GOGO!ソウル労働日記
〜2004年8月〜

2004年8月31日

2時過ぎ、家に到着。
時間からして出社してもよかったが、今日は休むことにする。
荷物を解き、整理し、洗濯。
たまっていたビデオを見る。
夕方となる。
窓を開け、夕飯のサンドイッチをつまむと、眠くなった。
9時まで熟睡。
今日はせっかく時間があいたので、散髪に行こうとか、映画を見ようとか、DVDを見ようとか、散髪に行こうとか、いろいろ考えていたが、すべておじゃんとなる。

2004年8月31日

塩野七生「ローマ人の物語」。
2004年8月26日

昼はフードコートで日本風サムギョッ弁当。
これが、不思議なことに、韓国のポッサムにキュウリを合え、日本のもろみソースをかけたものであった。日本風?というよりちょっとフュージョン料理である。でもおいしかった。ポッサムが。
ひさしぶりに土産コーナーを回る。ちょっと観光客モード。変わったのを1つずつ買う。

夜は9時まで残業。
バスに乗ってまっすぐ帰る。
何かを食べようかと思ったが、これといったものはない。炭水化物は昼に食べ過ぎた。結局、おにぎりを2つ買う。総菜も買う。ハンバーガーのレトルト、おでんも買う。空腹がこわいんだ。たぶん。

夜また金メダルの瞬間を見る。しかしレスリングのルールはよくわからない。

2004年8月26日

「バスクとバスク人」
2004年8月25日

今日は朝から焦りモード。
てきぱき片づけようとするが、たんにあわてているだけである。
おかげで失敗も多い。気が付いたら指も切っていた。
これじゃあ意味がない。深呼吸。

昼、東大門へ。銀行による。
帰りにフードコートで鉄板。写真を撮っていると、お店のおばちゃんに撮ってあげようかといわれる。そんなことは初めて。


夕方、R氏と建築探検の旅。
新羅ホテル、チュンムロ、チョンゲチョン4街、歴史博物館、チュンジョンノを回る。
やや夜だったのが残念。
シメにシンチョンでサムギョッサル。うまかった。
また自分ばっかりしゃべってしまった。
帰りのバスが眠い。また寝過ごすかと思った。
2004年8月25日

「バスクとバスク人」
2004年8月24日

午前中はなんとなく食べない。おいしい昼ご飯を食べるため、である。

昼はトゥッペギプルコギ。
だんだんこの店の味にも慣れてきた。
ご飯は1/3残す。ちょうどおなかがいっぱいになった。

おやつは昨日のケーキ。まだ大丈夫だった。

韓国人のスタッフに日本の国歌を歌ってよと言われる。
日本でもここ数十年、歌ってないぞ。しかも韓国で君が代を歌うとは。

今日は夜9時まで残業。
今日こそは髪を切ろうか。ちょっと迷う。しかしまた先客。ちょっとほっとする。
近くでマンドゥグク。おいしかった。たまに皮が固かったが、スープがちょうどいい。これにご飯ともやしを入れた小皿にマンドゥをのせ、スープをかけて食べる。
おばさんは扇風機も回してくれた。わざわざ割り箸も用意してくれた。たぶん、外国人だからだろう。
おばさんがTVにかじりついてバレエボールの応援。一人で応援してるのが悪くて、自分も見てみる。しかしTVが多くてよく見えん。
食べ終わって美容室を見ると、もう電気が消えていた。最後の客だったらしい。

2004年8月24日

2004年8月23日

3時まで、マラソンを見る。さらに上海旅行中の友人ともチャット。
初の海外チャットだといっていたが、よく考えればいつも海外チャットなのである。
しかし日韓で、韓中で、チャットができる。不思議な時代である。
そんな時代になるとは、10年前には予想しなかったな。
10年後はどうなるんだろう?

