GOGO!ソウル労働日記
〜2002年6月〜

 −ツッコミ

2002年6月30日(日曜日)
10時。ようやく起床。のろのろシャワーを浴びる。
今日は、、、展示会を見に行く。
場所は国立中央博物館。
先に映画、、、、も迷ったが、あとで展示会はさぼりそうである・
まず展示会に行こう。

展示を2つ見る。
1時半を回っている。腹が減った。
でもインサドンのイベントもチェックしないと。
インサドンまで歩いていく。
ますます空腹がひどくなる。ああもうあかん。
プレミアムタワーのフードコートにたどりつく。
だが、どれもいまいち。
結局、バーキンのチキンバーガー。少しうとうと。

本屋を2つはしご。
しかしぴんとくる本はなし。
じゃあ映画を見にいこう。
あと40分前、急げば間に合う。
エレベータを駆け下り、駆け上る。
20分でついてしまった。
でも席が前の方しかなかった。
見ようと思った映画は、「ハチ公物語」である。
別に2列目でみなくてもいいなあ。
パスする。
映画館にあるスタバで一休み。

18時30分の回も迷ったが、あと40分が待てなかった。

家でドイツーブラジル戦を見る。
これでワールドカップが終わった。
唐獅子株式会社
2002年6月29日(土曜日)
9時、起床。(+。+)アチャー、寝過ごした。
今日は会社に行こうと思っていたのである。朝から。
シャワーを浴びて、のろのろ会社へ。
会社の前に映画館へ。
今日は「千と千尋」を見たい。
でも字幕版は6時以降であった。
ちょうどいいや、それまでシゴトしよう。
ちょっと試合にかぶるけれど。

土曜日で休みというのに、深刻な話ばかり。
なんか気が滅入る。

6時前、いさんで映画を見に行った。
広告ばかりでうんざりする。
でも幸いなことに、映画はまあまあ受けていた。
日本語って韓国語と似てるね、そんな声もした。まあ、そうかな?
こんどは吹き替え版を見に行こう。

最後の韓国の試合、
見届けようと思った。
が、力つきた。
シンソルドンで最後の姿を見届ける。
拍手がわき起こった。よかったね。
lこれで、本当の終わりである。
唐獅子株式会社
千と千尋の神隠し
2002年6月28日(金曜日)
久しぶりに朝ご飯を食べる。
セブンイレブンのキャベツ一杯の総菜と、新製品のおにぎりのためである。
どちらもいまいち。キャベツも食べきれず。

月末。
たまっている光熱費を払いに行く。
ソウル銀行はがらがら。待ち人なし。すぐ処理してくれる。銀行員のおねえさんも愛想がいい。
そのままお昼。
定食はフライ、トンカツ、ハンバーグの盛り合わせ。
今日は食べきれなかった。

夜、友人から植物をもらった。
メスシリンダーのようなものに入っている。
私の名字で育ててくれていたのだ。
これで少しは心が和むだろうか。
朝鮮銀行
2002年6月27日(木曜日)

コンビニのあんちゃんは、僕のことを嫌っている。
おそらく挨拶したのに返事をしないからだろう。
しょうがない、気が付かなかったのだから。
それに、客商売なんだから返事を期待するな。
この前は、ゴミ袋代で100ウォンもとられた。
だいたいは20ウォンである。顔なじみならタダである。

6時半。外に出る。
今日は、、、眠くない。映画を見に行こう。
映画館に行く。
ところが、目当ての映画が終わっている。
金曜日公開の作品が、木曜日夜からかかるためである。
今日はあきらめ?いやいやもったいない。
はじまったばかりの「チャンピオン」を見ることにする。

映画館に行くと、僕の席にカップルが座っている。
ええと僕の席なんですけど、、
一人ですか、だったらかわってもらえませんか?はなればなれになっちゃって。
こまったなあ、お腹の調子がいまいちなのに、とはいえない。
ま、いいっす。一番奥の席へ行く。

映画のあとは、また会社。
少し片づけて、帰る。
今日は、歩き。
近所迷惑(筒井康隆)
チャンピオン
2002年6月26日(水曜日)
6時半、起床。
7時過ぎ、家を出る。
今日も冷えている。長袖にする。

