GOGO!ソウル労働日記
〜2003年1月〜

 −ツッコミ

2003年1月31日

友人とロッテ百貨店。明洞。
スントゥブを食す。
ネンミョンを食す。
さらに友人はビビンバを食した。

友人が帰ったあと、本屋に向かう。
明日休みということもある。
3冊の文庫本と1つの雑誌を購入。
帰りにスタバで休む。

映画館に行ってみる。
「英雄」は案の定満員。
会社に向かう。
会社の近くの映画館は、空席があった。
映画の時間までシゴトする。


2003年1月30日

友人が来韓。
昼突然会社に現れ驚く。
電話が通じなかった由、依頼品と土産をおいてまた旅に出る。
今日は旧正月で言う年末。
みんな早く帰る。
誰もいない会社に友人が戻る。

昼、新聞記者の方にカルビをごちそうになる。
夜はプルコギ。
昨日はポッサム。
おとといはホルモン。
もう肉はいいです。

2003年1月29日

今日は映画の日。
ということで友人と「二重間諜」。
うーむ。
ハンソッキュはひさしぶりだが。
帰りにポッサム。
ご飯を頼むと中に髪の毛が入っていた。
言うと交換してくれた。

家に帰って「ガッテン」。
おお豚肉はビタミンB1が含まれ糖質の分解を助け疲れが取れるのか。
しかし食べ過ぎである。

2003年1月28日

日本からやってきた友人と、シゴトがてらカンナムにでかける。
外は恐ろしく寒い。江北より寒い。また道も凍っている。
凍えながら店を探す。
幸い目指すお店は地図通りの場所にあった。
ホルモンを食べ尽くす。
あまりにも寒いので、帰りはタクシー。

2003年1月27日

お腹の調子がずっと快復しない。
ヨーグルトや牛乳を飲んでいるからであろうか。
昼はとんかつ、中華を避けて、結局弁当になった。
夜はおにぎりにしようかとおもったが、さみしいのでうどんにした。
おにぎりは残業していた同僚に渡す。
外は凍えるほど寒い。
家に帰って「武蔵」。

2003年1月26日

朝起きて動作を確認。
11時に家をでて、映画館に向かう。
今日はカンナムに行く。
バスで行くと雨のソウルが目に入る。
雨のソウルはなぜか胸に来る。

1つ目は「マドレーン」。
初めての映画館ZOO002。
人が少なくて寒かった。

もとクレイトン、いまのタリーズでパンとココア。
すると突然横から水が降ってきた。
見ると職員が突然空調を開けたのであった。
びっくりするがな。

電車で大学路に移動。
ウディ・アレンの「スモール・タイム・クロックス」。
韓国でウディ・アレンは初めて。意外と受けてる。

スタバで友人とお茶。
それからピザを食べる。


2003年1月25日

2時40分。
回線がつながらなくなった。
またネットワークが不調かな。
最初はそのくらいしか考えていなかった。
それがまさか全国的な問題だとは気が付かなかった。
ようやくのことでサーバ管理会社に連絡して事態が分かったのである。
一度はあきらめて会社を出た。
しかし気になって戻ってきた。
夜9時半まで居残り。
よく考えればインターネットにつながなくてもできるシゴトがあった。

2003年1月24日

夕方、やっぱり映画が見たくなって、映画館に行く。
しかし今週は当たりの日であった。
人気がでそうな映画目白押しなのである。
あ、旧正月前だからか。
おかげでチケット売場は長蛇の列。
あきらめて晩飯を食べる。
今日はマンドゥ。
残作業を片づけていたら、遅くなってしまった。

2003年1月23日

午後7時、シゴトを切り上げ。
大島渚の映画祭に行く。
チケットを取ってくれた友人と待ち合わせ。
上映ぎりぎりで会場に駆け込む。
「飼育」。
ほんとうは「青春残酷物語」「ユンボギ」あたりをみたかったのだが、結構人気でチケットがなかった。
でも充分良かったが。
帰りにポッサムを食べる。
腹の具合がまた悪い。