6時起床。7時過ぎ出社。
パンを1個食べる。
残ったコーラを飲む。あたる。トイレに直行。

ケーキを食べる。

しかし仕事が忙しくなって、昼ご飯を食べる時間がなくなった。おにぎりを2つ買ってくる。おにぎりを1つとチーズパンを1つ。2時間後、さらにおにぎりを1個。だらだら食い。

やっぱり髪を切りたい。しかし残業でまた遅くなる。寄ってみたが、先客。
やっぱり延ばそうかと思う。

ホームプラスによる。フードコートでユシンスルパッ。こんな家の近くのフードコートで食べられるなんて、不思議な気がする。今日初めてのまともな飯。

Tシャツとシャンプー、靴下を買って帰る。


2004年8月23日

2004年8月22日

午前中は掃除。
ががが、外で工事が始まった。日曜日なんだけどな。
ここはやっぱり外に出る。
バス停まで行って、バスに乗ったら、シンチョンに着いてしまった。
今日は仕事はしないぞ。といいながらちょっと一回り。
気になっていたお店で豚カツを食べる。豚カツはまあまあ。ご飯はいまいち。
横の映画館をのぞく。時間があわず、パス。

バスに乗ってキョボ文庫に行く。
立ち読みするが、買わず。
市庁まで歩く。市庁の近くのシアトルに行こうかと思ったが、結局またいつものスタバに行く。
うーむ、パターンだ。
今日も本を読む。寝る。

帰りにヨンプン文庫に寄る。
立ち読みする。1冊、色の本を買う。
地下鉄に乗って帰る。
なんか、つまらない。つまらない映画でも見れば良かったか。

パンを食べたくなった。パンを3つ買う。
おにぎりも食べたくなった。おにぎりも1個買う。
昨日のトッカルビにキムチを合わせ、台湾のニンニクソースをかけて食べる。
ここにおにぎりを解体してまぜると、炒飯状になった。ただし、ご飯まで食べられず。

新選組を見る。日本人の組織論としても面白いと思うのだが、専門家はどうみるのだろう。
DVDで「恋愛適齢期」をかじる。

2004年8月22日

浅田次郎「絶対幸福主義」読了。自分は賭博をやらないのだが、つまらない人間かもしれないなあ。でも確かに不幸の数より幸福の数を数えた方がいい。
2004年8月21日

4時まで起きる。10時まで寝る。
電話がなった。
「日本人ですか?サッカー残念でしたね。韓国は8強ですよ〜」
何の電話か。と思ったら不動産の勧誘トークであった。
しかしつい笑ってしまう。

テクノマートに行く。
DVDを2本、空VCDと空DVDを買う。
ついでに食堂街でなにか食べていこうか。
と思ったがこれという食堂がない。
地下鉄に乗って会社に向かう。
途中でサンドイッチとパン、クッキーを買った。

6時まで切り上げ。
しばしバス停に座って迷ったが、結局地下鉄で明洞へ。
スタバで本を数冊開く。
横のおじさんたちが、日本語と韓国語について話をしている。
なかなか面白かった。礼を言おうかとおもったが、やめといた。
バスに乗ってまっすぐ帰る。
中華でも食べようか。と思って店に入ったら、終わっていた。
髪でも切ろうかと思ったが、先客がいた。
豆腐にキムチ、カップ麺。食べ過ぎた。

2004年8月21日

大竹美喜「仕事で本当に大切にしたいこと」読了。20年後の私は何をしているだろう?
2004年8月20日

昼、市庁へ行く。航空券の受け取り。
帰りにロッテホテル。いつかは特級ホテルのロビーが似合う男になりたい、と思う。
似合いのフードコートは満席。
気になっていたお店でソルロンタンを食べる。

今日は特に見たい映画が、ない。
ま、そういう週末もあるだろう。
バスに乗ってまっすぐ帰る。
夕食は豚カツを食べたい、といったら同僚は是非食べろという。
これは天の声かも知れない。というわけで豚カツ。ただし韓国風の薄い豚カツ。
ところが最初キャベツにはえがとまっていた。もってきたお店のひとが気が付いて代えてくれた。よかった気が付いてくれて。気が付かずに食べてしまうところであった。

スタバもどきによる。前に日本人の2人連れがいた。窓際の席で本を読んでいると、韓国語の会話から日本の話題が聞こえてきた。どうも居づらい。居づらいけどしょうがない。本を開く。
帰りに新しいスーパーに寄る。前は焼き肉屋だった。しかし見るものなし。牛乳のみ買う。

