ダンの帽子事典
クラツシヤー 柔らかいフエルトで作られた帽子で、丸めてもたたんでもまた元の形に復元する。 クラツシャー
クーリーハツト クラウンもブリムも一続きで、山がとがり、しだいに傾斜している帽子のことで、中国のクーリー(日雇い労働者)がかぶる帽子に似ている事から呼ばれている。ベトナム帽子もこの型。 クーリー
クリツプハツト 金属のスプリング状のクリップでとめ、頭の上をおおうようにしてかぶるハーフハツト。
クルーハツト ボート帽。多数のステツチをほどこしたつばを全部下げてかぶる形式の8枚はぎ、ないし6枚はぎのスポーツハツト。
クロ-シュ ⇒クロッシェ フランス語で「釣り鐘」という意味で鐘のようにクラウンが深く、さがった感じの狭いブリムが付いている型の婦人帽。 クローシュ
グラウスシユーテイング 鳥打帽の一種。ツイード製の切りつば帽
グリークキヤツプ ギリシャ帽、ふっくらした学生帽型の船員帽
グレンガリーキヤツプ 布地またはウールで作った軍人帽でオーバーシーズキヤツプのように平らなひだがつけられている。 グレンガリー
グロブナー いわゆる(中折れ)を指す英国での俗称。アメリカでいう(フェードラー)にあたる。
ダンの帽子事典
ケピ 上部の平らな高いクラウンで前ひさしのついた軍帽の一種。フランスの警官、軍人などがかぶつているもの。 ケピ
ケーバ帽子 ツバの付いたキヤップ型で外側に折り返された耳から後ろ首筋までのカバーが付いた帽子。寒い時に下ろして使う防寒帽子
目次へ戻る