2003年1月22日

午後、トラブルが発生。
映画の日だったが、今日は見送り。
記者のO氏と一緒に帰る。

2003年1月21日

給料日なので昼、体重計を買いに行く。
道ばたで売っていたが、さびていた。
しかし結局みあたらず。
今日は見送りである。

さすがに今日は映画はお休み。
映休日とする。
たまには勉強しなきゃ。
PCバンに立ち寄る。
家にいるとついだらけてしまうから。
PCの調子も良くないし。

しかし家に帰って相撲をごろっと見るのが至福の時である。

2003年1月20日

昨日見過ごした映画、今日見に行く。
8時半からの「メトロポリス」。
2度目である。
客はそこそこ、まあこんなもんでしょう。
これで4日連続の映画。
1週間で5本見てる。
いいペースである。

2003年1月19日

前夜2時まで片づけ。
なのに6時に目が覚めてしまう。
おかげで寝不足。
しかも映画を見に行く。
「ウェルカム・トゥ・コリンウッド」
字幕を読むと眠くなる。
寝不足で映画を見るのは止めよう。
次の回にすれば良かった。もったいない。

本屋に寄って、ハンバーガーを食べる。

アラーキーの写真展にいく。
ちょうど行くと、説明時間であった。最近こればかりである。
ちょうど2時につくからだな。
でも今回は説明を聞かず、じっくりと見る。
いいなあ。
ソウルの魅力が路地にあることを、あらためて思い出す。
なぜか目の奥が熱くなる。
アラーキーの撮った韓国の食べ物がまたよい。
どっかエロティックで、そそられる。

いつものコース、市庁のスタバで一休み。
真剣に寝た。
きょうもきっちり3時間。

もう一つ映画をと思ったが、今日は止めておこうと思う。
イチョンドンに納豆を買いに行く。
バスに乗ること30分、家までまっすぐ買える。

「武蔵」「大相撲」のあとは蒲団を引く。


2003年1月18日

久しぶりの土曜日出勤。
先週も少し顔は出したけど。
他に行くべき所があるのでは?
と悩みながら片づけてしまいたいシゴトがある。
幸い、夕方一つ片づいた。
暗くなってくるとさみしくなる。
6時に会社を出る。
本屋で日本語の新書2冊と雑誌1冊を購入。
本屋でサンドイッチとコーヒー。
それから足は映画館に向かう。
あした見ようかと思ったが、今日見る気になった。
「ピアニスト」を見る。
戦場じゃない方である。
意外と満席であった。
しかし「戦場のピアニスト」と間違えて見るとたいへんであろう。
しかし変なところで横の席の女性が笑うには参った。
そりゃ笑うところじゃないだろ。


2003年1月17日

見たい映画が6つある。
ポストイットに張り出す。ううむ。どれから見るべきか。
見たい「シモンヌ」からにしよう。
台湾で予告編を見かけてから、見たかったのだ。
会社に戻るとまだ2人残っていた。

家に帰ってNHKの時代劇。
男役の本庄まなみがとってもよい。

2003年1月16日

昼、狎鴎亭で九州ラーメン。
駅で例のパンを買う。
緑茶チーズパンに胡桃チーズパン、カレーパンにコロッケパン。
夕方、緑茶チーズパン1/2に胡桃チーズパン1/2、カレーパンを食べる。

修正作業にはまりこむ。
はまりこむと割り込みのシゴトがうっとうしい。つい不機嫌となる。反省。
ついつい残業。本屋も逃す。反省。

夜、T氏の書棚を取りに行く。
しかしこちらの家具は重い。
結局、手伝って運んでもらう。
これはDVD+VCD入れとしよう。
お礼にもどきでおごる。

家に帰って早回しで大相撲を見る。

2003年1月15日

夜明け前、バスを待つ。
そう、その気分は、以前この国を旅行していたときに早朝に宿を出て旅立つ気分である。
いまだに、あのときの気分が抜けない。

今日は映画の日。
「リング」
「007」。
迷う。
まよったが、コワイのは苦手である。
007の方が終わりそうだ。こちらでは話題作だったが。
というわけで007。
映画館でコンコンチル、くださいというと、ジェロジェロセブンですね、といわれる。
意外と席はうまっていた。
また意外と面白かった。

