ダンの帽子事典
コサツクキヤツプ ロシアのコサツク騎兵軍の用いる帽子のこと。子羊の毛皮でつくわれ、高いクラウンだけのブリムの無い帽子。 コサックキヤツプ
コイフ 頭にぴったりした頭蓋帽の総称でスカルキャップと同義⇒スカルキヤップ
コツクドハツト 大礼帽とも呼ばれ、前後にとがり、羽などに飾られた広いブリムが垂直にたつた帽子
コートハツト コートは宮殿、宮廷、法廷などの意味で大礼帽である。⇒コツクドハツト コートハツト
コピア 黒色のブリムのない帽子で、インドネシアの民族的な帽子
コブハツト コブは米語でアメリカの水兵の意味。ブリム全体が折れ返った小さな帽子で、アメリカの水兵がかぶつているもの。
ゴルフキヤツプ ゴルフに用いる帽子
型はキヤップ型だがツバとクラウンの付け根に細いロープ状のひもが付いた帽子。クラウンの前部にゴルフ場のエンブレムを付け、メンバーがかぶっていた物でエンブレム無しでもゴルフキヤップと呼ばれる。右はクラウン部分が六つハギなので六方ゴルフと呼ばれる帽子。20年ほど前まで盛んにかぶられていた。
ゴルフ
目次へ戻る