ダンの帽子事典
キヤスケツト カスケツトとも呼ばれフランス語で鳥打ち帽のこと、英語でいうハンティングキヤツプにあたる。キヤツプの一種で狩猟などの時にかぶる男子用帽子。前ひさしが付いていて上部は平らで一般的には布製だが皮製もある。また近年この型でクラウンの前部が大きく膨らんだ元来の婦人帽を主にこの名で呼ぶようになった。
キヤップ 頭にぴったりフィツトした目ひさし付きのかぶりものの総称16世紀までは従僕や職人などの社会的身分の低さを示すものとしてかぶられていた。19世紀に入って上流人士にかぶられるようになった。→キヤップの種類 キヤツプ
キヤピユシユ カプチンともいわれる。修道僧のかぶる先のとがったフード
カプチオ(イタリア語)
カピゥション(フランス語)
キヤピュシュ
キヤピユレツト 頭にぴったりあった小型の帽子、頭の後方にかぶり、カフス風に折り返ったブリム、あるいはスリットのあるブリムなどがついているものが多い。 キャピュレツト
キヤプリン クラウンの上部が平らで波打った大きなブリムの付いた帽子。 キャプリン
キャプリーヌ ブリムの広い婦人帽子、コサージュで飾ったりレースをあしらったりしてロマンティクなデザインが多い キヤプリーヌ
キヤロツト ⇒かろっと カロツト
キヤノチエ ⇒カンカン帽、
トップが平らでブリムも平らな帽子。フランス語でカンカン帽のこと
キャノチェ
キヤバリアハツト つばが全体に上に折り返され、山にくぼみがついたソフトフェルトハツト。
キヤンポベローズ ⇒クルーハツト
キユレハツト キュレはフランス語で主任司祭のことでダイヤモンド形の頂点に小さい尾がついた主任司祭のかぶる帽子の事
キリー スキー選手のキリーから由来 キリー
目次へ戻る