GOGO!ソウル労働日記〜2001年8月

 

2001年8月31日(金)

昼、歯医者さんへ行く。
今日はバスで行く。しかし道が渋滞。あきらめて降りて地下鉄に乗り換える。
おかげで12分遅刻。汗びっしょりで治療を受ける。
さわられると痛い。
あ、痛いですかあ。じゃあちょっと麻酔しましょう。痛いですけどねえ。
この注射、むっちゃ痛い。
注射の痛みとさわられる痛み。なんかあんまり変わらないような気がする。
しかも麻酔のあとも痛みが残っている。
また診療中に寝る。
口を開けたまま寝る、というのは無意識ではよくやるが、意識的にやるのは難しい。
なんども口を閉じかけて、そのたびに口を開けてください、と言われる。
そりゃ歯医者で口を閉じてたら診療にはならんわな。

痛みはそのあとなかったのだが、夕方から痛み出した。
間違えてかんじゃったりすると、なおさら痛い。
おまけに筋肉痛で腰が痛い。
マッサージでも行きたいのだが、仕事が忙しい。というかはまっている。
作業ばらしをしなきゃ。前の会社では嫌っていたが、こういうのは必要なんだなと今になって感じる。
しかし作業をばらしたところでやるのは自分、という感じもする。
小さな会社の悲しさよ。

家に帰って「デジスタ」。デジスタに間に合ってよかった。
そのあと、VCDで「天気予報の恋人」。
友人H氏のオススメであるが、深津絵里も稲森いずみも嫌いじゃないので見てしまう。原田美枝子もいいけれど。

「項羽と劉邦」(司馬遼太郎)
(?)ヨーグルトジュース、人参ジュース、チキンバーガー、フライドポテト、コーラ、海苔、アイス

2001年8月30日(木)

今日は朝からおかしかった。
まず四川恐怖。なんでやねん。視線恐怖。
そういえば視線恐怖だったよな。思い出したのである。
昔、気になって気になってカウンセラーの門を叩いたこともある。
でもそういえば最近気にしてないな。
と思ったら気になりだした。
道で見知らぬ他人とすれ違うときも目を伏せてしまう。

そして夜、頭がおかしくなる。
ちょっと熱っぽい。ちょっと寒気が来る。
するとハイになってきたのである。
ふだんよけいなことを考えている部分が熱でやられてしまったからだろう。
なんだか一人でいてもおかしい。えへへ。ぐふふ。けけけ。
あ、もう気が付いたら10時やん。そろそろ帰ろうかなあ。へへ。
といいながら新聞を開いたりする。
鼻歌を歌いながら戸締まり。
帰り道も、なにをみてもおかしい。
駅で突き飛ばされても怒りがわいてこない。ありゃぶつかっちゃったのねん。

家に帰って冷凍のウィンナーを焼く。
これがまたおいしくなかった。

「項羽と劉邦」(司馬遼太郎)
(?)ヨーグルトジュース、人参ジュース、カルビタン、チョコ、ウィンナー、カレー、アイス

2001年8月29日(水)

昼。
いつもの(夜は伝統酒店の)食堂へ。
もう顔を覚えられている。
顔を見ただけで「トップルね」。
まあそりゃそうなんだが、たまには他のも食べてみたいがな。

夜、MW氏を電話で呼び出した。
チキン&ビール。
続いてカラオケ。
二人のカラオケは忙しい。
本当はボッと歌詞を追いながら人が歌っているのを聞く方が好きなのだが。
1曲歌い終わったとたんに次の曲を探さなければならない。
韓国はだいたい1時間といっても時間延長してくれる。
気が付いたら2時近く。
歌いすぎて熱が出た。
アイスと人参ジュースとプリンをぐいっ。

「項羽と劉邦」(司馬遼太郎)
(?)ヨーグルトジュース、人参ジュース、トゥッペギプルコギ、チョコ、チキン、ビール、アイス、人参ジュース、プリン

2001年8月28日(火)

お昼、今日は外に出かけた。
ちょっと調べモノがあったからである。
バス停の前でメモを取っているとおばちゃんに声をかけられた。
バスに乗るの?いいえ。
つづいておじちゃんにも声をかけられた。
何調べてるんだい。

