INSTRUCTION
SHARK FREE STYLE "BILLET"
ビレットの取り扱い説明書

れは、2-内カイとして6061のT6航空宇宙等級アルミニウムの厚いブロックを始めます。ああ、何百もの
STEPを含むプロセスで、コンピューターにコントロールされるCNCフライス盤上でケースが正確機械加工さ
れることに気をつけます。番号は、この上に組み立てられる前に個々に刃角に付けられます、手構築され
た、見ます。内側では、監視は、期待するために来たすべての特徴と共に、純粋なサメ(R)です:300FEET、
多数のカウントダウン・タイマーおよび2重のアラームに強い水。宿泊券サメ。第1の機械加工されたアルミニ
ウム監視。自由型からのみ。

と、インターネットの翻訳ソフトでは何が言いたいのかサッパリわからない
以前から問い合わせが多かった「日本語の」取説である。789モデルのユーザーは印刷して家宝にすること。

Instruction by


■■■正常な時間、日付および24時間フォーマットのセット方法■■■

備考:モードをセットしている間、「ナイトビジョン」ライトが照らされ続けます。
ボタンがおよそ10秒間押されない場合、セットモードは解除されます。

ノーマルタイムモードから、およそ3秒間「ライト/セット」ボタン「LT」を押して保持してください。
秒の数字がフラッシュします。「スタート/停止」ボタン「RT」を押し、0まで秒の数字をリセットします。
秒が30を越える場合、1が分数字に加えられます。

分をセットするためには、「モード」ボタン「LB」を押してください。
1分の桁がフラッシュします。フラッシュする分数字を進めるためには、
「スタート/停止」ボタン「RT」を押してください。
(早く進めるためには押しつづけて下さい)

分の十の桁をセットするためには、「モード」ボタン「LB」を押します。
分の十の桁がフラッシュします。フラッシュする十の桁を進めるためには、
「スタート/停止」ボタン「RT」を押してください。
(早く進めるためには押しつづけて下さい)

セットするモードによって次のシーケンスを繰り返します。
・・・「秒」「単一の分」「分の十の桁」「時間」「日/月/日付」「12/24時間のモード」・・・
セットが完了して、ノーマルタイムモードに戻る場合は「ライト/セット」ボタン「LT」を押してください。



■■■クロノグラフ/ストップウォッチを操作する方法■■■
クロノグラフは最大99時間、59分および59秒までを記録します。
クロノグラフ・モードを入力するためにノーマルタイムモードから
「モード」ボタン「LB」を一度押してください。
ノーマルタイムは、より低い列(上部の列の上のクロノグラフ)に表示されます。
クロノグラフモードは「CH」フラグが表示されます。

「ラップ/リセット」ボタン「RB」を押すことにより、0にリセットしてください。
ラップおよびスプリットモードを相互に切替える場合は「ライト/セット」ボタン「LT」を押して下さい。
(「LAP」フラグはラップモードで表示されます。また、「SPL」フラグはスプリットモードで表示さます。)

経過時間(スプリット)はクロノグラフがスタートしてからの経過時間です。
経過時間(スプリット)の機能を使用するために、「SPL」フラグを表示させます。
クロノグラフを始めるために「スタート/停止」ボタン「RT」を押してください。
「SPL」フラグがフラッシュし始めます。経過時間(スプリット)を見るために
「ラップ/リセット」ボタン「RB」を押してください。
経過時間(スプリット)が表示されている一方、クロノグラフは数え続けます。
経過時間(スプリット)をリリースし、
かつクロノグラフの実行に戻る場合は、「ラップ/リセット」ボタン「RB」を押してください。
「ラップ/リセット」ボタン「RB」を押すことで、経過時間(スプリット)が表示されます。

