケはドーナツ売り場にあった。
コロッケって韓国ではドーナツなんである(極論)。
そして中身はできそこないのピロシキのようであった。
角煮とウズラ卵のお総菜にもそそられるが汁が多い。チャプチェのお総菜を買って帰る。

夜は「ビューティフル・ライフ」のビデオつくり。
画面が飛ぶのにはまいる。もっとキレイに傷がつかないようにしないと。
それからドリームキャッチャー。
自分がカナダで買ったモノがドリーム・キャッチャーであることにようやく気がつく。ドラマにでてきたから。
パン。

中華まんじゅう。

ラーメン
豆腐。

チャプチェ。
コロッケ

※ソウル
霞町物語
2001/01/13(土) 今日はお休み。
それでも6時過ぎには1度目が覚める。
起き出して掃除をした。
窓を開ける。
とてつもなく冷たい風が入ってくる。
たまりにたまったホコリを集める。
久しぶりに皿を洗う。
ちらかった本や雑誌を片づける。
みちがえるようにきれいになった。
これでいないあいだに大家が入ってきても大丈夫。

昼。
会社にでかける。
少しシゴトが残っていたのだ。

そしてもう1つ。
今日は同僚の結婚式。
はじめて韓国の結婚式に出かける。
すごいですね。
ちがいますね。
結婚式。
式場の壁画がはでなこと。
そこに2人がゴンドラに乗って平行移動。
それもただ往復するのみ。
2人の前にいるのは神父?と思いきや、ただの仲人で大学の先生。
しかも新婦が日本人だから韓国語を勉強するようにと結婚式でのたまう。
そして音楽。
突然に始まって突然に終わる。
そして2人の入場音楽はスターウォーズのテーマ。
退場時、職員がトランペットから放った紙吹雪はシャンデリアにひっかかり、新婦の髪にひっかかった。
そして式のあいだもひびいた携帯の音。大きな声の電話。後ろの方ではたえずがやがや。

記念写真におさまる。
ブーケは同じく同僚が受け取った。
重くてたいへんだったそうだ。
幸せのお裾分けに何本か抜かれていた。

そして披露宴。
ではない、ただ食堂でごはんをいただくだけである。
カルビタンにお餅。

見るのはおもしろいけど、絶対にやりたくない式であった。
新婦が読み上げたお父さんへの手紙が一番よかった。

式は1時間半で終了。
そのまま映画を見に行く。

しかしソウル劇場はちょうゲロゴミ。
得意のあんちょこでさがしたら、ピカデリー2で「12夜」が見つかる。
そうそう。これにしよう。

しかし映画は眠かった。
睡眠不足がたまっているかな。
帰りに地下鉄に乗って本屋へ。
しかしさすがに今日は間に合っている。
日本から大量の本を持ち込んだばかりだから。
立ち読みをしただけで帰る。

脂肪肝の恐怖から節制を始めて6日目。
なんとか3kgの体重が落ちた。
まあこの3kgは急に増えたモノだから、落ちるのもはやい。
しかしこのペースで行ってくれるといいな。
エレベータの中でそのことを日本語で自慢したら、なぜか韓国人にも通じてしまった。「3キロ、へった」。どうしてどうでもいいときだけ通じるんだろう。
パン。

お菓子。

ピザ。

カルビタン。

※ソウル−0
霞町物語 12夜
2001/01/12(金) 朝、最後の歯医者に行く。
無事はめものをはめてもらう。
ぐぎ。なにかはさまったかんじ。
前にはめものをいれたときは高すぎて下の歯を圧迫し、それが歯の下のできものにつながったのだ(と信じている)。
どうか高すぎくありませんように。
幸い、それはさけられたようだ。
最後におめめぱっちりの衛生士さん(おそらく)に歯石を取ってもらう。これがもうぼろぼろと口の中いっぱいとなった。
今日はお金の支払いもなくおしまい。歯石取りはサービスなのかな。最後に食べ物のカスがたまりやすいところを注意するように言われて終わりとなる。
また半年後ぐらいに点検にきましょう。

今日の朝はマイナス15度。
マイナス15度!
これは自己経験新記録である。
昨日までのジャンバーをあきらめる。なにせ足が寒い。実は夏と同じズボンをはいている。あんまり気にならない。気にならないが、さすがに寒い。寒すぎる。この前日本から運んだコートを羽織る。
もちろんコートだけでは寒い。下に日本で買ってきたフリースを着る。これで上は5枚重ね着。
それでもやっぱりズボンは寒かった。そろそろ冬用のズボンを買うかな。

