GOGO!ソウル労働日記
〜2004年6月〜


2004年6月30日


胃腸は、昨日より動いている感じである。
昼はおにぎりにパン。
パンはよけいだったか。

夜は会社のスタッフとマンドゥ。
それから本屋まで歩いていく。
途中の警備隊が、じゃまである。
今日もアエラを買う。
今日はスタバに行く。
アエラをざっと読む。
新書をしまいまで読む。
今日の映画はパス。

どうもカラダが、休息を求めている感じがする。
だらだらしたいのだ。
1日、そう言う日が必要かも知れない。


2004年6月29日

引き続き、胃腸が動いていない。
そんな感じである。
免疫力をあげなければ。
そんな本も買ってきた。
今日の昼はちゃんと食べよう。
トゥップルにした。

今日は映画を見るつもりだったが、腹も良くない。
仕事でも遅くなる。
まっすぐアナムドンに帰る。
麺でも食べたいところである。
ただどこもいまいち。
家でカップ麺を食べる。
これじゃああまり良くない。


2004年6月28日

昨日、カバンに穴があいていることを発見。
もう壊れたか。
詰めすぎという話も。
そして朝、持ち手が切れた。
またカバンを買わねば。

どうも数日前から、おなかがおかしい。
といいながら、ミルク入りコーヒーをがぶのみ、するのがいけないのかもしれない。
昼はマンドゥグク。これもいけなかったかもしれない。
夕方のさつまいもまんじゅうもいけないのかもしれない。

今日の夜は本屋。
おなかをさすりながら行く。
先日買いそこねた本があった。
やっぱり本は買いたいときに買わないと。
衝動買いで詩集を買う。
萩原朔太郎の言葉は良い。どっぷりはまる。

今宵はおにぎりを1つ。
ごま。わかめすーぷ。せんしく。
このあたりまではまだよい。
なぜか台湾の牛舌餅に手を出す。これがとまらんかった。

なにかいつもなら落ち込むことが起きている気がするが、どうもその気がない。元気である。
おかしいな。と悩むことではないかも知れないが。


2004年6月27日

今日は友人と会う、話があった。
昼1時過ぎに会う。
今日は4時から別件で食事とのこと、パンを買って、スタバでちゃーする。
すると父から電話がかかってきた。間の悪い行方不明の父である。

友人とわかれたあと、ぶらぶらと市庁駅へ。
シンチョンに映画を見に出かけようか。
と思ったところで用事を1つ思い出した。
DVDを買いに行こう。
カンビョンに行く。
「オリンシンブ」「パラメチョンソル」は即買い。
「ピアノを弾く大統領」は友人チェック。
「ビデオを見る男」は友人評価。しかも3000ウォン。
「完全なる飼育」も500ウォンまけてもらう。
「銀河の魚」たむらしげるのDVDが出るとは思わなかった。

すっかり重くなったカバンを抱えて、また市庁へ。
時間も5時を過ぎている。
いつもならいつものスタバだが、今日は映画を見に行くことにしよう。時間までは映画館のコーヒーショップで一休み。
このコーヒーショップはコーヒーはいまいちだが、スムージーがうまい。
雑誌と新書を開く。

映画「ナドゥヤカンダ」を見る。
ヤクザコメディである。それでも見たのは、結局作家ネタの映画が、好きなのである。あまり書くシーンがなかったが。親分が女性に惚れるシーンだけ胸にきた。

また夕食を食べそびれた。
これはやっぱり栄養学的にはよくないかも。



2004年6月26日

今日も土曜日出勤。
仕事がいろいろと、たまっているのである。
特に土曜日は割り込みの仕事がない。日々の仕事もない。たまっている仕事をするには一番いい。
10時過ぎに会社に行く。
お菓子を1つ、平らげる。
昨日のお菓子の残りを、平らげる。私はお菓子掃除屋か。
確かに片づけたくなるのである。胃の中に。
あとは昨日衝動買いしたラスク。
これも食べ出すと止まらない。
しかしどうもこの食べ方は、ストレス食いのような気がする。
仕事はしたいことだから、かまわない。
でもやっぱりお休みは外にも出たい、そんな不満もたまっているのだろう。
没頭して、単純作業で、切れ目なく、疲れた。
今日は6時で切り上げる。