クロノグラフを止めるためには、「スタート/停止」ボタン「RT」を押してください。
「ラップ/リセット」ボタン「RB」を押すことにより、0にリセットします。
ラップ時間は以前のラップ以来の経過時間です。ラップ時間の機能を使用するために、
「LAP」フラグを表示させます。「ラップ/リセット」ボタン「RB」を押すことにより、
0へリセットします。「ライト/セット」ボタン「LT」を押すことによりLAPモードを入力します。
クロノグラフを始めるために「スタート/停止」ボタン「RT」を押してください。
「LAP」フラグがフラッシュし始めます。
ラップ時間を見るためには「ラップ/リセット」ボタン「RB」を押します。
ラップ時間が表示されている一方、クロノグラフは次のラップを数え始めます。
ラップ時間をリリースし、かつクロノグラフに戻る場合は、「ラップ/リセット」ボタン「RB」を押します。
「ラップ/リセット」ボタン「RB」を押すことで、ラップ時間を表示します。

クロノグラフを止めるためには、「スタート/停止」ボタン「RT」を押してください。
「ラップ/リセット」ボタン「RB」を押すことにより、0へリセットします。



■■■アラームおよび一時間ごとのチャイムをセットし操作する方法■■■
ノーマルタイムモードから、アラーム・モードを入力するために「モード」ボタン「LB」を
2度押してください。
ノーマルタイムは、より低い列(上部の列の上のアラーム時間)に表示されます。
「ラップ/リセット」ボタン「RB」を押すことでアラーム1(A1フラグ)と、
アラーム2(A2フラグ)を交互に表示します。
アラーム1は毎日で繰り返すアラームです。
アラーム2は単なる1回のアラームです。

モードをセットするアラームを入力するためにおよそ3秒間「ライト/セット」ボタン「LT」
を押して保持してください。
分の数字がフラッシュします。フラッシュする分数字を進めるために「スタート/停止」ボタン「RT」
を押してください。

分の十の桁を進めるために「モード」ボタン「LB」を押してください。
分の数字のフラッシュする十の桁を進めるために「スタート/停止」ボタン「RT」を押してください。

時間を進めるためにモード・ボタン「LB」を押してください。
フラッシュする時間数字を進めるために「スタート/停止」ボタン「RT」を押してください。
フラッシュする時間数字をセットしている間、「A」あるいは「P」はアラームの隣りに表示されます。
それぞれ「A」午前、「P」午後の意味です。

モードをセットするアラームをぬけるならば「ライト/セット」ボタン「LT」を押してください。
アラーム設定中のアラーム機能有効化について:
アラームおよび(または)一時間ごとのチャイム音を有効にするために「スタート/停止」ボタン「RT」
を押してください。
設定パターン:
アラームON、チャイム音ON、その両方をON、その両方をOFF

再び、A1モードとA2モードを切替える為に「ラップ/リセット」ボタン「RB」を押してください。
アラーム2(A2)はアラーム1と同じようにセットできます。
A1フラグはアラーム1がセットされたことです。
A2フラグはアラーム2がセットされたことです。
チャイム・マークは一時間ごとに鳴らす音のことです。

カウントダウン・タイマーを操作する方法。
カウントダウン・タイマー・モードを入力するためにノーマルモードから「モード」ボタン「LB」
を3回押してください。
通常の時間はより低い列に表示されます。また、タイマーは上部の列に現われます。
「TR」フラグが表示されます。
(最小の時間セッティングは1分です; 最大の時間セッティングは、99時間、59分です)

注:このモードで4つのタイマー機能があります。これらを選択するためには、
希望の機能(そのそれぞれのフラグによって示された)が表示されるまで、「ラップ/リセット」ボタン「RB」
を押してください。

1>「TIMER COUNTDOWN-」について。
「TR」フラグが表示されます。この機能はプリセットされた時間からカウントダウンします。
カウントダウン時間が終了したらタイマーはぴーという音を出し、自動的にプリセット時間へ
リセットされます。