ダイエットナビというサイトを見る。
Q&Aをじっくり読む。なるほど。
まず夜食を止めようと思う。
それから3食食べる。

2003年1月14日

1日眠い。
せっかく早起きしたのに眠い。
これは寝不足がたまっているらしい。
顔色が悪いと言われる。
自覚症状はないが、そうかも?
早めに帰る。映画もパス。
しかしいざ寝ようとしても、ねむれん。
大相撲を見る。
洗濯をする。
ドラマを見る。石田ひかり、ふけたなあ。

2003年1月13日

どうもいまいちシゴトにのらない。
こんな時は後かたづけに限る。
たまっていた資料を1時間整理。
(自分なりには)大分片づいた。

どうもお腹が満たされない。
家に帰ってセブンイレブンの総菜に豆腐1丁。
今度は食べ過ぎた。

2003年1月12日

朝5時。起きておにぎりを食べた、とおぼしい。
9時、起床。
10時20分。家を出る。
10時45分。映画館Sキューブに到着。
ところが3回目まで売り切れ。愕然とする。
ここで対策会議。作戦を練る。次の映画館は、明洞にあるCシネマだ。
バスで2つ乗る。
もう1つ候補の映画がある。見ると時間もちょうど良い。
しかしどっちを見ないと後悔するか考える。
予定通り、当初の映画を見に行く。
11時5分。Cシネマに到着。
こちらはがらがらだった。拍子抜け。
パンを2つ買いに行く。
映画館に戻って、11時50分の映画が始まるまで待つ。
いつもはドトールもどきに足を伸ばすのであるが。
見たのは「戦場のピアニスト」。
映画の最中、横の中年夫婦が1シーン1シーン会話をする。
途中でキレル。
映画に集中することにする。

映画のあとは新村へ。
ラーメンを食べに行く。
辛くて汗がどっと噴き出した。

いつものスタバに行く。
本を数冊。あいまに読書。
夕方、おじさんがたの乱入でにぎやかになった。

帰りに本屋による。
チャン・ピルスンのCDの新譜を買う。
シゴトの本を1冊買う。

家に帰って「武蔵」「大相撲」。

2003年1月11日

朝5時。起きて何か食べたかもしれない。記憶がない。
10時。電話みたいな音でめがさめる。電話に出ると切れている。TVかしらん。
10時10分。再び電話が鳴る。今度は電話であった。
午後から引っ越しの手伝いに行く。
意外と早く片づく。
しかし反省もあった。
思わずどなってしまったのである。
ああいかんなあ。

会社に顔をだしたあと、大学路へ。
友人と会う。
本と映画に関する四方山話。

2003年1月10日

朝、おにぎりを買いすぎた。
となると、昼はご飯の少なめのトンカツとなる。
そんな気を回したが、トンカツだけで充分多かった。
夜、ラーメン。
「おまる」でお茶。
6000ウォンは高い。

2003年1月9日

朝、サンドイッチ、ヨーグルト。
(あいま、お菓子多数)
昼、とんかつ。
(あいま、お菓子多数)
夜、教保文庫へ寄る。
アエラ、ソウルの本、新書を購入。
the coffee bean は満員。やはり場所がよいからであろう。
仁寺洞のシアトルまで歩く。
足がつるつるすべる。
どうも濡れた大理石はすべるらしい。
1時間ほど、沈没する。
アエラをぱらぱら。
買ってきた新書「サムライカード、世界へ」
むちゃおもろい。ちょっとプロジェクトXばりである。