昼、これといって食べたいものがない。
でもやっぱり、、、チェユクかな。
フードコートで飛び込みで食べる。熱かった。

今日も仕事上でトラブル。
神経が参る。
関係ない人にまで機嫌が悪くなる。それがいやである。

今日は映画の日。
しかしひどく眠い。
昨日、3時間しかねてないからだろう。
今日はあきらめて、帰る。

ブラジル−トルコ戦もけっこう人は見ていた。
この国の人はトルコびいきである。
ワールドカップの世界地図(大住良之)
2002年6月25日(火曜日)
今日も朝から赤い服の人が多い。
革命前夜だろうか。

昼はヒレカツ。
勝つ、に願いを込めて。関係ないが。

そして7時半。
今日も誰もいなくなった。
前半戦を会社で見る。
外がうるさい。
見ると、下の駐車場で路上中継をやっていた。

後半戦。
外に出る。
ぐるっとまわってバス。
アナムドンに着いたときはロスタイム。
終わった。

スタバもどきに行く。
いつもはないTVが、やっぱりあった。
クッキーをサービスされる。

TVをたまにみながら、本を読んで心を静める。
ワールドカップの世界地図(大住良之)
2002年6月24日(月曜日)
朝から社長とぶつかる。
つかれた。
お菓子のヤケ買いをする。

午後はお客さんがやってきた。

今日は声がでない。
そういう日もある。

帰りに鍾路によった。これもシゴトである。

家に帰ってウィンブルドン、ER。
2002年6月23日(日曜日)
9時起床。シャワー。
10時30分、家を出る。
11時の映画を見に行く。
ほぼ定時に到着。あわててチケットを買う。
しかし、急ぐ必要はなかった。
なにせ客は3人しかいなかったのだ。
ソウルで1館、しかも3人。すぐ終わるなあ。
「親分はイエス様」を見る。

明洞まで歩く。
アバタでカレー。まずい。
クレイトンでお茶。インターネット。
寝る。

鍾路まで歩く。
途中、韓電プラザによってインターネット。

本屋をはしご。
スタバで本を開く。
寝る。
まとめる。
横の女の子達がにぎやかである。
もちろん話題は、サッカー選手のことである。

家に帰る。
ビール、夜食。
利家とまつ。
2002年6月22日(土曜日)
韓国戦。
朝からみんな赤いシャツ。

昼、偵察に行く。
ヒレカツを食って会社に戻る。

試合中、再び、偵察。
長くなったし、おなかもやばいので、会社に戻る。
薬局も休みだった。

決まった瞬間、地鳴りがした。

8時過ぎ、家へ帰る。
どうもやっぱり街は浮かれている。

散髪に行く。
みじかくね。
また整髪料でびちっと決められた。でも無駄である。
帰って鏡を見ると、また軍人のような髪になった。
2002年6月21日(金曜日)
5時半、起床。シャワー。
もう髪は限界である。ああうっとうしい。切りたい。
今回は何に願を掛けて切ろうか。

昼。
腹の調子がよくない。
カバンを探ると、残っていた胃薬が出てきた。
飲んでから食べに行く。
食べなきゃ良いのだが、どうも快楽が食べることに集中している。

隣のビルのフードコートに出かけた。
今日もトゥッペギプルコギ。
でも今日のはおいしくなかった。
もうやめよう。

午後、こそっと会社のTVを付ける。
もちろんブラジルとイングランド。こういう試合は見たい。

8時過ぎ、プラプラと外に出る。
服の買い出し。半袖を5つ。アンダーシャツを2つ。
靴も買いたかったが、いまいち。
下半身は明日にしよう。
何か食べよう。でもいまいち。
結局カップ麺とシーチキンを買って帰ってくる。

11時まで残業。まあチャットもしながら。
なぜか足がふらふら。
カバンに服を詰めて、今日も歩いて帰る。
お腹が心配だったが、まあなんとかなるだろ。
だめだったらそれはそのときだ。
「長い長い殺人」「たのしい話いい話2」

2002年6月20日(木)