映画を見に、チョンノへ。
今日は日本映画「あずみ」を見る。
その前に町をぶらぶら。チョンゲチョンをぶらぶら。
おかげで飯を食う時間がなくなった。
もう1時間前に仕事を切り上げてれば良かった。

映画「あずみ」は1年前に日本で見損ねたもの。
まさか韓国で見られるとは思わなかった。
主役の上戸彩にあまり個人的な思い入れがない。
あずみといえば原作でいえば魅力は「太股」である。
そのあたりがちょっと魅力不足である。
どちらかというと共演の岡本綾のほうが良い。
そしてオダギリジョーがとっても女装が似合うことが分かった。

ちょいと夜、眠りが来ない。
だらだらとインターネットを見る。
コーヒーテキーラを飲み干す。


2004年6月25日

いつもより10分、早く会社に着いた。
でもシャッターが閉まっている。
やっぱりこの時間にきてはいけなかったか。

でも朝からおなかがいまいちおかしい。
今日もマンドゥを食べようと思っていたが、パス。
カルグクスあたりならはいりそうである。
結局、コンビニでおにぎりを2つ。
小腹が減る。

今週末、みたい映画が多い。
今日こそは映画を見て帰ろう。
たくさんあると、いろいろ迷う。
9時の映画を見ることにした。
8時に仕事を切り上げ。映画館に飛んでいく。
まずチケットを買う。しかしこの映画館のおねえさんはみんな愛想が悪い。期待してないけれど。
映画の前に飯を食おう。
映画館のフードコートでチキンカツ。5分で食った。
席は端も端。女の子4人グループの横である。恥ずかしい。
映画「アヌン・ヨジャ」を見る。

映画のあとはバスに飛び乗る。
またきわめて乱暴な運転であった。慣れたけど。

電気を消したら、スイッチを消したように眠くなった。
そのままパタンキュー。


2004年6月24日

やや睡眠不足気味。
行きのバスでうとうとするのは危険である。
今日も寝過ごすところであった。気合いを入れる。

今日の昼も外に食べに出た。
ちょいと蒸し暑い。やっぱり夏はこうでないと。
麺とご飯とマンドゥ。食べ過ぎた。

夜は会食。
インサドンに、ジョン(お好み焼き)を食べに行く。
上品な味でいずれもおいしい。
ジョンにビビンバにユッケ。また食べ過ぎた。
どんどん酒を飲む。後半ちとよっぱらう。
こういうときは、帰りにアイス。
半額サービスだったので思わず確認。
古くないですよね。


2004年6月23日

今日こそは1日会社にいてはいけない。
昼1時半、外に出る。
東大門に行く。
お店の調査。ついでに食べていく。
そもりくっぱっ。牛の頭のスープである。
ほぼ4年ぶりに食べる。

今日は水曜日。早帰りの日である。
アエラを買いに行く。
アエラに加えて文庫本を2冊。新書を1冊。久しぶりに散財。
またドトーリによる。
しかし気が付くと1人になった。寂しいやんけ。早々に引き上げる。
電車で体の部位をあちこち動かしながら、からだの本を読む。
ふと気が付くと後ろに人がいた。ちと恥ずかしい。

今宵は麺が食べたい。
かるぐくすのお店が目に留まる。
しかし既にコンビニでうずら玉子のお総菜を買ったあとであった。
うろうろしたが、結局家に帰る。
モミルウドンのカップ麺。
キムチとチャンジョリムも食べる。

昨日からDVDで「TRICK2」。途中で睡魔におそわれ断念。


2004年6月22日

1日座って仕事する。
体には良くない気がする。
食事は、昼時のチョコレート。
食事を取り損ねる。
これも体に良くない気がする。
疲れた。
今日はバスに乗ってまっすぐ帰る。
夜は「なにわ」でチーズ豚カツ。
ご飯物が足りない気がする。
海苔巻きを買って帰る。

