ダンの帽子事典
アイビーキヤツプ 一枚天井でわきをつめたハンチング型キヤツプで後頭部に尾錠が付いたアイビースタイルに必要なアイテムの一つである。無地もあるがストライプや小紋プリントのものが中心 あいびーCAP
アイビーハツト センタークリース(中折れ)、ポークパイ型のソフト帽子の俗称
アイリツシュハツト ツイード帽の一種、ブリムにステツチのあるツイード帽
アガール アラビアの男子が頭を覆うカフィーアとよぶ布を押さえる為に、2つの輪状に頭に巻きつけた鉢巻きのような羊毛製の太いひも
アスコツトハツト 山高帽の一種 競馬見物用
アテイフア 頭飾り16世紀の小さなボンエツトで額の部分に特徴がある アティファ
アドミラルキヤツプ マリンキヤツプと同義 アドミラル
アバカ フィリピン産のアバカの木の繊維(マニラ麻)で編んだ帽子
アバニツクス アバカの細い繊維で編んだ帽子
アポロキヤツプ 野球帽型の軍用帽 1969年アポロ宇宙飛行士が地球生還後、回収空母の甲板上のセレモニーで、空母の艦長から記念にかぶせてもらつた事から有名となる。アポロキヤツプのファツシヨンとしての登場は1970年代に入ってからであり日本でも流行した。 アポロキヤツプ
アーミーキヤツプ 国、軍により、色々の色と型がある。普通はカーキ色オリーブ色で綿または羊毛で作られる。 アーミー
アミス ラテン語の包む、巻く、着るという意味のアミクトスからきた語でフランス語のアミにあたる。カトリックの司教、司祭と助祭がミサのときに肩に掛ける肩衣。
首のまわりから肩に着用。
アルペンハツト ツバの後ろ側の幅がやや狭く上に上がった型をしている帽子の総称。
本来はフェルトまたはツウィード、布で作った男子用スポーツハツト。
スイスチロル地方の山岳地帯でかぶられる帽子をコピーしたもの。別名チロリアンハツト型のコピー
アワホ ボリビアのラパス州のチョーラ族の女子がかぶる茶色山高帽子
アンジェラスCAP アンジェラスは(お告げの祈り)の意味で、ミレー(晩鐘)の中の農婦がかぶつている。
安全帽 災害から頭を保護するため、鉄製プラスチツク製ヘルメツト型の帽子の総称。 安全帽
目次へ戻る