ダンの帽子事典
ピクチュアハツト ひじょうに広いブリムをもった婦人帽。リボン、花、羽などの飾りがついている ピクチュアーハツト.
ピークドキヤツプ クラウンの尖ったブリムのないキヤツプ型の帽子
ビーコン 二角帽すなわちブリムが二つに折れ上がった帽子で、ナポレオンの服装に良く見られる。 ビーコン
ピーターパンハツト ピーターパンのかぶっていた帽子で有名。 ピーターパン
ビーチハツト 幅広のブリムの麦わら帽子、顔の日よけとして海浜でかぶる。
ピーチバスケツトハツト クラウンがブリムまで連続しておりクラウンが高くしだいに傾斜した帽子
ビーバーハツト クラウンの高い男子用の帽子、17世紀に流行し当時はビーバーの毛皮で作られていた。
ビーフイーターズハツト 英国の近衛兵がかぶる独特な帽子で、柔らかくて高いクラウンにはバンドをまいてプリーツをとり、幅のせまいブリムがつく。 ピーフィーターズ.
ピューリタンハツト ピューリタンは清教徒の意味で清教徒のかぶる帽子。上を平らにした堅くて高いクラウンの帽子、ブリムは中位いの幅でストレート幅広い黒のバンドと銀のバックルを前中央に飾る。
ピルボツクス ピルボックスとは浅くて丸い薬容器で、この容器のようにクラウンの平らな小型で円形のブリムなしの婦人帽。
ビレッタ ローマカトリック教会の聖職者がかぶる、かたい四角形の帽子。色々な型がある。
ピスヘルメツト ピスとはコルク質の髄の事で、これを芯にして作られている。俗にいう探検帽、サファリハツト
ヒピハパ 中折れ式のつばの広いパナマ帽 ヒピハバ
ビリーコツクハツト ⇒山高帽
飛行帽 昔から飛行機乗りに使用されていた帽子。皮、ナイロン素材で出来ている物が多く、裏ボアの物が暖かい。昔からパイロットに愛用されている。
目次へ戻る