帽子購入で迷わない為に
  帽子専門店での分類はだいたい以下の様になっています。 購入の参考に
   同じ帽子に名称がいくつもあるのは、国によって、又、人、店によっても呼び方が違うためで型は同じです。
用途 A B C D E F G どの帽子も可
フォーマル オフィス タウン カジュアル スポーツ 防寒 防暑 ファッション
型の付いた帽子  折りたたみ出来ない (一部旅行用で折りたたみ可の帽子も有る)
名称 素材 用途 購入ガイド
シルクハット
トップハット
ビーバー
シルク
フアーフエルト
ウールフエルト
A 皇居に呼ばれた方はどうぞ。
本来のビーバーの毛皮製は現在は無い。シルク製(ビーバー加工)、ファーフエルト製、ウールフエルト製など。フアッションで被るならウールで6000円位からシルクハット50000円位まで。受勲の方は思い切ってイギリスでオーダーしてみては
イギリスで競馬場へ招待された方にはグレイ色のトップハットを
ボーラー
山高帽子
ダービー
シャポーロン
フアーフエルト
ウールフエルト
A

ハードフエルト製
こちらも今となってはファツションとしてかぶる人の方が多いかも。ウールフエルトで国産品は5000円位から。
本格的な物は輸入品となるが欧米人と日本人では頭の型が異なる為、ハードフエルトの帽子購入の際はサイズに注意
ホンブルグ フアーフエルト
ウールフエルト
A
B

ソフト&ハードフエルト製
フォーマルウエアの一部として、またフアッションとしておすすめです詳しくは帽子とフォーマルウエア』へ
やはり本格的な物は輸入品となる、フアーフエルト製でウールフエルト¥20000〜¥30000
ソフト
中折れ
フアーフエルト
ウールフエルト
A
B
C
ソフトフエルト製
型によって種類あり→ソフトの種類
ファッションとして気軽にかぶりたいならウールフェルト製で十分(¥5000〜¥8000)しかし長く愛着を持つてかぶるならファーフェルト製(¥10000〜)をお勧めします。軽く風合いがあり、見た目もずいぶん違います。
詳しくは『ソフトの種類』へ
ミルキー 秋冬はツイード、ウールなどの生地
春夏は綿、麻などの生地
A
B
C
上のソフトの素材を布帛(生地とした帽子
ソフトよりは手入れも楽で気軽にかぶれる
夏にはフエルト素材より、こちらの綿、麻素材がおすすめ
3000円〜15000円

スポーティーソフト
  
フアーフエルト
ウールフエルト

C
D
E
ツバの広いソフトフエルトハット
細めのハットバンドのものが多くスポーティーな印象の帽子
映画「インディージョーンズ」でハリソンフォードが被っていた事でも有名

フアーフエルトで15000円〜20000円
チロリアンハット フアーフエルト
ウールフエルト

ツイード、ウール、コーデュロイなどの生地
C
D
E
ブリムが狭く、飾りひもや羽根が特徴の帽子
フエルト素材が正統。
ウールフエルトなら¥4000位〜¥7000、フアーフエルトで¥20000前後
ハイキング、登山などにはベスト
シャーロック
ディアストーカー
鹿狩り帽
ツイード、ウールなどの生地

E
おしゃれな方は是非チャレンジしてください。
やはり似合うのはマントをはおったシャーロックスタイル
¥5000〜¥10000
カーボーイハット
ウエスタン
テンガロン
本来の素材は皮かフエルト
夏は綿は草など
C
D
E
本格的な物なら牛革(¥10000〜¥20000)やフエルト(¥6000〜¥13000)のアメリカ輸入品が雰囲気が有る。夏は綿、草素材など種類も豊富。顎ひもが付いている帽子もある。ツバの周りに針金が内蔵されているものはツバ形を自由に変えることが出来る。
官帽子 ウール、綿 B
警察官、自衛官、タクシーJRなどのドライバー用など多種多様にある。
ソフトな帽子  折りたたみ可能
アルペン 秋冬は、ウール、ツイード、皮、スエードなど
春夏は綿、麻などの生地
B
C
D
ツバの前を下げて後ろ側を上げてかぶるスナップブリム型はチロリアンハットに近いが天井部分が平らなところが特徴。
サファリハットではカジュアルすぎると思う方へ