2>「TIMER COUNTDOWN REPEAT-」について。
「ラップ/リセット」は「RB」をボタンで交互に「TR」および「RE」フラグが表示されます。
この機能はプリセットされた時間からのカウントダウンを行います。
カウントダウン時間が終了したらタイマーはぴーという音を出し、自動的にリセットし、
「スタート/停止」ボタン「RT」が押されるまで繰り返し秒読みし始めます。

3>「TIMER COUNTDOWN CHRONO LAP-」について。
「ラップ/リセット」は「RB」をボタンで交互に「CH」、「LAP」および「TR」フラグが表示されるでしょう。
この機能はプリセットされた時間からのカウントダウンを行います。
カウントダウン時間が終了したらタイマーはぴーという音を出し、自動的に、クロノグラフを始めます。
このクロノグラフはクロノラップタイマー(クロノグラフ/ストップウォッチ「LAP」モードに
おけるそれと同一)機能があります。

4>「TIMER COUNTDOWN CHRONO SPLIT-」について。
「ラップ/リセット」は「RB」をボタンで交互に「CH」、「SPL」および「TR」フラグが表示されるでしょう。
この機能はプリセットされた時間からのカウントダウンを行います。
カウントダウン時間が終了したらタイマーはぴーという音を出し、自動的に、クロノグラフを始めます。
このクロノグラフはクロノスプリットタイマー(クロノグラフ/ストップウォッチ「SPL」モードに
おけるそれと同一)機能があります。

カウントダウンをセットするために、3秒間「ライト/セット」ボタン「LT」を押し続けます。
分の数字がフラッシュします。分数字を進めるためには、「スタート/停止」ボタン「RT」を押してください。

進めるために「モード」ボタン「LB」を押してください。
フラッシュする数字を進めるために「スタート/停止」ボタン「RT」を押してください。
希望のタイマー時間がセットされ、セットするモードをぬける場合「ライト/セット」ボタン「LT」
を押してください。
タイマーを始めるか止めるためには、「スタート/停止」ボタン「RT」を押してください。
止められたタイマーをリセットするためには、「ラップ/リセット」ボタン「RB」を押してください。



■■■デュアルタイムをセットする方法■■■
ノーマルモードからデュアルモードを入力するために「モード」ボタン「LB」を4回押してください。
デュアルタイムモードは「T2」フラグによって示されます。

およそ3秒(数字がフラッシュ)間「ライト/セット」ボタンLT」を押して保持してください。
進むために「スタート/停止」ボタン「RT」を押してください。
「モード」ボタン「LB」と「スタート/停止」ボタン「RT」の繰り返しで設定を継続できます。

セットするモードをぬける場合は「ライト/セット」ボタン「LT」を押してください。
注:一時的にノーマルモードで日付を表示する場合は「スタート/停止」ボタン「RT」を
押して保持してください。
注:アラームおよびチャイム・フラグはこのモードで表示されます。それらはノーマルモードで
セットされます。



■■■ナイトビジョンを操作する方法とバックライトについて■■■
「ナイトビジョン」バックライトを有効にするために「ライト/セット」ボタン「LT」を押してください。
このライトはおよそ4秒間照らされ続けます。

適切にナイロン・バンドを調節する方法。
自由型、無限に調整可能なバンドは、容易な永続性を目指しています。
しかしながら、バンドを正確に合わせることは適切な調節が不可欠です。

図1。
 手首に適合するためにバックルを通ってバンドの適切な調節がされる図。
図2。
 バックルの快適なポジショニング用のあなたの時計による付属品付きのバンド調節。



■■■注意とメンテナンス■■■
1. 時計の裏のカバーは承認された修理屋さんがあけることになります。
2. 海などにつかった後は綺麗な水で洗ってください。
3. ガソリン、エアゾール・スプレー、ペンキあるいは溶剤のような化学薬品でバンドを拭かないでください。
4. 柔軟な布および真水で周期的に洗ってください。


Special Thanks T.Nishimura

HOME

SHARK FREE STYLE "BILLET".com
(C) 2004.04.06 All rights Toricorole an army corps. Reserved.