6時半、起床。
ちょっと寝坊である。

昼はひさしぶりにビビンバ。
つい本を読むのに夢中になる。
宮部みゆき、うまいよなあ。
主人公は財布だもんなあ。

今日はビアホールで取材を兼ねた会食。
つまみを食べ過ぎる。
一気のみが始まった。これ、嫌いなんだよなあ。
会社に入ってどのくらい太ったか?社長の質問、ええいしらんわい。
飲まなくてさみしくないですか?同僚の質問。さみしくありません。
別に飲んだってさみしくなくなることはないです。
サッカー好きじゃないっしょ。はい。
つまみも食べ飽きた。
10時で一人、切り上げる。
荷物を会社に置きっぱなしだったのだ。

地下鉄で帰る。
肝臓が重い。

チャット中に、倒れて寝る。
酔っぱらってるかな。
長い長い殺人

2002年6月19日(水)

7時、出社。
13時まで、シゴト。
麻が早いと午前中が長いね。

昼はまよったが、ちぇゆっとっぱっ。
また昨日のゲームを見てる。

おやつはさつまいもまんじゅう。

夕方、シゴトがひとくぎり。
このまま続けて仕事はしたくないな。
外に出る。
映画でも見ようかな。
でも迷った。ちょっとねむい。
一度帰ろうとした。
エレベータを待っているうちに、気が変わった。
やっぱりみよう。
「イエスタディ」を見る。
、、、失敗した。
つっこみたくなることがいっぱいの、映画であった。

バスを待っているうちに、気が変わった。
歩いちゃえ。
喧噪とした市場を通り抜け、狭い歩道をかきわけ、てくてくと帰る。

ラーメンが無性に食べたい。
ああ無性にラーメンを食べたい。
、、、食ってしまった。
長い長い殺人

2002年6月18日(火)

おそらく6時に、起床。

朝から腹の調子が悪化。
とにかく、ゆるい。
またかかりつけの薬局に出かける。
パン、コーラ、コーヒー、ダメです。
え、パンも?抵抗する。

シゴトで市庁に出かけた。
もう応援グッズの出店が出ている。
あじょっし、国旗はいらんかね?
いりません。
プラザホテルの前には既に200人ほど。
知らない人はデモだと思うだろう。真っ赤だし。シュプレヒコールもあげるし。

シゴトが終わり、ラーメン屋に行く。
んが、においだけで、主はいない。
おばさんがでてきて、ラーメンはできないという。がーん。
じゃあ第2候補、アバタのカレー。
あ、でも今日は定休日。
ま、でもとりあえず行ってみよう。
幸いなことに、食堂街のみオープン。
ところが、カレー屋はお休み。がーん。
まあカツにしよう。外にいこうかな。
でもこちらのカツでめずらしいのがあれば、、、チーズロール?それにしよう。
意外とうんまかった。

ロイヤルミルククーラーを手にして、会社に戻る。

さて、日本戦。
会社で見る、というかちらちら見る。
うーん、残念でした。
でもこれが日本の実力なんでしょう。
8年前に予選通過できなかった国が、決勝トーナメントまで残れたのだし。
やっぱり決勝トーナメント進出で目標が達成されてしまったからかなあ。

ピスタチオを食べ過ぎた。
ポテチも食べてしまった。
ベルトが2穴、元に戻る。がーん。

その意味、韓国はうまい。
ベスト16の次はベスト8、なんてちんけなことはわいわない。ベスト4、いや優勝だ!
目標設定がうまい。
国民ものせる。
韓国戦、前半は会社で見た。
世間が乱れる前に、家に帰る。
もちろん、電車はがらーん。 道もがらーん。
歩いている人もいない。
でも、ゲームに熱中している若者も1人みた。
TVもみずに食べているカップル二組もみた。ちょっとほっとした。
同点。2Fから雄叫びとどんどんどんどん。
逆転。ふたたび2Fから雄叫びとどんどんどん。
こ、こわれる。
風に乗って遠くから激しい雄叫び。そして花火の音。
今日は外に出るのはやめておこう。
長い長い殺人

2002年6月17日(月)