ついでに明洞のトンカツ屋に寄る。
長期滞在者に人気とのお店であったが、たしかに柔らかめでおいしかった。
明洞にしては、値段も高くないし。

夜9時。
みんな帰るので僕も帰る。
でも今日は映画館に寄る。
ひさしぶりの映画館。
CMも予告編も変わっていたりして。
始まる直前にやってきた前列の男がやたらと頭を動かす。
巨頭も困るが、動頭も困る。
後ろからそっと座席にけりを入れる。
今日、見たのは韓国映画「ヨッキチョギン・クニョ(おかしな彼女)」。
みんな笑っているところで笑えないところがあるのがつらい。

脇が痛い。
あまり痛まないところなので、妙に疲れる。
体にガタが来ているのかな。

「項羽と劉邦」(司馬遼太郎)
(?)ヨーグルトジュース、人参ジュース、トンカツ、海苔、アイス

2001年8月27日(月)

歯医者さんに行く。
元クラスメイトのJ氏に日本語を話せる歯医者さんを教えてもらった。
幸い、会社からも近い。
お昼前、地下鉄に乗ってでかける。

歯医者さんは福岡と広島にいたことがある人だった。
やっぱり病院は言葉が通じる方がよい。

現地点で虫歯は2カ所、鏡でみせてもらった。
さっそく麻酔、これが痛い。なんどもうっているが。
さっそく治療開始。痛くはないのだが、僕は嘔吐反応というやっかいなものを持っている。
とくにレントゲンを撮るときがつらい。

今日は神経をとりましたから。ありゃもう?
約45分。治療が終わってぽわんと外に出る。
歯医者は 好きなところではないが、治療してもらうのは気持ちがよい。

夕方、友人のMH氏と待ち合わせ。
まず、ごはんを食べに行く。
今日はまた元気がない。ストレスとかで参っているらしい。
いよいよあの「メチャクチャトンカツ」にでかけた。
それがもうほんとメチャクチャ!ならよかったのだが、意外とまともであった。
でも最後に炭酸の抜けたコーラが出た。やっぱりむちゃくちゃだから。
いやなんでも名前のせいにできるというのはいい。
たぶん語感で選んだのだろうなあ。

そのあとバブルティ。タピオカが固い。歯が痛い。なんでバブルティをいただきながら歯が痛いと苦しむのだろう?
友人からブツを返してもらい、また新しいブツを渡した。
これで元気になってくれるだろうか。

地下鉄で家に帰る。
重松清の「ナイフ」がおもしろい。あやうく乗換駅を乗り過ごすところであった。

「項羽と劉邦」(司馬遼太郎)、「ナイフ」(重松清)
(?)お粥、弁当、海苔、豚カツ、バブルティ、アイス
2001年8月26日(日)

朝から、歯が痛い。
しかし今日は日曜日。
痛み止めでごまかす。

今日は芸術の殿堂へ、「明清本物とウソモノ展」を見に行く。
腹が減ったので、南部ターミナル駅の前の食堂でプルコギトッパッ(牛丼)。
前回は工事中だった道をゆっくりと上っていく。

ウソモノにもいろいろとジャンルがあることがわかった。
しかしウソモノも良くできている。あきらかに違うのもあるが。
ウソモノをつくるのは、それは勉強もあっただろうが、やっぱり売るためだろう。
そのうち、ビトン、本物とウソモノ展、なんてやるのかな。

しかし眠い。
昨日あれだけ寝たのに、眠い。
途中何度もベンチで休む。

それから映画館に出かけた。
これはいつものコースである。
しかし今日も時間が合わない。
最近、映画と相性が悪い。
見たい映画を2時間待てないのである。
いや映画に対する情熱が減っているのかも。
いやあんまりにも映画館に行き過ぎたのかも。

本屋をちらっとかすったあと、スタバでちょっと休憩。
なぜだか家に帰りたくなった。
明るい帰り道は見慣れてない。ちょっとへんな感じがする。

家に帰ってドラマ「世紀末の詩」を見る。
これが重い。連続して見るモノではないなあ。
「愛とは、、、」でも野島伸司の中でも好きな方である。
山崎努がかっこよすぎる。
よくこんなドラマをVCDにしようとしたよな、、でも竹野内豊のおかげであろう。
台湾のVCD化は俳優本位である。
山口智子、鈴木京香、常盤貴子、石田ひかり、竹野内豊、木村拓也、あたりが堅い。
田村正和も意外とVCD化されている。
名作「パパはニュースキャスター」レベルまでVCDにならないかな。