実は落ち込んでいる。
でもいつもの落ち込みとはちょっと違う。
80%は元気である。一部だけ落ち込み。
なんか、いきいそいでるかもしれないなあ。
いつもより回転がはやい気がする。
ちょっと遅めにしてみよう。

最近、体の本を読んでいる。
いままで自分の体のこと、かろんじてたかもしれない。
もっと体本位で生きていいかも知れないね。


2004年6月21日

今日は1日会議。
なんかまた韓国語が怪しくなってきた気がする。
昼は昨日の夕食のあまり+カレーパン。
食いながら仕事する。
夕方、ようやく1度外に出る。

仕事のケイゾク時間としては、13時間が限界である。
地下鉄に乗ってインサドンへ。
マンドゥグクを食べに行く。
最初目指した店は勘違い、マンドゥ屋ではなかった。
じゃあ、豚カツでも食って帰ろうか。
いややっぱりマンドゥを食べていこう。
他のお店に行く。ここがうまかった。

帰りにシアトルによる。
どっぷり本を読む。

帰りにまた雨が降ってきた。
どうも湿気もあがってる気がする。
空気は涼しくて気持ちいいのだが。


2004年6月20日

眠い。
朝からパンを食べる。
シャワーを浴びる。まだ眠い。
DVD「クニョルルミッチマセヨ」続き。
ちょいと在宅で仕事。
午前中はごろごろ。
東京にいるときも、よくこんなかんじで午前中を過ごした。
あんまり変わらない。
いつもなら落ち込むところだが、眠いので寝る。

昼過ぎ、雨の中、外に出る。
雨は降っているが、今日も建築探検に出る。
バスで三角地へ。バスでも眠りこける。
三角地から南営洞を歩く。雨もあがってきた。
気が付いたらまた2時間たっていた。

このあとは本屋めぐりである。
まず高速バスターミナルへ。ここに探している本はなし。
代わりに宮本輝のエッセイを買う。
高速バスターミナルに来たらカレーパンを買わないと。
カレーパンを買ったら高速バスターミナルで休まないと。
ここでぼっとするのが好きである。ちょっとマイポイント。
本でも開けていると、男女ペアの宗教の勧誘がやってきた。
宗教に関心はありませんか。はい、ないです。他の方に、、、
女の子はかわいかったけれど。

次はバスに乗ってキョボ文庫カンナムへ。
ちなみにこの便利なバスも、7/1からなくなる。のりおさめである。
ようやく探していた本が1冊見つかった。
ついでにCDコーナーに行く。
ようやく「女子十二楽坊」のCDを発見。だいぶうれしい。
つづいてセール中でやすかったDVD「ワホチャンリョン」を買う。
これも2年ほど買うかどうか悩んでいたのだった。

最後は83−1番に乗って南山越え。
またソウル駅に戻る。
最近見つけたスタバはもうすぐ閉店時間。
ソウル駅の中のコーヒーショップで一休み。
ついでに横のロッテマートによる。
コロッケを3つ衝動買い。
パジョンも3つ衝動買い。
ついでにサンチュも買い。
家に帰ってビデオで「新撰組」」を見る。


2004年6月19日

午前中は会社に行く。

昼から映画のモニター。
時間に遅れそうになる。タクシーで行く。最近、タクシーで楽してばかりいる。
早めに着いたので、コンビニでパンを買う。

もう一度会社に戻らないと。
食事の誘いを断り、駅に向かう。
途中、パン屋でパンを3つ。
マンドゥ屋さんも取材。ついでにマンドゥグクを食べる。
バスに乗って会社に戻る。
バス停会社に近いのが楽である。

7時で切り上げるはずが、8時を回る。
さて、どうしよう。
いつもなら明洞あたりでコーヒーショップだが、そのパターンは飽きた。
本屋も今日は遅い。
電車に乗ってアナムドンに帰る。
いつものスタバもどきで週末のひととき。
うるさい団体が来たので帰る。