5時半、起床。
めずらしく寝起きがよい。
6時40分、出社。

2時、ようやく昼にありつく。
今日はトゥップル。
ゆっくり食べる。

20時過ぎ。
晩飯を買いに出かける。
しかしまた戻ってきてシゴトをするのは、今日はいやだな。
ちょうどシゴトのナミも引いてきた。
今日はここで帰ろう。

アナムドンで晩飯。
今日は、、、家で食べるのも気が進まない。
ケンタですまそう。
みんなブラジル戦にかぶりつき。
明日がまた心配だ。

家に帰って「ER」。
ハンバーガーやピザをやめて運動をしないと、死にます。
がーん。
長い長い殺人

2002年6月16日(日)

8時、起床。
「週刊ブックレビュー」を見る。
シャワーを浴びる。
寝る。
一度起きる。
また寝る。
12時過ぎ。
こりゃいかん。1日寝てしまう。
起きる。

「大韓劇場」に行く。
実はこの映画館、初めてである。
おそらく改装前も、来ていないと思う。
ここでサンドイッチをつまむ。
なんとかホキ、というらしい。
吉田秋生風のアルバイトのあんちゃんが、不器用に作ってくれる。
あ、トマトはのけてね。
口まで出してしまう。
しかし5000ウォンは高いなあ。

映画「マゴ」を見る。
げげ、芸術映画。
意味はさっぱりだが、感性にうったえる映画である。
そんな映画とはしらなんだ。
となりのオヤジはあくびをしていた。そりゃそうだろう。
こんな映画が「KT」より入っている。不思議である。
しかも入口ではDVD発売のイベントまでしてる。
さらに受付のお姉さんは映画の格好をして、、、
そんな映画じゃないのに。ただただ驚く。

明洞、まで歩く。
寄り道寄り道。
このあたりは昔の日本家屋が残っているのだ。
いいカメラがほしくなった。

「ふるさと」で冷やし中華。
おおヒヤシチューカ!
周りの客はみんな「ネンモミル、、、有ります?」モードであった。
まあヒヤシチューカも行ってみてくださいよ。
でもこのすっぱさは、知らないとびっくりかもなあ。
次は冷やしラーメンに行ってみよう。

映画館による。
残り4席?やめよう。一番前はつらい。
チケットを買っておこうかと思ったが、あとの行動を縛られるのは嫌いである。
ここはひとまず見送り。

「ヨンプン文庫」に寄る。
今日はめぼしい本は無し。
給料日前だからかな。自然と自主規制。
雑誌を1つ買う。

鍾路のスタバで一休み。
今日もグリーンティーフラプチーノである。
買ってきたばかりの「ダ・ビンチ」を開く。
寝る。
シゴトの本を読む。
シゴトの整理をする。

7時半すぎ、店を出る。
暗くなる前にあるお店の場所をチェック。
ええい全然ちがうやんけ。

再び明洞まで舞い戻る。
「ムッチマ・ファミリー」。
3つの短編のオムニバス。
期待してなかったので、面白かった。
逆に短編らしく光るものがあり、よかった。
「こういう映画が増えるらしいわよ」
帰りにだれかが話していた。ふーん。
あ、この映画は日本語字幕はなかった。
オムニバスだからだろうか。

家に帰って「利家」。
しまったまた夜食を手にしてしまった。
そんなに空腹ではなかったのに。
記憶だけで食っている。

つづいて「さくら」の続き。
郡上八幡も良さそうである。
しかし「さくら」のノリって誰かに似ているなあ。
「できる人」はどこがちがうのか
「マゴ」「ムッチマ・ファミリー」
2002年6月15日(土)
今日は本来は休み。
しかしシゴトの関係上、会社に出る。

昼過ぎ。
映画館に行く。
1枚のチケットを買う。
これがひさびさの、映画解禁となった。
別に禁じていた訳ではない。
いまいちそそる作品がなかったこともある。
シゴトやプライベートで精神的に優れなかったこともある。

「レジデント・エビル」
「フィフス・エレメント」のミラ・ジョヴォヴィッチ主演。
好きなんである。
しかし、恐怖映画とはしらなんだ。
ここわかった。
ふるえながら会社に戻る。

