GOGO!ソウル労働日記

2001年5月


2001年5月31日(木)
昨日、食べ過ぎた豚肉が重い。
朝のトイレもきつい。
心配なので、今日は歩くのを断念。電車で出かけた。

昨日の映画の日(私だけ)は会食。
今日こそは映画を見よう。
と思って夕方映画館に行く。
ところが、あてにしていた映画がほとんど終わっているのである。
(「小説家を探して」「スターリングラード」)。
まあ入らないとは思っていたけれど。
その代わりやっているのが、あれ、「チンジュマン」つまり「パールハーバー」である。
1つだけ見てもいいかなというのがあった。9時10分の韓国映画「インディアン・サマー」。
しかし今日は体長も下降気味だし、やめておこう。

午後、また眠くなる。
午後に細かい作業を入れるのはやめておこう。
しかし結局、夕方から細かい作業にはまる。実は細かい作業が好きなのかしらん。うん好きかも。
でも最近、仕事以外に1つとってもしたいことがあるんだ。
もうあんまり躊躇している時間はないんだけど。

ほてほてと歩いて帰る。37分であった。まあ急いで帰る理由もないのだが。
汗をかいてシャワーを浴びてすっとする。
しかし今宵は汗をかかないぐらい、涼しくなった。

夜、S氏からメッセージ。「結婚しようと思います」
しかしそこまで至る話が長かった。
男女って難しい。

また別の人から秘密主義といわれる。そうかな?
さっき食べてきたものとか、週末何しているとか、別に言わなくてもいいやん。
(ってここには書いてたりするのだが)
(90)ヨーグルト、オレンジジュース、コーヒー、韓国式チャーハン、コーヒー、ツナ、焼き鳥、昔風ホットク、コーヒー、玄米牛乳、牛乳
2001年5月30日(水)
今日の朝は急がない。ほてほて歩いていく。
しかし急いだ時との時間差は5分ぐらいである。
急いでもあんまり意味がないような気がする。

最近、朝早く目が覚める。
おかげで昼過ぎて眠くなる。
メニューの入力という超単純作業が待っていたからである。
生フルーツジュース(アップル+パイナップル+いちご)。
とかである。
チャモンってなに?横のスタッフであるU氏に尋ねる。
みかんみたいなもので。。。ああザボンかあ。
と思ったがインターネットで調べると、それはグループフルーツであった。
途中で数度ギブアップ。トイレで一休み。

今日は突然の会食が入った。
夜、豚を食べにいく。
これがもうほんとうにおいしい豚肉であった。
久しぶりと言うこともあるかも知れないが、今までの人生の中で5本の指に入るうまさである。
脂身もついているが、しつこくない。
勢い余って大量に平らげる。
しめはコングクス。今年初コングクスである。
コングクスに氷が入っていないよ!既に酔っぱらったHS氏が語り出す。
氷が入っていないコングクスなんてコングクスではありません。
逆側にいた新しいスタッフであるI氏もコングクスに氷が、、と語り出す。
どうして韓国の人はコングクスを熱く語る?
家庭でつくる味だからだろうか。
ちなみに新しいスタッフであるI氏、学校を出て数年という雰囲気でありながら、実は僕よりちょっと年齢が下で、既に結婚していて、しかも子供がいるのを初めて知った。
キーホルダーには奥さんと子供の写真が。
僕のキーホルダーはハンバーガーである。携帯はたれぱんだである。

ひさしぶりに家に早くたどり着いた。
しかし腹が重くて動けない。だらだらだらと過ごしてしまう。もったいない。
(90)ヨーグルト、オレンジジュース、コーヒー、マンドゥ、クッキー、チョコ、バナナ牛乳、コーヒー、豚肉、コングクス、アイスクリーム、コーヒー、牛乳
2001年5月29日(火)
歩く横を、車がびゅんびゅん通り過ぎる。
歩くことは体にはいいかもしれないが、この排気ガス、のどには悪そうである。
バスに乗るのと実はどちらが健康かよくわからない。
また歩いていても危険である。
歩道を遠慮なしにバイクがつっこんでくる。
横断歩道にはバスがつっこんでくる。
おかげで横断歩道では渡る前に左右を見るクセがついてしまった。
交差点の角も危ない。
歩道で待っていても、バスがクラクションを鳴らしてつっこんでくる。
よけるのはそっちやろが!と思っても巻き込まれるのはかなわないのでよける。最低である。

