GOGO!ソウル労働日記
〜2003年2月〜

 −ツッコミ

2003年2月28日

背中が痛い。
別に愛されているワケではない。
寝違えたらしい。
しかしあまり痛くならないところなので、不安になる。
サイトで調べると、カルシウム不足とある。
これだけ牛乳を飲んでいて、それはあるまい。
寝違え説に傾く。

つい帰りが遅くなる。
映画も見損ねる。
あれ週末の楽しみが。


2003年2月27日

朝から言い争いとなる。
相手が怒っているときに笑うと、相手はよけいに怒るようである。
そういえばそれは親にも注意された気がする。
自分は怒っていなかったんだけどなあ、というのはちょっと違うか。
なんか朝から脱力モード、エヘラエヘラしてる。

夜8時過ぎ、シゴトを一区切り。
今日は映画館、には行かない。ちょいと疲れが残っている。
今日は読書の日。教保文庫でアエラ+文庫1冊を購入。
近くのコーヒービーンでホッチョコ。
やっぱりなんか落ち着かない。

家に帰って建築家安藤忠雄のドキュメントを見る。


2003年2月26日

昼過ぎ、トラブル発生。
夜までその対応に追われる。
昨日映画を見ておいて良かった。
でないとフラストレーションがたまるところであった。

しかし担当者に上司が確認の電話を何度もいれるので、かんじんの復旧作業が進まない。
そのへんは配慮して欲しいなあ。
気持ちは分かるけど。

夜11時過ぎ、会社を出る。
もう一つ、お客さんからの確認で、某ファッションビルに出かける。
夜遅いのに旅行者が多くて驚く。

ひさしぶりに家まで歩いて帰る。
家に帰ると午前様。
「ためしてガッテン」を見ながら寝る。

2003年2月25日

TVで大統領就任式を見る。

準映画の日。
ちょうど10分前にシゴトが終わる。
映画館に飛んでいく。
その前にトイレを済ます。
幸い席があった。
急いでいるのを見越してか、受付のお姉さんはいつもより丁寧であった。
席へ急ぐ。
しかし横にすわっていた女の子に「そこは来ます」と言われる。
え、うそ。
と思ったらそのカップルが間違えているのであった。
しかし映画の最中に前の席でいちゃつかないでほしいな。

かくして「シャンハイ・ナイツ」を見る。
携帯を切り忘れていたが、だれからもならなかった。
だいたい、ほとんどならないのである。

家に帰ってもニュースは大統領ばかり。


2003年2月24日

忙しい月曜日。
起きたとたんに振り回される。
やれやれ。
昼はチャジャンパブ。
そのせいか、夜つかれる。
帰り道、焼き鳥(韓国の)をぱくつく。
セブンイレブンで総菜を買ってきて半分ぱくつく。
おなかがまた重いぜ。

2003年2月23日

7時起床。
賞味期限の切れたラーメンを食べる。
寝る。
なんだかだらだらモードである。
11時起床。
もそもそ支度を始める。
のど自慢なぞを見る。
1時過ぎ、家を出る。
映画館に向かう。
途中、電話がなる。
友人からであった。
しかし自分は映画に魂を売っている。
見たい映画の方を優先。映画館に向かう。
「仄暗い水の底から」。
チケットを買ってから後悔。
時間を変えようか。
しかしすでに売場には長蛇の列。あきらめる。

映画のあと、いつものスタバに行く。
本を数冊読みふける。

家に帰って「貴乃花」特番。
つづいて「武蔵」。


2003年2月22日

じゃあじゃあと。
不思議な水の音がした。
はて。
ボイラーの下を見る。
水が漏れている。
水道管をずらすと、とまった。
ゆるんだかな。
もう一度いじると、水道管がとれた。
水がいきおいよく吹き出す。
あちゃー。
ボイラーに貼ってあったシールの電話番号に電話。
おばちゃんがでた。
折り返し電話します、と携帯番号を聞かれる。
しかしその後返事はない。
もう一度かけると、FAXになった。それから何度かけてもFAX。
逃げられたな。
ボイラー会社に電話しても、お門違いと言われる。
大家に惨状を伝えに行く。
初めて見るおじさんがいた。
あの店に行ったらいいよ。
ちょうど近く、指さす方に配管専門のお店があった。