明日はお休み。
ひさしぶりの週休2日である。
うれしい。ほんとにうれしい。
実は月曜日から新しいシステムが始まるので、いろいろテストをしなければならない。だから結果的には明日も出なくてはならない。
でも、定時に行かなくてはならないのとは全然気分が違う。たとえ明日が午前中しかもともとシゴトがなくても、全然違う。

TVに会社のことがでるというので会社のTVで見た。でもすべてカットされていた。まあそんなもんさ。

今日もおそるおそる家に帰る。
帰る前に大家の部屋の電気をチェック。いちよおきているらしい。
でもちゃんと門はあけられていた。たぶんあけておいてくれたのだろう。でもこの緊張感はいやである。
パン。

マンドゥグク

タットリタン

※バルセロナ-3
AV女優

霞町物語
2001/01/11(木) 朝、外は再び真っ白な世界となった。
昨日までの氷、もとい雪は根雪となった。
このまま春まで解けなかったらどうしよう。

今日は氷の道で4度、こけそうになる。
雪道は好きである。
氷の道はあぶない。
ペンギンの気持ちがよくわかるよ。

また今日は韓国語があんまり通じなかった。
日本語もよく通じなかった。
そんな日もありますよと同僚になぐさめられる。

夜はサムギョッサル。
脂肪肝(たぶん)の僕は脂身を食べるわけにはいかない。
脂身をのぞいて食べる。

夜の外は異常に寒い。
ついに靴下2枚はかないと寒い冬がやってきたようである。

帰ってくると門が閉まっていた。
さっそく鍵を試す。
元々の鍵。あかない。
もらった代わりの鍵。あかない。
以前つくった合い鍵。やっぱりあかない。
ためいきをつきながら3Fの大家のベルを押す。
扉はインターフォンのボタンを押すと自動的にドアが開く仕組み。
しかし大家のインターフォンでもドアが開かなかった。
大家さんの娘(三女)がわざわざ下まで降りてきてくれた。
娘さんがいうには寒さで鍵がこわれているのではないかという。
いやでも僕は鍵がやっぱりいかれていると思うんですけど、、、他の人はOKなんだし、、、
娘さんは何時でもいいからといってくれるが、さすがに夜中の3時というわけにはいかないだろう。
それにちょっと買い物にいくたびに連絡するのはたいへんである。
これじゃあ大家さんと一緒に住んでいるようなものではないか。
その手の不自由さは苦手。へこむ。

最近、日記を朝書いている。
でもどうも日記って朝書くとおもしろくない。
へんに冷静なんである。
これからは疲れていても夜書くようにしよう。
朝はチェックだけにしよう。
パン。

お菓子。

チャジャンパブ。

お菓子。

サムギョッサル


※バルセロナ−1
AV女優

霞町物語
2001/01/10(水) 朝、凍った道をよちよち会社に行く。
今日は2人、泊まっていた。

午後。打ち合わせに行く。
打ち合わせなんて久しぶり。韓国では初めてである。
名刺交換。
そのうちの1つ名刺が気になった、
漢字が間違っているのである。
いうべきかいわないべきか。
いややっぱり体面もあるだろう。だまっておく。
ミーティングコーナーの後ろにマシンルームがあった。
それもなつかしかった。

夕ご飯はコンビジ。
ふっと横を見ると店のおばさんが毛布にくるまって寝ていた。
かき入れ時なのに。

帰り道も凍っている。
まるでほんまの「氷の世界」。
2回ほどのけぞった。
ほんま、氷道はかなん。

おそるおそる家に帰る。
門は、、、あいたままだった。
ほっとする。
とりあえず大家に連絡しなくてすんでよかった。
しかし真夜中だったらどうしよう?
会社に戻るしかないのかな。
あるいは門を乗り越える?
パン。

ビビンバ。

ホットク。
ホットドッグ。
お菓子。

コンビジ

<バルセロナー2>
AV女優
2000/01/09(火) 朝、雪道を歯医者にでかける。
出るのが遅くなって歯医者から電話がかかってきた。
あと5分で着くんで、、、、
しかし雪道である。凍っている。再びペンギンである。
ほうほうのていでたどりつく。

今日は型をとられる。
ひさしぶりだったせいか、口につっこまれると気持ち悪い。
忘れていた鼻呼吸の練習をする。
なぜか椅子を2回もかえさせられる。
エプロンをしたままよちよち移動。

バスに乗ると同僚が横に立っていた。
なのに全然気がつかない。
のでこちらもほっておいた。
そしたら最後まで気がつかずに降りてしまった。

会社に着くやいなやシゴトがわんさかやってくる。
でもこっちはまだ頭の準備ができていない。
たちまち不機嫌となる。

一緒にシゴトしているプログラマーのしんちゃんが、定時で帰った。
これ幸いと僕も映画を見に行く。
やっぱり6時にシゴトが終わると映画のキャパが広くてうれしい。
といっても今日は歯医者で遅く来たのだけれど。
後日埋め合わせをしよう。