歩きながらラップを取る。
ホテルの前。
駅の前。
ポルノ映画館の前。
また駅の前。
いままでの最短記録は29分だが、せめて25分を目指してみよう。

6月分の、細かい作業が終わった。
あと2日かかると覚悟していたので、ホッっとする。
終わった後はいつも目が痛い。今日は目のためにも映画は無理である。

昼も夜も食べるので、だんだん食べるネタが尽きてきた。
今日はマンドゥにしようと思ったが、マンドゥ屋が休み。明日かな。

帰り道、道にトランプがちらばっていた。なぜ?
屋台でおじさんが寝てた。お疲れさま。
朝つくられて残ったパンが並べられている。おいしそうである。
(89)ヨーグルト、ニンジンジュース、コーヒー、おいなりさん、石焼きカレー(2/3)、オレンジジュース、コーヒー、豆乳、お菓子、おにぎり、チキン缶詰、酢豚、牛乳。
2001年5月28日(月)
歩くとき、しんどいのは階段である。
今日は階段なしのコースで行ってみよう。
横断歩道を3つ渡り、南側のルートを取る。
しかしここで問題。
横断歩道は待たされるのである。これで時間がかかる。また待つのはキライである。
またトイレの問題がある。
お腹がヨワイ自分である。ルートにあるトイレの位置はすべてチェック済みである。
しかし南ルートはトイレスポットがないんだな。
と思ったらお腹がおかしくなってきた。
さいわい市場の建物が見える。ここに飛び込めばなんとかなるだろう。
無事、会社に着いたのだが。いつもより10分余計にかかる。この南ルートはやめておこう。
でも、朝の市場でいろんなものが売られているのを見物できるのは面白い。
マネキンを売るお店を生まれて初めて見た。
家にあったらコワイよね。

さて、月末恒例、細かい仕事がやってきた。
他人にふろうとしたら、逃げられた。
のばしにのばして夕方、ようやく取り組む。さいわい6月はへんなパターンがない。それが幸いである。

今日はソフトのインストールに翻訳者のY氏がやってきた。
差し入れにお菓子とラーメン、やきそば、都こんぶをいただく。
都こんぶ!韓国語でどう説明したらいいのだろう。

帰りはいつものルートで帰る。やっぱり30分でつく。
夕ご飯をしっかり食べたせいか、力が余っていた。
間違えて2Fでエレベータを下りかける。
つられておばさんも下りる。もう赤面である。

飯を食べている間にずっと「路面電車」を読んでいたせいか、ソウルにも路面電車が復活すればいいのにと思う。
押し合いへし合いのバスがすべて路面電車に変わった風景を想像する。
なかなかいいやん。環境問題にもいいぞ。
東大門の下をくぐる路面電車。見てみてみたかった。
この国は電車に郷愁をもたないらしい。その手の本もあんまり見たことがない。
新聞でストラスブールが取り上げられているのを見たことがあるが。どうかなあ。
(89)ヨーグルト、人参ジュース、とんかつ(ごはん3/4)、オレンジジュース、豆乳、コーヒー、お菓子、ソルロンタン
2001年5月27日(日)
8時、一時起床。
10時半、最終起床。
オンドルの上でごろごろが好きである。
冷たい床がなんともいえない。
日本から持ち帰った雑誌を読み散らす。

ケイタイがなった。
なつかしいプサンなまりが聞こえてきた。
なんと韓国語の恩師、Cさんであった。
Cさんの前では韓国語でしゃべらないといけない。と思って緊張してしまう。
うまくなったよとなぐさめのことばをいただく。

昼を食べたら、また眠くなった。
目が覚めたら夕方の5時半。
沈没の1日であった。

いやいかん。ケイタイが料金不足で使えなかったのだ。
料金を追加しにいかないと。
夕方、街にでる。
サービスセンターで3万ウォン分を追加。

いつものように本屋に足を伸ばす。
といってもさすがに今日は「本」心が動かない。

いつものようにドトールへ行く。
今日は客がいなくて、静かであった。あれ?
生クリームがてんこもりのウィンナーコーヒーを飲みながら、本を読みふける。
つづいてガイドブックを開く。
いろいろとやりたいことを思いつく。
しかし悲しいかな、ボールペンがなかった。