DVDで「クニョルルミッチマセヨ」。眠くなって途中で止める。
大雨である。
部屋にいるとぱらぱらっという音がする。なんだろう?
見るとクーラーから水が漏れていた。
ついに雨漏りする部屋になったか。ショックである。ハンカチを詰める。
ひさしぶりに眠れない。コーヒーテキーラをひとくち。
ちょいと仕事もする。


2004年6月18日

会社にはお菓子があふれている。
朝からクッキーをつまむ。
そして昼はパンを2つ買ってきた。
さらにお菓子をつまむ。これである程度腹を満たす。
しかし精神的にも、栄養的にも、やっぱりよくない気がする。

「シュレック2」をみたい。
そういえば友人もみたいと言っていたな。
映画館の前で電話する。
しかし友人はKTXの中であった。見られるのは来週になるとのこと。
あかん、がまんできん。10分後に友人を裏切る。
映画館に行くと、スタッフがみんなシュレックになっていた。
「シュレック2」を見る。
果たして面白かった。

このままではものたりん。
キムチにチャンジョリムにミートボールを食べる。
完全なる夜食。
今日も布団を敷かずにごろ寝。


2004年6月17日

今日は初めての人に会う。やはり初めて会うというのは少し苦手である。差し入れでクッキーをもらう。実はさっきクッキーを2種類買ってきたところであった。急にクッキーが周りにあふれる。

今日は帰りにスジェビ屋へ。ウゴジクッパッを食べる。意外とおいしかった。日本人の団体がいた。
そのまま歩いていると爆発音のような音がする。すわ、センソウか?それにしても周りの反応がない。
いつものように本屋をかすめて帰る。
今日はバスで帰る。、また眠気におそわれる。バスの振動は気持ちがよい。


2004年6月16日

5時起床。最近、自然と目が覚めるようになった。

今日は社長とぶつかる。仕事のことではない。会議室の窓を開けるか、である。会議室は冷房がない。締め切ると暑いやんけ、というのが私の立場。会議室のドアを開けるから冷気が入ってくる、窓から冷気が逃げる、というのが社長の意見。ここは私が押し通す。こんなことでぶつかってどうする?

昼は外に出る。昨日13時間会社にいた反動であろう。仕事を兼ねて1時間ほど歩く。またすごい物件を見つけた。おもわず仕事を忘れる。ほとんど仕事という意識はなかったけれど。

今度は記者とぶつかる。お店から依頼のあった文面がおかしいので直したいとのこと、ここはつきはなして自分で考えさせよう。しかし怒ったようである。うーむ、むずかしい。

今日こそは映画を見に行こう。まずは本屋でアエラを買う。寄ると遅くなるので、今日はアエラだけ、そのまま地下鉄に乗ってヨンドゥンポへ。ちょうど20分前に映画館に到着。この映画館は3回目である。久しぶりに来てみたら、映画館が新しくなっていた。しかしこんなヨンドゥンポの映画館に3回も見に来た日本人はいるのだろうか。

映画「下流人生」を見る。いまソウルでこの時間にこの映画をやっているのはこの映画館だけである。なのに客は10人だけ。おそらく今週で終わるだろう。

48番バスに乗って帰る。約40分。途中で熟睡、ここはどこ?状態となる。気合いを入れて起きる。


2004年6月15日

いつもより10分早く、会社に着いた。
会社で13時間、仕事をする。
20分だけ、パンを買いに行く。
どうしてもパンを食べたくなった。
パリバケでパンを2つ買うう。
ミーティングでパンをかじりながら話をする。

やっぱり今日の映画は行きそびれ。
2日連続というのはなかなか難しい。
明洞のプンシクでチーズ豚カツ。
CDショップによる。
本屋まで歩くが本屋に寄らず。
コーヒーショップに寄ろうとするが1軒は満員で寄れず、1軒はがらがらで寄る気になれず。
家に帰ってひっくりかえってアエラを開く。