お店に行くと、桜金造のようなおじさんがいた。
しどろもどろで惨状を伝える。
おじさんが様子を見に来てくれた。
こりゃ、床下の工事からしなきゃ。
一瞬絶望する。
あ、でもできるかも、待ってて。
おじさんはまたやってきた。
水道管を切り、つなぎ直してくれた。
無事修理完了。
あいま、おじさんと話をする。
どこの国の人?日本人?どうして韓国語がへたなの?TVに出ている日本人はうまいのに。
いやあの人達と一緒にしてはいけませんよ。
若い人たちどうしは日韓が仲良くしてほしいと思うよ。
という話となる。
修理費、25000ウォン。
あとで領収証をもってきてくれた。
大家さんに出しなさい。このこわれた水道管をみせて。
はい。

暖房を買いに行く。
今日のような事故があると、暖房がなくなる。
しかしもう既に、近くの店から暖房は撤去されていた。
はやすぎるぜ。

当番で会社に行く。

夕方、大学路へ。
映画を見に行く。
始めていく映画館。地図が手がかりである。
いけどもいけども映画館らしいものがない。
まさか。
とおもったところに入口があった。
それは以前あったビルを改装したような雰囲気であった。
「世にも奇妙な物語、映画の特別編」を見る。

帰りにスタバによる。
本を1時間ほど読んで、帰る。

DVD「ヨンエソソル」最後まで見る。ボーナストラックも見る。

VCDでドラマ「最後の恋」を見る。
常盤貴子はやっぱりええなあ。

2003年2月21日

昼はビビンバ。
けっこうおいしいお店だと思うんだけどなあ。

今日も映画の誘惑。
しかしどうもいまいち乗り気ではない。
9時過ぎに帰る。
コーヒーショップに寄ろうかと思う。
しかし時間は10時過ぎ。
やめた。
落ち込む。

DVDで「ヨンエソソル」続きを見る。

2003年2月20日

午前中、おなかが痛くなった。
いわゆる食あたり系ではない、と思う。
しかし原因は、昨日の余りのハンバーガー?コーラ?
肝臓の数値が高いだけに、心配である。
痛みが続くようなら病院へ、と思ったら収まった。
昼はスントゥブペッパン。

木曜日は本屋に行く日。
アエラ1、新書1,文庫1を買う。
いつもならコーヒーを飲んでいくが、今朝のこともあってあきらめる。

帰り道、戦争について考えた。
もし戦争が起きたら。
電話も使えなくなったら。
頼る人も守る人もあんまりいない。
金の蓄えも食料の蓄えもない。
日本に帰っても居場所がない。危険度は同じかも。


2003年2月19日

今日は映画の日。
6時半。映画館に行く。
ようやく「ヒー・ラブズー・ミー」のチケットをゲット。
夕飯用のロッテリア・チキンバーガーを買う。
8時にまた映画館に行く。
客は9人ほど。僕以外はカップルである。
以前はこういうシチュエーションは嫌いだったが、もう慣れてしまった。
1人で何が悪い。
ポテチをぽくぽく食べながら見る。
しかし映画の内容にはぶったまげた。
おなじくのほほんと見に来たカップルもショックを受けていたようである。
この手の映画に見慣れた?僕も驚いたぐらい。

帰り道、やっぱり警官が多かった。
身分証のない自分はあせる。

2003年2月18日

朝7時過ぎ。
まだコンビニに新聞はない。
あの、、、新聞は?
アイスクリームの横に積んであった。
自分で欲しいのを取り出す。
店員が商品入れ替え中で、ほしいおにぎりがとれない。
うーむ、じゃまなんですけど。

夜。
気が付いたらおにぎりとハムを食べていた。
こんな食生活でいいのだろうか。いやいけない。

今日は映画を見たかった。
しかしシゴトでお流れ。
ああ。
家で「恋愛小説」を見る。

2003年2月17日

なぜか週末に1.5kg増である。
やっぱり食べ過ぎたか。
それとも結婚式のバイキングのせいか。
と思いながら昼もオムライスを食べる。食べ過ぎである。
夜は控えておこう。
と思いながら耐えきれずにセブンイレブンの総菜を平らげる。
おなかが重い。

2003年2月16日

さあ今日こそは展示会へ。
なんといっても今日が最終日である。
だから前もって行きたかったのだが。
11時半、電話がならないことを祈って家を出る。
バスが遅いことにイライラする。

チケットを買うとなぜか子供のチケットまでついてきた。
オヤット思ったら受付のおばちゃんが近くにいるガキを連れと間違えたのだった。

ようやく歴史博物館の展示「天・地・人」を見る。
地図マニア&地名マニアにはたまらん。

今日は近くの映画館による。
今日はその映画館でやっている映画を。
「トゥーウィークスノーティス」。
受付で1枚ですかと言われたので1枚ですと答える。
1人で見て何が悪い。
時間があったのでお昼。
は目の前のホスアビでカレー。
やっぱり具がでかい大韓カレーに涙する。
でも今日のはよく煮えてたのでよかった。