項羽と劉邦(司馬遼太郎)
(81)ようかん、ヨーグルトジュース、チーズパン、プルコギトッパッ、コーヒー、メンチカツ、アイス
2001年8月25日(土)

寝不足がたまっていたらしい。
昼の2時まで寝る。1時間ごとに起きては考え事をして、また寝た。12時には一度起きてシャワーを浴びた。
しかしそのあとまた寝た。

腹が減った。
今日はチーズパンが無性に食べたい。
ということでバスを乗り継いで狎鴎亭へ。
チーズパンを2つ、緑茶チーズパンを1つ、チーズロールを1つ、ハムクロワッサンを1つ、コロッケパンを1つ。
並んでいるとおばちゃんが割り込んでくる。ジュース1つだからいいだろう、というかんじ。
いやここは韓国である。そういうこともあるさ、あきらめる。

無事チーズパンを手にして ほくほくして帰ろうとすると、がちゃん、妙な音がした。
足下を見ると、ガラスの破片が広がっている。
さっき飲んだ栄養ドリンクのビンが落ちて砕けたのだ。
平身低頭であやまる。がくっとする。

近くのホーリーでコーヒーをの見ながらパンを食しようとするが、満員。
2つ先の高速バスターミナルまで出かける。
いくまでに緑茶チーズパンを1つ。
フードコートでコーヒーを飲みながらパンを3つ平らげる。

ぶらぶらと本屋へ。今日は買いだめ。5冊を手にとる。
もう2冊ほど候補があったがあきらめる。
レジで買っていると次のお客が割り込んでくる。本1冊だからいいだろう、というかんじ。
いやここは韓国である。そういうこともあるさ、あきらめる。

セントラルシティをぶらぶら。高速バスの降り場でバックパッカーを見かける。ちょっとうらやましかった。

つづいてテクノマートへ。ライトを買おうとするが、ちょうど閉店。
エスカレータで降りていたら、直前で突然止まった。人がまだ乗っているのに閉店時間だからといきなり止めたらしい。
いやここは韓国である。そういうこともあるさ、あきらめる。

下のマグネットでお茶用ポットを購入。
それからコロッケという名のメンチカツを2個、つづいてチャプチェ。100ウォン分まけてもらう。

帰りの地下鉄では乗客がまだ乗ろうとしているのにドアを閉めた。
いやここは韓国である。そういうこともあるさ、あきらめる。

中国人と日本人(邱永漢)
(?)ヨーグルトジュース、コーヒー、チーズパン、メンチカツ、チャプチェ
2001年8月24日(金)
今日は昼、何を食べようかなあ。
と思って外に出たら、記者のO氏に会う。
野菜を食べなさい、ファーストフードはダメです。食べてきたけれどね。
はい。
と思ったのだが、結局カレー石焼きご飯にしてしまう。
カレーの魅力には勝てない。

今日は久しぶりに映画でも。
と思ったら夕方から始めた仕事にはまる。
おかげで今日も映画はパス。
やっぱりシゴトは麻薬である。

帰り道、T氏に電話。
夕方、日本の番号検索の番号について質問の電話をもらった。
テキトーに答えたのだが、結果が気になった。
ちょうどバスに乗っていたT氏とすれ違う。
バスに向かって手を挙げた。
憧れのまほうつかい(さくらももこ)、日本人と中国人(邱永漢)
(?)ヨーグルト、カレー石焼きご飯、にんじんジュース、アイス、オレンジジュース、海苔、菓子、ハム
2001年8月23日(木)

人参ジュースを、ぐい。
これでだいぶ体調がよくなった気がする。
野菜不足か?スーパーに行ってレタスでも買ってくるか?
実は野菜の中でレタスが一番好きである。

夕方、電話がなった。
「ワタシガ ダレダカ ワッカリマスカー?」
そんなことを言うのは一人しかいない。だからわかる。
そのPさんと友達のKさんとサムギョッサルを食べに行く。
しかし夏休みの終わりか終わったのか店は学生たちでうるさかった。
静かなお店に行きましょう、いや韓国にはないです。
伝統茶店に行く。
しかしここも夜は伝統酒が飲める。
かくしてまたうるさい声が、、、

久しぶりのビールのせいだろうか、真剣に眠くなった。
書きかけのメールをほって寝てしまう。

いいふらし団右衛門(司馬遼太郎)、豪華列車はケープタウン行き(宮脇俊三)、憧れのまほうつかい(さくらももこ)
(?)ヨーグルトジュース、チキン定食、チョコ、サムギョッサル、インサムチャ、アイス
2001年8月22日(水)