2004年6月14日

今日来た半袖は、ボタンが1つとれていた。
いよいよボタン付けの練習をしなければ。
問題は玉結びだ。25年来の課題である。

今日は映画を見に行く。
昨日みれなかった分である。
朝、ちょっと体調が落ちた。それも昼までに回復。
7時過ぎで仕事を切り上げ。
映画館に行く。
問題は25分後の映画にするか、1時間5分後の映画にするか。
ええい、早いほうがいいだろう。
問題はご飯を食べる時間である。
10分ほどしかない。
映画館のフードコートでビビンバ。
こういうときはビビンバに限る。
映画館らしく、ずっと予告編がかかっていた。

今日の映画は「トゥモロウ」。
デイ・アフター・トモロウである。
韓国題だと意味が違う気がするが、まあいいや。
映画は面白かった。少なくとも前作の宇宙人よりいい。
一部アメリカ版漂流教室、と言う感じであった。

81番バスに乗って帰る。
帰りに美容室の前を通ると、まだ電気がついている。
迷ったが寄ってみた。
時間は過ぎているが、やってくれるとのこと。
ちゃちゃっと刈ってもらう。かなり癖毛で苦労しているかんじである。
そのせいだろうか、左右側面の長さが、だいぶ違う気がする。
うーむ、これは新しいスタイルなんだろうか。
いっそこのままで楽しんでみるか。


2004年6月13日

今日から半袖にする。トランクの半袖をひっぱりだす。

インチョンに行く。
電車に乗って1時間15分。
上野からなら土浦、東京からなら茅ヶ崎、というところか。
どうしてインチョンにKTXをのばさないんだろう。

東インチョンからほてほて歩く。
あるガイドブックのコピーを片手に、昔の倉庫跡。図書館の旧日本家屋。寺などを回る。
ほとんど事前調査なし。地図はガイドブックの適当な絵地図。適当に歩いたが、ほぼ回れた。
約2時間歩いた。坂を上り下りする。疲れた。今日はここで切り上げ。
インチョンにきたので、ついでに中華街に行って食べて帰ろう。
マンドゥ専門店でムルマンドゥ。もちろん手製である。まあおいしかった。
まよって、ついでに別の店でチャジャン。発祥の地のチャジャンを食べてみたかったのだ。
たしかにうまいチャジャンであった。

また1時間かけて市内に戻る。
行きも帰りも熟睡。口を開けて寝る。
おかげで、眠さがたまる。
昨日見過ごした映画を見ようかと思ったが、眠さで降りられず。
本屋に行く。
いつものスタバで、寝る。これまた熟睡。
帰ろうとすると、ある男と目線が合う。向こうがあれ、と言う顔をして寄ってくる。昨日、駅で会いませんでしたか?
よくわからないが、ひとしきり話をして、去っていった。

今日も髪を切りたかったが、今日は行きつけの店は休み、他の店も休み。

家に帰って「新撰組」。
再び「トリック」。
未公開シーンを見ていたら、眠くなった。
今週末は映画を見ず。もったいない。


2004年6月12日

9時前、東大門へ映画を見に行く。
ところが映画の時間が9時ではなく、9時50分だった。
どうしようかなあ。あと1時間待つのか。
それほどの映画じゃないな、と見送り。
あとは別の映画をみるか。
しかし朝から「トモロウ」を見るのはあんまり乗り気しない。
おなかも悪いので長い間もちそうにない。
ということで朝は見送り。
会社に行く。
1日、一人で仕事をする。
踏ん切りがつかず、ずるずると遅くなる。
帰りに明洞。プンシクでうどんとおにぎりのセット。
古い店で雰囲気がよかった。
もう一度、映画館に行ってみようと思ったが、疲れた。足が進まない。今日はやめておく。
本屋に立ち寄って、帰る。
髪の毛がうっとうしい。髪を切りたいが、もういつもの美容室は閉まっていた。
DVDで「トリック」を見る。