なんかぼっとしたい。本も読まずにPCも開かず、TVみ見ない。どうもそんな時間が欠けている気がする。
2004年8月20日

本田善彦「台湾総統列伝」読了。非常に面白かった。著者に感想を述べたいぐらいである。
浅田次郎「歩兵の本領」読了。自衛隊小説。自衛隊も軍隊なんだな。なかなか面白かった。
2004年8月19日

1日会議。
韓国語で話を聞くのも、結構疲れる。というか許容量をオーバーして火を噴く。

「キョウハベストヲツクシタカ」
帰りのバス停で自ら問うてみる。
うーん、尽くしてないかも。
ちと反省をする。

帰りに大学路の駅に行く。
夕方、友人からの電話があったのである。
地下鉄30周年展をやってるよ。
しかし、写真を撮ろうとしたら、デジタルカメラがおかしくなった。
メモリーカードのフォーマットエラーらしい。
ごちゃごちゃっているうちに、疲れた。

今日は麺を食べたいな。
店を探すが、でもこれという店がない。
結局、家でカップ麺。うずらをつける。
2004年8月19日

本田善彦「台湾総統列伝」。
2004年8月18日

朝からちょっと、おなかがおかしい。

昼は仕事を兼ねて東大門でビビンバ。味はまあまあ。
「500円、ヤスイネ」といわれる。
うん、おいしかったらね。
しかし仕事で食べるといまいちおいしくないな。
本も読めなかった。

今日は水曜日。本屋に行く日である。
しかし今日は遅くなった。
新書を1冊、仕事用の本を1冊。
デザインの本を眺める。

ようやく腹が減ってきた。
今日の夜食はチャンジョリム+キムチ。
しかしどこか不満である。
やっぱりちゃんと食べれば良かった。

2004年8月18日

本田善彦「台湾総統列伝」。
2004年8月17日

新しい靴は調子いい。
やはりこのメーカーの靴とは相性がいいようだ。
私のような扁平足でも靴擦れしない。
やはりちょっと大きめだが、これぐらいがよいだろう。
とても歩きやすい。どんどん歩ける。地球の裏まで歩けるぐらいだ。

昼はとぅっぷる。
一人で食べるにはもったないぐらい、雰囲気は良い。

午後は会議。2度ほどキレる。ぷちんぷちんと脳細胞が飛んでいく。

午後8時過ぎ、体力の限界。
地下鉄に乗って帰る。
コーヒーショップはおなかが冷えるのでパス。
雨も降ってきたし。
コンビニで海苔巻きを買う。
しかし豚カツ屋に急に寄りたくなった。
ここで友人がいたら、さそっていただろうな。
ちゃんと食べて本も読みたいし。
と思って寄ることにした。
しかし店員の誰も気が付いていくれない。私は透明人間か?
ようやく厨房の奥のあんちゃんと目が合う。

シャワーを浴びていると血のにおい。また鼻から出血。
疲れか。興奮か。血が余っているのか。

2004年8月17日

本田善彦「台湾総統列伝」。面白い。特に蒋経国については知らなかったので、面白かった。
2004年8月16日

5時、自然と目が覚める。
新しい靴を履こうとして、気が付いた。サイズが9=27.0。しかしもともと自分の靴のサイズは26.0ぐらいなのである。まだでかかったか?
これは交換した方がいいかも。ためしに以前持っていた靴を見てみると、8=26.0だった。やっぱり。
また前の靴を履いていく。新しい靴はまた箱に入れて、袋に下げていく。
というわけでいつもより30分遅めに会社。

昼、靴を抱えて明洞へ。
下のサイズと下の下のサイズを出してもらう。
下のサイズ、8と1/2、全然いける。指1本。
下の下のサイズ、8。ぴったしだが、ちょっとくるしい。扁平足なもんで。
下のサイズにした。26.5。
帰りにロッテのフードコートによる。モンゴル麺。あぶらっこくて、うまかった。

8時まで残業。
帰りに東大門市場による。
半袖のシャツを2つ。明日から夏季休業だから、少しはやすくなったかも。
電車に乗って帰る。

夕食はおにぎりを1つ。それからパッビンスのアイス。
DVDで映画「陰陽師2」後編。
テレビをつけると、たまたま柔道の決勝戦をやっていた。
つい韓国を応援してしまう。