映画館に入る。
右横のカップルの女は前の席の人から注意されて文句をたれていた。
ありがちである。
カップルは特にうざい。
左横は珍しく1人で見に来ている女性であった。顔はみなかったが。

映画のあと、本屋をひとめぐり。
本を1冊。
ついチャンナラのDVDつき写真集を1冊。
心に悪魔が走る。
昨日も行ったスタバに寄る。
しかし今日は長居できない。

夜はシゴトで自宅。
ついでに「アマデウス」を終わりまで見る。

2003年2月15日

さて今日こそは展示会へ。
と思ったら電話がなった。
またトラブル。
まさか神様は私を意地でも展示会にいかせないつもりだろうか。
急ぎひげそり。ばたばたと家を出る。
夕方まで会社にいる。
どっちみち会社には行くつもりだったが、、、

こんなのでは明日も分からない。
夕方、DVDの買い出しに行く。
5本、が限度である。やっぱり。
6本目も手に取ったが、うざいカップルがなんやかんややりとりしているうちに、あきらめた。
いつものスタバに行って、休む。

家に帰ってDVD。
「トンカム」ラスト&「アマデウス」。

2003年2月14日

バレンタインデー?
関心も期待もしていないが、もらえないという事実だけは残る。
価値も魅力もないんだわ。と1人ひねくれる。
しかし事実だけ残る。
今日は知人の結婚式。
夕方、街に出た。
やっぱり街はうかれとる。
でも夕方のソウルもなかなかよい。
なんか久しぶりで心が洗われる。
漢江には氷がはり、氷の上では鳥たちが休んでいた。

結婚式は無事終了。
スライドショー。私だったら恥ずかしくて死にます。
しかしバイキング形式。
日頃の卑しさがでてしまう。ついバコバコ食べる。
1人の日本人とあった。
どうも以前一度あった気がする。
しかし思い出せない。

COEXによって本を買う。
映画はもちろん満席だった。
COEXももちろん浮かれていた。
コーヒーショップに寄ろうかと思う。しかし寄らないと昨日思ったばかりである。
つかれて結局帰る。


2003年2月13日

昨日からいまいちシゴトに乗り気がない。
シゴトはいつもたくさんある。
ただ乗り気がしない。
こういうときは観念して、シゴトの整理をする。

夜8時、シゴトの切り上げ。
今日は本屋へ行く。
最新のアエラをゲット。
シアトルへ行く。
いつもの席がない。
違う席で読むがどうも落ち着かない。
しかし、シゴトが終わってからコーヒーばかり飲んでていいんだろうか。
いやいけない。
ちょっと反省をする。
パターンを変えよう。

2003年2月12日

水曜日は映画の日。
18時20分、映画館に飛んでいく。
列の前の3人組の女の子があーだこーだとずっとやってる。はよせんかいわれ。
チケットをようやく買ったとおもったら、今度はまた違う回がどーのこーの。
ええかげんにせんかい。
違う列でようやく19時20分のチケットをゲット。
1人は気楽だわ。
「トンカプネギ・カウェハギ」を見る。
ちょうどこの前、NHKでテジクッチャンの看板を書くおじさんの番組をやっていた。
テジクッチャンのおじさんが「この映画、あたるかなあ」と「トンカプ」のポスターを見ながらぼやいていた。
あたってよかったね。
会社に戻って、ちょいとシゴトをしてから帰る。

2003年2月11日

今日も夜8時にはシゴトを切り上げ。
映画はタイミングが合わずにパス。
さてどうしよう。
食べる楽しみでもまたあればいいのだが。
本当はマイオフィスがほしい。
自宅と会社以外の。
帰り道、仕事で場所を確認。
ひさしぶりにボヘでココア。
やっぱりここが一番落ち着ける。
しかし早めに切り上げる。


2003年2月10日

毎朝、会社で体重計にのる。
やはり昨日の豆腐+シーチキン+和歌山ラーメンは重かっただろうか。確かに食べた直後は重かった。
500gオーバー。

一難去ってまた一難。
またトラブルに見舞われる。
飯を食べに行く時間がない。
セントゥブペッパンをしきょる(注文する、シキダの日本語化)。
一区切りつけて、家賃を払いに行く。
どうも払った覚えがなかった。