体調は昼間はOK。しかし夜になって下がる。1000ウォンの栄養ドリンクをがぶのみ。

今日は水曜日、(自主的な)早帰り日である。いや水曜日ぐらいに休まないともたん。
映画でも、と思ったがどれも9時から。ちょっと待てないな。
というわけで今日はラーメンを食べに行く。
仕事帰りにラーメン!なんてひさしぶりであろう。
今日は日本風のラーメン屋さん。角煮ラーメン、しょうゆ豚骨ベースに涙する。一瞬ソウルにいることを忘れる。
あ、そういえば僕にはラー友がいたのだった。すっかり忘れてた。いや向こうも忘れてるだろうな。

帰りは明洞で仕事上のチェック。
夜バスに乗って帰る。

家に帰って人参ジュースを一気のみ。野菜不足かもしれない。
それから ドラマをぱらぱら。「殴る女」に「世紀末の詩」。
やっぱり山崎努が木村佳乃の胸を鷲掴みにしていた。
「消えてしまう愛なんて愛じゃない」。 そうそうこんなドラマでした。

安全地帯の「Friends」。なんだかこの曲を聴くと、心がどどんと奈落の底へ落ちていくような気がする。
なにか悲しい思い出があったのだろうか。全然思い出せない。
心はつらい思い出は消し去るようにできている。
でもなにかが心の隅でひっかかっているよ。

いいふらし団右衛門(司馬遼太郎)
(?)ヨーグルトジュース、チャーハン、昔風ホットッ、アイスカフェモカ、角煮ラーメン、アイス
2001年8月21日(火)

昨日よりはいいが、やや体調が低調。原因不明の腹痛。
今日の夜の外出も、控える。映画も見る気力が戻らない。
旅行のあとの鬱病かもしれないなあ。

さして空腹でもないのに夜、食べ過ぎた。
胃がさらに重くなる。ぐえ。
やっぱり旅行で胃拡張になったらしい。異常食欲である。

豪華列車はケープタウン行(宮脇俊三)
(?)おにぎり、トッペギプルコギ、オレンジクッキー、トッカルビ、チャンジョリム、豆腐
2001年8月20日(月)

ひさしぶりに、体調が下がる。
ずっとではない、がくがくっとたまに下がる。
まあ冷房病か旅の疲れか睡眠不足か不規則な生活か夏風邪、のどれかであろう。
栄養ドリンクを2本飲み、今日は早めに帰る。

たまに早く帰ると映画ですか?
と聞かれるが、そこまで精神的に快復していない。

家に帰ってドラマ「高校教師」を最後まで見る。
ああそうだこんな筋だったよね。ようやく思い出す。

いいふらし団右衛門(司馬遼太郎)
81(お粥、ピザ、スパゲティ、アイス)
2001年8月19日(日)

今日はOFF。とにかく寝るぞお。
と思ったが貧乏性で10時半には起きてしまう。
あろうことか掃除なんかしてしまう。

今日は本屋にもいかない。映画館にも行かない。買い物もしない。

ただ1つだけ、前から行こうと思っていた、占いにでかけた。
結果は、、、悪くはなかった。結婚運を除いて。はっは。
努力しなければ結婚できません。そりゃわかっとる。占い師に言われなくても。
途中から なんだか結婚相談みたいになってしまった。
「もっと女に投資しなさい」はい、、、、
まあほかの運はいいみたいだし、いいかあ。

「結婚についてちゃんと計画を練りなさい」はい、、、
しかしそのあとドトールで眠りこける。

ドトールのパッビンスは3500ウォン。値段は高めながらフルーツてんこ盛りであった。
なにしろ種入りスイカまであった。種をだしながらパッビンスを食べる羽目になるとは思わなかった。

イデによって中華系ファーストフードに寄ろうとするも、躊躇。
ぶらぶらと新村まで歩き、ラーメンを食べて帰る。

部屋に帰ってまただらだらとドラマ「高校教師」を見る。
桜井幸子、、、かわいいやんけ。
持田真樹もきらいじゃなかったなあ。

チャンジョリム、おにぎり、ラーメン、パン、アイス。
2001年8月18日(土)