帰りにプンジョンホテルに寄る。
友人が貸したガイドブックをおいていったのだ。
フロントに行くと後ろの方においてあるのが見えた。

アパートの外の扉をあけようとすると、あれ?鍵が入らない。
曲がってしまったのかな。
と思って曲げながらつっこむ。
でも入ることは入ったが、反応しないのである。
しかたなく大家さんに連絡。
かわりの鍵をもらう。
でもちょっと不安。
読むクスリ28
AV女優
不遇の名作
2001/01/08(月) 朝、5時に自然に目がさめた。
今日から再び早起き。
7時半に家を出る。

外は雪が残りまくり。
もうつるつる、たいへんである。
ただでさえ僕は歩くのがへたである。
そろそろよちよち、ペンギンとなる。
バイクがすってころりんするのをみかけた。
今日のバイクはキケンだよ。
デモやっぱりこちらの人はあんまり気にしていない。

さすがにいつもとばしまくる車も今日はそろそろ走っている。
バスもゆっくりめ。
まるで日本のようである。
おかげで安心して乗っていられる。
毎日雪が降ればいいのに。
しかしどこか物足りなさもある。
やっぱりこちらになれてしまったかな。

今日はあわせて10回ほど、あやうく転ぶところであった。
とくにバス乗り場があぶない。
また横断歩道の前もすべる。
さらに傾いている歩道。歩いても歩いてもすべる。
ちゃんと除雪してあるところはいいのだが。

雪のため、今日日本に帰る友人が空港で足止めをくらう。
会社にもお客さんから何度か連絡。

今日から会社は9時出勤、6時退社となった。
早起きだから9時でもかまわないし、6時退社はうれしい。
映画のキャパもひろがる。
でも今日はパス。もちろんチェックしてあったのだが。

細かいシゴトは夜はつらい。
ということで家に帰る。

家で「ビューティフル・ライフ」を見る。
こりゃあたるわ。
パン

プルコギ定食

読むクスリ28
2001/01/07(日) 朝、ホテル10時で待ち合わせ。
ちょっと遅めに家を出る。
急いでいかなければ。
そう思って外に出たとたん、立ちつくした。
外は真っ白な雪景色であった。
10cmちかく降り積もっている。
そしてふりしきる雪。
あちゃー。
まるで狐にバカにされたような気分。
だって昨日の深夜にはまったく降っていなかったから。
そういえばさっき外でガリガリという音がしていたことに気がつく。

すべりながらバス停へ。
でもバスがこない。
あきらめてタクシーにしようとした頃に、バスがやってきた。
さすがのバスも今日はゆっくり走っている。
結局、10分遅れで到着。

雪が降らなければ今日は外をまわるつもりであった。
しかしこの雪である。
予定変更。まず室内のロッテワールドに向かうことにする。
それから昼を一緒にするはずだった友人のC女史にも電話。この雪なのでさすがに出てきてもらうのは悪くてキャンセル。

タクシーでロッテワールドへ。
タクシーも今日に限ってはゆっくり目に走っていた。
ときどきおもいきし路線変更をしていたが。

ロッテワールドでは免税店と地下の食料品売り場へ。
免税店では休憩室で休憩。
それから3Fの伝統食堂街にサムゲタンを食べに行く。

次に地下鉄でCOEXに移動。
こちらのSKM免税店に行く。
途中、ばったりプログラマーのしんちゃんに遭遇。友人の結婚式だったそうだ。こんな雪の日に結婚もたいへんである。

せっかくだから足マッサージしましょう。
シゴトで行ったお店に連れて行く。
友人らは足30分に顔30分。
僕は全身60分。
肩、腰、手をじっくりもんでもらう。
けっこう痛かった。
鼻水がでた。
腰が固いといわれる。
でも上半身が軽くなった。特に手の動きが軽い。
そして筋肉痛の足だけがまた残ってしまった。

つづいてタクシーでミョンドンへいく。
ここで僕は大失敗。
1000ウォン札と10000ウォン札を間違えてしまったのである。
降りてタクシーが立ち去ったあとに気がつく。ショック。
まあ900円の損失ではあるが。
コンビニでお釣りを間違えられたようにくやしい。
これからはどんなに暗くてもお札を確認するようにしよう。
また1万ウォン札と10000ウォン札はやっぱりわけていれておこう。
まあこれは勉強代と思うようにしよう。
まあタクシーのおっちゃんにチップをあげたと思うにしよう。
そういえばやけにタクシーのおっちゃん、笑顔だったんだよなあ。
900円分くやしがるのももったいない。