8時に退社。
さほど見たい映画もなし。今日はパス。
なんかコーヒーショップで落ち着きたい。
うろうろして結局、バス停の近くのコーヒーショップへ。
30分ほどぼっとする。

靴下の在庫が切れた。
今日は洗濯しないと。

2003年2月9日

夜更かし。遅寝。しかし朝は食べてる。
電話で起きる。

午後、予定していた博物館に向かう。
しかしアクシデント発生。会社に向かう。
結局博物館には行けず。
日曜日を返してくれ。
帰りにスタバで沈没。
また寝た。
本屋によって、何も買わずに帰る。

家に帰って「HERO」最終回。

2003年2月8日

今日はまず本屋。
アエラをゲット。
近くのホスアビでトンカツ。
それから会社。
夕方、シゴトがらみのお食事にでかける。
場所は某ホテルの1室。スタッフが集まる。
他のスタッフは買い出しから既に食事の準備。
気の利かない私はすることがない。
ああこれだから愛想を尽かされるのだ。
この所在のなさはつらいなあ。
反省をする。
ほぼ終バスに近いバスで帰る。
家に帰って「HERO」。最終回前まで見る。


2003年2月7日

体重計を買いに行く。
近くの市場まで歩く。
数件の健康器具メーカーをのぞく。
1件のお店に意を決して入る。
tanita の中国製OEM製品を買う。27,000ウォン。
500g表示である。
家に持って帰ろうと思ったが
会社におくことにする。
社員の健康増進のためである。

今日は面接が2件。
初めてあう人にはやっぱり緊張をする。
疲れた。

残業してもやる気が出ない。
週末である。
楽しいことはないか。
ぱっと映画を見に行く。
大韓劇場まで足を伸ばす。
「catch me if you can」。

映画のあとに真剣な眠りが襲ってきた。
バスで眠らないようにふんばる。

2003年2月6日

朝、納豆+ごはん+ノリ。
昼、トンカツ。わらじのようにでかい。
間食、チョコ。
夜、パン2つ、豆乳。ちんすこう1。
食べ過ぎか?
今日は本を読む。と決めたので本を読む。
いつもの、だがひさしぶりのスタバもどきである。
ココアを飲みながら小説とガイドブックをじっくり。

帰り道、寒気がした。
またかぜ?
体も丸くなってる。
また食べ過ぎか?


2003年2月5日

今日こそは映画の日。
ただ来客有り。
依頼物件、数時間たっても終わらず。
しかしなんとか8時に終わる。
終わるとすぐ映画館に飛んでいく。
やれやれ。
なんとわがままであることか。

「クラシック」を見る。
よい。
誰かに語りたい。
と思ったら携帯にメッセージ。映画に行ってるのもばれてる。
相手の携帯がこわれるまで語る。

2003年2月4日

火曜日も準映画の日である。
しかしなかなかうまくいかない。
だらだらシゴトしているせいもあるだろう。

夜、おそらく間食の食い過ぎでおなかがパンパンとなる。やばい。
コーヒーショップに寄ろうと思いながら、お腹と眠さで家に帰る。
ひさしぶりに研究課題。
また「HERO」を見る。
思わず2話見てしまう。
5話目だっけな、の松たか子が最高ですね。
キムタクととからむと彼女の良さが引き出されるという言葉にうなづかされる。

2003年2月3日

年度初め、月初め、週初め。
パニックにならなかったのが不思議である。
しかし自らで自らの首を絞め、今日中に仕上げる。

賞味期限が今日までの肉まん。
昼、肉まん1+パン。
夜、肉まん1。
まだ1個余る。

家に帰って「HERO」。

2003年2月2日

旧正月イベント、をチェックしなければならぬ。
まずバスでチャンギョンクン。
宗廟まであるく。
仁寺洞まであるく。
景福宮まであるく。
また仁寺洞まであるく。ここで昼。トップル。
また明洞まであるく。ここで映画。「トランスポーター」。
また市庁まであるく。スタバで2時間半。今日はふかふかのイスで本を読み、いびきをかいて寝る。
また鐘閣まであるく。
よくあるいたなあ。
家に帰って「武蔵」「HERO」を見る。

2003年2月1日

旧正月の1日であるが、私的には通常の土曜日である。
会社に向かう。
しかしどうもフロアに1人しかいない気がする。
夜はこわいな。
ということで夕方切り上げる。
旧正月でもあいてる本屋をぶらつき、地図を購入。
帰りにシアトルで小1時間本を読む。
家に帰ってDVDで「コンタクト」。
やっぱり面白い。
メーキングも面白かった。