今日は夜までシゴトしたくないな。
夕方、明洞へ。
もう1つ、映画を見る。
「ヘチョッ・ディスコワンイテダ」。
やっぱりシゴトのあとは、コメディでしょう。
映画が始まると下に見慣れた文字が、、、
なんと日本語字幕であった。
おかげで内容ばっちし、である。
それほどの映画じゃないし、また日本に行くこともないだろう映画だけど。
カルト韓国映画ファんぐらいだろうなあ。
でも意外と良かった。期待していなかったから。
最後のラブシーンは、okだと思う。

地下鉄に乗って、帰る。
そういえば今日はパンしか食べていなかった。
腹が減っていると言うより、パン以外の物が食べたい。
飲みながら「さくら」を見る。
途中で寝る。
間違い電話で起こされる。
「レジデント・エビル」「ヘチョッ・ディスコワンイテダ」

2002年6月14日(金)



昼はトクマンドゥグク。
失敗した。
トクがはるかに多かったのである。
これじゃあトクグク+マンドゥおまけ、というかんじ。

夜は当然腹を減らす。
賞味期限が切れたラーメン(ラスト)。
ミートボール。
カレー。
くいすぎである。
さらになんかチョコバーまで平らげる。
異常食欲。

さて、最終戦の日である。
朝から熱い、のは当然であろう。

さて、日本戦。
会社のTVで見る。
途中、町の様子を見に出かける。
、、、どこでもやっていない。
無関心というか、もう韓国のことで頭がいっぱいなのでは?という感じである。
しかしまあ勝てて良かった。
でも勝ったとなると心配。
もし韓国が、、、

韓国戦も最初は会社で見る。
しかし終わったあとは争乱状態だろう。
試合の途中に、街に出る。
でも街に出ても、結果が分かる。
すべてのお店のTVで中継してたから。
ちょうどゴールの瞬間を、見る。運がいい。
ちなみに交通状況は、とても9時台とは思えない、がらがらである。

終了5分前、ある飲み屋の前に人がたかっている。
ここでみていこう。
ここまできたら、応援しないと。
でももう大丈夫だったのだ。アメリカが負けていたから。
アメリカが負ければ、自動的に韓国もベスト16.
あと5分で3−1でアメリカの負け。これでもうほぼ確定。
もう負けても決勝トーナメントにいける。
しかしまあ勝った方がいいわな。

無事に勝った。
いそいで写真を撮る。
むこうから女の子が国旗を持って走ってくる。
やっぱり女の子の方が興奮しているようだ。
塾(学院)の前ではにわかたいこのバケツがなる。
さらに行くとたいこをたたいてうたっているおばちゃんがいる。

これはアナムドンまで偵察に行かないと。
はたして、、、争乱状態だった。
花火があがる。
車が襲われる。
旗がふられる。
歌が流れる。
バスも進入をあきらめ、ひきかえした。
ロータリーは人がはみ出してる。
雄叫びは1時過ぎまで聞こえた。

2002年6月13日(木)

選挙投票日につき、お休み。
日曜日にやるのと、どっちが投票率があがるんだろう?
休みが増えるのはうれしい。
うれしいが、仕事もたまっている。
リズムも狂わせたくない。

朝、別の靴を履こうとして、もっとひどいことに気が付いた。
しばらくは穴あきのママである。

朝から晩まで、残業。
昼、チェユク定食を食べに行く。
また腹がおかしくなった。
どうもあの店のパンチャンがおかしいんとちゃうかなあ。

8時半、業務終了。
本屋へ急ぐ。今日はバスで。
8時55分、本屋に到着。
飛び込んで1冊の本を取りだし、すぐレジへ。

ちゃっとしていて、ある国に行きたくなってしまった。
久しぶりに新しいガイドブックを開く。
胸がドキドキする。この感じ。
すっかり忘れていた。
スタバでノクチャプラプチーノを飲みながら、にんまりする。
そう、腹がおかしいのを忘れていた。
果たして腹がおかしくなってきた。
帰り道、解放されているオフィスビルの1Fのトイレに行く。
最近こういうトイレが多くて助かる。

家に帰って賞味期限が切れたラーメン。
ロートレックが自分の歳で死んだことを知る。
この歳になればもうひとかどのひとになっているひとも多いのに。
いつまで自分は書生みたいな気分でいるんだろう。