ロッテ免税店と地下の食料品売り場に行く。
免税店では再び休憩室でぼおっとする。。
ほんとうはもっとブランド品を勉強しなきゃ行けないのだが。

残った雪が踏み固められ凍りかけでつるつるのミョンドンを行く。
非常に歩きにくい。
明日はもっとたいへんだろうなあ。

ミョンドンでも焼き肉屋を2軒はしご。
つづいてスターバックスで一休み。
それからとなりのミリオレでお買い物。これはいい経験になったようだ。
コンビニでもお買い物。
ここミョンドンのコンビニはほとんど日本人観光客ばかり。
お土産や夜のホテルのおつまみに利用されているらしい。
ちょっと不思議なコンビニであった。
しかしこちらは生活感のあふれたものを買う。

タクシーでホテルに友人らを送る。
そのままタクシーに乗って家まで帰る。
パン。

サムゲタン。

ピンデトック。

プルコギ。

カルビ。

コーヒー。

アイドル偶像列伝
2001/01/06(土) あの男、もとい友人がソウルまでやってくる。友人の知り合いを連れて。
到着するまで映画を見たり、会社で残業したり、ゲームをしたりして待つ。
シゴトでまた人を1人怒らせた。
どうも最近人を怒らせてばかりいる。
また関係ないでしょといわれる。
だから心配しているわけじゃないのに。
そう思われるのが悲しい。
怒らせようと思っているわけではないのに怒られるのは悲しい。

昨日トイレに文庫本を忘れた。
朝、あわてて回収しに行く。
しかしもうなかった。
いそいでトイレ掃除中のおばちゃんを捕まえる。
そして文庫本はトイレのゴミ箱のそこから無事回収された。
もちろん本をていねいに拭いた。

夜、バスで宿泊先のホテルに向かう。
しかし間違えて1つ前で降りてしまった。
あわててまた乗り直す。
おかげでタクシー代ぐらいかかってしまった。

夜、無事ホテルで友人らと合流。
タクシーで東大門市場に向かう。
カルビ2軒はしご。
プレヤタウンで買い物。ついでに裾直し。
最後にソルロンタンでしめる。
タクシーは幸いなことにすぐつかまった。
東大門市場でもよく捕まる場所があるらしい。
家に帰ると2時半を回っていた。
パン。

キンパブ。

マンドゥ。

ポッサム。

カルビ。

ソルロンタン
読むクスリ28 風の谷のナウシカ
2001/01/05(金) ひさしぶりに会社に出る。
久しぶりの仕事場というのはちっとはずかしい。
はずかしいので遅めに行く。
遅めすぎて遅刻した。

もちろん今日は頭が動かない。
リハビリである。
たまっていたメールをチェック。

しかしシゴトは休んでくれない。
午前中からクレームの電話。
そうですよねえわかります。すいません。
いちよ社長に話をしたが、うまく伝わったのだろうか。
なにせ韓国語が出てこないのである。

そして夕方には社長とバトル。
お休みの間にすすんだ話について、こちらの言いたいことをいう。
こっちは筋金入りの心配性である。その心配性は前の会社でも折り紙付きである。
でもここで言いたいことを言っておかないとまずい。
また相手が熱くなってもこちらが熱くなってはダメである。なるべく冷静にと行く。これがまた相手を熱くさせたりするのだが。
誤解は、自分のシゴトが増えるから心配しているのではないということ。それだったらどんなに楽だろう。関係ないもんね。ほんとは。
それにそうまったく関係ないですまないことは多くなる。それはわかっている。だからやっぱり黙っているわけにはいかない。

つぶれた足のマメが痛い。
痛い足をひきずりながら帰る。
絆創膏はかえってよくないらしい。

今日、健康診断の結果が帰ってきた。
結果は、、、やっぱり肝臓。足マッサージで指摘されたところである。さすが足マッサージのあんちゃん。いやそれどころではない。酒も飲まない自分がどうして肝臓が?やっぱり脂肪肝、、、
半年後に肝機能検査を受けるように言われる。とりあえず禁酒。これはしょうがないな。あんまり好きな方ではないが、飲めないと思うと意外とさみしい。
それから指摘されたのはリューマチ。幸いまだ関節が痛くなったことがないが、太ると言われる症状である。やばいやばい。
あとストレスが高いことを指摘される。やっぱりね。ふう。
パン。

フェトッパブ。

お豆腐。
サツマイモサラダ
チャンジョリム


ホームに戻る


※すべての文章の権利はぼうずに属します
Bouz Co. 「GOGO!ソウル」