今日も起きたら8時。連続寝すごし。寝不足がたまっているらしい。
でも今日は9時に滑り込みセーフ。

夕方まで仕事。
それからぶらぶら本屋をはしご。文庫本を5冊を購入。立ち読みを数冊。
ハーディーズでパッビンスに挑戦するも、売り切れ。
スタバであまーいコーヒーを飲む。台北ウォーカーとマリナの台北本を読みながら。
で、帰ってドラマ。 「王様のレストラン」つづいて「高校教師」。

マリナの旅ぶくれ(渡辺満里奈)
(?)コングクス、キャラメルマキアート、豆腐ハムカレーラーメン
2001年8月17日(金)

起きたのが9時。
出勤時間が9時。
こりゃどう考えても遅刻である。
1分の余裕もない遅刻。となるとあわててもしょうがない。ということである。
まあ休み明けであるから許してくれるだろう。
というわけで10時出社。

やっぱり旅の疲れと寝不足がたまっているらしい。

なんか中華料理が食べたくてしょうがない。
胃は無性に台湾を恋しがっている。
あとありがとうという言葉。どうしてもサンキュー、とかシェシェになってしまう。

実は台湾で24の日本のドラマを買ってきた。
アホである。いや完全にアホである。わかっていたが、認めよう。
というわけでさっそく「王様のレストラン」を見始める。なつかしい、、、
かくして今宵も夜更かしである。

仕事中に旅先の台湾で買ってきた「安全地帯ベスト」をきく。
いかん、心の底がうずくではないか。
涙がでそうになる。
仕事中に安全地帯は禁物である。

帰ってきた早々、中国茶にはまっている。
やっぱりお茶はおいしい。
お湯をわかして プーアル茶や鉄観音を飲む。
効果、おなかがよくすく。いかんではないか。
効果、利尿作用。これはよいかも。

変わる商店街(中沢孝夫)
(?)鶏の唐揚げ定食、シュークリーム、バナナ牛乳、ヨーグルトジュース、チキンバーガー(バーガーキング)、アイスクリーム
 
2001年8月10日(金)
休み前にいそがしい。
これではシゴトを前倒ししてやっているみたいである。
あんまり休みにならないではないか、、、
そして今日も最後に会社を後にする。
明日から休むのに、なんでやろ?

実はまだ準備が終わっていない。
あいからわずしょうもないことで悩んでいるのである。
でお今日は少しは眠りたい。。。
あとは開き直り。

お昼の後、銀行に換金。
いくら換金するか、迷う。
またしょうもないことなんである。
だから旅の準備は嫌い。

夕方、M氏がやってきた。
一緒にパッビンスとキムチバーガーを食べる。

シゴトが終わった帰り道、突然旅人の気持ちがよみがえってきた。
やっぱり直前にならないとよみがえってこないらしい。
侠客(池波正太郎)、プリズンホテル(浅田次郎)
(81)ヨーグルトニュース、にんじんニュース、トッペギプルコギ、キンパブ、キムチバーガー、パッビンス、ハム、火にサラダ、牛乳、オレンジジュース
2001年8月9日(木)

旅に出るぜ2。
といいながら仕事がぜんぜん終わらない。
来週の分まで考えなくてはならないので、むしろ仕事が増えている感じである。
旅の前に仕事が多くて疲れるのでは、なんだか割に合わない。

朝、ぐにゅっという感覚で目が覚めた。
眼鏡が曲がっている。レンズもはずれている。
また夜中にぞうさんがあらわれてふんでいったらしい。
どうしようかな。ねぼけまなこでぐにゅぐにゅやっていると、ばきっと言う音がした。
ばき?
よく見るとフレームが折れていた。
ショックで倒れ込むようにしてまた寝る。

昼、眼鏡屋さんに行く。
もう直りません。ええ?レンズだけでもだめ?だめです。
かくして新しいのを作り直すことになった。
同じのにしてください。でてきたのは本当にほぼ同じであった。若干違うがまず気が付かれまい。
目が悪いですねえ。特殊加工で2万割高ですがおまけで1万割高です。
かくして6万ウォンで新しい眼鏡を購入。

だから今日は1日予備の緑の眼鏡をしていた。
夕方からは新品の眼鏡をした。
しかしだーれにも指摘されない。
途中で眼鏡を換えてもだーれにも言われない。まあそんな顔ではあるが。
唯一指摘したのは横の席のU氏で、トトロみたいだね。という感想であった。
はてトトロが眼鏡してたかしらん。