3000円〜8000円位
サファリハット 秋冬は、ウール、ツイード、皮、スエードなど
春夏は綿、麻などの生地
C
D
E
素材、種類とも多く、最もポピュラーな帽子
旅行、アウトドア向き
ツバの幅、下がりの角度も色々あるので、形はお好みで
3000円〜8000円位
メトロ
クル−ハット
秋冬は、ウール、ツイード、などの生地
春夏は綿、麻などの生地
C
D
E
天井部分がドーム型の帽子
3000円〜8000円位
テラピンチ 秋冬は、ウールなどの生地
春夏は綿、エステルなど
C
D
E
本来のテラピンチのツバはロールアップしていないが最近はこちらの方が人気。
天井部分に周りに、つまみが有るのが特徴
この型は店によって呼び方が違う為確認を(テラピンチ、ポークパイロール、ハットロールなど)
2000円〜5000円位
クラッシャーハット 綿や、アクリル、ウールなどのニット C
D
E
クラッシャーは主に布帛、ニットで型が自由にたためる帽子の総称。
正式な型の名前ではないがクラッシャーハットと呼ばれている。
カジュアルタイプの帽子
2000円〜5000円位
ハンチング 秋冬は、ウール、ツイード、皮、スエードなど
春夏は綿、麻などの生地
C
D
E
型、素材、はシーズンによって多種
ツイードなら本場英国ののハリスツイード製がおすすめ
ハンチングの種類参照

詳しくは『ハンチングの種類』へ
八ッ接ぎ(ヤツハギ)ハンチング 秋冬は、ウール、ツイード、皮、スエードなど
春夏は綿、麻などの生地
C
D
E
帽子の上から見るとケーキを切った様に8枚の生地から出来ている。同じく六ッ接ぎ、四ッ接ぎもある。
天井の幅が広くたっぷりしているのが特徴。

キャスケット
カスケット
秋冬は、ウール、ツイード、などの生地
春夏は綿、麻などの生地
C
D
本来はキャスケットはフランス語で「鳥うち帽」のことで英語でいう「ハンチング」にあたる。
型は上記の八つはぎハンチングに似ているがクラウン部がより大きいのが特徴。
昨年のトレンド
今年も続くか?
ベレー
バスクベレー
秋冬は、ウール
春夏はエステルなどの化繊
C
D
E
秋冬用と春夏用で素材が変わる。
ウールで4000円位から、フランス、ドイツ製20000円位まで
プライス
高い物ほど目がつまり、しっかりしている。
詳しくは『ベレーの種類』へ
モンティベレー 秋冬は、ウール
春夏はエステルなどの化繊
C
D
E
烏帽子風の大型ベレー
やはりウールで皮縁付きを選びたい
カンゴールブランドがおすすめ
キヤップ 秋冬は、ウール、ツイード、などの生地
春夏は綿、麻などの生地
C
D
E
ベースボールキヤップ、アポロキヤップなど種類も多い
詳しくは『キヤップの種類』
夏の帽子  折りたたみ不可 ( オプティモに折りたたみ可もあるが型くずれの元 )
パナマ パナマ草
紙パナマ
A
B
C
パナマで¥10000〜¥20000
パナマは草のランク、編み目の細かさ、目のそろいなどでプライスが異なる。高級品もあるが、汗や日光で少しずつ変色するのはさけられないので、¥15000クラスで何年かで 買い換えを。 店によっては、紙パナマ(幅の細い和紙をこよりにして樹脂液につけたひも状のものを編み上げたもの)もパナマ帽と呼んでいるので買う時は注意
草の分かる専門店で購入を
オプティモ
スジ入りパナマ
パナマ草 A
B
C
本パナマで¥15000〜¥25000
普通のパナマでは飽き足りない方へ。
和服にはこちらを
おすすめしたい。
パナマ以外の草帽子
麦わら帽子など
カンピ
ヘンプ
モコラ
ストロー他
C
D
E
乱暴な区分けですがパナマ以外の草帽子として分けました。
パナマ以外の天然草も種類が多く、紙、ナイロンなどの化繊も含まれるため、買うときは草の種類を確認し、目的に合った草、型を購入して下さい。
かんかん帽
ボーター
キャノチェ
セニットストロー
ストロー B
C
D
草としては固い帽子で購入時には特にサイズに注意
帽子の型は真ん丸だが、特に日本人の頭の断面は楕円のため必ず隙間ができる。
選ぶときは、実際にかぶって、あたり具合を確認。かぶっていれば少しはなじむので、大きめのサイズでをかぶって当たりが痛くない位が良い。
リボンは黒が正式。
5000円位から
防寒帽子  手軽なニット帽から裏ボアの本格的防寒帽まで
ワッチ アクリル
ウール
カシミヤなどのニット
C
D
E
F
ニット帽子なのでサイズは無いので素材、編み糸、色、柄、デザインで選ぶ。
素材はアクリル(1000円位)からウール、カシミアなど多種、やはりウールの混率が高い方が暖かい。
厚みは編み目の細かいものから手編みまで色々
型は折り返し付きの物や、長めの長ワッチ、など色々
正ちゃん帽 アクリル
ウール
カシミヤなどのニット
C
D
E
F
てっぺんに毛糸で出来たぼんぼんの付いた型
下端に折り返しの付いている物といない物あり。
選び方はワッチの項を参照
キリー アクリル
ウール
カシミヤなどのニット
E
F
昔のスキー帽子
天井が三角型をしたニット帽
今は販売している店は少ない
タンク アクリル
ウール
カシミヤなどのニット
C
D
E
F
耳カバー付きニット帽子
実用向きのため値段は安め。
選び方はワッチの項を参照
オスロー アクリル
ウール
カシミヤなどのニット
C
D
E
F
ミミカバー、ツバ付き円筒型。
ツバの無いものはザイラーといいます。
選び方はワッチの項を参照
目だし帽
デストロイヤー
アクリル
ウール
カシミヤなどのニット
E
F
目の部分が2ヶ所開いている物、2つまとめて1ヶ所開いている物、口の部分の3ヶ所が開いている物などがある。
スキー場などでは暖かいが、町中でかぶると捕まります。
選び方はワッチの項を参照
飛行帽 ナイロン