今日は家にあるものを食べ尽くそう。
おかげで即席麺ばかりとなる。
しかし春麺というそば。たれが甘すぎてまずかった。
名前はいいのにね。
(89)ヨーグルト、オレンジジュース、豆腐、チャンジョリム、春麺、牛乳、チャジャン、さつまいもキャンデー、八つ橋チョコ、ウィンナーコーヒー、玉子サラダ、ハンバーグ、チャパゲティ
2001年5月26日(土)
今日はお休み。
であるがシゴトがたまっている。
というわけで会社に行く。
しかもいつもより早い。
目が覚めてしまったのである。
今日も会社まで歩いていく。
今日は新しい道を行ってみた。
階段を1つくぐらなくて済む。
しかし若干の遠回り。時間もよけいにかかった。

いつもの土曜日ならば、映画でも見て、本屋でも行くところである。
しかし今日はとても行けそうにない。
最初からあきらめる。
もちろんサイトで映画館情報はチェックしておいたが。

今日の帰りは電車にした。
(~ヘ~;)ウーン電車に乗ってもやっぱり20分である。
今日まで賞味期限の焼きプリン。空港で買ったものである。週末の楽しみ。
ヨーグルト、オレンジジュース、チキンバーガー、ポテト、チョコパイ、クッキー、チョッパル
2001年5月25日(金)
何となく思っていたことを、実行することにする。
会社まで歩こう。
歩き出したとたんに声をかけられる。
「すいませんが、洞事務所(区役所の出張所)はどこですか?」
わーしらん。

せっかくなのでストップウォッチで測ってみる。
近くの駅まで8分か。よしよし。
ここでラップタイムをとったのがいけなかった。
しばらくたってまた確認してみると、さっきと同じタイムではないか。
全部止めてしまったのだ。
まあスタート時間を覚えていたからいいけれど。て大した問題ではない。
約30分(推測)で会社に到着。
なんだそんなものだったのか。
実はバスに乗って行っても約20分なのである。あんまり変わらない気がする。
これからは健康のために、歩きましょう。
といっても幹線道路の脇である。排気ガスがすごい。喉が痛くなる。こちらでギブアップするかも。

いつも迷うのは夕食である。
食べ過ぎたくはない。でも食べたい。でもトンカツはちょっと重い。
バーキンのチキンバーガーも気になったが、今日は豆腐を食べたい。
というわけでコンビジを食べる。

今日は9時半に帰りましょう。
じゃああと一仕事できるな。
このあと一仕事が余計であった。
結局、今日も10時となる。
教訓、最後の一仕事は明日にしましょう。

帰りも歩いてみた。今度は30分を切っていた。
これで終バスが気にならない身分になってしまった。

帰って「うる星やつら・オンリーユー」をビデオにダビング。
むかしはラムちゃんてあんまり好きなキャラではなかったが、今見るとかわいく見える。
(91)ヨーグルト、コーヒー、お茶、せんべい、カルビタン、コーヒー、オレンジジュース、緑茶、コーヒー、せんべい、コンビジ。
2001年5月24日(木)
ひさしぶりに会社に行く。
ひさしぶりというのは照れるものである。

会社も留守中にいろんなことがあった。
と出勤早々社長から留守中の説明を聞く。
2人、会社をやめる。
1人はプログラマーのしんちゃん。性格が好きだっただけに、残念である。すでにもう代わりの人が来ていて、引継が始まっていた。はやい。
もう1人は記者のS氏。ヒミツよんと昨日メールが来ていたが、もちろんほとんど全員知っていた。
韓国ってやめるときも一緒なのかしらん。

仕事がもうそれは山のようにたまっていた。
といっても予想された事態だから驚かない。
仕事ってたまりすぎているとかえって焦らないものである。
ようやく1つ、片づいたのが夕方であった。

買ってきたお土産、八つ橋(皮だけ)は好評であった。
とりわけ釜山出身の食いしん坊であるJH氏には好評であった。
食いしん坊だからか?釜山出身だからか?

でも今日はリハビリ、っていうことで、10時には帰る。
小さな羽虫の死骸だらけの床を掃除。
ついでに洗濯。またティッシュと一緒に洗ってしまった。
TVを消していたら眠くなった。
いや今日はインターネットセキュリティをインストールしないと。
2001年5月11日(金)
明日からでかける。
今日はシゴトでその準備に追われる。
まあわかっていたけれど。
まさか夜遅くまでかかるとは思わなかった。