2004年8月16日

本田善彦「台湾総統列伝」。
2004年8月15日

朝10時、家の前で工事が始まった。
今日は大切な祝日ちゃうんかい。でもそんなことを日本人に言われたくないだろう。
逃げるように家を出る。
映画館に向かう。ちょうど始まる前に着く。
映画「風のファイター」を見る。

映画のあとはヨイドゥ。
ヨイド駅でマンドゥグク。
漢江市民公園まで歩く。
涼しい。しばらく川縁でぼーとする。
そういえば川縁が好きだった。東京にいたときもよく多摩川や江戸川の土手を歩いていた。この漢江もなかなか良い。歩いちゃおうかな。
しかし風に当たっていると頭が痛くなってきた。
ヨイドはいつも歩かされて疲れる。
たまたま明洞行きのバスを見つける。バスの中では熟睡。
明洞のドトールで本を読む。

帰りにまたコングクスの看板を見つける。食べていくか。
CDショップに寄る。
靴屋に寄る。同じもので小さいサイズはないか聞いてみる。すると店員がすぐ下のサイズと、さらに下のサイズを持ってきた。なかなか気が利いている。履いてみると2つ下でもOKであった。しかも値段もまけてくれ、さらにセールで30%割引となった。ちょっとお得気分である。

バスに乗って帰る。
「新選組」は時間変更で録画失敗。土曜日の再放送まで待とう。
オリンピック中継と、終戦の日の番組をだらだらと見る。

2004年8月15日

アエラ。
浅田次郎「歩兵の本領」。
2004年8月14日

朝3時、起床。開会式を見る。
なにせ4年に一度のことだから。
録画でも良いのだが、録画だったらたぶん見ない気がする。
地名&国旗マニアなので、入場行進は楽しい。
特に順番はギリシャ語順。これはもう少しスペルを知りたかった。
でも小さな国がいいなと思う。アメリカも1つ。小さな国も1つ。
しかしギリシャは歴史が古いだけに古いことにうるさそう。まるで京都のようである。
やっぱり眠かった。眠気覚ましに体操をする。
開会式が終わってまた寝る。

今日はプール、いかない。
睡眠も十分ではないし、仕事もある。
昼前、会社へ。
サンドイッチとパンをかじる。
一仕事するが、なぜか目が乾く。しょぼしょぼする。

今日は5時に切り上げ。
テクノマートに行く。
DVDを数本まとめ買い。
充電器を買いに行く。しかしどうも普通の電池を充電池と間違えていたようだ。ちょっとはずかしい。というわけで充電池を買う。
それから映画館をのぞくが、満員。いつものことである。
下の食堂街をうろうろ、ヘジャングクを食べたい、が席がなくてパス。
地下鉄に乗って本屋へ。
文庫と新書を1冊ずつ買う。
本屋のコーヒーショップで休もうと思うが、席がない。
今日はまっすぐ帰る。

しかし、ヘジャングクは食べたいな。
家の近くのヘジャングクに寄る。
1人ですが、いいですか?
食べているとあせがどばどば吹き出した。

家に帰って今日はDVD。
「陰陽師2」前半を見る。
2004年8月14日

浅田次郎「歩兵の本領」。
2004年8月13日

昼は仕事で市庁へ。
昼時間の市庁はサラリーマンでいっぱいだった。

今日は夜9時まで残業。
今日はどこにも寄らず、まっすぐ家に帰って寝ることにする。
明日の朝3時からオリンピックの開会式。それまで寝てしまおう。
2004年8月13日

2004年8月12日

朝、また寝ぼけて起きる。
暑いので床にごろ寝状態が、1ヶ月ほど続いている。

昼は東大門。いつものマンドゥ屋さんでコングクス。
歩いて会社に戻る。暑さでくらくらする。

夜。本屋に寄る。
アエラほか文庫本を2冊購入。
結局、いつもの近場のドトーリに行く。
しかし今日はいつもにまして親父度が高い。さらに日本語度も高い。
長居したくなくてそうそうに後にする。
また本屋によって1冊購入。

夜食すまいといいながら、結局コグマサラダにキムチ。
コグマサラダはファミマの新製品である。サラダの総菜はうれしい。
しかし夜食は夜食である。なんやかんやといいながらつまんでいる。