2002年6月12日(水)

朝、お腹が弱い。
そんな日は、準備に時間がかかる。
つい本を読んでしまうからである。

でも、今日も会社一番のりさ!
誰もいない朝は気持ちがいい。

昼、今日はゆっくり食べるぜ。
隣のビルで久しぶりにトゥップル。

実家から持ってきたラーメン。
実は4日前に賞味期限が切れていた。
4日前?まあ大丈夫だろう。
今宵の夜食とする。

11時過ぎ。
ぶーらぶら家に帰る。
そういえば靴に穴があいたんだった。
買わなくては。
ウォーキング用のいい靴が買いたいな。

2002年6月11日(火)

7時すぎ、出社。
昼前、パニくる。
昼もゆっくりとれん。ケンタでタワーバーガーを買う。
文房具屋にも寄る。

昼から1件、トラブル。
これは笑顔で納めましょう。えへへ。

このまま仕事してたら、あかん。
夕方、あふれる仕事から逃げ出すように、外に出る。
腹は減っている。
腹は減っているが、なんか中途半端なもので腹を満たすのは、もったいない。
コンビニでジュース1本、チョコを買う。
あ、あと携帯のカードを買わなきゃ。
30分ほどぶらぶらして、会社に戻る。

そういえば、長いこと映画を見ていない。
ビデオですら見ていない。
ちょっとスランプ?である。
気持ちの余裕ができない。
どうしても!という映画がないこともあるが。
映画心が戻ってくるまで、待ってみよう。

2002年6月10日(月)

5時半。
めずらしく快適に目が覚める。

6時半すぎ、出社。
今日は韓国戦。
朝から応援グッズの出店が出ている。
というより徹夜で売っていたのではないか?

午後2時、業務終了。
みんな応援にでかける。
残った韓国人は、社長と理事だけ。
会社で韓国戦を見る。
点を取るとビル全体がどよめきでふるえた。

かくしてほとんど7時過ぎに帰った。
僕も9時に帰る。
アナムドンのスタバもどきに寄る。
人通りが少ないな、、、とおもったらみんな次の試合を見ていたらしい。
韓国も、次こそが勝負である。
家に帰って「ER」。

2002年6月9日(日)

9時、起床。
シャワー。
12時、本屋へ。
おにぎりを2つかじる。
仕事の本、プライベートの本、あわせて6冊購入。

今日は同僚の結婚式。
オリニ大公園に出かける。
こちらの結婚式は、別にラフでもよい。
それでもラフすぎたようだ。
しかし、背広、もう2年以上腕を通していない。

高速バスターミナルへ行く。
プライベートの本を3冊。
疲れたので、アイスカフェラテ。
仕事用の写真も撮る。

続いて明洞。
日曜日といえ、クレイトンはすいている。

たまたまソウルにいるH氏と、ミリオレスタジアムへ。
日本戦を見る。
客は日本人ばかり。えらい盛り上がりであった。
しかしサッカーって心臓に悪いな。

バスに乗って家に帰る。
「利家とまつ」。
友人とチャット。
とってもいいことがあったようである。
もう一度シャワー。
2002年6月8日(土)
出勤日。
しかし外国人登録証を取りに行かなくてはならない。
9時過ぎ、会社を出る。
10時過ぎ、出入国管理事務所に到着。遠いぞ。
まずは受け取り。これはすすすと終わった。
次は、再入国パス。
これがなんと39人待ち、である。
待つ。
一人、長い人がいるとつっかえている。
早くしてくれ。
ようやく回ってきて、書類を提出。

帰りにシチョンによる。
コンナムルクッパ。ふうふういながら食べる。おいしかった。

会社に戻って一仕事。
2002年6月5日(水)〜6月8日(土)※途中(事故で消えました、、、)

2002年6月4日(火)