そうして完璧にシゴトのひきつぎができた。
そう思ったのに、1つ忘れていたのに気がついた。
くやしい。
シゴトのメールを家から書く。

家に帰ってメールのチェック。
洗濯。
カバチタレを残り2回。
あいまにデジスタ。
シャワー。
明日の起床時間は5時。今もう3時半。
今宵は眠れそうにない。
2001年5月10日(木)
旅行社に飛行機の、チケットを取りに行く。
地下鉄に乗って鍾路へ。
ついでにランチでトンカツを食べた。味はまあまあ。パンチャンのニラと小エビがおいしかった。
ついでに本屋に寄った。吉本ばななを1冊買った。池波正太郎も惹かれたが、やめておいた。
ついでに文房具屋に寄った。でもまあもうお土産はいいか。
ついでに銀行に寄った。日本円に替えようとしたら、パスポートが必要であった。
地下鉄に乗って会社へ帰る。
なんとなく1つ前で降りてみた。
市場の中を抜けていく。
アウトドア市場。食器市場、ひも市場。
やっぱり町歩きは面白い。

腰が痛い。
ずっと座っているのがいけないようである。
やっぱりずぼらがいけないのであろうか。
体が重いとよけいずぼらになる。
ついでに食べるのもずぼらになるのといいのだけれど。これだけはマメである。
かくして夜はチャプチェパッ。

家に帰ってカバチタレ7話、8話、9話を見る。
これで行政書士の志願者が急増しているんじゃないだろうか。
2001年5月9日(水)
朝、目の前を歩いていた女の子が道に唾を吐いた。
別にもう驚かないぞ。
「それだけはできない」
こちらに住みたいという日本人が言っていたが、時間の問題であろう。

風邪はきのうから回復の兆し。
薬がきいたのかもしれない。

釜山でもらった焼きプリンが余っていた。
朝、ひさしぶりにとりだしてみる。
みごとに全体がまだらになっていた。
というわけで処分。もちろんお腹の中に処分。

昼は昨日見つけた鳥の唐揚げ定食。
韓国で初めて見かけた。
注文すると「とんかつじゃないんですけど」と言われる。
知ってる知ってる。でも僕は唐揚げが食べたい。
味は、、、唐揚げを食べられただけでも満足である。

夜は映画を見に行く。
「ハンニバル」。
行く前にPCがバカになってとまどる。
おかげで映画館のチケット売り場は長蛇の列。
あせりながら順番を待つ。
映画の始まる前に行かなくてはならないところがいつも1つある。
さっさと前の奴らが席を決めて買ってくれといのる。
お金を払うときにもたつなよ前のカップル。柄も悪くなる。
いのりが通じて無事10分前にチケットをゲット。

今日の外は冷えていた。
ふらふらに家に帰る。
なんとなく、アナムドンに寄ってみた。
すると人がわんさかいる。
おまけに車にも人だかり。
なんだかイベントがあったらしい。
野次馬根性を出しかけたが、幸いにイベントが終わったところだった。

家で「カバチタレ」第6話。
2001年5月8日(火)
ああお腹が重い。
いやこれは食べ過ぎではなく、実質的に重い。肩も凝る。
昼はカルビタン。ちょっと懐かしい雰囲気のお店だった。
夜はマンドゥグク。マンドゥグクのおねえさんがかわいかった。
会社でコーヒーと緑茶を交互に飲んでいたら、お腹がいたくなった。

今日は久しぶりに残業。
しかしセキ、鼻水、クシャミがでまくる。
今日は早めにと切り上げる。

家に帰ったらチャットのおさそい。
3都市を結んでチャット。
つづいて2都市を結んでチャット。
便利な世の中になったものである。
はまる人の気持ちがわからないでもない。

でも仕事中の(ながーい)チャットはいかんよね。
事情を知ってちょっと納得してしまったのだが。
(まあ誰でも最初はね、熱いやつです)

家でのチャットのあいまに「カバチタレ」を見る。
うーん面白い。
行政書士って考えたことがあったことを思い出す。
常盤貴子のサービスショットもあり。
2001年5月7日(月)
朝から小雨。
といっても傘を差すほどではない。
傘は持っているが、カバンの底に眠っている。出すのがめんどくさい。
かくしてフードをかぶって小走り。
だんだん人目が気にならなくなってきている。

昼はトゥッペギプルコギ。
先週で分かったのである。
炭水化物は少量でもいかに太るかということが。
しばらく食欲がなく、おにぎりとパンばかり食べていた。
全体的な食事の量は落ちていたが、体重は逆傾向をたどった。
やっぱり問題は炭水化物らしい。
ということで今日からまたご飯を少な目。
夜食でパンはやめる。