2004年6月11日

今日は歯医者。
めんどうなのでタクシーで行く。
行き先が通じなくて、困る。ムハ、ムア、ムハ?
タクシーおじさんは昔マドロスだったそうだ。
いまは目的があってタクシーに乗ってるんだ。
日本にもキャバレーがあるかい?踊りが好きなんだ。
といってミナトマチジュウサンバンチを歌い出した。
なんとかヒバリが好きだそうである。

歯医者は今日は仕上げ。ちゃんとはめてもらう。
そして最後に歯石とり。難しいらしく、ぼろぼろ落ちる。
2時間はかまないようにね。
最後はあっさりした終わりであった。

昼は明洞。
喫茶店でぱっびんすを食べる。

夜9時前まで仕事。
今日も映画はパス。
まっすぐアナムドンへ帰る。
何か食べて帰ろうか。
しかしとんかつはおもいしなあ。
ごちゃごちゃ考えている間に、通り過ぎてしまった。
さっきパンをつい買ってしまったのもよくない。
というわけで今日もパンとおにぎりである。
今日もオムクを2枚焼く。
チャンジョリムとキムチ。
なんか物足りない。
賞味期限切れのビーフジャーキー。ちょっと危険か?まあ大丈夫だろう。
やっぱり量の問題ではなく、質の問題だろう。
せめて2日に1食はちゃんと食べないと。


2004年6月10日

1時間半寝過ごす。
まあいいや。

昼は大学路へ。
仕事を兼ねて、映画のチケットを買いに行く。
映画のチケットは無事ゲット。
うれしくなってうろうろ歩く。
デスクワークもかまわないが、うろうろ歩くのも好きなのだ。
またいい建物を見つけた。
こういう建物を見つけるとうれしくなる。
バスに乗って帰る。
バスの中からも良い物件を見つける。
それから熟睡。

というわけで今宵は映画である。
飯を食べる時間がない。おにぎりを道々食べる。
映画の最中にもつまむ。
映画のあともみちみちパンを食べる。
家に帰ってオムクを2枚焼く。

映画は小津安二郎映画祭の最後の最後。
「お茶漬けの味」である。
お茶漬けを食べたくなった。


2004年6月9日

今日は水曜日、早帰り日である。
しかしなぜか自分が一番最後となる。

キョボ文庫でアエラに文庫1冊、新書1冊購入。
近くの豚カツ屋でヒレカツ。
おひやに最初虫が浮いていた。おねえさんがすぐ取り替えてくれた。昔なら無視されただろうなあ。

そのあと、いつものドトーリに行く。
しかしアイスチョコは果てしなく甘かった。

帰り道、なぜかおにぎりが食べたくなった。どうしても。
セブンイレブンによると1つだけあった。最後のおにぎり。
私に食べてくださいと言わんばかりに。
帰りみちみち食す。

家まで戻ってくると、クリーニング屋さんのおじさんが店を見上げていた。
この前の土曜日、サービスでズボンのボタンを付けてもらった。
それはわずか1分、神業であった。
その手つきをじっと見る。
今度挑戦してみよう。せめてボタンづけぐらいできないと。


2004年6月8日

気が付いたら、床の上に倒れていた。
夏が近づくとよくあることである。まで3時だったのでまた寝る。
5時に起きる。5時に友人からチャットが入る。
体調が悪いらしい。