今日は靴も買った。
靴を買ったのは1年半ぶりである。
白のぴかぴか、ちょっと恥ずかしい。
しかし慣らし運転をしないと。夕方買い物をかねて散歩に出かける。
靴連れが心配である。
しかし1年半履いた靴は本当にぼろぼろで、1度本当にぼろぼろになったのであるが、まあなかなか一度履いた靴には情があるものである。
お店のおばさんにはピカピカネといわれた。

今日は短パンも買った。旅先が暑そうなである。
また帽子も買った。帽子を買うなんて、久々である。
短パンに帽子、まあ普段はしない格好ではあるが、旅の恥はなんとやら、誰も見てないし(今も見ていないが)、ええやろ。

ひさしぶりにどばっどばっとお金を使い、ちょっと気持ちがよい。
買い物の楽しさでもある。

換金はパスポートを忘れてできず、これは明日。別に換金は空港でもできる。
あと迷っているのはTシャツ、携帯型カバン、、、まあ現地調達、空港調達かな。


侠客(池波正太郎)
(?)ヨーグルトジュース、人参ジュース、コロッケ、お菓子、シーチキン、ビスケット、パン、おにぎり、アイス、牛乳
2001年8月8日(水)

旅に出るぜ。
というわけで今日から旅行者となる。
でも旅行で一番嫌いなもの、それは旅の準備である。
何を持っていこうか、つまらないことでたくさん悩む。
下着は何セット持っていこうか。長い旅なら少なくても良いが、中途半端だとかえって悩む。古いのをもっていって捨てる。これも一つの作戦ではあるが、たまに捨てられなくてアホを見る。
タオルはいくつ持っていこうか。換えも必要かな。
靴もぼろぼろである。でも今さらの靴にすると靴擦れがするなあ。どうしよう。
半ズボンもいるだろうか。
いくら現金がいるだろうか。
眼鏡、こわれないように調節しておくか。
とかとか。
まあ最後には現地調達でええかあ、とか金さえあればなんとかなるかな、とか開き直るのではあるが。

夕方、買い出しに出かけた。
手帳がきれかけている。
しかしつい本屋によって浅田次郎なぞ買い求めてしまう。
中国語の会話集を買った。しかも英語と日本語と韓国語とテープまで付いて、5000ウォンである。安い。
しかし悲しいかな、つい韓国語に目がいってしまう。

ラーメンでも食べていこうかな。
南大門市場の近くにラーメン屋ができたのだ。
しかし今日は南大門市場まで歩くのはたるいなあ。
というわけで本屋のハーディーズ。
でも昨日今日と炭水化物が多め。体もふくらんできた気がする。

夜、東大門市場で声をかけられる。
一人はポンビキのおばさん。あらこんなところにもその手の店があるのね。知らなかった。
もう一人は警察官。
外国人登録証をしげしげと眺めたあげく、意味不明の英語で見送られる。

侠客(池波正太郎)
(80)パン、ロースかつ定食、アイスクリーム、チキンバーガー、コーヒー、牛乳
2001年8月7日(火)

昼は今日、日本に帰るH氏とソルロンタン。
なんでも昨日足をくじいたらしい。
しかし今日は日本に帰らなければならない。
途中、夕立。
雨の中、タクシーに乗ったH氏を見送る。
あとで気が付いた。あ、そういえばH氏、傘持っていないじゃん。
タクシーから降りてからどうするんだ?
気が利かない男なのである。

飛行機のチケットをとりに、旅行社へ行く。
今回はメールのやりとりだけで、チケットがとれてしまった。
お店はホテルの7F。客室の上にある旅行社というのは不思議な気がする。
メールのやりとりをしてくれた人は、旅行社でもえらいさんだったらしい。
「運良くとれたんですよ。まだ同じ便でとれてない人もいますから」
ここで運を使い切ってしまわないことを祈ろう。

帰りにロッテのデパチカによる。
大判焼きがあるという話だったが、見あたらず。
代わりにフォーションのパンを買ってくる。
3時に1個。ベーグルパン。
7時に1個。あんパン。
8時に1個。ココナッツパン
しまった会社のみんなに分けようと思いながら、食べ尽くしてしまった。

帰りに服を買いに行く。
いつもシャツのお店で半袖を2つ。
あと別のお店でアンダーウェア。なかなか好みのがないのだが、ようやく1軒だけ見つける。
実はもう1軒みつけたのだが、店員に無視された。まあ売る気がないのだろう、と思って立ち去る。