2003年1月8日

昨日は両穴から同時に鼻血。
今日も顔を洗ったら鼻血。
血があまっているのだろうか。
のぼせてるだけだろうか。
もともと鼻血がでやすい体質なので、あんまり気にしてないのだが。
トイレがスプラッタムービー状態となる。
あふれる血潮。

今日はお腹が久しぶりに弱い。
でも薬も肝臓に負担をかけるかもしれない。
と思ってあまり飲まないようにする。

昨日ちゃんと食べなかったせいか、力が出ない。
今日はちゃんと食べよう。
昼はプルコギトゥッペギ。
夜はお豆腐である。

今日は水曜日。
ひさしぶりに映画を見に行く。
「品行0」。
イム・ウンギョンってどっかで見た顔である。
ああどこでみたんだろう、、、

小林信彦の「コラムは誘う」を読了。

2003年1月7日

今日も昨日と同じ格好。
おかげで大分暖かくなった。

朝、おもいきし机の上にヨーグルト(液体)をこぼす。
この歳にして、何をしてるんだか。

シゴトはあいからわずたまりにたまっている。
とおもったら打ち合わせが2つ。
きいてないよー。

昼はロッテリア。夜はたべそこねる。
帰りにスタバもどきまで行ったが、混んでいたので引き返す。
以前はがらがらだったのに、でも繁盛するのはよいことである。
空腹に絶えかねてワカメスープを食べる。

2003年1月6日

ついに長いコートを取り出した。
セーターの上にフリースを着て、はおる。
着ぶくれだが、もともとふくれているので大差はない。
マフラーを顔に巻き、毛糸の帽子をかぶる。
靴下は2枚はく。
すべて外が−15℃のためである。

ひさしぶりのシゴト。
1週間以上のシゴトがたまっている。
とても今日ではかたづかない。取り急ぎやらねばならないところからやらないと。

1ヶ月前の健康診断の結果が返ってきた。
2次検査。がーん。
数値を見る。γーGTPの数値が高い。
インターネットで調べる。肝臓疾患?
原因は酒?のまないけどなあ。
それ以外にも睡眠不足とかストレスとか薬の飲み過ぎとかお菓子の食べ過ぎとか。
こちらならほとんど該当するなあ。

2003年1月5日

ひさしぶりのオンドル。
寝過ごす。
いや一度は起きた。起きてお好み焼きをあたためて食べた。ソースはきらしていたので醤油で食べた。
また寝る。
次に起きたのは、のど自慢。
ぼーとのど自慢をみる。
今日はもうでないでおこうか。
部屋を片づけながら、NHKを見続ける。
しかし夕方になると、虫がさわぎだす。
散歩にでた。
どえらい寒いやんけ!
おもわず引き返そうかと思う。
なんとかバスに乗り込んで、街にでた。
本屋に入るとほっとする。
本屋をぶらぶらして、次はコーヒーショップへ。
気合いを入れて行く。
ようやく落ち着いた。
しかし帰り道がまたたいへんだった。
せっかくあったまった体も、一瞬で冷える。
バスをまっている間、凍えて死ぬかと思った。
いや確実に倒れたら凍死する。
凍え死ぬ前に、バスよ来てくれ。
それにしても部屋に帰ったときのオンドルの温かさよ!
このオンドルがこわれたら?
暖房器具と蒲団を買おう。

2003年1月4日

夕方6時、飛行機は無事仁川空港に到着。
入国審査はがらがらだった。
荷物も意外と早く出てきた。
最後の荷物検査もパス。
空港を出るとすぐバスが待っていた。
しかしソウルの寒さはただものではない。
おまけに先日の雪で道は完全に凍っている。
こちらは総勢約30kgの荷物。
そろそろすべらないように歩く。
家までが一番疲れた。

途中、釜山に旅行中の友人Sから電話があった。
なんと船が欠航でソウルにやってきたという。
先日あったばかりだが、一緒にCDショップをまわり、コーヒーする。
後ろの席で女の子が嗚咽していた。
そんなに大声でなかれると、知らない仲でも気になりますがな。