6時、起床。
7時過ぎ、出社。
5分後に同僚が出社。早いですねと言われる。君も。

昼前、ミーティング2つ。疲れた。

昼、チェユットッパッ。辛い。でもかきこむ。

夕方、TVで日本戦。
シゴトをしながらちらちらと見る。

そして韓国戦。
夜8時過ぎ、記者と町の様子を偵察に出かける。
やはり大型スクリーンの前に、人が集まっている。
飲み屋に行ってビールを飲む。
もちろんお店の中もTVや大型スクリーンを見る人でいっぱい。
席の関係で大型スクリーンは見られなかったが、歓声で点が入ったのが分かる。
試合が終わる前に店を出た。
会社に戻る。
お腹も痛くなった。飲み過ぎ、もとい、食べ過ぎ。

夜11時すぎ、業務終了。
歩いて家に帰る。
あちらこちらに赤い集団。シュプレヒコールをあげている。
か、かくめいか?
人民大革命か?
そういえばテーハンミングッという声も聞こえるぞ。
バスも真っ赤な人たちでいっぱいだった。
歩いているのは、地下鉄がいっぱいで乗れなかったかららしい。

2002年6月3日(月)

5時半、起床。
6時40分、出社。
朝、突然机の前を模様替え。
もちろん、本を読んだからである。
なんか大掃除になってしまった。

昼。腹が減る。
ふらふらと、豚カツ定食を食べに行く。

夜はケンタ。
毎度のタワーバーガー。

10時、に終わる予定が10時半になる。
また欲張ってしまった。
今日は地下鉄で帰る。
途中から「ER」。
世界史を揺るがした悪党たち(桐生操)

2002年6月2日(日)

朝、9時過ぎ、シャワー。
朝の本の番組をビデオで見る。
布団を洗濯機で洗濯。干す。
11時半、家を出る。

まずは本屋。
めぼしい本を物色する。
雑誌を1冊、文庫を1冊、新書を1冊。
CDコーナーも寄る。
ご飯を食べに行こうとして、思い出した。
知り合いの写真展をやっているのである。
ただし場所が分からない。
場所は仁寺洞。行けば分かるだろうとふんだが、やっぱりわからん。
PCバンに飛び込んで確認。
場所はすぐ分かった。
でも確認しなければ分からなかった。

久しぶりに写真展で写真を堪能したあと、飯。
当初予定していたネンミョンは遠すぎる。
近場でトップル定食。
やっぱりトゥップルはテーマである。
つづいて近くのシアトルザベストで休む。
本を読み、寝る。シゴトを整理をする。
ああいかん日曜日に何をしているのだ?
トイレに行きたくなったので、店を出る。
鍾路に出ると、なにやら行列。
野次馬根性で写真をとりまくる。

また本屋に寄る。
こんどは単行本1冊、新書1冊、文庫1冊。
単行本、文庫は仕事用。
新書はまたトイレでなくしたのである。

バスでシンチョン。
冷麺を食べに行く。
おじさんがやたら愛想がいい。ユクスも余計に足してくれた。
一瞬で平らげる。
またバスで本屋の近くに戻る。
いつもスタバ。
本を読み、シゴトの整理。
気が付くと2時間たっていた。
一時期ひいた客も、また戻ってきた。

家に帰って、「利家とまつ」。
白竜のドキュメント。これも韓国特集の一つ?
世界史を揺るがした悪党たち(桐生操)

2002年6月1日(土)

久しぶりの、お休みの土曜日。
ゆっくり寝る。

昼、大学にカレーを食べに行く。
おいしいカレーがある、と聞いたから。
おいしいカレー、ときくと調べずにはおられない。
ずっと機会を待っていたのである。

ハンズとかいうチェーン店。
カレーが3種類あった。
なんとかヘムカレー、にしよう。そのなんとかがわからんし。
辛かった。
でも確かに他の大韓カレーとは違う。
具が小さい。
それはチェーン店の作り置きだから?
下宿屋のカレーと同じ土壌にあるのかも。

会社に行く。
2時半。
すでに会社のとびらがしまっている。あれ?
電気も消えている。
みんな帰ってしまっていたのだ。
一人寂しくシゴトをする。
これがまた全然終わらない。
そこにシゴトのチャットも入る。 

0時前、ようやくシゴトの片が付く。                                             
まあ全然終わってないんだけれど。
これ以上は体力の限界。
日曜日はシゴトをしない。のが私の原則である。                                     

今日も歩いて帰る。