しかし旅に出るとなると服が必要になる。しかも持っていく服ではない。
必要最低限の服で暮らしているのでこうなるのである。

侠客(池波正太郎)
(80)おにぎり、ヨーグルトジュース、ソルロンタン、パッビンス、パン、パン、パン、コーヒー、オレンジジュース、牛乳、ハム、アイス。
2001年8月6日(月)

今日は朝9時きっかりに仕事が始まる。
その準備もあって早めに会社に行く。
9時、時報とともにスタート。
そして今日からにわか中国語の勉強。

夜は仕事のインタビュー。
ちょっと仕事がらみであるが、完全に仕事というわけでもない。
ただまきこんでしまった責任上、ついていく。
インタビューをするのは、うちの記者O氏である。
インタビューされるのは、有名人のまんまさんである。
記者にインタビューするのは禁じ手であるが、O氏とまんまさんも知り合いであることだし、新人優秀記者O氏のためにもインタビューの勉強になる、という僕の暖かい配慮である。
場所はまんまさんお気に入りのワインバー。
しかしこちらは空腹であった。
ワインは口当たりがよい。ついごくっと飲む。
ワインは僕はひどく弱い。駅を降り損ねたことが2度ほどある。今回も途中から頭がふあんとなった。
でもインタビューは面白かった。

インタビューが終わって、焼き肉を食べに行く。
これで酔いがおさまるはず、だったがひきつづき頭はぽわん。
美女のもとへと行くまんまさんをおいて、O氏とバスに乗って帰る。
あやうく眠りこけて乗り過ごすところであった。

侠客(池波正太郎)

牛乳、ヨーグルトジュース、コーヒー、トッペギプルベク、ようかん、ワイン、ポテト、チーズ、焼き肉

 
2001年8月5日(日)

10時に目覚まし。
たとえ日曜日といえども、目覚ましがないとこんこんと眠り続けてしまう。
部屋を片づけ、洗濯機を回す。
11時過ぎに大家に家賃を持っていく。なぜかファイバーミニをもらった。
部屋に戻ってお掃除。
12時過ぎ、友人から電話が入る。

今日は友人と映画を見に行く予定であった。
場所は決まっていなかったが日曜日である。混むであろう。と目星をつけた映画館に先に出かける。
友人の希望の映画「ソルム」は幸い1時間半前で全然OKだった。
無事チケットを ゲット。
あとは友人の到着を待つのみである。
こない。
予定時刻20分遅れでやってきた。
理由は自宅から駅までの時間を考えていなかったらしい。
かくして昼は持ち込みでポジャンのキンパブ。

映画のあと、ぶらぶら仁寺洞にでかけた。
仁寺洞の奥の伝統茶店で伝統茶。
最近の胃腸を考え、今日は生姜茶にした。
ふたたび仁寺洞をぶらぶらし、鍾路2街の角で別れる。

今日は自分にはめずらしくダブルブッキングである。
夕方、日本から来たクラスメイトS氏を囲む飲み会へ。
かけつけいろいろなものを食べる。
ひさしぶりのビールがおいしかった。

地下鉄で帰るS氏を送ったあと、いつものコーヒーショップへ。
今日は旅の予習である。
実は突然また旅に出ることになった。
実家に報告しておく。
「ちょっと海外に」「どこ?」「沖縄の横」「あ、インド?」「じゃあ、ベトナム?」
どうして沖縄の横にインドがあるのであろう。これでも地理が好きな兄の妹であろうか。しかし行きたいところをついてくる。
「どうして旅行中なのにまた旅に出るの?」
だからいまは旅行じゃなくて働きに来ているんだってば。いまだ旅行中だと認識しているのは実家だけであろう。
「似たようなところじゃん」
それはある意味正しいかも。社会が苦手なくせにカンだけはするどい。

キンパブ、センガンチャ、ビール、伝統酒、パジョン、トゥブキムチ、トットリムク、コーヒー、アイス。
2001年8月4日(土)

土曜日。
本来は今日ソウルに友人が来るはずであったが、予定変更。
かくしてたまりにたまった仕事の片づけをするはめとなる。

夕方、MH氏からチャット。
前から要望のあった本を持っていくことにする。
本の宅急便。お届けにあがります。
新村で待ち合わせ、MH氏オススメのスパゲティを食べに行く。
しかしカルボナーラを2つ頼んだのにもかかわらず、違うのが1つでてきた。
お店の女の子が確認しにくる。
頼みましたよね?いいえ!カルボナーラ2つです。
それでもごもごもいいながら引き下がった。
そのあとお店のオーナーがやってきた、確認しにやってきた。もちろんカルボナーラ2つ。
でもたぶんこちらの韓国語の能力にも問題があったのに違いない。
ちょっと強気で出て後悔した。