昼前、歯医者に行く。
なんか奥に挟まったかんじ。仮にはめたのでガムは禁止である。
地下鉄に乗って明洞へ。
思ったより時間がかかる。

昨日まで映画が3れんちゃん。
ちょっと体調も落ち気味。
今日はまっすぐ家に帰る。
家で昨日のトッカルビ+キムチ+ラーメン。

最近「TRICK」にはまる。
今さらながらおもしろい。


2004年6月7日

5時に起きるはずが、6時となる。
よく見ると携帯の電源が切れていた。
まあ、いいや。

昼過ぎ、インサドンに買い出し。
パンを3つ買う。
夕方にパンを1個。

8時を過ぎた。
やっぱり映画、みにっちゃおうかな。
誰かも知れない。チケットはないかも知れない。
でもここで見に行かないと、後悔するよ。
会社を飛び出る。
そしてこういうときに限ってバスは来ない。
ようやくバスが来る。やっぱり間に合わないかも。
でも間に合うかも。だめもとで、走ってみよう。
だめだったら、カツカレーでも食べて帰ろう。
映画に関しては走れるのに、恋愛ではどうして走らないか。
時間は間に合った。チケットは?あったのである。
これも神の思し召し。
小津映画祭「生まれてはきたけれど」を見る。
1932年の映画。70年前の映画である。無声映画。
しーんとする。ご飯も食べられない。
でも無声映画なのに音が豊かに感じられるのは、どうしてだろう。
しかし70年前、当時の京城でこの映画は上映されたのだろうか。
そう思うとまた感慨深い。

帰り道、パンをかじる。
家に帰って、キムチにカレー、肉も3つ。
ちょっと夜食。


2004年6月6日

今日は大学路の小津の映画を見にいく。
ただ時間は早い。
東大門まで歩く。
ところが映画館までいって驚いた。
長蛇の列なんである。
こんなに人気だったのは思わなかった、読み違えた。
最初の2本は売り切れ。
3本目と4本目のチケットを買う。
友人と、メシに行く。
プンシクでキンパブとラッポッキにマンドゥグク。
友人と分かれて、南大門市場に行く。
裏手の住宅地を歩く。古い建物探索である。
ひとしきり歩いた。
しかし問題が発生。またずれである。
歩くたびに痛いんだ。
というわけでドトールで一休み。
そしてまた大学路に向かう。
4時から映画2本。風の中の牝鶏とお早うを見る。
あいまは大学路をうろうろ。残った時間はコーヒーショップ。
映画のあとに友人とドーナツ。


2004年6月5日

寝坊した。ま、そう言う日もあるか。
寝過ぎて頭が痛い。

COEXに行く。
今日は展示会を2つ。
1つ目は国際観光展。パンフをもらいまくる。重い。
これで帰ろうかと思ったが、もう1つ見たいのがある。
バス停から引き返し、荷物をロッカーに預ける。
手工芸展にいく。いちよ、好きなのである。
トルコのコーナーで装飾を買う。
荷物と装飾を抱えて、バスに乗る。
会社で一仕事。

帰りは明洞。
肉いっぱいのソルロンタンを食べに行く。
ただ普通盛りは普通だった。次は噂の特盛りにしよう。
今日は映画は無理かな。
でも映画館まで行ってみよう。
ちょうど30分後に「レディキラー」があった。
今日はこれにしよう。
でもよく考えれば、小津の映画も間に合ったかも。ちょっと後悔。
でももう一度よく考えれば、間に合わなかったかも。そもそも映画はあきらめていたのだ。

34番バスに乗って帰る。
このバスも7月に路線変更で帰りに使えなくなるらしい。
乗り納めとなるかも。
しかしぶつぶついいながらうるさい運転手だった。


2004年6月4日

昼は明洞へ。
仕事で冷麺を食べる。
昨晩買ったパンを食べる。
夕方は仕事であまったお菓子を食べる。

今日も映画を見に行こうかと思う。
今日、見たいのは小津の映画祭。
友人もみたいと行っていたのを思い出す。
ただ今日は友人の都合が悪いらしい。
また後日同じ映画をやるからそれはかまわない。
そのうち自分も仕事がぬけられなくなった。
今日は家に帰ろう。
バスをぼーと待つ。
バスにぼーと乗る。
今日は昼に冷麺。夜はいいかなと思ったが、急に何か食べたくなった。そうだ、豚カツだ。いつものことだが。
でもいつもの豚カツは通り過ぎる。
今日は韓国式豚カツにしよう。
ぼーと豚カツを食う。
TVでは大鐘賞の生中継。なかなかおもしろい。
今日は家に帰ってこれを見ようかな。
でもまたどうせあいまに歌とか入って時間もかかるだろう。
いつものスタバもどきによる。
ぼーとアエラを読む。
前つとめていた会社の名前が出ていたので驚いた。いつの間にそんなに人気企業になったのか?
少し眠くなったので帰ることにする。
案の定、家に帰ってもまだ大鐘賞をやっていた。


