SHARK FREE STYLE "BILLET"

ビレットのメンテナンス・修理

さて、久しく更新なんぞサッパリしていなかった訳だがこんな事があった的報告である。
文章の語り口調なんぞこんなものであったであろうか?ま、いちいちホームページに
命をかけるような事はやるまい。ワタシは決してオタクではない、信じて欲しい、頼む(笑。

と、言う訳で「動かなくなってしまって困った」という方からメールを頂き
ものすごいシャーク好き熱意を感じてモジュール交換を承った。
ワタシにはそんな気持ちがとてもよくわかる!

で、コチラに送って頂いた壊れた(って言うか中身の無い)789のクリアーモデル

ちなみにココまでいたるまでには数回のメールをやり取りした、
しかもご丁寧に手紙までシタタメて頂いて感無量である。


依頼主の方はサーフィンをされるようで、海水水没バージョンであった。電池交換後、波乗り後
ふと見れば止まっていたという良くあるケースのパターンである。蓋、内部ともサビが多数であった。


同じく送って頂いたヤフーのオークションで手に入れたという交換部品取り用よりモジュールをゴッソリ取り外す。
電池交換のされていない、状態は良いようである。指紋、水滴がつかないようにゴム手袋を装着している事に注目

 
裏ブタに関してはパッキンの融着部分をペーパー掛け及び研磨材により鏡面仕上げを行う。
もちろん作業後は微塵のサビも無い。うーん美しい。

他、ワタシに依頼をした特典として
・ボタン部分のグリスアップ
・パッキン融着部分の清掃
・パッキンの清掃、グリスアップ
・緩み止め材によりネジ復旧
・愛情の注入
を、行った。
 

チキチキとゴキゲンに時を刻むクリスタルモデル。いやー良い事をするととてもキモチが良いですね。

今回の報酬は「地元名産の高級かまぼこ」であった。
めちゃめちゃおいしかったです。

と、いうことで修理、メンテの報酬は現金ではなく「地元(あまり高価ではない)名産品」とする。
他、何でもご相談下さい いっしょうけんめいやりますので。

ではまた

Back------------Home


SHARK FREE STYLE "BILLET".com
(C) 2005.04.25 All rights Toricorole an army corps. Reserved.