帽子の選び方、買い方
ここでは帽子の選び方、買い方、サイズの見方、を紹介しますが基本は帽子を楽しむことです。どんな帽子でもまず買ってみて自分の体の一部になるよう着こなすことが大切です。堅苦しく考えずアドバイスとして見て下さい。
帽子の選び方
型で選ぶ
帽子の使用目的、好みが決まっている場合、選択は簡単です―→帽子購入ガイド
使用目的で選ぶ
フォーマルからスポーツまで帽子は色々な種類があります。まず使用目的や、服装に合った帽子と型を選ぶのがポイントです。カッコ内はイメージです。これは例ですので他の組み合わせはご自分で
フォーマル
(フォーマルスーツ)
ボーラー ホンブルグ ソフト パナマ
オフィス
(スーツ)
ソフト ミルキー アルペン パナマ
タウン
(ジャケット)
アルペン サファリ チロル ハンテング ベレー
カジュアル
(トレーナー、セーター)
サファリ ハンテング キヤップ ワッチ
体型に合う帽子を選ぶ
1、 スリムな体形にはブリムのやや小さめの帽子
2、 太った体形にはブリムのやや大きめの帽子
3、 身長の高いひとには全体的にやや大きめの帽子
4、 身長の低いひとには全体的に小ぶりの帽子
背の低い人がやたらクラウンの高い、ツバの大きい帽子をかぶると、帽子ばかり目立ちます。
帽子はアクセサリー、悪魔でも背景です。
顔型に合う帽子を選ぶ
ポイントはクラウンが顔の形と同じ感じの型の帽子をかぶる事です。
 例えばまん丸な顔のひとが、その丸さを隠そうと思って角張ったものをかぶると、結果はますます丸さを強調したものになってしまいます。
だから顔の丸いひとは丸い感じの帽子を、かぶったほうがいいのです。
あごの細いひとはクラウンの先が細いものでないと、顔が負けてしまいます。
帽子の買い方
1. かぶりたい帽子の形と予算を決める。 CAP,ワッチ、ハンチング、ベレー、ソフト、パナマと型は色々ですが欲しいと思った時には型は決まっているものです。
予算例 カジュアル系CAP、ニットCAP(1000円〜6000円位)
ハンチング(3000円〜8000円)、ソフトHAT (ウール5000円〜8000円)(ファー8000円〜40000円)
パナマ   (8000円〜50000円)
2. ほしい帽子の売っていそうな帽子屋を回る。 CAPなどは、帽子専門店でなくても原宿、渋谷などの自分のスタイルに合った店でに置いてあります。カジュアル、系では最近上野、御徒町、原宿スポーツ系は神田のスポーツ店街に多く店が有ります。カジュアル系の帽子は自分のスタイルで買っても良いですが、ソフト、パナマ、ベレー、ハンティングなどに関しては、素材の良し悪しとサイズもあるので必ず帽子専門店で選らんでください。(銀座、トラヤ  神田、田村帽子などで) 
3. 色々かぶって自分のスタイルに合った帽子をさがす。 まず数多くかぶってみることです。ただ、どんな帽子でも最初にかぶって鏡を見たときには必ず違和感が有ります。しかし帽子も服と同じで着こなせるものです。勇気をもって第一印象で買ってください。
帽子屋さんから聞いた話ですが、かぶって似合っているのに、いっしょに買いに来た奥様や友人に、似合わないと言われあきらめる人が多いとのことです。新しい帽子をかぶった自分の姿は誰しも見慣れないものです。自分が気に入った帽子はまず手に入れて、かぶりこなしてください。(見る人が不自然だな、と思うのは、きっとかぶる人の心意気が帽子に負けているから)
帽子屋さん以外の人(奥様、友人等)のアドバイスはあてにならないことを覚えておいて下さい。
4. 店の人と相談をしてみる。 カジュアル系以外の帽子に関しては色、素材、価格、など種類も多く、帽子にもT、P、Oが有ります。帽子の型によってCOOLなかぶり方の基本もあります。
店の人と良く相談しながら選んでください。
かぶり方アドバイス
帽子の種類の千差万別、決まったかぶり方というのはありませんが、全体的には多少斜めにかぶるとよいでしょう。
重要なのはTPOです。男性の場合屋内に入ったら帽子をとるのがマナーしかし、ホテルなどの内部は、部屋内部以外かぶっていても問題ない。レストランでは女性以外はとったほうがべター。状況も和洋折衷、昼と夜、公と個、と色々あり細かくは触れられないが、基本は他人に不快感を与えない、迷惑をかけない、を念頭にいれていれば後はかなり自由に帽子を楽しめば良いと思います。

帽子購入ガイド 型別購入アドバイス 選び方買い方 サイズと用語 取扱いクリーニング
帽子出来るまで 帽子図鑑 帽子事典 かぶるとハゲ? 帽子とフォーマル
帽子と車 帽子屋世界一 帽子ニュ−ス 帽子リンク メジャーリーグCAP
軍用帽子の紹介 防寒お勧め帽子 防暑お勧め帽子 お勧め帽子店 全国帽子屋めぐり