2004年6月3日

毎日順送りに仕事をしてきたら、仕事が一杯重なってきた。
やばいな。
あちこち同時に手をつけて、にっちもさっちもいかなくなる。さらにPCはメモリ不足で暴走。割り込みで仕事をいれるので、1つの仕事がだらだらと続く。なんかいかん。
夕方、一区切りついて散歩に出た。

夜も飛び込みで仕事。今日も映画は見送りか、、、でもよく考えたら、家でもできる。やっぱり映画を見に行こう!突然仕事を区切って、会社を出る。いつもより数倍早いので、何かやり残したかんじ。
そしてこういうときに限ってバスが来ない。
いつもならどんどん来るバスが、10分待っても来ない。
10分たってあきらめた。これは今日は神様が映画を見るなと言うことか?もう1分すぎたら帰ろう。あるいは会社に戻ろう。そう思うとバスがやってきた。映画まで30分。道が混んだら間に合わない。大丈夫か?ええい、のっちゃえ。混んで間に合わなかったら夕飯でもゆっくり食べて帰ろう。
そしたら混んでいる道のはずが、がらがら。わずか4分後にハンガンの橋を渡り始めた。これなら余裕で間に合う。これは神様が映画を見ろということか?
そして映画10分前、バス停を降りる。
問題はその映画館が今日初めて映画館、ということである。地図で検討はついている。そちらに向かう。そしてこういうときだけ、異常にカンが働くのである。たぶん、こっちだろうと検討をつけたらあっという間に見つけてしまった。シネマFilm2.0。なんか日本のミニシアター?というかんじでグッドである。気に入った。
映画「パーフェクト・ブルー」を見る。見たかなと思ったら見ていなかった。

帰りは駅までぶらぶら。途中、パン屋に寄る。オススメだったパンを買おうとして、どれがオススメだったか忘れた。でも全品試食できたので、適当に3つ買う。さらに買いたかったが、食べきれずと予想。一人暮らしは面倒だ。
帰りにチーズフォンドゥとガーリックの店を見つける。


2004年6月2日

かなり眠い。
さすがに夜更かしがこたえたか。

今日は歯医者。
詰め物を削る、かなりのどがつらい。
型を取る。これがまたとってもつらい。
なきべそをかく。
ああこの記憶がまた歯医者から私を遠ざけるに違いない。

昼は冷麺とマンドゥ。
外は真夏だった。
おもわずアイスを頼む。

今日は水曜日。
早めに帰る。
帰りがけ、記者が冷たい。どうもまた怒っているらしい。
やれやれ。
アエラを買う。
イベントがあった市庁を見に行く。赤い服の姿をたくさん見かける。
今日はスタバはやめ、ドトールに行く、しかししまっていた。つぶれたらしい。
元ドトールのドトーリに行く。
アエラに知人の名前を見つけて驚いた。


2004年6月1日

夜更かししたわりには、寝起きがよい。
今日もちんすこうをつまみぐい。
昼間はちんすこうだけで生きてると言ってもよい。
誰かにあげる前にみんな食べてしまいそうだ。

夕方、スタッフのK氏が席にやってきた。
またトラブル?とおもってしまった自分が悲しい。
映画の試写会があまったという。
ふつうは女性を誘うものだがK氏は既婚者、なかなか難しい。
というわけで私が同行することになった。
試写会の前にパンを3つ。チーズパンとコロッケパンを半分食べる。チャプサルパンを1つもらう。
「ヨチンソ」を見る。


牛乳、オレンジジュースなどを買って帰る。
帰り道、フクシュウについて考える。やれやれ。
我ながら粘着質だなあ。