2004年8月12日

鈴木伸子「東京情報」読了。雑誌「東京人」の編集者らしい、東京への視点が好感が持てる。しかし、だいぶ東京も変わっているらしい。

2004年8月11日

今日も5時半には起きる。しかしまたうとうと。
今日も朝から暑い。

昼は迷ってコングクス。

夜は会食。同じチームのO氏の誕生日祝いである。
ちょんだむどんの居酒屋に行く。
揚げ足、ちくわの磯辺揚げ、焼きうどん、コロッケ、トロの山かけ、レモンハイ。
バスと電車を乗り継いで帰る。

2004年8月11日

鈴木伸子「東京情報」。
2004年8月10日

5時半に起きる。

昼、マンドゥグクを食べに言ったら、ナイといわれる。
マンドグクがない?さすがにこの暑さで駆逐されたか?みんな食べているのは冷麺であった。
でもいいじゃないか、暑いのにマンドゥグクを食べたって。
しかしないものはしょうがない。また来るぜ、といったつもりで店を出る。
近くでソルロンタン。塩がうまい。
おやつにドーナツとゼリー。このちゅーちゅーすうぜりーのせいで、おなかが痛くなった。さらにウーロン茶もよくなかったようだ。
あいからわず体がかゆい。これは焼けたというより、だに?するとあやしいのはプールの更衣室のロッカーであるが、、
ただ背中が張るかんじもあるので、やっぱり焼けたのかも。
ただ寒気もする。たまーに。しかし栄養をとってもあまり効果がない気がする。
まずは寝ることが一番だろう。
夜食におにぎり1つ。ウゴジタン。食べ過ぎか?
バナナドリンクを買おうとしたら、レジのおねえさんが売り場に走って行った。
賞味期限が切れていたので取り替えてくれたのだ。
そっけない人もいれば、そんな人もいる。

2004年8月10日

鈴木伸子「東京情報」。
2004年8月9日

予定通り、5時に目が覚める。
どうも体調が、変である。
体重も、最高潮である。
昼はサムゲタン。これでよくなるか?
さらにビタミンドリンクを取る。
ところがあるドリンクがよくないらしい。おなかが張るのである。

今日は8時で切り上げ。
月曜日だけれど、映画を見に行く。
今日いかないと、ずるずるのばしそうだったから。
確かにおなかの調子は良くない。体調も万全ではない。でもまあいじゃないか。途中で帰っても。
というわけで映画館に向かう。
今日は3日ふられ続けた「シンブスオッ」。
まあ結局はみたかったのである。
しかし後半、ちょっとたるかった。

2004年8月9日

鈴木伸子「東京情報」。
2004年8月8日

結婚に向かう夢を見た。
そんな夢、ほとんど見ないので、不思議である。
しかも相手が、どうして出てきたんだろう?というぐらいの人である。しかも既婚だ。
まだ心の底に未練でもあったのかしらん。

起きると部屋が汚れていた。
窓を全部開けて、掃除を始める。洗濯も。
DVDで「トリック2」最後まで見る。

さて、今日はどこに行こう。
昼ご飯も食べたいし。
まずは昼を食べに、明洞へ。
「さぼてん」ででチーズ豚カツ。
また映画館に向かう。
が、なんか気が進まない。じゃあカンナムにバスで?いややめよう。
うろうろ。結局、いつものスタバへ。
気が付いたら、寝ていた。
そのあと、地下鉄に乗ってカンナムの本屋へ。
電車の中でも熟睡。どうも睡眠不足がたまっているようだ。
CDを1枚、単行本を1冊買う。
1バス停歩く。また途中にあった映画館をのぞいてみるが、時間が合わない。
とことん映画にふられる。
バスに乗る。
家に帰る前、雨が降ってきた。

2004年8月8日

「アエラ」2冊。
2004年8月7日

泳ぎたい。ずっと思っていた。
よし泳ぎに行こう。昨日プールについて調べた。候補も調べた。そして決めた。目指すはハミルトンホテルのプールである。
ただし、その前に用意しなければならないものがある。
水泳帽に眼鏡、バスタオル。
あるいてディスカウントストアに行く。ぱっぱっぱっと買う。
さてここからどうやっていくか。
と思ってバス停で調べてみると、直通するのがあったのである。
知らない町をバスで通るのは楽しい。

