ダンの帽子事典
シエシア アラビア人の用いる円筒形の帽子でうしろがふさがっている。
シニオンキヤツプ シニヨンは束髪のまげの部分を指すフランス語。このまげの部分だけにかぶせるカクテル用の小さな帽子。 シニオン
シニオンハツト ⇒シニオンキヤツプ
シヤコー 軍帽の一種。短い前ひさしがつき、クラウンが高く頂上が平らで、円筒形をしており帽子全体が堅い。⇒コサツク シャコー
シヤスール 狩人を意味する言葉でテンガロンハツト、カウボーイハツト、チロリアン、アルペンハツトなどがある
シャプロン 12世紀から15世紀中頃まで種々の形で存在したフード。
ターバンのように頭に布を巻き上げ、布端を長く肩に垂らしたが、色や形は多用。これが今日大学教授や弁護士のガウンに残ったといわれる。
シヤーロツク ⇒デイアストーカー   鹿狩り帽の一種、シャーロツクホームズのキャラクターを連想させる帽子として広く知られている。 シャーロツク
ジュリエツトCAP 頭にぴったりとあった、目の粗いレースやネット、または豪華な布地でつくられた小さく丸いスカルキヤツプの一種である。シェークスピアの(ロミオとジュリエット)のヒロインがかぶっていた。
シューハット シューはフランス語でキヤベツの意味、
山部がキヤベツを押しつぶしたような形になった柔らかな婦人帽のこと
シュルワ 水夫や漁師のかぶる風除けの帽子でブリムの幅が前よりも後のほうが広くあごの下でひもを結ぶようになつている。
正ちやん帽 下端が折り返り、天上に大きな凡天が一つ付いた毛糸帽子。漫画の主人公、正ちゃんよりとった名称 正ちゃん帽
ジョツキーキヤツプ 競馬の騎手帽、ベースボールキヤツプに似ているが前ひさしが長くクラウンが深く頭にぴったりとあつた、堅く作った頭部保護用の帽子。 ジョッキー
シルクハツト 正式礼装のとき、男子のかぶる、クラウンが円筒状で高く頂上がたいらで、ブリムの両側がそり上がり、へりが鋭角に折り返っている絹製の帽子。モーニングコート、燕尾服着用のときに使用される最上級の礼装用ハツト。 シルクハツト
目次へ戻る