かくして晩は友人ととんこつ汁を食べに行く。
カムジャタンからカムジャを取り除いたかんじ。
とんこつ好きにはたまらない。
2001年5月6日(日)
どうもすっかり夜更かしモードである。
昨日も寝たのは3時前。
その割には遅寝もできない。
いわゆる慢性寝不足状態である。
やばいやばい。

午前中は「ショムニ」を見ながら部屋のお掃除。
布団も洗濯。
昼過ぎに終わった。
かくして映画を見に行く。
今日は「パイラン」。
そこそこ入っていた。

今日も日本語書籍コーナーに行く。
といっても今週末、日本に一時帰国する。
なので買うのはちょっと躊躇。
とはいえ、いろいろ買いたい物はある。
ここで買うべきか、重い荷物にして運ぶべきか。
悩むところである。
2001年5月5日(土)
午後からテクノマートにでかける。
友人が昨日かった携帯が、使えなかったのである。
しかしお店に着いてやってみると、ちゃんと使えた。
今朝までに密かに直ったらしい。
おそるべし韓国のサービス。

今日は連休初日。
おまけに子供の日。
子供連れでいっぱいである。
満足に歩けやしない。
疲れた。

昼はテクノマートでスンデ定食。
スンデは当たりはずれがあるが、ここのスンデはおいしかった。
というか僕自身はあんまりまずいスンデにお目にかかったことはない。

今日はほんとうはC氏とまた会うはずであった。
しかし会社の事情でキャンセル。もちろんC氏のせいではない。

友人が会社のS氏をテクノマートまで呼び出した。
3人でパッビンスを食べる。

夕方、金浦空港に向かう。
国内線ターミナルは初めて。
空港とはいろいろとすることがあるものだが、、、国内線はあんまりすることがない。
気が抜ける。
友人を送り出してちょっと金浦空港をチェック。
あとは5号線と6号線に揺られて帰る。

家で友人がもってきてくれた「トトロ」、釜山で友人にもらった「ショムニ」を見る。
2001年5月4日(金)
夜、友人とミョンドンに行く。
明日はお休み。人であふれている。
めずらしいものをみつけた。キムチトンカツ。今度食べに来よう。
「ホンモノタウン」では関係者につかまった。
僕とお話ししてもあんまり役立たないのだが。

鍾路で肉を食べる。
ここは食べ放題であった。
ハナマサを思い出す。
しかしやっぱり食べ放題、肉の質はいまいちであった。

家の近くの伝統酒店に行く。
ふだんはだーれもいないが、今日はほぼ満席であった。

友人が食べ放題の肉の油にあたったらしい。
2001年5月3日(木曜日)
朝からなぜか説明をいっぱいする。
なんかサラリーマンみたい。
って今もサラリーマンなんだけど。
ちょっと通訳をやった。
しかし僕はすぐに韓国人に日本語で、日本人に韓国語で説明してしまう。
非常にバカである。
というわけで通訳は無理である。

夕方、大学路へ。
友人とC氏と3人でプルコギ。つづいてビンス。
おいしいプルコギであった。
アイスクリームがたっぷりはいったパッビンスだった。
C氏の目から鼻へぬけるようなお話が面白かった。
友人の含蓄あるIT分析のお話が面白かった。
2001年5月2日(火)
3日ぶりに会社に行く。
当然、仕事はてんこもりである。
そんなときに限って、飛び込みの仕事が入る。
わやになる寸前であった。
こういうときは落ち着いて、優先順位から片づけていかなくてはならない。
深呼吸をする。ふう。

夜、友人と一緒にひさしぶりに韓国映画界の有名人M氏と会う。
M氏は友人も僕も知り合いである。
お店の前でポソッメウンタンを食べる。中に入ったうどんがきしめんなみでおいしかった。
つづいてビールバー。世界中のビールが飲める。DJもいる。ときどきスモークが曲に合わせてシューと吹き出す。
おしゃれなお店でちっと肩身が狭い。
途中から太鼓のイベントも始まった。
すぐ席の後ろでどんどこどんどこ。からだ中の脂肪が共鳴した。
ついで3次会。
オープンリールがまわる渋いお店で焼酎を飲む。
卵焼きのつまみも渋かった。
帰りは酩酊した友人と一緒にタクシーで帰る。
友人がよっぱらながらタクシーのあんちゃんと韓国語で話していた。

ホームに戻る


※すべての文章の権利はぼうずに属します
Bouz Co. 「GOGO!ソウル」