さて、プールに着いた。
登録証を預けて、ロッカーの鍵を借りる。
プールは意外と小さかった。周りにはぐるりと人。ちょっと恥ずかしい。
結局、眼鏡をロッカーに入れ直す。タオルは手すりに巻いておくj。
さあ、泳ごう。
泳ぐのはどれぐらいぶりだろう。
韓国で泳ぐのは、おそらく初めてである。
その前に泳いだのは、、、1994年9月のブダペスト?いや1997年10月のドイツのクアハウスである。それでも7年ぶりである。海には2000年8月にマレーシアで行ったけれど。
それだけ全然泳いでいなかったのだ。
運動は全くダメだが、泳ぐのだけは好きだった。
専門であった平泳ぎを、何度も何度も泳ぐ。
そして自分が水泳マゾであることを思いだした。必死に泳ぎたいのである。
しかしここは普通のプール。そんなに必死で泳いでいる人はいない。
1時間半、泳いだ。

そのあと、昼はコングクス。
会社に行く。
しかしかなり体が焼けたらしい。ずっと泳いでいただけなのに。体を天日にさらすのも、ずいぶん久しぶりであった。体がかゆい。
でもこれから毎週泳ぎに行こう。

一仕事して、明洞まで歩く。
坂を上っていたら、同僚のY氏と偶然会う。そう言えばこの辺に住んでいるのであった。
さらに歩いて明洞へ。
映画館の前に着いたが、ちょうど10分前に始まったばかりであった。
さらに本屋まで歩く。
では今日は帰ろう。
家に帰ってDVD「チョポクマヌラ2」を見る。
そしてやっぱり筋肉痛。

2004年8月7日

2004年8月6日

今日も寝ぼける。

今週はずっと太り気味であった。
そんなに食べてないはずなのに。
原因はやはりパッビンスか。

昼は久しぶりのトゥップル。ずいぶん久しぶりである。
夜食用にお菓子を買ってきたら、あっという間になくなってしまった。

夜はコングクス、にしようかと思ったがちと重い。
今日はやめておく。
東大門をうろうろ。映画は時間が合わず。
シャツを2枚、ズボンを2つ、アンダーウェアを2つ。
いつもなら裾直しもやっていくが、今日は混んでいた。

このまま家に帰るのはもったいない。
スタバもどきに寄る。
すると妹から電話があった。へんなメールが来たらしい。
家に帰って調べてみるとやはり詐欺のメールであった。


2004年8月6日

鄭大均「在日・強制連行の神話」読了。
2004年8月5日

朝、寝ぼける。
あ、会社行く日だっけ。
あわてて支度する。
しかしバスがなかなか来ない。

昼は明洞。
ビビンバを食す。

たまには仕事をしていこう。
今日は9時まで仕事。
気が付いたらまっすぐ家路についていた。
ま、いいか。
また夕食を食べそびれた。
夜にアイス。おもく3枚。チーズ2枚。
2004年8月5日

村上春樹「Sydney!@」読了。
鄭大均「在日・強制連行の神話」を読む。
2004年8月4日

今日の朝は、おにぎり。

昼は会議の合間で、食べ損ねる。
会議の冒頭までうどんをすする。
終わってからも腹が減った。ぱんを1つかじる。

今日は水曜日。
別に今日買いに行かなくても良いのだがが、習慣である。
帰りにコーヒーチェーン店でパッビンス。
帰りに駅から出ると、すごい雨が降っていた。雷である。
とりあえずコンビニまで行く。カバンの中を完全防水。電気製品が多いので、気を遣う。
あとは雷にうたれないように。雷にうたれて人生が終わるのは嫌である。ぴかどんで距離を測る。ただ積乱雲がたくさんあるらしく、遠いのと近いのがあるらしい。
しかしコンビニでいつまでも待っているわけにはいかない。
軒下で雨宿りをしながら家路を急ぐ。
雨宿りをしていると、目の前を女の子を肩に抱いたオヤジが2人も通り過ぎていった。雷の中、お盛んなことである。
途中、スーパーにもよる。
ぴかどん、う、近い。おっかなびっくり、逃げ足で家に飛び込む。