スエード
裏ボア
D
E
F
ハードなオープンカーにおすすめ
表素材と裏素材で値段が変わる。
表素材はナイロン、皮風合皮、スエード、本皮など、裏素材はキルティング加工した物や、ボアを張った物などがある。本格的には表本皮、裏ボアがおすすめ
皮の種類も色々あるがフライトジャケットに合わせて購入しよう。
スキー帽 ウール C
D
E
F
顔全体を雪、風から守るカバーが二つ折りでクラウン部に付いている帽子、今は見なくなったが昔のスキー帽子といえばこれ。雪国の鉄道員、軍人などが主に使用。
今はファツションとしておすすめ
5000円〜8000円位
キャップスキー ウール、ツイードなどの冬素材 C
D
E
F
キヤップの内側に耳と首後部カバーが内臓された帽子
裏がキルティング加工されたものが暖かくおすすめ
5000円〜10000円位
ハットスキー ウール、ツイードなどの冬素材 C
D
E
F
の内側に耳と首後部カバーが内臓された帽子
裏がキルティング加工されたものが暖かくおすすめ5000円〜10000円位
ハンチングスキー ウール、ツイードなどの冬素材 C
D
E
F
ハンチングの内側に耳と首後部カバーが内臓された帽子
裏がキルティング加工されたものが暖かくおすすめ
5000円〜10000円位
上記のハットスキーと共に冬のゴルフ、旅行などにお勧めです。
ケーバ帽子 ウール、ツイードなどの冬素材 C
D
E
F
極寒地旅行、冬の釣りなどに最適
キャップ型でボアの耳と首後部カバーが内臓された帽子
中共帽子 ウール、ツイードなどの冬素材 C
D
E
F
これも暖かい帽子
写真は軍事用だが正面のバッチ無しでソビエトなどで広く愛用されている。
防暑帽子  首筋日焼け防止用の日除けが付いた帽子
日除けキヤップ 綿、麻などの夏素材 C
D
E
G
キヤップの外側に日除けの内蔵された物
下記のハットも含めて猛暑のスポーツ観戦、酷暑地への旅行には是非おすすめします。
日除けハット 綿、麻などの夏素材 C
D
E
G
ハットの内側に日除けの内蔵された物

帽子購入ガイド 型別購入アドバイス 選び方買い方 サイズと用語 取扱いクリーニング
帽子出来るまで 帽子図鑑 帽子事典 かぶるとハゲ? 帽子とフォーマル
帽子と車 帽子屋世界一 帽子ニュ−ス 帽子リンク メジャーリーグCAP
軍用帽子の紹介 防寒お勧め帽子 防暑お勧め帽子 お勧め帽子店 全国帽子屋めぐり