そのあとMH氏のオススメのコーヒーショップ。

いろいろ話をしているうちに夜10時半。
バス乗り場まで送ってもらう。

侠客(池波正太郎)
KFCハンバーガー、スパゲティ、コーヒー
2001年8月3日(金)

昼、携帯を買いに出かける。
最初は買ったヨンサンまで行こうと思ったが、別に019の店ならどこでも買えるらしい。
チョンノのお店にでかけた。
とりあえずの条件は、同じ番号が使えることである。

まず新品、最低29万、ふつうので35万、ちょっとなあ。
中古は?中古でも8万であった。
こんな汚いのに8万?しかもきらいなぶるぶるが付いている。機能が良いからとお店の人。
それにしても中古にしては高い。しかしあんまり時間がない。
結局7万にまけてもらった。
手にするやいなや、ぶるぶるをむしり取った。
それからPC掃除用のティッシュで拭いた。

今日は会社で映画を見に行く日である。
一般投票の結果、「猿の惑星」となった。
前作は見てないんですけど。
上映の最後、でカメラがこわれ、画面がややずれた。字幕が見えない。
さすがに怒りのタメイキが映画館に漏れる。
幸い5分ぐらいで元に戻ったが。

夜は会食。中華料理。しかしチンタオビールはない!紹興酒もない!チャーハンはチャジャンがついてる韓国式!といろいろ不満が残った。

帰りはできたばかりの新堂駅の乗り換え通路を利用。
距離があるので心配して時間にしてはかってみると3分だった。動く歩道のおかげ。
しかし動く歩道のせいで工事が遅れたのだろう。
実際、まだ一部工事をしていた。今日からなのに間に合わなかったらしい。
よくあることなので、もう驚かない。

異色中国短編傑作大全(宮城谷昌光他)
(80)パン、ソルロンタン、コーヒー、中華料理、アイス
2001年8月2日(木)

今日はカルビを食べに行った。
もちろん、仕事である。

地下鉄5号線のマチョン行き、確か先頭の行き先案内板で確認したはずであった。
ところがなぜか電車はサンイルドンへ向かった。
おいおい。
韓国は途中で行き先を変えるのか?
それとも行き先案内板が間違っていたのか?

カルビを2種類、仕事で食べる。
ビビンバと冷麺も仕事で食べる。
なぜかお昼を食べるだけのはずが、2時間もかかってしまった。

今宵は映画を見よう。
ちょいと寝不足気味だが。
やっぱり映画の快楽に代え難し。本もいいけどね。
映画館に行って「ファイナル・ファンタジー」を見る。

異色中国短編傑作大全(宮城谷昌光他)
(80)カルビ、ビビンバ、冷麺、バナナ牛乳、コーヒー、アイス。
2001年8月1日(水)

いよいよ携帯はやばくなった。
バッテリーを異常に食うのである。
1つめのバッテリーは朝、1時間もしないでなくなった。
やっぱり下手に修理に出して解体作業をしたのがいけなかったらしい。
しかしどっちにしろ、こうなる運命のような気もする。

はたして携帯はほとんど電源を切る。

今日、買いに行ってもよかったのだが、時間がなかった。
月初めはいろいろと忙しい。
映画も見に行けなかった。
それ以前に眠い。眠りたい。

帰る前に薬局による。
また同じ胃腸薬をもらった。
その場で飲め、とてんこ盛りの薬を渡される。
肉、フルーツはだめです。

しかし禁じられると食べたくなるもの。
ハムを食うぞ。

今日も地下鉄で帰る。
どうも夜遅くの地下鉄は同じ雰囲気がする。
昨日はあわてて当駅止まりの車両に忘れ物をとりにいったおっちゃんにつきとばされた。
そこまで必死になってとりにいくのって。
あとへんな雄叫びが聞こえる。
蒸し暑いからかな。

異色中国短編傑作大全(宮城谷昌光他)
(80)コーヒー、トゥッペギプルコギ、オレンジジュース、バナナ牛乳、お菓子、ハム、ようかん、アイス。

 

ホームに戻る


※すべての文章の権利はぼうずに属します
Bouz Co. 「GOGO!ソウル」