夕食がわりに、夜食をつまむ。
おにぎりを1つ。ツナキムチ。
さらにチョコボール。いかんな。

2004年8月4日

村上春樹「Sydney!@」。
「アエラ」。
2004年8月3日

朝起きると、目が赤い。少しかゆい。
黄砂か何かだろうか。それとも疲れか。

今日はいつもとルートを変えてみる。
朝、セブンイレブンによる。おにぎりを買う。

昼、そのおにぎりを食べた。大きかったのに辛かった。
もちろんこれだけではたりない。
東大門へ、バーガーキングにハンバーガーとパッビンスを食べに行く。
今日のビンスはヨーグルトビンス。これだともう普通のアイスである。

今宵は映画。
仕事のメールを書いているうちに遅くなった。
いかんいかん。
映画館まで走る。
恋ではやっぱり走らないが、映画では走る。
チケット売り場は人がたかっていた。
前のグループがうだうだと遅い。カードを数枚だしてサービスがうんぬんやっている。そんなんさっさと終わってくれ。
さらに割り込みされそうになって相手をにらむ。たかが映画に必死である。
汗だくになってようやくチケットを買う。
映画「誰にも秘密がある」を見る。
映画の最中にクッキー。いちよローファット30%である。

バスに乗って帰る。
新しいファミマに寄る。
今日は夜食は入らないか、迷った上にあきらめると、開店サービスとしておにぎりをもらった。
さっきの逡巡はどうなるのだ?
こりゃ夜食を食べろということですね。
シャーベットタイプのアイスをちゅーちゅー吸う。

2004年8月3日

村上春樹「Sydney!@」。
2004年8月2日

6時半に起きた。寝過ごした。
15分で支度。やればできるのである。

朝、おにぎりを1つ。

昼は明洞でビビンバ。

夜はパッビンス。1つめ、ソウル駅のコーヒーチェーン。できたら呼びます、ということだがさっぱり聞こえなかった。あまりにも遅いのでのぞくと、カウンターにおいてあった。おかげで半分解けていたパッビンスはさらにいまいちだった。
これでは物足りない。
でも今日はこのまま帰ろうかな。
と思いながらもう1つ、コーヒーチェーンによる。
2つ目はコーヒービンス。こっちは本格的でおいしかった。
しかしパッビンス2つはおなかがひえひえである。
しかしコンビニに寄るとまた何か買ってしまう。
今日はまっすぐ帰る。
夜の道ばたにはいろんな人がすわって涼んでいた。

夜は小腹がすいた。
チーズを1枚。おもくを2枚。

2004年8月2日

村上春樹「Sydney!@」。
2004年8月1日

やっぱり寝ころんでいるのは、趣味ではない。
午前、早めに家を出てカンナムへ。
本を3冊買う。

仕事と趣味を兼ねて、バスに乗る。
次は高速バスターミナル。また本屋による。
さらにバスを乗り継いでCOEX。
今日はここでコングクスを食べたい。
しかしないのである。フードコート2つとも。
1つ、見つけたら今日は休みだった。
プンシクは混んでいる。
結局、今日はカムジャタン。

またバスに乗ってカンナムへ。
途中、ルネッサンスの近くで降りる。
するとコンビニで映画の撮影をやっていた。
生チョン・ウソンと生ソン・イェジンを見る。

地下鉄に乗って市庁へ。
シアトルでパッビンス、を食べようとするが、なかった。
パッビンスはインサドンしかないらしい。
かわりに抹茶のフリオ。
2Fで本を読みながら休む。
ひさしぶりにここに来たけれど、なかなか静かである。

それでもやっぱりパッビンスが食べたい。
迷ってソウル駅に向かう。
ソウル駅のバーキンでパッビンス。店員の態度はあいからわずいまいち。
ふらりとフードコートによる。
するここにはコングクスがあった。これは食べないと。
しかしなぜかでてくるのに時間がかかる。冷やしてるのかな。

まだ明るいうちに家に帰る。
夕暮れの空がきれいだった。
学校から、管楽器の音が聞こえてきた。

チャン・ナラのドラマを見る。
「新選組」を見る。
「TRICK2」を見る。
2004年8月1日

鈴木伸子「東京情報」、早川光「東京名物」、村上春樹「Sydney!@」購入。

「スコットランド 歴史を歩く」読了。
村上春樹「Sydney!@」読む。